« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »


re-kaeru2.gif 2008年1月31日

2008年1月末 運用状況。


今年もへっぽこ投資家的なスタートとなりました。
安値 12,572円 を記録した日経平均をアンダーパフォームした情けない成績です。

特に外国株式の投資信託と、ロシア、インドの投資信託が非常に足を引っ張りました。
中国に投資しているファンドはもう一つ悪かったようなのですね。新興国のファンドの恐さを知った月ですね
まぁ〜来月も頑張ります。

2008/1末 運用状況
 月初月末前月比年初来
かえるファンド −14.47%−14.47%
株式  −13.50%−13.50%
TOPIX1475.681346.31−8.77%−8.77%
日経平均15307.7813592.47−11.21%−11.21%
JASDAQ72.1762.61−13.25%−13.25%

■ 今月の売買記録
  (買) トピックス・インデックス・オープン
  (買) CAりそなインドファンド
  (買) 東邦システムサイエンス
  (買) 泉州電業
  (売) ピーアンドピー(一部売却)

今年もへっぽこ投資家的なスタートとなりました。 安値 12,572円 を記録した
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:32 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月29日

[書籍] ベスト投資信託ガイド 2008年


ベスト投資信託ガイド 2008年版 [雑誌]
ama.png

相互リンクの皆さんも取り上げられていますが、会社四季報でおなじみの東洋経済社さんが、投資信託の本の出版されました。 そこで、この『かえるの気長な生活日記。』も一緒にお役立ちブログとして紹介して頂いているんです♪
しかも、本の価格は1000円となっており嬉しい価格設定になっています。


あとで後述しますが、甘い採点をしなくても非常に良い内容になっています。
で、目次を書いておきますと、

 Part1: 投資信託「天国」への道
 Part2: ベスト投信商品の選び方
 Part3: ETF・掘り出しアクティブ投信の勧め
 Part4: ご用心 かしこい投信の見方・使い方
 Part5: 「投信力」をパワーアップしよう
 

Part1では、イボットソンの相関係数のデータがP.31に出ています。ポートフォリオ大好きの方には朗報ですね。
あと、海外ETFや投資信託を色々と比較してくれています。

特に、Part2の一番最初で投信別のリスクが記載されているのですが、こう言った表は大好きです。 数字やコストだけで、判断するのではなく、順を追って投信を選ばないと行けないと自分なりにも思っているので、この表は活用させて頂きます。

Part3では、海外ETFと投資信託と比較がされています。どうしてもデータを得ることが難しくというか、僕は比較出来なかったので、これは非常に参考になりました。

投資って?とこから解説されており、非常に入り易い内容となっている、非常にお買い得な書籍だと感じます。


Part5では、インデックス投資家のブログに混じり、当ブログが紹介されているんです・・・・・
他のみなさんのレベルが高いのでお恥ずかしいです・・・・
投資信託の書籍に紹介されるとは思ってもいなかったので非常にびっくりです。というか、相互リンクのみなさんのおかげで目に止まったのだと思います。感謝です

ちなみに、紹介されたページは海外ETFのまとめになります。
書籍の投票ページはかえるのbook.comになります。

当ブログを簡単に説明しますと、株式投資(新興市場や小さい企業ににバリュー投資と言われる手法で)をしながら、日本や海外の先進国インデックスファンドに投資したり、新興国のETFに投資しています。
簡単に言いますと、自分が理解できそうな方法で、成長する!と思われる企業や市場に投資しているへっぽこ投資家が書いていますブログになります。


そのような訳で、改めて、みなさまこれからもよろしくお願い致します。
関連エントリー(掲載されたBloggerさん)

相互リンクの皆さんも取り上げられていますが、会社四季報でおなじみの東洋経
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 11:17 | コメント (5)  

re-kaeru2.gif 2008年1月28日

[メモ] マンションの在庫がつらいです・・・・。


[メモ] 最近のマンションの売れ行きで、マンションの販売動向を調べていましたが、
気になってた、マンションの完成在庫数の推移ちぎっては投げのyuraku_loveさんにサイトを教えて頂きなんとか作れました。

