[メモ] 外貨は外貨だと思った。


07/08/23 PM11時ごろ  ・コメント(0)

株式は危なくなれば債券を、市場が元気になれば株式を

と思っていましたが、今回のサブプライム・ローンの一連の問題ではどうだったか自分的に思いっきり簡単に考えて見たいと思います。

赤色:米国ETF SPY S&P500指数
青色:米国ETF AGG 米国債券市場指数
  米国ETF

AGG_SPY
AGG_SPY posted by (C)かえる


まず、アメリカ市場を見てみますと、直近の6ヶ月だけですが基本的に連動して無いように感じます。
アメリカの株式市場が大きく下げた時に債券は若干上昇しているような感じですし・・・・。

と言うことは、アメリカ内ではディフェンシブに作用していると考えて言い訳ですよね。

ですが、日本市場で見てみますと、

緑色:中央三井外国外国株式インデックス・ファンド
青色:中央三井外国債券インデックス・ファンド
赤色セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン
セゾン posted by (C)かえる

結局は、円安から円高になった事による為替の影響が結構大きいようですね。

と言うことは、マーケットのタイミングなんて取るのは非常に難しい訳なので、為替が円高に振れた時に買うようにし、
現地のアメリカ人より気持ち安く買えた♪ 程度の気持ちで買って行くのが良さそうですね。

とりあえず今回の教訓としては、
債券はディフェンシブになりますが、外国株式と外国債券は外貨として見ておく。
円高になれば、外貨資産は気長に買っておく。
格付け会社はやっぱり当てにしてはいけない。
アナリストは基本的に強気で、それを聞いてすぐに安心してしまっている・・・・。
そんな訳で、落ち着いてゆっくり投資して行きたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  成長しない企業として見る。
back.gif  はてなスターを付けた!

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1184
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値