自分なりに決算書を見てみる (1)


07/07/20 PM10時ごろ  ・コメント(4)

もっと頑張って投資の勉強をしようと思っていますが、どうも復習が足りように感じているので、"自分なり"の決算書の見て置かなきゃ!という点を整理しておこうと思っています。


なので非常に簡単にまとめたいと思っています。
指摘があれば修正しますし、忘れていることがあれば加筆・修正しながら、忘れないためのメモを作って置こうと思います。

自分の負担を減らすために、一般的に健全な企業や判りやすい企業に投資するという前提にしています。
そうではないと魅力的な企業に見えては引っかかってばかりなので・・・・。


バランスシート(貸借対照表)

企業の財政状態を表している計算書になります。特に注目いている項目については、有利子負債、株主資本あたりなんでしょうか。ほんとはもっと、"何やら比率"に注意した方がいいと思うのですが、ハッキリ言って勉強不足です・・・・。
バランスシート
資 産 (総資産)負 債・資 本 (総資本)

※ 総資産=総資本となります

債務超過を除く

[資産の部]


流動資産(すぐに現金化できる資産)
 ・現預金  ----- 前期と比べ増えて欲しいですね。
 ・受取手形 ----- 回収できてないお金。
 ・売掛金  ----- 回収できてないお金。
 ・棚卸資産 ----- 在庫です。大幅な増加は注意です。

 固定資産(現金化しにくい資産)
 ・有形固定資産 ----- 土地や建物や機械です。
 ・無形固定資産 ----- 営業権やソフトウェアです。
 ・投資有価証券 ----- 投資有価証券です。

 詳しくは分析できないので、前期と比べ大幅な増減に注目しています。

 棚卸し資産については、売上げの伸びに対して注目しています。
業績の好調(在庫の減少)、不調(在庫の増加)の目安になると思っていますので、注意しているつもりです。

有形固定資産は評価の仕方によって価値が変わるので注意したいところです。

[負債の部(他人資本)]


流動負債(1年以内に返済する負債)
 ・受取手形 ----- 支払い予定のお金。
 ・買掛金  ----- 支払い予定のお金。
 ・社 債 ----- 社債です。
 ・借入金 ----- 短期借入金等の返済。

固定資産(1年以上先に返済する負債)
 ・社 債 ----- 社債です。
 ・借入金 ----- 残っている長期借入金です。

赤色の項目を足した金額が有利子負債になります。

[資本の部(株主資本)]


資本(負債に比べ割合が多い方が好きです)
 ・利益剰余金 ----- 利益が繰り越されると増えていきます。

株主資本比率 = 株主資本÷総資産
株主資本比率 > 30%以上の企業に投資をするように心がけています。
というか50%以上の企業にばかり目が行っています。

この値が大きい程、財務的に安全と判断されています。

自分なりに決算書を見てみる (2) に続く・・・・。

もっと詳しく知りたい方は下記のリンクが参考になります。
 貸借対照表の読み方 - やさしい株のはじめ方
 投資十八番 決算書の読み方(4)[貸借対照表1]
 貸借対照表 - 株の学校 
 貸借対照表 - Wikipedia

関連エントリー
 貸借対照表(バランスシート)
 有利子負債とは

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  セゾン資産形成の達人ファンドって
back.gif  中国に上場しているETF

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. vb
2007 07/21 (Sat)
AM 06:21

いやー本当に分かりやすいですね。頭がスッキリします。
かえるさんのサイトは、もう、完全に私の参考書と化してます。

2. ぐっち
2007 07/21 (Sat)
AM 08:20

おはようございます!
いつも思うんですが、よくまとまっていますね^^
表の使い方が上手いです。(僕は表が苦手なので、エクセルからの画像処理ばかり^^;)

記事でのご紹介ありがとうございます!

一点だけ
>※ 総資産=総資産となります

※ 総資産=総資本となります

ですね♪

貸借対照表は会社の今までの『生き様』を表わしている鏡。
損益計算書ばかりに目が行きがちですが、過去の積み重ねによって成り立つ貸借対照表も重要。ここからいろいろなものが見えてきますし。

3. かえる
2007 07/22 (Sun)
AM 10:12

>vbさん
どうでしょうか?
一応見るべきポイントを押さえたつもりですが、自分で書いておかないと忘れがちなので.....

4. かえる
2007 07/22 (Sun)
AM 10:29

>ぐっちさん
早速修正させて頂きました♪ 感謝です....

貸借対照表は生き様ですか〜。
やはり、ちゃんと見た方がいい計算書ですね。指標にもよく使う項目も多いですしね。

損益計算書はなんとなく判りやすいですが、貸借対照表は難しいので、頑張って見るようにしています。

で、ぐっちさんのサイトはホント勉強になっています。
ホント詳しく書かれていますね。知識の公開感謝です♪


あと、表については、打って打ってが好きなだけです♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1143
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値