マンションの完成在庫数

毎年12月に多くマンションが販売され、1〜3月に販売に力を入れるような傾向みたいなんですが、
特に首都圏の在庫が解消されていないようです。

原因として考えられそうなのは、2005年〜2006年あたりに無理してマンションデベロッパーは土地の取得をしていたと思います。
少し高めであっても良い地域なら積極的でしたし、安くて広さを確保できるなら、不便な土地でも確保していたのではないでしょうか。

理由としては、
 ・金利の上昇が予想され、上昇前毎に駆け込み需要が期待できた。
 ・マンションの購買熱が冷える。景気が冷え込む感じがなかった。
 

ですが、蓋を開けてみれば
利上げ気分は遠のきましたし、原油や為替、商品市況の影響から、物価が上昇傾向になっています。
おまけに、年金問題を始め、首相の交代劇や官僚の不祥事が続き、政治が全然しっかりしていません。漠然と将来に不安感だけがつきまとっています。

そのような、暗いムードの中で高めの販売価格の物件や、立地条件が良くない物件が在庫数を積み上げているのだと思います。
一定の契約率の数字を残しているので、購買意欲がそこまでは落ちていないはずなので、ほんとマンションデベロッパーで明暗の差がでそうです。

[メモ] 最近のマンションの売れ行きで、マンションの販売動向を調べていましたが、
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 22:46 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2008年1月27日

投資家の卵の高校生さん、先生へ


MoneyConnection (マネーコネクション) ニート予防をめざした金銭基礎教育プログラム

MoneyConnection (マネーコネクション) ニート予防をめざした金銭基礎教育プログラム

タイトルに非常にお役所的な感じを受けるのですが、高校生みなさんは、素直に学んで欲しいと思います♪

今回はサポート団体を見てみますと、世界のコングリマリット General Electric in JapanGE Wikipediaが見えます。
ダウ30種平均唯一外れていない銘柄が日本の高校生の金融教育を手伝ってくれています。

高校生の時にこういった教育を受ける機会があるというのは羨ましいですね。どんどん活用される事を期待しています。
高校の先生が当Blogを見ている可能性は低いと思いますが、なにかの形で伝わればいいなと思います。

やはり金融教育って大事だと思います。僕には、小さな投資家を育てる技量はないので、みなさんにお任せです♪
できれば、投資Blogeerの皆さんにもこういった取り組みを取り上げて欲しい感じです。

MoneyConnection (マネーコネクション) ニート予防をめざした
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 08:32 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月25日

[メモ] 最近のマンションの売れ行き


最近はREITや不動産銘柄の株価が、サブプライム・ローンの影響もあり思わしくないようです。
ちょっと気になるというか、マンションの販売が思わしくないみたいですね。

不動産経済研究所が1月21日に発表した2007年12月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比20.2%減の8190戸。4カ月連続で前年実績を下回った。契約戸数は4859戸で、月間契約率は前月より4.7ポイント低い59.3%。1992年2月以来初めて60%を下回った。
同日発表した近畿圏の新築マンション発売戸数は前年同月比9.1%減の2894戸。契約戸数は2038戸で、月間契約率は70.4%と前月より11.5ポイント上昇した。
12月のマンション発売戸数、首都圏は20%減、近畿圏9%減 - ニュース - nikkei BPnet

特に、注意しなければ行けないのは、契約率になえります。簡単にグラフを作ってみたのですが、赤い線で引いている70%が好不調の目安となっています。
70%を越えていれば、好調と見て良いようです。

最近はREITや不動産銘柄の株価が、サブプライム・ローンの影響もあり思わしくない
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 20:45 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月24日

