[書籍] 書評一覧の今後の方針


07/12/07 PM10時ごろ  ・コメント(8)

まずは、書籍の評価をして頂いた方々にですが感謝です。ありがとうございます。
おかげさまで、当Blogのアクセス数からしましたら、出だしは好調と言って良いような感じがします。

途中経過ですが、少し様子を見てみますと、
書籍の評価

と、なっており、「投資信託にだまされるな!」は、どちらかと言いますと、初心者向けの書籍で、中級者以上の方には少し物足りない内容となっているようですね。

評価数が少ないので・・・・・。すこし信頼性に欠けるかも知れませんが、参考になればと思います。
2chやmixiに呼びかけると、
すぐに投票数が多くなるのでしょうか・・・♪ 一日1000とかアクセスがあれば悩まないんですが...


で、今後の方針としては、
かえるのbook.comを、作成しました。なので、気が向いたらで結構なので評価をして頂けると嬉しい限りです。上バナーの [本] からも行ける様にしています。
評価の仕方については、[書籍] オススメ教えてください。もごらん頂ければと思います。

■ カテゴリー別にしました。
基本的には、4つのカテゴリーに分けて行きたいと思います。
資産運用に関する書籍」、「インデックス投資の書籍」、「個別株投資に関する書籍」、「その他に役立つ書籍」と考えています。
そのカテゴリー毎に12冊まで表示させようかと思います。
その中で評価の低い書籍については、申し訳ないのですが、新しい推薦書籍と入れ替えて行きたいと思います。

で、初心者からバリバリの投資家までにオススメできる優良書籍が残って行けばと思っています。

■ 書籍の推薦をお願い致します。
推薦の場合は、書籍名と著者名をお願い致したいと思います。書籍名だけでも大丈夫です。
あと、どのカテゴリーにかを明記して頂けるでしょうか。お待ちしています♪

なので、どんどんと推薦を受け付けたいと思います。
読んで、良いと思った書籍については書いているのですが、読んだ事のない書籍も多いので、推薦をお待ちしています。
本音を申しますと、お小遣い投資家となってしまいましたので、コストパフォーマンスを上げるためにも、評価の高い書籍を購入したいので、よろしくお願い致します。

■ お任せ分野です.....
4つめの「その他に役立つ書籍」ですが、経済に関する書籍や、企業価値の評価に関する書籍をと思っています。
特にこの分野は書籍を持っていないので、おまち申し上げます。

入れ替えたり、追記したりするのに少し時間がかかったりしますが(HTMLの手打ちなので・・・・。)、気が見たら覗いて評価をして頂けると嬉しい限りです。


そんな訳で甘えてばかりのBlogですが、これからもよろしくで、ご意見お待ちしております。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [メモ] iShares MSCI KOKUSAIが楽天からですヨ
back.gif  [書籍] オススメ教えてください。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Mc.N
2007 12/08 (Sat)
AM 05:54

書籍に短い推薦文を付け加えておくと参考になるかも。

会社四季報 2008年 新春号号 (B00102GG6O)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00102GG6O/
個別株投資に関する書籍。これ抜きで個別株投資は有り得ないでしょ。使い慣れてくるとCD-ROM版の方がいいかも。検索は偉大。会社四季報プロ500(B000ZNPJTE)も結構好き。毎号買って差分を見ています。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532352150/
個別株投資に関する書籍。私の株式売買の基礎となった書籍。毒性強め。ようつべで彼のハッスルぶりを見ましたが、あのキンキン声はかなりキツイっすね =)。

お金をふやす本当の常識—シンプルで正しい30のルール
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532193079/
資産運用に関する書籍。山崎センセの単行本。投資バカより安いのと最後の方にある山崎センセの実践株式投資記事がお勧め。こんな程度で株式投資が始められるのかと感じ、個別株投資の世界に踏み込むことに。今にすれば安直だったなと =)。

とっておき中小型株投資のすすめ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532193508/
個別株投資に関する書籍。著者はファンドマネージャである太田忠さん。ファンドマネージャとしての見方が秀逸。安価なのも推奨理由のひとつ。

バリュー株で勝つための【図解】「決算書&企業価値」分析ドリル
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798015733/
個別株投資に関する書籍。財務分析系の書籍ではkappa本と双璧、だと思う。

会社の値段
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062890/
その他に役立つ書籍にしておかないと生き残れそうもないかな =)。M&Aという観点から会社の価値を算出する試み。同じく「MBAバリュエーション(4822242463)」もお勧め。この書籍で株式投資家の役割は適正価格を付けることなんだな、と悟りました。

「ガソリン」本当の値段 (4756149758)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756149758/
その他に役立つ書籍。最近読んだ投資系の本の中ではベスト。日本のエネルギー政策ってホント駄目ね、と思えてくる。投資としての石油という面でも役に立つんじゃないかな。

ダイヤモンド「株」データブック
山口揚平さんが財務分析のショートコメントを担当しています。後は特に見所は無いかなw

2. 某会社員
2007 12/08 (Sat)
AM 10:35

お金持ちになるためのバフェット入門
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E5%85%A5%E9%96%80-%E4%B8%89%E5%8E%9F-%E6%B7%B3%E9%9B%84/dp/4478631247/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1197077309&sr=1-1
 投資の基本を学ぶのに最適。

