[ETF] 1309 上証50連動投信って


07/10/24 PM10時ごろ  ・コメント(6)

上証50連動型上場投資信託
1309 上証50連動型上場投資信託

グラフを見て頂くと右肩上がりで非常に強いチャート描いていますが・・・・。
羨ましいチャートですね。このような企業に投資をしたいと思いますが、これは昨日から取り引きできるようになった、1309 上証50連動型上場投資信託になります。

このETFなんですが、少し問題があるようです。現地の価格に連動していない様なんです.....(汗)
現地の価格とどれくらい乖離があるか調べて見たいと思います。
大証も海外のETFを上場するのであれば、現地の指数が判るよう改善して欲しいところです。
※ 為替はややこしいので、ETFの元価格を日本円のレートに単純に直して計算します。

10/24日現在の上証50ETFの価格は4550.561元となっています。
為替が1円が15.25元となっていますので、
 4550.561×15.25=69,396円となります。
10/24日現在の1309 上証50連動型投信 87,700円となり26%の乖離となっています・・・・・。
この鞘を取れるのは機関投資家だけ?のようなので、注意が必要というか、わざわざ高く買う必要もないのですが・・・・。


さて、大証から変わったリリースが出ていました。

 追加設定に伴う上場受益権口数の変動について:上証50連動投信
現時点の上場受益権口数  80,000 口
増加後の上場受益権口数  150,000 口(70,000口増加)

勝手な推測になるのですが、現在の価格の上昇は80,000口という比較的少ない株数により、株数の不足から高値が付く思惑やIPOの時の様に需給のバランスが崩れての価格形成になっていると思います。
 ですが、一気に株数が倍になると言う事は供給数が多くなるので、急激な株価の下落、上海の株価にさやよせして行きそうな気がします。
それにしても何故急に受益口数増えたんでしょ?

相互リンクのみなさまもお嘆きです....
 上証50連動投信とラッセル野村小型コア連動投信、本日上場 株をはじめる前に読むブログ
 rennyの備忘録 | こりゃちょっと・・・いくらなんでも・・・
 NightWalker’s Investment Blog: 上海株式指数・上証50連動投信と身近な非効率?市場

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  海外ETFのページをまとめました!
back.gif  [メモ] 新興市場の最近

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Mc.N
2007 10/25 (Thu)
AM 12:47

>> それにしても何故急に受益口数増えたんでしょ?

上証50採用銘柄を買い集め、証券化したからではないかと。急に増やした理由は強制的に指数に連動させる目的からなのではないかと。明日の寄付きは70000円なんて状況もあるかもしれませんね =)。
野村AMもこれだけ逼迫することを想定していなかったのかもしれません。

ETFの仕組み上、指数に連動するまで口数を増やし続けることになるはずなので、需給だけで売買を行っている投資家は注意した方が良いのではないかと。

2. かえる
2007 10/26 (Fri)
AM 12:33

>Mc.Nさん
コメントありがとうございます。
さすがに本日は大幅に下がりましたね・・・・・。
ETFの少しまずい点が出てしまい、はまった投資家も多かったかもしれませんね。
野村の自己売買の声も聞こえますが、本当ならひどい話・・・・。


P.S SyncHackさんの各サイトで、勉強させて頂いています。これからも宜しくお願い致します。

3. Mc.N
2007 11/02 (Fri)
AM 01:01

>> 野村の自己売買の声も聞こえますが、本当ならひどい話・・・・。

いやまあ、賢くない投資家のリトマス試験紙という印象です>上証50ETF。
IPOだって創業者やら機関投資家の持株の売却のための場違うんかい、見たいな上場がザラにあるでしょ。それと同じでは。「野村AMにボクの純情が裏切られたっ」と言われても「そもそもそいう場所だからね」としか言いようがないです。

>> SyncHackさんの各サイトで、勉強させて頂いています。

お気に召されてなにより。でもあそこ、何時閉じてもおかしくない状況だったり =)。メンテが行き届いていないのが気に喰わないんですよ。

4. かえる
2007 11/03 (Sat)
AM 01:36

>Mc.Mさん
今回の1件で少しはサブプライムの補填はできたのでしょうかね。
確かに上場だけが目的の会社よりよっぽど投資価値はありますね。そのような企業にお金を吸い取られるのを考えればよっぽど健全かも.....

なので、お小遣いをお稼ぎになったと思うので、新しい商品を待ちましょうか。
アメリカの次から次と出てくる金融商品ではないですが、色々稼ぎ方はあるのですね。


量が増えてきますと軽快さが一番んネックですよね。
サイトが重いとドンドンやる気がなくなってしまいますので....。
ですが、色々と勝手に期待しています。

5. 老生
2008 01/21 (Mon)
PM 03:18

上証50ETF1309の売出し初期からのホルダーです。現状惨憺たる状態ですが当面手放す気はなく持続中。
お陰で中国経済とA株についての観察という所期の目標に沿い臨場感と緊張感をもって日々を過ごしています。
いまや焼付いている冒頭にあるETFの推移グラフを拝見し、一筆啓上する次第です。
北京五輪・上海世界博で成長が終わるという風評が高いですが信じません。老生は東京五輪のあと20数年続く高度成長をフルスピードで駆け抜けた老兵ですから。気長に中国の成長に付き合っていく心算です。

6. かえる
2008 01/22 (Tue)
AM 12:36

>老生さん
コメントありがとうございます。
HP: http://www.doblog.com/weblog/myblog/17202/2621592#2621592
を見てみますと、ロシアに比べると中国はまだ安いような感じもしますね.....(笑)

短期的にみるとPERが高めになっており不安もあるのでしょうが、経済成長力、人口の違いでやはり大きな国なる事は間違いないと感じます。

ただテレビを見ていると中国人の株の買い方が明らかに投機的なのが心配、イベントが終った時のPERが高く感じるぐらいなのでと感じていますがどうでしょうか。

そこが気になったので、僕はインドを買っています。
こちらも不安定な経済の感じで株価の上下にあたふたしていますが、気長に付き合おうと思っています。
なにせ、BRIC'sの定義は2050年の大国です。

これからもよろしくお願い致します。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1232
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値