« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »


re-kaeru2.gif 2007年10月31日

2007年10月末 運用状況。


今月もぼぉぉっとしている間に月末を迎えてしまいました....。
中間決算の発表が多かったので、いい銘柄がないかと探してみたいところですが、色んな事が中途半端に陥っています......(汗)

で、今月の成績ですが、

2007/10末 運用状況
 月末月初成績
かえるファンド 前月比+5.83%
株式 前月比+4.78%
TOPIX1620.071616.62+0.21%
日経平均16737.6316785.69−0.29%
JASDAQ78.9873.67+7.21%


JASDAQが凄い元気だったのですね〜。個人投資家のみなさんも年末に向けて少しは元気が出てきて欲しい所です。
雑感としては今月は思ったよりプラスに出ていました。個別株は1銘柄だけではなく、全体的に値が戻ったかんじです。
投資信託についてはインドが比較的好調だったので、パフォーマンスを押し上げてくれました。

そんな訳で年初来では、ー20%ぐらいなので恥ずかしいですが、頑張って年末までに少しでも回復して欲しい所です。

今月もぼぉぉっとしている間に月末を迎えてしまいました....。 中間決算の発表が
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:26 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年10月28日

[メモ] IT企業の事業の継続性ってむずかしいようで


少し気になるニュースが出ていたので、メモ。

1. インデックスが赤字幅拡大
インデックス・ホールディングスは26日、2007年8月期の連結最終損益が158億円の赤字(前の期は30億円の黒字)だったと発表した。従来予想は45億—80億円の赤字。グループ会社再編に伴い関係会社売却損など特別損失が195億円に膨らんだ。期末配当は計画より100円減らし、200円(前の期は300円)とする。
NIKKEI NET(日経ネット):ベンチャー ニュース−新興企業やベンチャービジネスを速報

結構な修正幅のようです。ここも楽天やライブドアの様にM&A等を繰り返して大きくなってきた会社です。
大手メディアとも提携等もしているので、ここまで業績が悪くなったのは少し不思議な感じが有ります。

こんな開示も出ています。大手の監査法人から少し小振りな監査法人への移動.....。
 公認会計士等の異動に関するお知らせ
なんか、すこし不安な感じがしますね。

少し気になるニュースが出ていたので、メモ。 1. インデックスが赤字幅拡大イン
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:47 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年10月27日

海外ETFのページをまとめました!


かえるの投資.com (海外ETFのまとめ)

楽天証券で、買える海外ETFのページをまとめました。

Google Financeと連動しているので20分毎に株価は変動するようになっています。
右端のESBI証券で、買えるETFになります。
βの値を表示させました。多分ですがS&P500との相関性を表していますので目安になればと。
これからの追記したい点。
国内のETFと中国上場のETFは対応していないので、こちらはエクセルで作ってみようかなんと。
取引手数料についてもちゃんと書いてみたいと思います。

そんな訳でちまちま作って更新していますので、お役立て頂ければ幸いです。

かえるの投資.com (海外ETFのまとめ) 楽天証券で、買える海外ETFのペ
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:34 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年10月24日

[ETF] 1309 上証50連動投信って


上証50連動型上場投資信託
1309 上証50連動型上場投資信託

グラフを見て頂くと右肩上がりで非常に強いチャート描いていますが・・・・。
羨ましいチャートですね。このような企業に投資をしたいと思いますが、これは昨日から取り引きできるようになった、1309 上証50連動型上場投資信託になります。

このETFなんですが、少し問題があるようです。現地の価格に連動していない様なんです.....(汗)
現地の価格とどれくらい乖離があるか調べて見たいと思います。
大証も海外のETFを上場するのであれば、現地の指数が判るよう改善して欲しいところです。
※ 為替はややこしいので、ETFの元価格を日本円のレートに単純に直して計算します。

10/24日現在の上証50ETFの価格は4550.561元となっています。
為替が1円が15.25元となっていますので、
 4550.561×15.25=69,396円となります。
10/24日現在の1309 上証50連動型投信 87,700円となり26%の乖離となっています・・・・・。
この鞘を取れるのは機関投資家だけ?のようなので、注意が必要というか、わざわざ高く買う必要もないのですが・・・・。
1309 上証50連動型上場投資信託 グラフを見て頂くと右肩上がりで非常に強
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:36 | コメント (6)  

re-kaeru2.gif 2007年10月23日

[メモ] 新興市場の最近


新興企業向け株式市場を運営するジャスダック証券取引所が22日発表した07年9月中間決算は、一般企業の売上高にあたる営業収益が前年同期比30.3%減の38億円、本業のもうけを示す営業損益は赤字1億円(前年同期は黒字16億円)だった。

