三角合併


07/05/07 PM 8時ごろ  ・コメント(2)

さて、5月1日から三角合併が解禁になりましたね。最初の三角合併される企業はどこになるんでしょうか・・・・?
少しわかりにくい三角合併ですが、僕が気になっている点を書いておきたいと思います。
その前に三角合併を他のサイトに説明して頂きます。

親会社(外国会社)が、日本国内に100%出資の子会社B社を設立し、合併対象会社C社を吸収合併する。その際、合併対価としてその親会社の株式を付与する。
三角合併 - 野村證券

上記のサイトを見ても判りにくいので、問題点だけ簡単に書かせて頂きますと、

外国の企業に買収されるので、日本株が外国株に交換されることになります。
証券会社に外国証券の取引口座を開けば売買ができます。
外国企業が上場していなければ、売却は非常に困難となります。
合併が承認されるには「特別決議」が必要となります。
総議決権の過半数を持つ株主が出席して定足数を満たしたうえで、
出席株主の3分の2以上の議決権を持つ株主が賛成すれば成立する。
決議は承認。でも総会で反対しますと、
買い取り請求権」が認められます。
  企業に対し、保有株式を現金で買い取るよう求める権利です。
買い取り価格に合意できない場合は裁判所に公正な価格を判断してもらうことができます。
上記を見て頂くと判ると思いますが、株主としては非常に困ると事にはならないと思います。 敵対的買収と考える経営陣の方には非常に困った事だとは思いますが・・・・・。 ただ、放っておきますと困った事になりうる可能性も有るわけです。
なので、三角合併の決議についての通知が来た場合には、
 ・情報の収集をする。ネットでニュースを集める、証券会社に言って説明を聞く。
 ・[賛成] [反対] の票を投じる。もし賛成時には売却できるかどうかを考慮する必要があります。

東証 : 株価検索あと、東証には外国株式が上場しています。
この銘柄は証券会社によっては取り扱っていますが、日本株に交換してくれるのであれば売却が少し容易になるかもしれません。
追記としてですが、今後のためにも重要な事として、
 ・住所変更はきちっとしておく。決議書が届かないのは困りますよね。
 ・株券の電子化が2009年に始まります。お手持ちの株券が紙くずになる可能性があるので、まずは証券会社へ!!

三角合併も行われていくでしょうから、その都度一つずつ事例をみて勉強していきたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  結婚指輪に時間を♪
back.gif  資本コスト

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ぐっち
2007 05/09 (Wed)
AM 08:00

はじめまして^^
三角合併の分かりやすい記事、大変参考になりました。

>最初の三角合併される企業はどこになるんでしょうか

僕も注目してるのですが、システム的に事例はそう多くは出ないでしょうね♪
いずれにしても、最初の事例が大きな意味を持つことに間違いなさそうです。

私のブログで三角合併について書いた記事内において、貴ブログ記事を紹介させていただきました。
mm(謝)

2. かえる
2007 05/09 (Wed)
PM 10:15

>ぐっちさん
初めまして。 まずは、記事の紹介ありがとうございます!!

拝見させて頂いたのですが勉強させて頂きました・・(汗)
株価の動き、企業の対応、外野の動き、非常に勉強になりそうなので、
どこか動いて欲しいですね。

これからもよろしくお願いします♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1082
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値