資本コスト


07/05/04 PM12時ごろ  ・コメント(4)

資本コストって言葉があるのですが、目にしていながら全然意味が判っていませんでした。
企業に取って資金というのは重要な補助エネルギーだと思うので、少しでも意味を理解したいと思います。

」とは、企業が事業を行う際調達した資本に対して支払うことが期待されるリターンを指します。資本コストは、株主資本(株式)コスト他人資 本(負債)コストの二つに区別できます。

株主資本の提供者は株主であり、株主が株式に対して出資した金額に対して期待するリターンが株主資本コスト(株式)です。
株式の期待収益率は6.5%程度と言われています。

一方、他人資本の提供者は社債の保有者や借入金の貸出者であり、これら債権者が要求するリターン、つまり社債の利回りや借入金利が他人資本(負債)コストです。この株主資本と他人資本それぞれの期待収益率を構成比率により加重平均したものがWACC(Weighted Average Cost of Capital)、つまり加重平均資本コストとして定義されます。


となりますと、100億円の資金を調達した場合の企業に求められているリターンを色々想定してみたいと思います。
その時の各リターンを、株式の期待収益率:6.5%、優良企業の利率:1.2%とします。

期待されているリターン
他人資本:借入れ株主資本:増資コスト備  考
100%0%100×1.2%+0×6.5%=1.2%有利子負債が大きく増える
75%25%75×1.2%+25×6.5%=2.5%
50%50%50×1.2%+50×6.5%=3.9%
25%75%25×1.2%+75×6.5%=5.2%
0%100%0×1.2%+100×6.5%=6.5%株数が大きく増える。

こうしてみると、

増資は
財務面では資本金が増えるので健全な気がしますが、株数は増えるので1株利益が減少しますし、「求められるリターン」が大きくなります。
なので、ちゃんと利益に結びつく増資でなければ、リターンが期待できないという事で売られる事になるみたいです。
借入れで
調達しますと、見た目の財務は有利子負債も増えますし、株主資本比率も下がるので、あまり良くない気がします。
ですが、求められるリターンは低いですし、返済金は税制面でも節税になるみたいなので、良い面もあります。

ちゃんとキャッシュを得ることのできない企業ですと、返済が遅れる事でコストは増加しますし、金利を上げられてもコストは増加します。
信頼性のない企業や財務に問題がある会社ですと、当初の金利が高い場合もあります。


どちらも間違いではないですが、増資をするなら使い道と成長力。借入れをするなら財務の健全性と利率に注意をしなければいけないように思います。


で、それにしてもこれであっているのでしょうか・・・・。
少し勉強不足なので、コストやWACCについてもっと勉強しなきゃいけないようです。

関連エントリー
 資本コスト
 ROIC (投下資本利益率)
 WACC (1)
 WACC (2)
 EVA (経済的付加価値)

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  三角合併
back.gif  [決算] SBIについてちょろっと

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. vb
2007 05/04 (Fri)
PM 05:53

いやーこうやってきちんと整理されてると頭がすっきりします。
しょっちゅう混乱してますんで・・・整理することは大事ですね。

それはともかく、私が毎回悩みまくる「株主期待収益率」。
文字通り、「株主がどのくらいのリターンを要求してるか?」
ですが、時間があるときに、ここについて踏み込んでいただけるとうれしいです。

って勝手なお願いばっかですいません。

2. かえる
2007 05/05 (Sat)
PM 09:04

>vbさん
ちゃんとあっていますかね……。
コストってこうして見ますと非常に大事ですね。
バリエーションはできないですが(汗)

で、株主期待収益率って非常に興味があるので、考えてというか調べてみたいです。

3. Anonymous
2010 10/04 (Mon)
PM 05:51

ちょっと教えてほしいですが、
ROAとROEの分子に当たるリターンとは税引き後の純利益とのことでしょうか?

4. かえる
2010 10/05 (Tue)
AM 12:06

>Anonymousさん
基本的には"純利益"で計算しています。

ただ何年分かの決算を比較する時は、
営業利益×60% の値を使って整合を取ってから計算をしています。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1083
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。

自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値