« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »


re-kaeru2.gif 2007年12月31日

2008年を頑張る前に。


詳細な投資の売買等については、確定申告の時に振り返ろうと思っています。
僕の取引口座は、一般口座を使用しているので、取引明細等の資料を提出しないといけないので、3月にもう一度、がっかりするんです.....。

そんな訳で今年を簡単に振り返ってみますと、

子供の誕生がやはり一番嬉しい事です。
生活リズムが大きく変わりましたが、なんとか楽しんで日々を送っています。ただ自分なりに時間を上手くコントロールする事ができず、集中力が欠けている様な気がします。
少しづつ慣れてきていると思うので、仕事もBlogも投資の勉強ももっと質を高めたいと思っています。
企業の中身をもっと見たくなった。
個別株に投資というのは、続ける毎に難しいと感じる様になってきました。
ですが、勉強する事によりリターンを延ばす事ができるのも個別株の良さだと感じています。なにより面白いんです
企業を量るには色々な指標がある訳ですが、それが数字に現れると面白い物だとホント勉強(さわりを勉強しただけですが....)して感じた年だと思います。
来年は復習の年としたいと思います。
たくさん、やきもちを妬きました。
成績が悪いのは、当Blogのアピールポイントの一つだと思っています。数字の良いブロガーの皆さんを見るたびに、ほんと焼きもちを妬かせて頂きました。
そんな感じだったので、投資の勉強も少しは出来たと思いますし、投資のページも少しは中身の有る物が出来たかなと思っています
あとは、腐る事なく続けた御陰かアクセスの数字が増えたのが非常に嬉しいです。

最後にですが、
あっという間の2007年でしたが、投資と生活は続いて行く訳なんで、これからも自分らしく頑張って行きたいと思います。
これからもへっぽこ投資家のBlogですが、どうか来年も飽きずにお付き合いをして頂ければ嬉しい限りです。
いい年になるように頑張りたいと思います。2008年も皆様にとっても良い一年でありますようにと、Blogの中から叫んで行きたいと思います。

詳細な投資の売買等については、確定申告の時に振り返ろうと思っています。 僕の取引
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 09:53 | コメント (6)  

re-kaeru2.gif 2007年12月28日

2007年12月末 運用状況。


今年も損を出しながらですが、なんとか生きてます。恒例の月次をチェックしてみます。
年初来の成績はー20%とヒジョーに不甲斐ない結果となりました。
今年の事はまた後ほど振り返らないと行けませんね......。

今月はなぜか持ち株が少し回復した月になりました。投資信託もインド投信が堅調に推移しましたし、外国投信も値を回復してくれました。
そんな訳で、休みの間に反省と勉強をしていきたいと思います。

2007/12末 運用状況
 月末月初成績
かえるファンド 前月比+3.35%
株式 前月比+2.16%
TOPIX1475.681531.88−3.67%
日経平均15307.7815680.67−2.38%
JASDAQ 72.17−3.81%
今年も損を出しながらですが、なんとか生きてます。恒例の月次をチェックしてみます。
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:22 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月26日

[雑感] NIKKEI225の基準


ここ一年程で、3度目の虚偽記載

昨日、三洋電機の過去の決算が修正され、虚偽記載に当たるため監理ポストに割り当てられる事になりました。
これで昨年の日興に続き、今年2社目の日経平均採用銘柄から監理ポストに割り当てられた事になります。

1. 三洋電機が過去6年の決算修正
三洋電機は12月25日、2001年3月期から07年9月中間期までの単独決算短信を訂正すると発表した。関係会社株式の減損ルールを厳格に適用した。東京証券取引所は同日、上場廃止基準(虚偽記載)に該当する可能性があるとして、同社株式を監理ポストに割り当てた。
三洋電機が監理ポストに 三洋、過去決算を訂正 - ITmedia News