主な国の政策金利


さて、僕としてはFXをやらないので、金利などはあまり興味がありません。
ですが、よく考えてみますと、金利は指標の一つですよね。

金利が低いと経済が軟調なのでは?とか、金利が高すぎるとインフレ気味では?等の判断の目安になると思います。
気にしすぎる事ではないと思いますが、片隅に入れて置いて良さそうなので、気になる国の金利を一覧にしてみました。
各国の政策金利
 政策金利前回との差
  us.gif 日本 (日本銀行)0.30-0.20
  us.gif アメリカ (FRB)0.00〜0.25-0.75
  us.gif EU (ECB)2.00-0.50
  gb.gif イギリス1.00-0.50
  br.gif ブラジル13.75+0.75
  in.gif インド5.50-1.00
  ru.gif ロシア13.00+1.00
  cn.gif 中国 (中国人民銀行)5.58-1.08
  hk.gif 香港2.00-0.50
  ws.gif 台湾2.00-1.00
  kr.gif 韓国2.00-0.50
  za.gif 南アフリカ12.00+0.50
  au.gif オーストラリア3.25-1.00
  nz.gif ニュージーランド3.50-1.50

足して欲しい!という国があれば、ある程度追加していきたいと思います。

あと、政策金利の間違いや、金利の変動については適時修正していきますが、金利については無関心の傾向があるので、更新が遅い時はご一報頂ければと思います。

さて、僕としてはFXをやらないので、金利などはあまり興味がありません。 ですが、
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 19:42 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月23日

[メモ] アメリカが0.75%の利下げ


サブプライム・ローンのごまかしというか、楽して儲けようとしたツケが回ってきたのか、アメリカの金融機関がてんやわんやとなっていますね。

で、踏ん張るためにも、FRBが大幅な利下げをしてきましたね〜。

米連邦準備理事会(FRB)は22日、最重要の政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を緊急に0.75%引き下げ、年3.5%とすることを決めたと発表した。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を発端とする米景気の後退や世界同時株安に歯止めをかけるため、異例の大幅利下げに踏み切った。
NIKKEI NET(日経ネット):米、0.75%緊急利下げ・FF金利3.5%、景気悪化回避狙う

大きく利下げをしてきましたが、結局は金融機関が損失額をきっちりと表に出さないことには不安だけが付いてくると思いますが、その数字が判ったところでアメリカを買って見ようと感じています。

そんな中、日経平均も大幅に年初から順調に下がっていますね・・・・。どうしましょうか。

2008年1月23日 12,829.06 256.01
2008年1月22日 12,573.05 -752.89
2008年1月21日 13,325.94 -535.35
2008年1月18日 13,861.29 77.84
2008年1月17日 13,783.45 278.94
2008年1月16日 13,504.51 -468.12
2008年1月15日 13,972.63 -138.16
2007年12月28日 15,307.78


アメリカの景気が不安になったからと言って、日本の企業価値へ影響がない企業も多いと思います。そんな訳で日本を少し買ってみたわけですが、数字だけみますと自分がどの位置に立っているか全く判りませんね。

僕の予測できそうな事は、
 • 2006年は日本から米国にお金がながれ、2007年は日本にお金が入ってきた。
 • 政策金利が3.5%となり、他の国と金利差が開いた。
 • アメリカの経済がちょっとの間不安。
 • ヨーロッパと石油のお金が行き先を迷ってる。
 • 米国内の投資家が海外に目を向けている。

で、やはり世界にお金は余っていると思うので、久しぶりにインド投信を買って見ました。
振り返って見ますと、インド株のETFを買った時以来になります。10ヶ月ぶりですね・・・・。(今回はETFではなく投信です。)

サブプライム・ローンのごまかしというか、楽して儲けようとしたツケが回ってきたのか
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:38 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月21日

ダウ工業株30種平均指数


アメリカの指標を気にされている方も多いようなので、ダウ工業株30種平均指数が判るようにしてみました。

今回は上がったり下がったりがを見るのではなく、どんな感じなのか判るようにしてみました。
52週(過去1年)の高値と安値が出ていますので、その値と比べての上昇具合、下落具合を比べ、どの銘柄(セクター)が影響しているか判るようにしてみました。今回もGoogleさんに感謝です。

僕自身、米国株を個別で買うことはないと思いますのであまり関係ないのですが、これでアメリカ経済の流れが少しでも判れば良いかと思います。
一応、20%以上の変動率については判りやすいように数字を着色しています。

銘柄名とGoogle Financeは連動していますので、詳しい銘柄の情報はそちらで見て頂ければと思います。
ダウ平均株価 - Wikipediaでも、詳しく出ています。



アメリカの指標を気にされている方も多いようなので、ダウ工業株30種平均指数が判る
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:15 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月19日

違う目線からも少し反論してみよかと....


梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんの所で、盛り上がっている話題を見つけたのですが、すこし腑に落ちない所があったので、自分なりに整理したいと思います。

 ああ、わかってくれとは言わないが、そんなにインデックス投資が悪いのか (その1)
 ああ、わかってくれとは言わないが、そんなにインデックス投資が悪いのか (その2)
 ああ、わかってくれとは言わないが、そんなにインデックス投資が悪いのか (その3)

問題となったというか、反論したくなる部分の記事の要約引用させて頂きますと、
・日本の株価下落が止まらない。企業価値は十分買える水準にあるのに、誰も買おうとしない。
・理由は、国内投資家が受け身で、海外頼みで、投資判断能力を失っているからだ。
・株主総会での議決権行使で、「インデックス運用を意識した投資だから議決権行使は必要不可欠」と年金を代表とする国内投資家が語るのは論理矛盾である。
・議決権行使を言う前に、価値のない企業を売るのが本筋である。インデックス運用と称して中途半端に株式を買うから、株価が適度に支えられ、経営者がいつまでも反省しない。
・インデックス投資とは、「誰かが適切に企業価値を評価してくれる」という、他人任せの投資スタイルでしかない。
・本当のプロが不在、サラリーマンしかいない株式市場、これが日本の実情である。だから、海外投資家の行動に一喜一憂、追随し、株価を上にも下にもオーバーシュートさせる。
・投資家は、企業価値評価に立ち戻るべきだ。その基本が身に付くまで、インデックスと株主総会を忘れよう。そうすれば、真の意味でのグローバル起業を選抜でき、飛躍させられる。投資家自身の能力も、国際標準に手が届く。
ああ、わかってくれとは言わないが、そんなにインデックス投資が悪いのか (その1)

と、言った記事ですが、酷い記事です※日経の記事の事です。)よね。このような記事にムキになってはイケナイと思いますが、声は上げて行かなければと感じます。
そんな訳で、インデックス投資家、アクティブ投資家に思うところ書いてみたいと思います。 ただ、前提としてですが、個人投資家に向けてです。

プロのアクティブファンドのマネージャーは、お金を貰って運用している以上、言い訳ではなく結果が欲しいので......

市場に投資している限り、運命共同体な訳ですから、仲良くしていただかこうかと思います。


インデックス投資家さんへ、

アクティブ投資家を馬鹿にしている風潮がある。(これが一番の原因かと....)

市場に興味が薄い...投資しているからと言ってそのお金の先まで見ていない気がします。
個人投資家の多くは新興市場です。新興市場のETFやインデックスファンドを買ってくれというのは大きいと思います。個人投資家は拗ねてるんです.....。

あとは、問題がある企業に投資していると言う感覚がないような気がします....。
市場を利用してお金をあつめる企業や親子上場でぬるい企業もあります。市場は企業の財布ではないんです。そう言った企業にも投資しているという感覚は持って欲しいです。

トラッキングエラーや配当ばかりではなく、悪質な企業に目を向ける事も大事だと言う事忘れています。市場を財布にする企業が減る方が、インデックス投資家さんへのリターンは多いと思うのです。

市場を健全に見守る事は、インデックス投資家の大きな仕事ではないでしょうか。

で、アクティブ投資家さん、僕のファンドを買い支えてください♪
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの水瀬さんの所で、盛り上がっている話題を見つけ
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 20:51 | コメント (12)  

re-kaeru2.gif 2008年1月18日

「マネポケ大賞2007」発表でした。


励みになるので、投資ブログランキングに参加しているのですが、運営している東京コムウェルさんが、「マネポケ大賞」を決定しようとの事で、当Blogもノミネートされていたのですが、

