相関係数とリターンやら(2007年版)


08/01/09 PM 8時ごろ  ・コメント(2)

あまりポートフォリオの期待収益率などの数字をいじることはないのですが、年金積立金管理運用独立行政法人が採用している、期待収益率標準偏差や各資産の相関係数の値期待収益率を使うか、相関係数とリターンの数字を使っていました。

年金積立金管理運用独立行政法人が、毎年基本ポートフォリオの数字を見直しているようで、1973年〜2006年(以前は2003年までの数値)で、書く値を見直していましたので、おさらいしておきたいと思います。
 資料5 基本ポートフォリオの検証について

期待リターンと標準偏差 (2006年版)
 期待収益率標準偏差(リスク)
国内債券3.0%5.45%
国内株式4.8%22.25%
外国債券3.5%13.44%
外国株式5.0%19.85%
短期資産2.0%3.71%

ただ注意しなければいけないと思われる部分があります。期待収益率の内訳を書いておきたいと思います。

  • 短期資産 (2.0%) : 実質短期金利 1.0%+CPI上昇率 1.0%
  • 国内債券 (3.0%) : 実質長期金利 2.0%+CPI上昇率 1.0%
  • 国内株式 (4.8%) : 実質リターン 3.8%+CPI上昇率 1.0%
  • 外国債券 (3.5%) : 実質短期金利 1.0%+現地ベースのリスクプレミアム 1.5%+CPI上昇率 1.0%
  • 外国株式 (5.0%) : 実質短期金利 1.0%+現地ベースのリスクプレミアム 3.0%+CPI上昇率 1.0%

CPI上昇率は、長期的な物価の上昇率(1983年〜2002年)になります。
これを考慮しなければ、日本の株式の期待リターンは3.8%となります。
非常に低い想定ですよね・・・・・。というか、今年は3.8%を投資目標にしましょうか。

外国株式の過去の実績では、リスクプレミアム(現地通貨建てのベンチマークリターン−短期金利)では、6%程度となっていますが、3%程度は株価の割高になった事に拠るものとして3%を使っています。

以前に比べ数字が非常に低くなっているように思われます。
この数字を使い年金のリターンを想定するわけです。なので過度なリターンを想定されるより良いのかもしれませんね・・・・
みなさんは、どう思います・・・・か?

相関係数 (2006年版)
 国内債券国内株式外国債券外国株式短期資産
国内債券1.00    
国内株式0.151.00   
外国債券-0.06-0.261.00  
外国株式-0.050.270.551.00 
短期資産0.45-0.01-0.05-0.121.00

相関係数については、ほとんど変わっていないようです。

■ 関連エントリー
  相関係数とリターンやら
  期待収益率
  投資商品の相関性
  


 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  十日えびす '08
back.gif  自分的メモです。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Mc.N
2008 01/09 (Wed)
PM 11:52

>> これを考慮しなければ、日本の株式の期待リターンは2.8%となります。
流れからしてみると 3.8% では?

日本から見たCPIと短期金利だとこの程度の期待リターンで済んでいるようですけど、高CPI、高短期金利である米国や英国ではもっと期待リターンが高くなければいけないんでしょうね。無理の無い無難な期待リターンという見方も出来るかも。

2. かえる
2008 01/11 (Fri)
PM 12:54

>Mc.Nさん
無理の無い期待リターンという意味で、参考にしたい数字ですよね。特に政策に関係するかもしれない数字ですし・・・・。
高金利というのやはりポイントとして大きいですよね。やはり日本株はリスクは多い割にリターンが低いですし・・・・。
ただ、また金利が動きそうですね。Blogに書かれておられましたが、どうなる事やらですね。

あと、
今年1年の目標とした時に、物価が1%上がらないと思いたいのです・・・・。
それと、目標を低く設定するための2.8%とお察しください・・・(汗)


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1284
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
「日本経済新聞」電子版にインタビ
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値