 不祥事続発などによる新興市場の相場低迷で、1日あたりの平均売買代金が同54.2%減の384億円に落ち込み、手数料が激減した。システム関連の特別損失も12億円計上し、当期損益は赤字14億円(前年同期は黒字10億円)だった。
asahi.com:ジャスダックが赤字 相場低迷で売買手数料激減 - ビジネス

さて今年は2006年とは違い相場に元気がないのですよね。その元気のなさが証券取引所にも影響が出始めているようです・・・・。
上記のニュースの通りジャスダックが深刻なようです。

しかもジャスダックはジャスダックNEOと言う市場を作ろうとしています。
この市場に上場する企業の特徴は、リスクがあっても赤字企業や新興企業でも将来性があれば上場できる市場を作ろうとしています。

ですがこれって間違っていますよね〜。
ただでさえ新興不信なのにさらにリスクのある会社は買いにくいですよね。資金を調達できる機会をつくる点というのはわかるのですが、そのリスクを投資家に押し付けないで欲しいと思います。

するべき事は市場が活況になるようにする事と感じます。

新興企業向け株式市場を運営するジャスダック証券取引所が22日発表した07年9月中
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:01 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2007年10月22日

現在の投資状況見て反省......


少し自分の投資状況を見直しておこうと思います。
預金以外の投資として初めての投資となりますと、7年近く前に契約した個人年金になります。

養育費を払いながら、気ままな一人暮らしをしたりと個人年金以外は何もしておらず、今となっては反省しています......(汗)
僕自身、国民年金なので当時から若干の不安を感じていた訳です。
ですが、投資によって運用という考えは思いつかなかったのは、好奇心不足だったと思っています。

個人年金について少し考える。を書いた際に判ったのですが、金利の上昇が見えて来た現在では徐々に魅力がなくなって来た商品になってきました。
解約を考えていますが、とりあえずはある程度の利回りがありますし、リスクも少ないのでこれを日本国債と位置づけて算出してみたいと思います。

HeartRails Graph

■ 問題点
個人年金を解約しない限り、日本国債は増えて行くのが非常に困った状況となっています。
非常に問題点の多い投資状況ですね。
ですが、お小遣い投資家となってしまいましたので、投資先は海外株式へと頑張っていますが、なかなか追いつかないのが現状と成っています。
まぁ〜解約すれば状況を変える事ができますが、リスク管理にまだまだ不安があるので当分先かと....

まぁ〜そんな訳で、自分なりの投資を頑張って行きたいと思います。
少し自分の投資状況を見直しておこうと思います。 預金以外の投資として初めての投資
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:10 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年10月18日

[メモ] たまには海外に目を向ける


なんかアメリカ市場というか、金融市場に元気がなくなって来ているような気がするので、またGoogleさのサービスを使って為替を表示してみました。
もしかすると、お小遣い投信を買うチャンスが来るかもなんて考えています。

先進国の状況は


Blogで海外ETFを紹介していますが、ETFは投資信託と違いある程度のまとまった金額でないと投資できません。
なので、どうしても投資するタイミングがあると思います。
お役に立てればと海外市場の動向ぐらいは小耳に入れておきたいと思います。

国際通貨基金(IMF)は17日、「世界経済見通し」報告を発表した。サブプライム・ローン問題による金融市場の動揺を受けて、先進国の成長率見通しは軒並み下方修正となった。

 2008年の国内総生産(GDP)実質成長率の予想は、サブプライム・ローン問題の震源地である米国が1.9%で、今年7月の改定時の見通しから0.9ポイント下方修正された。英国が2.3%(0.4ポイント下方修正)、ドイツ2.0%(0.4ポイント同)、日本は1.7%(0.3ポイント同)だった。

 07年の成長率は、日本が年央からの景気減速で0.6ポイント下方修正の2.0%となった。米国も0.1ポイント下方修正の1.9%%で、7月時点と変わらず16年ぶりの成長率の「日米逆転」の予想となっている。
先進国の成長率、軒並み下方修正...IMF見通し : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

お金が余っている国々はサブプライム・ローンを発端に結構なダメージがあったと言う事なんでしょうか。
改めて自分は、楽観主義だと・・・・。の時に外国株式インデックス・ファンドを買付していたので、もう少し待って買って見たいと思います。
セゾン投信は積立にしていますので、僕は何も考えていませんが、順調に純資産総額を積み上げているようです。