なんと、「株債券部門」の受賞となりました。
成績優秀なBloggerの方も多いので、びっくりしております。
成績の方はさておき・・・・(恥)、自分らしく続けた来たことが評価されたようで、嬉しく感じます。
これからも自分らしく頑張っていこうかと思うので、よろしくお願い致します♪
manepoke
 マネポケ大賞[結果発表]|金融投資クチコミコミュニティ−マネポケ

■受賞サイト(ブログ)
マネポケ大賞グランプリ
 「お金の学校に行こう!」 http://money-school.jp/

マネポケ大賞株債券部門
 「かえるの気長な生活日記」 /

マネポケ大賞FX部門
 「FXで生きる!」 http://sakedaisuki.at.webry.info/

マネポケ大賞CX部門
 「趣味として商品先物取引を楽しむ」 http://futures.blog4.fc2.com/

マネポケ大賞保険部門
 『現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」』 http://hoken-ag-diary.at.webry.info/

マネポケ大賞審査員特別賞
 「株式投資【日計兵法】五輪書plus」 http://blog.livedoor.jp/i_mag_ine/

励みになるので、投資ブログランキングに参加しているのですが、運営している東京コム
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:59 | コメント (8)  

re-kaeru2.gif

[雑感] 大幅な下げですね。


みなさん、年初からの暴落の相場を如何過ごされておられるでしょうか。
とりあえず、僕の方は退場せずにいるようです。そんな訳で、思いっきり強引に過去3ヶ月の下げを見てみたいと思います。
グラフで見たいので、中央三井の投資信託を引っ張りだして比べてみました。
ちゃんとした数字ではなく、イメージでとらえる事(手抜きなんですが)をお許しください......(汗)

chart
 81312011 中央三井日本株式インデックスファンド
 81313011 中央三井日本債券インデックスファンド
 81311048 中央三井Jリートファンド
 81311012 中央三井外国株式インデックスファンド
 81312012 中央三井外国債券インデックスファンド

特に日本株インデックスと、Jリートの下げが厳しいですね。少し差を置いて外国株式インデックスが追いかけて来ています。
債券組はなんと頼もしい結果となっているようです。

見ているだけも癪なんです。

このような相場、見ていましてもどこが底なんてハッキリ言って判りません。 ですが、安い銘柄が有るという事は判るので、2銘柄買い付けしました。4333 東邦システムサイエンスを久しぶりに買い戻しです。

あと、残った小額を上の図から判断。
Jリートは不動産は美味しくなくなっているのでパス。外国株式はまだアメリカの経済は不透明。債券組は、株式が下がる前に買っておく物と考えているのでパス。安い小型株にお金は回らないけど、TOPIXにはお金が戻るだろうと思い、日本株のインデックスファンドに投資をしました。

なぜ、日経225のインデックスファンドではないかと言いますと、イメージ的に日経225銘柄の方が輸出企業の影響が大きいと思いました。
なので、為替を少し考慮してTOPIXに投資するインデックスファンドの購入にいたりました。

そんな訳で、またマイペースな日記を書いて行こうと思っています♪

みなさん、年初からの暴落の相場を如何過ごされておられるでしょうか。 とりあえず、
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 01:02 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2008年1月16日

[Mac] Macbook Air が素敵なんですが・・・・。


MacBookを使ってやく1年になります。
やっとなれてきた感じですが、またAppleから新しいノートBookが出ました。

macbook air macbook air macbook air

マルチタッチUIが搭載されているんです! iPod touchから搭載された、指でぐにゅーんってやって拡大したり、きゅーってやって縮小なんてできる操作のシステムです。
非常に便利な操作が魅力です。