2. IHIが2007年3月期の決算を修正
東京証券取引所は11日、IHI(旧石川島播磨重工業)の有価証券報告書が虚偽記載のおそれがあり、上場廃止基準に該当するかどうかの審査に乗り出すため、IHIを監理ポストに割り当てた。IHIは同日、2007年3月期の連結営業損益を約246億円の黒字から約54億円の赤字に決算訂正する見込みと発表。
FujiSankei Business i. 総合/IHIを監理ポストに…“虚偽記載”で東証が上場廃止基準審査

3. 日興CGが利益水増し
同社が2005年3月期と2006年3月期の有価証券報告書を訂正することを決定したことを受けて、東証が同銘柄を監理ポストに割り当てると発表したことが手掛かりとなっている。
日興コーデがストップ安売り気配、東証が監理ポストに割り当て:Finance@nifty

不祥事が続いていますね。今や日経平均と言う言葉は世界で通用するでしょうし、NHKからも聞こえてきます。
最近はほんと、看板が台無しのような気がします。


どっちが大事なのでしょうか

日経平均に採用されている銘柄は、毎年1,2銘柄ほど入れ替えられています。
合併等による入れ替え以外、基本的には、流動性の低い銘柄を流動性の高い銘柄に置き換えています。

確かに流動性が低いと換金性の問題などにより少しの問題があるかもしれません。
監理ポストに割り当てられている銘柄の方がよっぽど投資家に取って不利益な気がします。

まぁ〜素人考えなので、どう言ったルール等があるのかしりません。 インデックスファンドやEFFとの問題もあるかと思いますが、上場廃止にならない限り指数への採用には少し疑問を感じます。 玉石混合の指数(ほんとは優良銘柄だけがいいと思いますが)はTOPIXだけいいのではないでしょうか。

市場に相変わらず安心感が無いように感じますが、せめてNIKKEI225ぐらいは、安心できるというか、厳しい基準の指数となって欲しいところです。

ここ一年程で、3度目の虚偽記載 昨日、三洋電機の過去の決算が修正され、虚偽記載に
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 19:36 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年12月25日

ユニークアクセスが15万を刻んでくれました。


非常に嬉しい事に当サイトの訪問回数が、150000のカウンタを刻んでくれました。
15万回も表示されたのです。自分でもびっくりです。PV(ページビュー)で見るともっとアクセスを頂いています。

みなさんに感謝です。

いつも思いますが、お恥ずかしい成績のへっぽこ投資家のサイトにこれだけのアクセスを頂けた事を感謝しています。

それ以上に僕にとって嬉しい事が2つあります。

コメント数が「1000」を数えてくれました。
返信をしているので、実質は500だと思うのですが、交流の結果が1000を数えてくれた事がホント嬉しいです。
良い相互リンクのみなさまに出会えました。
はっきり言って当Blogはへっぽこ投資家が書いています。相互リンクサイトの方々に非常に勉強をさせて頂いています。
当Blogでがっかりされても大丈夫です!きっとリンク先には、きっと良い情報があると思います。

以前に書いた事があるのですが、偏りがちな情報発信をコメント等によって、色々と修正して頂いたり刺激を受け非常に勉強になってきました。

資産運用は、個人の性質によって正解のルートが多いと思います。お互いが正解に近づけるようになればと思い、これからも「気長に」頑張って行きますので、ヨロシクお願い致します♪

非常に嬉しい事に当サイトの訪問回数が、150000のカウンタを刻んでくれました。
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 08:21 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2007年12月23日

自社株買いデータベース


ほぼ出来た感じです。

いつまで、続けれるか判りませんが、なんとか形になったと思います。投資の参考になればと思います。

 07後半 自社株買いデータベース
 08.vol1 自社株買いデータベース
 08.vol2 自社株買いデータベース
 08.vol3 自社株買いデータベース


■ 少し説明です。

  • 発行株式の対する買付けた割合を出しました。対象企業が沢山買ってくれてると良いですね。
  • 買付け率で、企業の姿勢を判断できるのではないでしょうか。
  • 発行株に対してのインパクトも結構重要ではないでしょうか。
  • 市場外の取引についても、株主が大きく企業に売る訳ですが注意が必要ですね。経営者の換金売りなんてのは、少し考えものですね。
  • コメントについては、あまり気にしないで下さい・・・・。
  • 変な数字が見えてもあまり気にしないで下さい・・・・(汗)