なんかアメリカ市場というか、金融市場に元気がなくなって来ているような気がするので
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 20:13 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年10月16日

株主資本比率について少し考える


株主資本比率とは、決算短信などではバランスシートの欄を見れば判ります。
左側(総資産)に対し、右側下部(株主資本)がどれくらい占めているかを示します。
一般的によく言われるのが、株主資本比率が50%以上の企業に投資しましょうと聞きます。
僕も目安として50%にしていましたが、一概に言えない事が判ってきましたので、また書いて覚えておきたいと思います。

簡単にというか自分なりの解釈も入っていますがその点はご了承下さい。
まずは、企業を2種類に分類したいと思います。
技術を売買している企業と、商品を売買している企業です。
これらの企業のお金の借りやすさを考えて見たいと思います。

技術を売買している企業
IT企業(ネット関連の企業やソフトウェア企業)は基本的に人材が資産だと思います。
製薬会社等については、薬の成分や製法などの特許が資産だと思います。
人材派遣会社等についても、企業に価値があるのではなく、派遣の方の技術に価値があるわけです。
特許や人材が資産となっている企業は、人材の流失がおきたり特許の期限切れになる事により、利益の源が失われる可能性があります。
ローンを組む時の事を考えて頂きたいのですが、目的のないフリーローンより、家や車を購入する時のローンの方が金利が安いと思います。
ようするに、技術や人材よりも目に見える土地などの方が担保として価値があると言うことですね。
となると、技術を資本としている会社は、技術を銀行や投資家が価値を評価する事は難しいと思います。従って比較的お金が借りにくいのではないでしょうか。

商品を売買している企業
一番判りやすいのは不動産銘柄ではないでしょうか。土地は持っているだけで財産ですよね。
自動車会社もそうではないでしょうか。トヨタなんかは工場も沢山持っていますし、トヨタと言う名前はもう立派なブランドですよね。
スーパーなどの小売もそうではないでしょうか。商品に価値があるので基本的に人材や技術に左右されないですよね。
これらの企業は企業に価値というか商品に価値があるため評価されているような感じがします。
在庫を抱えてする商売は、在庫の価値を把握(在庫が担保に)することができやすいので、お金の借り入れはしやすくなっているのではないでしょうか。
あとネームブランドも価値になると思います。よくローン組む場合も同じ年収のサラリーマンより公務員の方が利率が優遇されるなんて話は聞かないでしょうか。これはやはり公務員という肩書きがお金を貸しやすくしていると思います。

株主資本比率とは、決算短信などではバランスシートの欄を見れば判ります。 左側(総
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:17 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年10月11日

海外ETFを調べるのに少し役立つかなと.....


海外ETFの価格って少し判りにくいので、エクセルファイルで価格が判るように適当に作ってみました・・・・。
楽天で取り扱っている海外ETFについては、全て対応しました。

立ち上げると同時に自動で[自動更新を有効にする]を選んでもらうと、価格が更新されます。1分程度で更新は終わると思います。

※ 注意事項
 エクセルのマクロについては、使用していません。
 まだ、全てのETFの内容について作成していません。
 レイアウトもちゃんとしていません・・・・(汗)
 いつの間にやら更新している事もあるかも知れませんがご了承下さい・・・・。
 セルを勝手にいじって頂いて結構です。 ですが、素人が作ったものなので再配布はご遠慮頂けるでしょうか。

指摘やご要望があれば、コメントメールでお知らせ頂ければ幸いです。

エクセルファイルで作っていましたが、いつでもみれるようにかえるの投資.com (海外ETFのまとめ)を作ってみましたので、こちらを参考にして頂ければと思います。

で、お役に立ちそうでしょうか?

海外ETFの価格って少し判りにくいので、エクセルファイルで価格が判るように適当に
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 17:59 | コメント (7)  

re-kaeru2.gif 2007年10月 7日

[メモ] 年金の運用状況などなど


さて、年金の運用に状況について[メモ] 年金に関してはプロを応援!!と書いてみましたが、実際の年金の運用についてあまり知らなかったので気になるところだけを抜粋してみました。

詳しくは、資金運用業務概況書を見て頂きたいと思います。

年金の運用は、基本的に国内債券・株式外国債券・株式で、運用されています。さらに運用先をアクティブ運用とパッシブ運用(インデックス)で、行なっています。

年金積立金管理運用独立行政法人による昨年の運用状況
 運用時価総額市場運用に
おける割合
運用会社そのうち
投資顧問契約
国内債券アクティブ9.73兆円11%116
パッシブ34.46兆円41%70
国内株式アクティブ4.52兆円5%1510
パッシブ14.54兆円17%72
外国債券アクティブ2.54兆円3%76
パッシブ6.52兆円8%41
外国株式アクティブ2.54兆円3%1312
パッシブ10.09兆円12%73

