WACC (2) 算出


07/06/27 PM 9時ごろ  ・コメント(2)

前回のまでの続きは、
 ROIC (投下資本利益率)
 WACC (1)

さて、WACCもなんとか簡易的に算出できそうです。というか自分のレベルでは簡単に算出し後から考えた方が良さそうです。


WACCの算出は、もう一度書きますが、

WACC = rE×E÷(D+E)

[@1]

+rD×(1−税率)×D÷(D+E)

[@2]
 D:有利子負債総額
 E:株主資本(時価総額)
 rE:株主資本コスト
 rD:負債コスト
式を解きやすくするため、[@1],[@2] という番号を付けています。

になっています。
今回もまた泉州電業を続きに練習にしてみたいと思います。

@2 負債コストの考え方
結果から書きますが、負債のコストは借入金に対する利息になります。利息がコストになるのですが、企業の利息は税金の控除ができるので、それを求めています。
@2 負債コスト
  • rD:有利子負債の金利 1.2%(有価証券報告書に借入利率が載っています)
  • D:有利子負債 514百万円
  • E:時価総額 10.8百万×2800=30,240百万
@2=1.2×( 1−0.40)×514÷(514+30240) = 0.01
@1 株主資本のコスト
  • rE:株主資本コスト 8% (泉州電業は普通な企業と考え8%を採用します。)
  • D:有利子負債 514百万円
  • E:時価総額 10.8百万×2800=30,240百万
@1=8×30240÷(514+30240) = 7.87%
@1=7×30240÷(514+30240) = 6.88% (資本コスト7%にした場合)
@1=6.72×30240÷(514+30240) = 6.60% (WACC (1)) ex2) WACC=6.72%を使用
WACCは0.01+7.87=7.88%になりました。
これは加重平均コストとして利益の足を引っ張る訳です。
なので、ROIC 14.0%−WACC 7.88(6.61)%=6.12〜7.39%となりました。
この値をSpread(価格差)と言い、この値が10%を超えたりと大きければ良いようです。ただ大きければ良いのではないのですが、その点を補足しておきたいと思います。

資本コストをもう一度見て欲しいのですが、株式が多いとコストは上がります。借入で行うとコストは下がるのです。

そうなりますと、コスト(WACC)を下げるには銀行から資金を調達すれば良いのですが、負債が増え過ぎるのは企業の経営としては問題です。
では、株式で資金を調達されていると、企業の負担は減りますが、株式が増えるので、株主の期待(WACC)が上がるのでこれも問題です。
先を見ている企業はこのバランスを非常に注意しているようです。

で、なんとかまとめてみます。(というかお助けを・・・。)
有利子負債の少ない企業は、株式の割合が多いのでWACCは高くなってしまう。
有利子負債が多い企業や新興企業は、株主の期待が大きいためのでWACCが高くなっています。
なので、稼ぐ力があっても、成長路線に不安が見えると、スプレッドが縮まり売られるようです。
※ WACCの数字が低すぎるのは、有利子負債が多すぎると思われるので注意が必要だと思います。
株価を裏付けるものは・・・?-忘れるな!俺の投資備忘録相互リンクしている笠置さんに色々とやりとりして教えて貰ったのですが、判りやすく教えてくださいました。

それにしても、泉州電業のスプレッドが少ない気がするけど大丈夫なのかな?


さて、これで算出できましたが、どう使うかが大事みたいです。
ROIC>WACC(スプレッドが)ではないと、企業の価値は増えていかないと判断ができます。
あんまり深く考えなくてもいい感じがしますが、なぜWACCが大きいと問題かを覚えておきたいと思います。

さて、この次は何を勉強すれば、企業の価値が見えてくるのだろう・・・・?

関連エントリー
 資本コスト
 ROIC (投下資本利益率)
 WACC (1)
 WACC (2)
 EVA (経済的付加価値)

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  定款の変更に少し注目してみる
back.gif  WACC (1) 四苦八苦編

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. 某セミナー受講者
2007 07/05 (Thu)
AM 01:29

この先となると、たぶん、フリーキャッシュフロー(FCF)の算出方法あたりを勉強するといいんじゃないかと思います。
FCF算出ができれば、その先いくつかのステップで株価を算出することができますので。

WACCが大きいと問題になるのは、このFCFから株価を算出する過程でROICよりもWACC変化の方がインパクトが大きいことにありますね。(ROICが1%増加するのも、WACCが1%減少するのも、SPREADが1%増加という意味では同じですが、株価に与える影響は後者の方が大きい)

2. かえる
2007 07/05 (Thu)
PM 07:17

>某セミナー受講者さん
アドバイス有り難うございます。
WACCが今後の企業の価値に影響(足を引っ張る)するというイメージは掴んでいます。

FCFの算出(DCF法が一般的なのでしょうか?)については、少し学び方に躓いているところです・・・・。
どう言った書籍が良いのかも判断できないですし、ハッキリと言ってここまでセミナーや技術を持った方に習っていませんので、正しい方向に進んでいるかも疑問なところです・・・(汗)

焦った投資をしたくない所なので、もう少し足掻いてみようと思っています。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1127
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


いつかはDCF法を!

資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値