あとは、参考に上場市場毎に買付率の傾向を調べてみました。

ほぼ出来た感じです。いつまで、続けれるか判りませんが、なんとか形になったと思いま
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 09:09 | コメント (6)  

re-kaeru2.gif 2007年12月21日

少し見やすく


僕は、企業の開示情報をNIKKEI NET マネー&マーケット:適時開示速報-検索と言うNIKKEIのサイトを使用していますが、サイトを作られた方には申し訳ないのですが、僕的には非常に見づらくなっていまいました。

なので、少し見やすくしてみました。
Firefoxには、Stylish :: Firefox Add-onsという、CSSを変更できるアドオンがあるので、修正して見ました。非常に適当に書いています・・・・。
 ※ 画面は同じ表示サイズです。表示領域が大分変わっていると思います。

@-moz-document url("http://company.nikkei.co.jp/disclose/") {

body { font-size:15px !important }
p.moreLink { background:none !important ; height:1.1em !important }
#headerBox { display:none !important }
#leftPrinfo p { display:none !important }
.headBand { display:none !important }
.font-b { display:none !important }
}

で、以下の様になります。
 ・行間を小さくしてPDFのマークも消しました。(2行になると変になりますが....)
 ・一番上のバナー部分を非表示にしてみました。
  (新聞で広告が一番上にあったらうざいですよね〜)

あと、MacともNIKKEIさんは相性が悪いようです。
こういうのを見るたびに、自分のサイトの反省しなきゃと思います。なるべくサイトを軽くする様にと、広告ばかりにならないように気をつけます。

なので、当サイトとは、気長におつきあいをお願い致します!

僕は、企業の開示情報をNIKKEI NET マネー&マーケット:適時開示速報-検
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:08 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月20日

[メモ] 次の国内ETFはこんな感じですかー!


東証よりも金融庁の方が個人投資家の姿勢を判っている感じがします。少しだけど....

 金融庁は19日、上場投資信託(ETF)の対象となる株価指数を新たに22種類追加すると発表した。欧米の証券取引所に比べ少ないETFの種類を増やし、国内外の投資資金を呼び込む狙いで、ETFの種類は現在の12から一気に約3倍に増えることになる。
NIKKEI NET(日経ネット):金融庁、ETFの対象指数を3倍に・投資呼び込む

で、少し気になる指数としては、
TOPIX100 (core30があんまりですが大丈夫?)
Mid400 (これはなかったのでは?)
Small (Russell/Nomura Small Cap とどう違うのでしょうか)
東証2部指数 (入れ替えが結構多いかもですね。)
S&P日本新興株100指数 (これは先日記事にしました。)


あたりでしょうか。他はセクターの指数です。詳しくは以下をご覧ください。
 「投資信託及び投資法人に関する法律の規定」を改正する告示(案)の公表について

最近の傾向をみると小型株に関連した指数が多いですね。個人投資家にも気を使っているのですかね。

東証よりも金融庁の方が個人投資家の姿勢を判っている感じがします。少しだけど...
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:55 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月19日

[web] クリックされると町が育つんです。


一部で流行っているというMyMiniCityを始めてみました。

myminicity

遊び方は簡単です。
 MyMiniCityにアクセス。
 好きな国を選んで、名前を入れて、Create! を押すだけです。
 あとは、URLを貼っ付けてアクセスしてもらうと、町が育つようです。
 ランキングもあるので、たまに覗くと嬉しくなるかもです。
 町にはレベルもあって、それによって発展させる項目を変えれるようです。