基本的にはパッシブで運用されている方が多くなっています。
国内の場合にはTOPIXの指数を参考にしていますが、市場には、大証や新興市場もあり、その中にも良い企業が有る訳です。
そう言った企業を対象に含めるためにアクティブ運用を一部採用していると思います。


ただ、そうは言っても色々と疑問はあります。信託会社や証券会社の仕組みがよく判らないので、疑問点を書きたいと思います。

昨年度の運用手数料なのですが、運用手数料はほぼ同額なのですが、運用時価総額については、大きく違っています。
投資顧問契約のほうが非常に高額となっています。

では、これがパッシブだから手数料が安いのではなく、パッシブで運用を委託されていても投資顧問契約となっている場合もあります。
資金運用業務概況書を見てみますと、契約状況については、信託(信託銀行)、投資顧問契約(証券会社)となっているようです。
仕組みや契約ついてよく判りませんが、投資顧問契約についての手数料は押さえて欲しいと思っています。

運用手数料
 運用時価総額報酬額
信託契約57兆0808億円143億円
投資顧問契約21兆2436億円143億円

さて、年金の運用に状況について[メモ] 年金に関してはプロを応援!!と書いてみま
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 12:41 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年10月 5日

[ETF] やっぱり海外ETFは大証から


大阪証券取引所は中国の株価指数に連動するETF(上場投資信託)を10月23日に上場する。海外の株価指数に連動するETFの国内取引所上場は初めて。中国の規制などから日本から中国株への投資手段は限られていたが、新商品が上場すれば個人投資家の選択肢が広がる。ただ、価格変動リスクのほか為替変動の影響も受けるため、売買には注意が必要だ。

 5日にも発表する。上場するのは上海証券取引所(上証)の主要50銘柄の株価指数「上証50指数」に連動するETFで、野村アセットマネジメントが管理・運営する。最低売買単位は1口で、現在の相場だと1口6万5000—7万円程度になる。市場に流通する総発行数にあたる設定口数は8万口の見通し。
NIKKEI NET(日経ネット):大証、中国株価連動のETF上場
大阪証券取引所は中国の株価指数に連動するETF(上場投資信託)を10月23日に上
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 08:58 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年10月 4日

[勉強] 物価の上昇と外貨投資をくっつける


ふと、ひっきーさんにお会いした時に話していた事を思い出したので、自分なりに整理してみようかと・・・・。

行き過ぎた外貨投資はインフレリスクを高めてないかなと・・・・・。

最近、物価の上昇が近づいている感じがしまよね。外貨投資が要因の1つであるか考えてみます。
オーストラリアを例に取って考えて見たいと思います。外貨が流れすぎているようなので、

まず、ぐっちさんの記事が参考になります。 今年の秋・・・それは値上げの季節
特に注目すべきは小麦と思っています。今年は、オーストラリアで干ばつがあり、非常に収穫量と品質が落ちているそうです。
為替の方についても、外貨投資が活発になるについて、豪ドル高円安基調が続いています。

Yahoo!ファイナンス - AUDJPY=X

円安になりますと、どうなるか少し説明しますと、

条件.1
  マグロが1,000豪ドルで売っています。価格は2年間変わっていないとします。
  オーストラリアでは、物価の上昇ともなかったので、マグロの価値は変わっていないとします。
条件.2
  2007/09 1豪ドル=100円
  2005/09 1豪ドル= 80円

結果
さて、輸入価格はどうなっているのでしょうか
  2007/09 100円×1,000豪ドル=10万円
  2005/09 80円×1,000豪ドル=8万円
となり、円の価値が下がっている事になります。 これが円安の状態です。


高リターンを期待しているため円安に・・・・。

で、海外に投資するという事は、円を売って豪ドルを買っている事になります。
特にオーストラリアなどは、ほとんどが日本人が売買しているそうです。

2007/10月現在、オーストラリアの政策金利6.5%と日本に比べて非常に魅力がある国になっています。

日本のお金が過剰に流れている、円が売られ過ぎている状態がずっと続いています。ようするに円の価値を下げている事になります。
株式で言うと信用買いがドンドンたまっている状態だと思います。スワップ金利があるため買いが積み上がっていると思いますし、レバレッジにより更に買いが膨らんでいるのではないでしょうか。


ふと、ひっきーさんにお会いした時に話していた事を思い出したので、自分なりに整理し
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:28 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年10月 2日

[メモ] 年金に関してはプロを応援!!