有望株の選び方 (日経文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%89%E6%9C%9B%E6%A0%AA%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E4%B8%80%E4%B9%8B/dp/4532111242/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1197077418&sr=1-1
 バフェット氏が避けて通りそうな景気循環株への投資方法が書いてある。


株式投資に活かす適時開示—伸びる会社はこれでわかる
http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AB%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%99%E9%81%A9%E6%99%82%E9%96%8B%E7%A4%BA%E2%80%95%E4%BC%B8%E3%81%B3%E3%82%8B%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%BA%83%E6%A8%B9/dp/4765830071/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1197077515&sr=1-1
 個別株に投資する人は、読んでおいて損はない。

新しい株式投資論—「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書 488)
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E6%8A%95%E8%B3%87%E8%AB%96%E2%80%95%E3%80%8C%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%B8%E3%81%9D%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-488-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E5%85%83/dp/4569692087/ref=pd_sbs_b?ie=UTF8&qid=1197077515&sr=1-1
 ファンドマネージャーの経験もある著者による書籍。
 達観されていると思う。


3. staygold
2007 12/09 (Sun)
AM 12:37

お薦め本「ウォール街のランダムウォーカー」と「ピーターリンチの株で勝つ」
と思ったら、どっちも既に入ってましたね。

私が読んだ事の有る本に関しては、評価させていただきました。

かえるさんがおすすめされていた、「ざっくり分かるファイナンス」を今読んでます。
シンプルに必要な情報がまとまっていて、読みやすいです。

4. かえる
2007 12/09 (Sun)
PM 05:18

>Mc.Nさん
推薦ありがとうございます。
ほんとうに色々書いて頂きまして、ありがとうございます。
書籍については、参考にしていただきました。

コメントについては、書くと参考になると思い、試してみましたが、
スペースの確保が少し難しくなるので、今回は見合わせました。

ただ、必要だと思うので、評価の良いカテゴリーTOP5に書評を載せようかと思っています。
他のBloggerさんのコメントが欲しいと思っています。

5. かえる
2007 12/09 (Sun)
PM 05:24

>某会社員さん
色々と推薦ありがとうございます。一部参考にさせて頂きました。
あと、重ねてURLつきの書籍を推薦ありがとうございます。

あと、ホームページ拝見させて頂きました。
これからもヨロシクお願い致します。

6. かえる
2007 12/09 (Sun)
PM 05:32

>staygoldさん
評価ありがとうございます。
色々と推薦して頂いて助かっています。更新に追いついていないのですが....
「ざっくり分かるファイナンス」ですが、非常におもしろいと僕はおもいました。書き方も含めて色々と勉強になっています。


あと、book.comが書籍を買う時の参考になれば幸いです。

7. takeshi
2009 11/27 (Fri)
PM 11:30

お世話様です。
1.先物市場のテクニカル分析(ジョンJ・マーフィー著)
   財団法人金融財政事情研究会 @4563円
テクニカル分析の教科書としてこれ一冊で十分です。中途半端な説明はなく実例が多く
 自分の観察力を養う良い教科書です。

2. 企業価値評価の実務 杵谷克悦 著 (清文社)
 特に買ってまで読む必要は有りませんが図書館で手にはいるなら企業買収に対して
 何を専門家は問題にしているかが解ります。
 (如何に企業を過大評価させるか?)(結局、横並びの相対評価なのか?)

3. 本当にわかる経営分析 高田尚芳著 (PHP研究所)@1800円
 工場の経営という観点からみた財務諸表という点で臨場感があります。
 何度か読んで自分でノートにまとめ直す必要はありますが。

4.バフェットの財務諸表を読む力 メアリーバフェット著
 この本にあるような余りに良い財務諸表が出てきたら疑って見ましょう。
 米国式の教科書的な指標で我々を騙そうとしているのではないかと。
 ただ日本株に関しては米国と比較して利益率が全く劣るという事だけは事実です。
 
5.デイトレード オリバー・ペレス/グレッグ・カプラ著
 有名なデイトレードの本ですが、短期トレードをしない人であっても、自分が何を
 しているか時々気づかせてくれます。(市場の非効率に投資するという考え方は共通)


 最後に10冊の入門書を読むより1冊の専門書を何度も読むという事を心がけたいと
 思っています。 まあ、本屋で立ち読みは必要な技術ですが・・・・

8. かえる
2009 11/30 (Mon)
PM 10:15

>takeshiさん
オススメ本、ありがとうございます。
それにしてもハードルが高そうな本が・・・・。

で、
2. 企業価値評価の実務
 これに関してはブックオフでGetしています。
 もちろん読んでません・・・・・。

3. 本当にわかる経営分析
 これもメモをしているんですが、まだ買えていません・・・。

あと、1,5 に関してはちょっと難しいと言うかまだ興味が・・・・。
でも、違う分野も読んでおいて損はないですよね。
頑張ってみますです〜。

1冊を深く読む努力を頑張ります!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1264
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値