 僕の町はこちら、kaeru onou - MyMiniCity クリック、クリック♪

語句の説明
Population 人口
Revenues 財源
Unemployement 失業率
Transports 交通インフラ普及率(超意訳)
Criminality 犯罪発生率
Pollution 環境汚染率

付属URL
[なし] Lv.1〜 population(人口)を増やす。Revenuesも増える。
[ind] 2〜 industry(産業・工業)を発展させる。主にUnemployementが下がる。
[tra] 3〜 transport network(交通インフラ)を発展させる。主にTransportsが上がる。
[sec] 4〜 security(治安)を発展させる。主にCriminalityが下がる。
[env] 5〜 environment(環境)を発展させる。主にPollutionが下がる。
[com] 6〜 business(商業)を発展させる。主にRevenuesが増える?

一部で流行っているというMyMiniCityを始めてみました。 遊び方は簡
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:24 | コメント (1)  

re-kaeru2.gif 2007年12月17日

[雑感] ドリコムついでにモラル?の事


ちょっと、僕の中で話題になっている事についてメモしておきたいと思います。

詳しい中身をみていませんが、ドリコムが内部統制についてのIRを開示していました。
3793 ドリコム 内部統制システム構築の基本方針に関する決議のお知らせ
先週の出来事に対しての対応ならば、迅速な対応をしてきました。(たまたまのタイミングなのかもしれませんが・・・・)

ドリコムについて、少し話題になった記事

その先週の出来事というのは、以下の2つのエントリーになると思います。 少しコメント欄やブックーマークのコメントを見て頂ければありがたいのですが、簡単に書きますと会社の駄目っぽいところを経営に近い方が、辞める前に書いたようです。 僕は内情どうのこうのに興味はなく上場企業としてどうかと思った訳です。

ドリコム退職にあたり-宮崎謙介⇒加藤謙介の誰にも見せないつもりの日記(仮)
 はてなブックマーク - ドリコム退職にあたり-........

で、僕は「こう言った事を書ける雰囲気があるのかな?」と、コメントした訳です。
上記の記事が少し騒がしかったようで、ドリコムの中の方が記事にされていました。
社内から見たドリコム - A・Fool・O
 はてなブックマーク - 社内から見たドリコム - A・Fool・O

そこで、僕の疑問にも答えていてくれました。

一番反応したかった感想はコレ(笑)ウチの社内ブログの面白さったら無いですよ。僕はこれを見て入社を決意しました。
社内から見たドリコム - A・Fool・O

色々と声を発信できる環境があるようで、それ自体は問題無いというか良いことですよね。

ちょっと、僕の中で話題になっている事についてメモしておきたいと思います。 詳し
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:36 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月15日

[決算] 泉州電業は、やきもきして自社株買い


さて、9824 泉州電業が決算短信を発表しました。同時に最近の株価にやきもきしてか、自社株買いを発表しています。
 平成19年10月期決算短信
 自己株式の取得に関するお知らせ
あんまり株価が冴えないようですが、内容が大事なので頑張って見てみたいと思います。

9824 泉州電業 H19.10月期 決算短信
 売上高営業利益経常利益純利益EPS
H19.10月期 4Q81,835
(+17.9%)
5,912
(+10.3%)
6,198
(+11.1%)
3,545
(+16.1%)
329.05円
H18.10月期 4Q69,4175,3605,5793,053283.42円
会社予想80,0006,0006,2003,550329.52円

次は今期の予想ですが、とりあえず順調のようです。全く予想ができないので、会社四季報と会社予想を信じて行きましょうか。

9824 泉州電業 H20.10月期 業績予想
 売上高営業利益経常利益純利益EPS
H20.10月期83,5006,0006,2003,600334.2円
四季報予想82,0006,2006,4003,650338.8円

さて、9824 泉州電業が決算短信を発表しました。同時に最近の株価にやきもきして
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 09:58 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2007年12月14日

[雑感] こう言った企業は一覧にしたい


最近株価が低迷しているためか、次の様な開示をちらほら見かけるようになりました。
ちょうど、4835 インデックス・ホールディングスから開示が出ていたので、取り上げてみます。
 自己株式の取得終了に関するお知らせ

