[メモ] アメリカがマイナス金利?


08/03/17 PM10時ごろ  ・コメント(4)

アメリカがマイナス金利と言う話があるのですが、CPI?コアインフレ?
はっきり言って判りません!なので簡単にメモをしておきたいと思います。

よく判りませんが、実質金利というのを算出しなければいけません。式自体は至って簡単です。

実質金利=FF金利*1−CPI(消費者物価指数)

FF金利についてはよくニュースで聞こえてきますが、CPI(消費者物価指数)が少しややこしいようです。
CPIは米労働省が発表しています。食品やアパレルなど2000項目以上の価格の統計を出しています。要するに値段が上がったか下がったを出しています。

で、一般的にCPIの数字は「コア・インフレ」を使用しています。コア・インフレとは物価変動の激しい食品やエネルギー関連の数値を除いた数値になっています。

現時点では、2008年1月時点のCPIが出ているので、計算してみますと、

実質金利3.0%−2.5% (NIKKEI NETでCPIが確認できます。)
実質金利=0.5%利程度となっているようです。

注意してほしいのが、CPIを見てみますと4.3%となっています。のでこちらの数字を使えばマイナス金利に突入しています。
コモディティ価格の上昇している影響もあり原油や食料品は大きく値上がりしていますし、原油は1バレル100ドルを越えて最高値を更新していますので、このまま高止まりすればさらに、コア・インフレの上昇も考えられます。

このような状況がどうアメリカ経済に影響するのか判らないのですが、

イメージとしてあんまり良くない状況ですよね?

とりあえず、マイナス金利だろうが、好景気だろうが、シティモルガンスタンレーUBSが損失を明らかにしない限り気持ち悪いのですし、GMの状況が思わしくないのが少し恐い感じもしますので、あまりしたくはないのですが、外国株式インデックスファンドは少し前に、違うファンド(STAMグローバル)に乗り換えるために売りました。そんな、ついでに少しタイミングを見ています。

*1 米国の民間銀行は預金残高に応じて米国の中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)に準備預金を行う。
この準備預金をフェデラル・ファンド(FF)と呼び、その資金を短期市場で調達する際の金利をFF金利という。FRBはFF金利の目標を誘導することで金融市場における資金の需給調節を行う政策金利みたいな感じです。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [メモ] マンション販売の来年度を心配してみる
back.gif  HUG Kyotoで刺激うけてきた

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ぐっち
2008 03/17 (Mon)
PM 11:47

こんばんは^^
インフレ連動債(Treasury Inflation-Indexed Note)の動きからも、米国の実質金利が急激に下がってきている様子がわかります。
http://research.stlouisfed.org/fred2/series/DTP5A10?rid=72

この債券はCPIに連動してますので、インフレが進む中で利率が急低下してます。言い換えれば価格は急上昇です。

2. ブレイクニー
2008 03/17 (Mon)
PM 11:57

かえる 様

拙ブログへのコメント、いつもありがとうございます。

かえる様の記事はよく拝見させていただいています。今回もマイナス金利ということで、難しいお題です。(説明自体は、デザインも凝っていて、分かりやすかったです。)

単にマイナス金利というだけならば、数年前に日本でも議論されたような気がします。

お金を預けると利息を払わなくてはならない(実質税負担)、そうしますとお金を預ける人が少なくなってきて、お金を物に換える人が多くなるだろう、つまり消費が活性化するだろうという議論でした。いわば、デフレ対策ですね。

アメリカの場合は、伝統的に貯蓄性向より消費性向が高いのでそんな必要もないかと思います。

今回のアメリカのマイナス金利の話とは、ちょっと違うようですね。失礼しました。あくまでご参考程度に。

3. かえる
2008 03/18 (Tue)
PM 11:19

>ぐっちさん
ありがとうございます。
リンク先見たのですが、思いっきりマイナスに入っていますね。
実質金利がマイナスになったので、アメリカは今からが正念場なんでしょうか。

守るために金利を下げたのですが、ほんとに守れるのでしょうか。
今後も気をつけてみてみたいと思います。

4. かえる
2008 03/18 (Tue)
PM 11:27

>ブレイクニーさん
日本の場合は、使わせるというか景気対策で、ある意味攻めの姿勢だった訳ですよね?

ですが、アメリカの場合は、崩壊させないための守る姿勢と、インフレによってマイナス金利になったと思っています。

少し今回の場合の方が余力が無い気がします。ただ一部に問題がある感じなので、僕にとってなんとなく難しく見えるのかもしれません....。


デザインお褒め頂き感謝です。
ですが、デザインはさわり過ぎて何がなんだか判らなくなってきています....。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1340
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値