で、ちょー薄型でなんです。 まぁ〜欲しいと思うだけにしておきます・・・・・。

とりあえず、現行のMacbookと比較しておきます。

Macbook Airとの比較
 MacBook AirMacBook(黒)MacBook
持っている機種
型番MB003J/AMB063J/BMA700J/A
CPU1.6GHz Core 2 Duo2.2GHz Core 2 Duo2.0GHz Core 2 Duo
メモリ2GB1GB(MAX4GB)2GBに増設(MAX3GB)
重量1.36kg2.27kg2.27kg
液晶 13.3"LEDバックライト付き--
バッテリー5時間 37Wh6時間 55Wh
内蔵ディスク80GB(4200rpm) / 64GB SSD160GB(5400rpm)80GB(5400rpm)
光学ディスクなしCombo/SuperDrive
内蔵Audioモノラルステレオ
マルチタッチUI対応-

Apple MacBook Air 13.3/1.6GHz Core 2 Duo/2G/80G/micro-DVI/BT MB003J/A


MacBook Airのギャラリー
  【レポート】MacWorld 2008 - 「MacBook Air」の薄さをアピールするジョブズ氏 (1) | マイコミジャーナル   アップル - MacBook Air
  アップルMacBook Air さらに詳細 - Engadget Japanese
  ビデオ:MacBook Air、マルチタッチUI - Engadget Japanese
  アップルMacBook Air 対 MacBook Proサイズ比較ギャラリー - Engadget Japanese

MacBookを使ってやく1年になります。 やっとなれてきた感じですが、またAp
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 07:38 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月14日

セゾン投信の活躍と思ったこと...


セゾン投信ですが、昨年は投信業界で大きく活躍した年ではないでしょうか、
 2007年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞
グローバル・バランス・ファンドが大きく売れていますが、これからも活躍というか他のファンドに刺激を与えて欲しいですね。

ここ最近、新興国除く先進国の市場全体が下がっている印象を受けます。(ちゃんと確認してませんが...)
アセット・アロケーションと言う点で、相関係数とリターンやら(2007年版)期待収益率を見ても、外国株と外国債券の相関係数は0.55となっており、比較的連動するような数字となっています。
アメリカは0.5%の追加利下げの噂、イギリスも利下げある噂もありますし、大手金融機関のサブプライム・ローンも明らかになっておらず、経済成長も不安視されています。

今年がセゾン投信の踏ん張りどころの様な気がします。お金を先にいれておき、たまに追加投資というのが非常に面倒ですので、伸びが鈍化しそうな感じがします。積立て投資に頼る事になりそうですね。

なので、不安な時はオンラインでセミナーも見れるので気分転換にどうぞ♪
 オンラインセミナー(オンデマンド配信)

そんな訳で、セゾン投信の純資産総額をグラフにしてみました。まぁ〜Google Spreadsheetsにグラフの種類が追加されたので、使って見たかったダケですが....。

セゾン投信ですが、昨年は投信業界で大きく活躍した年ではないでしょうか、  200
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 11:58 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月12日

[書籍] 大人の投資入門を読んでみたい。


大人の投資入門—真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」
ama.png

「北村慶」さんと言えば、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」を書かれています。僕もプレゼントするなら一番と思える投資本です。

かえるのbook.comでも、初心者〜上級者への書籍として、だんとつの評価になっています。


最近は、日本、海外ともに非常に市場が不安な動きを見せています。長く続けるのは大変な事だと思います。
でも、自分の将来のために投資を続けたいと思っています。

今回もまた、自分のための年金作りの要素が詰まっているようです。 まさにこう言った市場の時に読む、資産運用のための本だと期待しています♪ だって、副題が「自力年金運用法」なんです!

大人の投資入門」は、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」の続編として出版されたようです。早速買ってみました。まだ届いていないので、楽しみに待ちたいと思います。



「北村慶」さんと言えば、「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 10:52 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月11日

十日えびす '08


昨日は、十日えびす西宮神社に行って来ました。基本的には「残り福」が好きなんです。
ちゃんと、商売繁盛と、株式市場が元気になれ〜とお願いしてきました。

ebisu (via <br />
shotam)
ebisu (via icon-flickr shotam)