自己株式を取得中だったようですが、期間が終わったようです。その内容ですが、

1. 取得期間 平成19年4月1日から平成19年12月10日まで
2. 取得株式の総数 3,184 株
3. 取得価額の総額 126,002,350 円
4. 取得方法 株式会社ジャスダック証券取引所における市場買付け

(ご参考)
 1. 平成19年3月28日開催の取締役会における決議内容
   ① 取得する株式の種類 当社普通株式
   ② 取得する株式の総数 70,000 株(上限とする)
   ③ 株式の取得価額の総額 4,000,000,000 円
   ④ 取得期間 平成19年4月1日から平成19年12月10日まで

となっており、取得すると意気込んだ4.5%しか取得していません。

そう言った企業は一覧にしておいても良さそうですね。ただ、この資料の作り方が一向に思いつきません。
 自社株買い実施および実施決定企業一覧
 これが表を画像にしてくれていますので、OCRして何とかするか、
 自社株買い状況
 のgotospaceさんに何とかしてもらうか....

どなたか、自社株買いの状況等を出しているサイトご存じないでしょうか?
公開しているページがあれば、なんとか作ってみたいです。
やっぱりこう言った企業はいつでも判るようにしておきたい気がしませんか・・・・?

最近株価が低迷しているためか、次の様な開示をちらほら見かけるようになりました。
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:18 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2007年12月12日

[メモ] セゾン投信が決算。それと節目。


少し遅れましたが、セゾン投信が、12/10に決算を迎えました。予想通りというか、期待通り分配金については出ず、無配での決算となったようです。
詳しい決算は、後日なので詳細な経費などは判りませんが、低く抑えられている事を期待しています。

関連Blog
 うんぼぼの投資日記 セゾン投信第1期決算
 rennyの備忘録 | 初めての決算

少し遅れましたが、セゾン投信が、12/10に決算を迎えました。予想通りというか、
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:57 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月11日

[メモ] iShares MSCI KOKUSAIが楽天からですヨ


お知らせ>米国株式>12月17日より米国株式(海外ETF MSCIコクサイ)1銘柄取扱開始
iシェアーズ® MSCI KOKUSAI・インデックス・ファンド(TOK)

iShares MSCI KOKUSAI

TOK iShares MSCI KOKUSAI Index
連動指数 :MSCI コクサイ指数
信託報酬 : 0.25%
投資セクターは以下の様になっているようです。iShares MSCI KOKUSAI

日本を除く先進国22カ国になります。 (オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、香港、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカ)で構成されており、これらの構成国の時価総額合計は、全体のおよそ85%をカバーしているMSCI指数となります。

多分地域は水色に塗ったところです。少し前に作ったやつなので、再度確認しておきます。 ただし、日本は除きます。 iShares MSCI KOKUSAI map

SBI証券でも販売されています。

 かえるの投資.com (海外ETFのまとめ)

お知らせ>米国株式>12月17日より米国株式(海外ETF MSCIコクサイ)1銘
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 08:28 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2007年12月 7日

[書籍] 書評一覧の今後の方針


まずは、書籍の評価をして頂いた方々にですが感謝です。ありがとうございます。
おかげさまで、当Blogのアクセス数からしましたら、出だしは好調と言って良いような感じがします。

途中経過ですが、少し様子を見てみますと、
書籍の評価

と、なっており、「投資信託にだまされるな!」は、どちらかと言いますと、初心者向けの書籍で、中級者以上の方には少し物足りない内容となっているようですね。

評価数が少ないので・・・・・。すこし信頼性に欠けるかも知れませんが、参考になればと思います。
2chやmixiに呼びかけると、
すぐに投票数が多くなるのでしょうか・・・♪ 一日1000とかアクセスがあれば悩まないんですが...