年金は投資によって運用されているんですが、何であろうと頑張って頂かねばです。

投資信託の信託報酬が高い事や、アクティブ投信の運用が悪くても、どこ吹く風..... と、証券会社さんやファンドマネジャーにもっと投資家の事を考えてください〜と思っていますが、年金の運用に関してだけは、非常に応援をしています。


年金の運用は何社かに分けての1年毎の契約だったと思います。成績が悪いと契約してくれないと思います。(多分ですが...)
しかも、年金を運用の事ですから、プレッシャーも凄いかと思います。莫大な報酬も貰いたいですし、国民の目も光っています。
ですが、こればっかりはプロの方達にお任せするしかありません。(401kは別ですが。)
なので、報酬は少しばかり高くてもかまいません。何がなんでも頑張ってください。

企業年金連合会(旧厚生年金基金連合会)が18日まとめた会員企業年金の2006年度の資産運用利回りは、平均でプラス4.50%だった。外国資産の良好な運用が寄与した。国内株高の恩恵を受けた05年度実績(19.16%)には遠く及ばなかったが、4年連続でプラス運用を確保した。

 資産別の収益率は、外国株式が+16.91%でトップ、次いで外国債券+9.29%、国内債券+2.12%の順。一方、資産の3割近くを配分している国内株式は−0.32%と低迷した。株式相場の伸び悩みに加え、代表的指標である東証株価指数(TOPIX)の利回り(配当込みで0.29%)も下回るなど、各企業年金の運用も振るわなかった。
FujiSankei Business i. 金融・証券/平均利回り4.50%...年金連合会の06年度資産運用
年金は投資によって運用されているんですが、何であろうと頑張って頂かねばです。 投
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:17 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年10月 1日

これって、ヴィレッジヴァンガードの強さ?


※始めに
 身近な物から投資できる銘柄かを考えた記事になっています。
 ちゃんと調べた訳ではないので、信用せずドンドンと指摘をお待ちしています。

2769ヴィレッジヴァンガードですが、小売業の中では、面白い小売店、成長力が有るなどの声が聞こえてきます。 お店も個性?があり、いわゆる普通の本屋さんとは違い、若い客層に受けている本屋さんだと思います。 少し気になる点を見つけたので、自分なりの視点で考えてみたいと思います。

会社四季報のコメントを見てみますと、

【強含み】
横ばい前提の既存店は足元8%増収と堅調。出店は通期30店に抑制。好採算雑貨の販売比率減り利益率低下だが、会社営業益計画25億円強は過小感。営業外でのれん償却、特損で在庫評価減見込む。
【育 成】
買収した中南米雑貨店チチカカは来期黒字化見通し。のれん代2.5億円は5年償却。今期は出店抑え店長育成に重点。直営既存店は7月で77カ月連続増収。

と、基本的には、順調なようです。概要もさらっと見てみます。

2769 ヴィレッジヴァンガード概要
株価前期PER前期PBR株主資本比率
520,00014.92.350.5%
ROEROA前期PCFR営・投・財CF
17.1%8.8%12.4+ − +
ROICWACCβEV/EBITDA
12.9%5.04%0.7127.5倍

これを踏まえて以下の写真だけを見て、どのような企業か考えてみたいと思います。 ※始めに 身近な物から投資できる銘柄かを考えた記事になっています。 ちゃんと調べ
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:21 | コメント (3)  

過去の記事
 2010
04 03 02 01
 2009
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2008
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2007
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2006
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2005
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
カテゴリー
陶芸 趣味 幸せ♪ オチビ! Kiss X2 投資信託 資産運用 [投] メモ [投] 勉強 [比] 証券 ファンド Blog iPod Life Mac Life お気に入り お役立ち お出かけ つぶやき 娘の事

 

RSSリーダーに登録

BlogPeople

2007年10月の全記事です


  • 2017年 (6記事)
  • 2016年 (23記事)
  • 2015年 (38記事)
  • 2014年 (48記事)
  • 2013年 (82記事)
  • 2012年 (117記事)
  • 2011年 (179記事)
  • 2010年 (187記事)
  • 2009年 (260記事)
  • 2008年 (276記事)
  • 2007年 (243記事)
  • 2006年 (247記事)
  • 2005年 (174記事)