 西宮神社 - Wikipedia

昨日は、十日えびすに西宮神社に行って来ました。基本的には「残り福」が好きなんです
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 12:36 | コメント (4)  

re-kaeru2.gif 2008年1月 9日

相関係数とリターンやら(2007年版)


あまりポートフォリオの期待収益率などの数字をいじることはないのですが、年金積立金管理運用独立行政法人が採用している、期待収益率標準偏差や各資産の相関係数の値期待収益率を使うか、相関係数とリターンの数字を使っていました。

年金積立金管理運用独立行政法人が、毎年基本ポートフォリオの数字を見直しているようで、1973年〜2006年(以前は2003年までの数値)で、書く値を見直していましたので、おさらいしておきたいと思います。
 資料5 基本ポートフォリオの検証について

あまりポートフォリオの期待収益率などの数字をいじることはないのですが、年金積立金
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 20:35 | コメント (2)  

re-kaeru2.gif 2008年1月 8日

自分的メモです。


いつもBlogを更新していくのに忘れそうになるので、少しメモです。

なるべく古い記事も更新し直して、質を高めれればと思っています。自分の興味のある記事ばかりなので、役に立つかどうかは判りませんが・・・・・。


あと宣伝です!
かえるのbook.com (投票数が集まっていないので、良ければ宣伝お願いします♪
相互リンクさんも増えました。いつも勉強させて頂いて感謝です♪ きっと良い記事に出会えると思います。
あと、よく見に行くサイトも出会っては更新しています。
 勉強のため見に行く投資サイト (1) (個別株をメインにされておられる方)
 勉強のため見に行く投資サイト (2) (インデックス投資をメインにされておられる方)
のリンクも作成していますので、併せてどうぞです。

いつもBlogを更新していくのに忘れそうになるので、少しメモです。 なるべく古い
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 23:33 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月 6日

[勉強] 経済について簡単な10のルール


投資戦略の発想法〈2010〉
ama.png

経済って非常に判りにくいと感じています。景気と株価の連動は判っても、そこに為替や金利が入ってきては、もう〜何が何やらです・・・・・。

で、最近読んだ「木村剛さん」の書籍に基本的なルールが書いてあり、非常に簡単だったので書いて覚えておきます!!
奥に入り過ぎないためにも、僕にはこの10原則がぐらいがちょうど良さそうです!


経済って非常に判りにくいと感じています。景気と株価の連動は判っても、そこに為
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 11:14 | コメント (6)  

re-kaeru2.gif 2008年1月 5日

海外ETFについて簡単なおさらい


海外ETFの良い点、悪い点を簡単に書いてみたいと思います。詳しい説明はリンクを貼っていますので、そちらをご覧頂ければと思います。。 楽天証券SBI証券で扱っている海外ETFは簡単に分けると3種類になります。株式債券商品の指数に連動したETFになります。

1. リスクの分散

特に外国株式や外国債券とは、相関関係が低いのでリスクを分散させるメリットがあります。この分散という点ですが、日本株式と各商品の相関係数はある程度の期間検証されています。

 国内債券外国株式外国債券新興国株式新興国債券米国REIT
日本株式0.040.30-0.080.410.360.17

 相関係数とリターン

簡単に説明させて頂きますと、"1"に近づく程、同じ動きをする確率が高い事になります。
"0"になると動きに連動してない、""になると、逆に連動しやすくなります。
株式と、日本債券を見ますと、"0.04"となっています。日本債券は、ここ数年約1.0%で推移しているので、株式が上がろうが下がろうがずっと固定されていますので、連動性が非常に低い"0"に近い数字となっています。

外国株式0.30となっていますので、あまり連動していないようです。
「日本株が下がっても、外国株が上がり資産が減りにくくする。」と言ったリスクを分散させ、リターンを確保できる資産運用をしやすいメリットがあります。


2. 長期的な手数料の安さ

第2のメリットととしては、信託報酬の安さです。外国株式インデックスを少しまとめているのですが、信託報酬が平均約0.9%となっています。同じ指数に連動した、MSCI KOKUSAI(TOK)になると、0.25%しか掛かってきません。
購入時の手数料は海外ETFの方が掛かってきますが、長期的にみて信託報酬の差はリターンの差に繋がりますから、大きなメリットです。特に同じ指数を採用しているので大きなポイントです。