で、今後の方針としては、
かえるのbook.comを、作成しました。なので、気が向いたらで結構なので評価をして頂けると嬉しい限りです。上バナーの [本] からも行ける様にしています。
評価の仕方については、[書籍] オススメ教えてください。もごらん頂ければと思います。

■ カテゴリー別にしました。
基本的には、4つのカテゴリーに分けて行きたいと思います。
資産運用に関する書籍」、「インデックス投資の書籍」、「個別株投資に関する書籍」、「その他に役立つ書籍」と考えています。
そのカテゴリー毎に12冊まで表示させようかと思います。
その中で評価の低い書籍については、申し訳ないのですが、新しい推薦書籍と入れ替えて行きたいと思います。

で、初心者からバリバリの投資家までにオススメできる優良書籍が残って行けばと思っています。

■ 書籍の推薦をお願い致します。
推薦の場合は、書籍名と著者名をお願い致したいと思います。書籍名だけでも大丈夫です。
あと、どのカテゴリーにかを明記して頂けるでしょうか。お待ちしています♪

なので、どんどんと推薦を受け付けたいと思います。
読んで、良いと思った書籍については書いているのですが、読んだ事のない書籍も多いので、推薦をお待ちしています。
本音を申しますと、お小遣い投資家となってしまいましたので、コストパフォーマンスを上げるためにも、評価の高い書籍を購入したいので、よろしくお願い致します。

■ お任せ分野です.....
4つめの「その他に役立つ書籍」ですが、経済に関する書籍や、企業価値の評価に関する書籍をと思っています。
特にこの分野は書籍を持っていないので、おまち申し上げます。

入れ替えたり、追記したりするのに少し時間がかかったりしますが(HTMLの手打ちなので・・・・。)、気が見たら覗いて評価をして頂けると嬉しい限りです。


そんな訳で甘えてばかりのBlogですが、これからもよろしくで、ご意見お待ちしております。

まずは、書籍の評価をして頂いた方々にですが感謝です。ありがとうございます。 おか
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:02 | コメント (8)  

re-kaeru2.gif 2007年12月 6日

[書籍] オススメ教えてください。


今年の相場の元気のなさからか、投資書籍って出版が少ないような気がします。特に株式投資の書籍が・・・・・
で、何か買おうと思っているのですが、なかなか購入できず。Amazonの評価を見ても少し首を傾げるのもありますし。
というか、評価数が非常に少ないと思います。

そんな訳で、訪れた方にお聞きしたいと思います。当サイトに来られる方は長期投資の方が多いと思うので、非常に参考になると思うのです。
なので、読んだ書籍があればクリックの一手間頂ければと思います。

評価なのですが、
最高評価☆5つでお願い致します。

上段:初心者向けの投資家にお勧めの書籍としての評価
下段:実際に投資している投資家、一歩先に進みたい投資家にお勧めの書籍としての評価

に向けての評価をお願い致します。
まず、最初はテストがてら、有名どころの書籍です。で、早速自分で評価してみました。

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本なぜか日本人が知らなかった新しい株の本
著者: 山口揚平




投資信託にだまされるな!—本当に正しい投信の使い方投資信託にだまされるな!—
本当に正しい投信の使い方
著者: 竹川美奈子



ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー
株式投資の不滅の真理
著者: バートン マルキール


そんな訳で、よろしくお願い致します。
当Blogばかりでやっても、エントリー数が増えるので、どなたか一緒にしませんか?
あと、評価を聞いてみたい書籍や、オススメの書籍があれば、コメント欄やmailなど頂ければと思います。

かえるのbook.comに書評を一覧を作成しましたので、併せてご覧ください。

今年の相場の元気のなさからか、投資書籍って出版が少ないような気がします。特に株式
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 21:11 | コメント (5)  

re-kaeru2.gif 2007年12月 5日

[勉強] PERやPBRをセクター別 '07/11


企業と言っても、それぞれに特徴があるわけですよね。
以前にも取り上げましたが、東証が33種のセクターに分けており、それに合わせて色々な情報が提供されていると思います。
で、セクター毎にPERやPBRの特徴があるのですが、数字だけ見ても判りにくいので、またグラフにしてみました。

