株主資本比率について少し考える


07/10/16 PM 9時ごろ  ・コメント(2)

株主資本比率とは、決算短信などではバランスシートの欄を見れば判ります。
左側(総資産)に対し、右側下部(株主資本)がどれくらい占めているかを示します。
一般的によく言われるのが、株主資本比率が50%以上の企業に投資しましょうと聞きます。
僕も目安として50%にしていましたが、一概に言えない事が判ってきましたので、また書いて覚えておきたいと思います。

簡単にというか自分なりの解釈も入っていますがその点はご了承下さい。
まずは、企業を2種類に分類したいと思います。
技術を売買している企業と、商品を売買している企業です。
これらの企業のお金の借りやすさを考えて見たいと思います。

技術を売買している企業
IT企業(ネット関連の企業やソフトウェア企業)は基本的に人材が資産だと思います。
製薬会社等については、薬の成分や製法などの特許が資産だと思います。
人材派遣会社等についても、企業に価値があるのではなく、派遣の方の技術に価値があるわけです。
特許や人材が資産となっている企業は、人材の流失がおきたり特許の期限切れになる事により、利益の源が失われる可能性があります。
ローンを組む時の事を考えて頂きたいのですが、目的のないフリーローンより、家や車を購入する時のローンの方が金利が安いと思います。
ようするに、技術や人材よりも目に見える土地などの方が担保として価値があると言うことですね。
となると、技術を資本としている会社は、技術を銀行や投資家が価値を評価する事は難しいと思います。従って比較的お金が借りにくいのではないでしょうか。

商品を売買している企業
一番判りやすいのは不動産銘柄ではないでしょうか。土地は持っているだけで財産ですよね。
自動車会社もそうではないでしょうか。トヨタなんかは工場も沢山持っていますし、トヨタと言う名前はもう立派なブランドですよね。
スーパーなどの小売もそうではないでしょうか。商品に価値があるので基本的に人材や技術に左右されないですよね。
これらの企業は企業に価値というか商品に価値があるため評価されているような感じがします。
在庫を抱えてする商売は、在庫の価値を把握(在庫が担保に)することができやすいので、お金の借り入れはしやすくなっているのではないでしょうか。
あとネームブランドも価値になると思います。よくローン組む場合も同じ年収のサラリーマンより公務員の方が利率が優遇されるなんて話は聞かないでしょうか。これはやはり公務員という肩書きがお金を貸しやすくしていると思います。

同じ株主資本比率が50%でも余力が違う


不動産企業については、土地を沢山持っている(在庫を抱え込んでいる)ため、資産が増加する傾向や土地を転がしたりマンションの販売までに時間がかかるので仕入れから販売まで時間がかかります。 なので運転資金の不足が考えられるますが、在庫(土地)という担保があるのでお金を借り入れる事ができます。

では、在庫を抱える事業が有利でもなく、販売まで時間がかかるまで土地の価格などで大きなリスクを抱える事になりますし、規模が大きくなればなるほど借入資金が大きくなる傾向があります。
負債が大きくなり過ぎることで、銀行からの圧力が大きくなると思うので低すぎるのも注意が必要ではないでしょうか。

IT企業などは、技術が財産ですが、評価されにくいため資金の借入が難しいと思います。
たしかにソフトを見ても利益に繋がるか判断しにくいですし、ネットの流行をみても動きが早く収益が持続するか判りません。
なので、大幅な借入をさせてくれないような気がしますし、利率も高いのではないでしょうか。
ですが、在庫や土地などの資産が少ないため身軽ですし利益率は良い傾向にあります。
ITとなる初期投資も低い事も多いので、株主資本比率が低い会社は注意が必要ではないでしょうか。

技術を売りにしている企業は株主資本比率が高い傾向にあり、在庫を持つ企業は少し株主資本比率が低くても大丈夫という感じなのでしょうか。
そんな訳でこれからは、もう少し踏み込んで企業の体質を見てみたいと思います。
だからと言って、ROEROAの数字が問題ないか、有利子負債の比率が大きすぎないかを忘れずにチェックしておきたいと思います。

■関連エントリー
 正しい負債
 資本コスト

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [メモ] たまには海外に目を向ける
back.gif  海外ETFを調べるのに少し役立つかなと.....

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ひっきー
2007 10/17 (Wed)
PM 03:12

かえるさんこんにちは〜!
とっても面白い視点ですね♪

技術と商品。その企業が何を売っているのか。
経営者がしっかり意識していないところは…(笑)。
勉強になります。

2. かえる
2007 10/17 (Wed)
PM 11:48

>ひっきーさん
コメント感謝です♪

株主資本比率というか、ROEを眺めていて少し傾向があるなぁ〜と
思っており少し調べていました。
スパッと2つに分けているので、当てはまらない企業もあるかもしれませんが、どうだったでしょうか。

まぁ〜日本では、結局は経営者の資金の調達方法が一番問題な事も多いですね....


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1226
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値