購入時の手数料ですが、購入額を大きくする事で、購入額に対する手数料の割合を減らす事ができるのですが、少額投資家の僕にはそこがネックです・・・・。


3. 運用会社は外国企業です。

デメリットとしてあるのが、証券会社が勝手にやってくれない点になります。
手軽に買えるのが株式や投資信託です。一般的には特定口座いれて運用されていると思います。売却益などに対する税金は解約した時に証券会社が、勝手に申告納税してくれます。損が出た場合は、取引報告書を添付して終わりなので、非常に簡単です

ですが、海外ETFは特定口座に入れることはできませんので、確定申告が必要になってきます。分配金も米国で10%日本で10%(現在優遇期間、通常は20%)と取られることになります。こちらも申告(外国税額控除)によって還付が可能です。
※ 配当金額が多い方(38万円以上)は納税額が変わってきますので、注意が必要です。

上場廃止等がありますが、これは日本のETF等でも同じ事が言えます。時価総額が小さいETF(10億円未満)を避けておくのが良いと思います。

海外ETFは、少し手を出しにくい感じを受けますが、投資対象範囲を大きく広げる事ができますし、リスクの分散にも非常に有効なので、魅力ある商品です。
ですが、やはりリスクもある訳なので、ゆっくり考えて、楽しく検討頂ければと思います。

オススメリンク


■ 海外ETFを多く取り扱っているネット証券
   楽天証券
   SBI証券


海外ETFの良い点、悪い点を簡単に書いてみたいと思います。詳しい説明はリンクを
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 06:42 | コメント (0)  

re-kaeru2.gif 2008年1月 3日

新年の挨拶 08'


新年明けましてオメデトウございます。
昨年は、家族が増えたので変化のあった1年になりました。

2007年の目標を振り返ってみますと、

 ・まだまだ足りない投資について勉強をしていく事。
 ・サポートできる人間になるため、もっとwebの世界を勉強。
 ・自分の身の回りをもっと幸せにしていく事。
と、立てていました。我ながらレベルの低い目標だったのですが、なんとか達成できたと思っています。
今年も、自分らしく目標を立てて頑張って行きたいと思います。

 ・家族を大事にです♪
 ・難しくなってきたような感じもしますが、ゆっくり投資について勉強する。
 ・機会があれば、投資家さんにお話を伺いたいです♪
 ・今年も30年後に向けて退場しないように頑張る!


と、自分らしく達成できるような目標にしておきます。
昨年を振り返っても、上がるかどうかはアナリストのみなさんを見ても判る様にまったく当てにはなりませんね。
判らないのであれば、頑張るだけだと自分では思っています。
今年もあっという間に過ぎそうですが、よい1年になるよう少しづつ積み重ねて行きたいと思います。

そんな訳で、当Blog共々気長にヨロシクお願い致します。

新年明けましてオメデトウございます。 昨年は、家族が増えたので変化のあった1年に
                      .......[続きを読む]

投稿者 かえる : 02:28 | コメント (9)  

過去の記事
 2010
04 03 02 01
 2009
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2008
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2007
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2006
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2005
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
カテゴリー
陶芸 趣味 幸せ♪ オチビ! Kiss X2 投資信託 資産運用 [投] メモ [投] 勉強 [比] 証券 ファンド Blog iPod Life Mac Life お気に入り お役立ち お出かけ つぶやき 娘の事

 

RSSリーダーに登録

BlogPeople

2008年1月の全記事です


  • 2017年 (11記事)
  • 2016年 (23記事)
  • 2015年 (38記事)
  • 2014年 (48記事)
  • 2013年 (82記事)
  • 2012年 (117記事)
  • 2011年 (179記事)
  • 2010年 (187記事)
  • 2009年 (260記事)
  • 2008年 (276記事)
  • 2007年 (243記事)
  • 2006年 (247記事)
  • 2005年 (174記事)