Myルール


06/07/21 PM10時ごろ  ・コメント(0)

株式市場の波に右往左往していますが、資金もなにもないので、少し自分の考えをまとめて行こうと思います。

で、

株を買うにあたり、その企業の株価が割安かどうかがポイントの一つに上がってくると思います。
まずは初歩的なPERについて考えてみたいと思います。

アメリカや日本の市場の過去200年の平均益回りは
PERは (株価 ÷ 1株利益) で算出されます。
そして益回りが (1株利益 ÷株価 × 100%) が算出されます。
益回りというのは、株価に対しどれくらいの利益を出しているかが判ります。

東証1部の平均PERは27倍程度になっています。仮に500円の1株利益の株があるとして計算します。
  500円×27倍=13,500円の株価となります。これから益回りを求めますと
  500円÷13,500円=3.7%の益回りになります。
やっと、預金金利が0.001%から0.10%に上がりだしています。個人向け国債が1.5%辺りが平均でしょうか。

株式投資のリスクを考えると、PERが高い銘柄はよほどの魅力がないと買いにくいという事が判ります。
PERを甘く考えていました・・・・。この基本が判っていたら高値に簡単に飛びついていなかったかなぁ〜(汗)


なので、Myルールの目安として、
 ■PER 17倍以下 益回り6% なぜ20倍以下かは →株の学校(ヒロトさん)をご覧下さい。
 ■成長性及び、中期(2年)以上保有できる場合のみPER 30倍以下
 ■PER 25倍を目安とし、将来を含め割安でないと感じた時。
 ■株価の急騰や出来高が異常に膨らみだした時。自分の予測を超えた場合。
を、初期ルールとしてまずは考えていこうと思います。

さぁどんどん勉強し、ルールを確立していきたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  夏の始まり天神祭。
back.gif  有利子負債とは

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/704
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値