と言っても、このアイデアはどこかのサイトで拝見したのですが、それを忘れてしましました・・・・(汗)
紹介したかったのですが、Blogをご存じの方がおられれば、ご一報頂けないでしょうか。

PER,PBR,配当利回り

で、上記の様になっています。円の大きさは配当利回りを表しています。
数字については、業種別割安指標 - バリューサーチ投資顧問株式会社の数字を使用しています。なので、東証が公表している数字(東証 : 規模別・業種別PER・PBR)とは、若干の相違があるようです。

なかなか割高なセクターもあるようです。

■関連エントリー
 業種をセクター毎に分けてみる

Excelの「バブル」というグラフを使っているのですが、名称を表示させるのが出来なかったので、調べると、Microsoftが便利なマクロを作ってくれていたので追記しておきます。
 散布図のデータ ポイントにラベルを追加するマクロ

新しいエントリー
  [勉強] PERやPBRをセクター別 '10/07

企業と言っても、それぞれに特徴があるわけですよね。 以前にも取り上げましたが、東
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:27 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2007年12月 3日

ブログをいじる


少し前置きです。
一応いっぱしにMovableTypeというソフトででBlogを書いていますが、ネットだけで覚えた素人Bloggerです。
当BlogはMovableTypeでしか作っていません。あと、その他のHTMLもあまり良く判っていません・・・・。(汗)

で、投資十八番のぐっちさんがBlogいじりを楽しんでおられるようなので、参考になればと。

インターネット
 ■ブラウザ
  Mozilla Japan - Firefox
  Internet explorer7は使ったことないです。なぜならWindows2000を使用しているので使えないようです。
  検証はInternet explorer6でしています。
  Operaで、見ると当サイト少し崩れてます・・・・・。直したいです。

 ■FireFoxのアドオン
  Web Developer
  色々とツールがあり、HTMLの構文をチェックしたりしています。

で、どうやって覚えたかと言いますと、右クリックとソースの閲覧です。
右クリックを表示しますと、<head>〜</head>内に表示しています、

  <link rel="stylesheet" href="/styles-site.css" type="text/css" />
の様な記述があります。当サイトのCSSが見ることができます。
ここを流用したりするのは著作権の違法でもなんでもないので、どんどん参考にしています。


上記を覚えて、気になると次の作業をしています。
例えば、気になった装飾(CSS)をみつけては、「選択した部分のソースを表示」しています。
 
そうしますと、strongにredという属性をあてていることが判ります。
で、先ほどのCSSからredのCSSを参考にして書いていきます。

 
このようにして覚えました。
あとは、参考にしているサイトなどはブックマークしています。
 はてなブックマーク - オノウ。ブックマーク / CSS
 はてなブックマーク - オノウ。ブックマーク / design
 はてなブックマーク - オノウ。ブックマーク / HTML

少し前置きです。 一応いっぱしにMovableTypeというソフトででBlogを
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:20 | コメント (5)  

過去の記事
 2010
04 03 02 01
 2009
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2008
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2007
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2006
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2005
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
カテゴリー
陶芸 趣味 幸せ♪ オチビ! Kiss X2 投資信託 資産運用 [投] メモ [投] 勉強 [比] 証券 ファンド Blog iPod Life Mac Life お気に入り お役立ち お出かけ つぶやき 娘の事

 

RSSリーダーに登録

BlogPeople

2007年12月の全記事です


  • 2017年 (16記事)
  • 2016年 (23記事)
  • 2015年 (38記事)
  • 2014年 (48記事)
  • 2013年 (82記事)
  • 2012年 (117記事)
  • 2011年 (179記事)
  • 2010年 (187記事)
  • 2009年 (260記事)
  • 2008年 (276記事)
  • 2007年 (243記事)
  • 2006年 (247記事)
  • 2005年 (174記事)