LV&HERMESの違い


08/05/09 PM 8時ごろ  ・コメント(0)

今回は、あまり投資に関係ないような気がしますが前から思っていたことを・・・・。

投資好きな方は、ブランド嫌いな方も多いのではないでしょうか・・・・(笑)
僕は結構好きなんですが、日本で荒稼ぎしているヨーロッパブランドの2大巨頭と言えば、Louis VuittonHERMESになると思いますが、企業して見ると結構違うので書いてみようかと。
ちなみに2大ブランド共にフランスに上場している企業になります。


HERMESは、時価総額:9160百万EUR (14600億円) PERは31.99となかなかの高PER企業となっています。
Louis Vuittonは、時価総額:34839百万EUR (55700億円) PERは17.41と比較的落ち着いたPERになっています。PERだけみるとなんか割安に感じますね。
※ Louis Vuittonは単体ではなく、LVMH(LVMH Moe"t Hennessy Louis Vuitton S.A)と言う大きなグループ企業になっています。

さて、売上げ、2007年度の数字になりますが、HERMESが16億2500万EUR、LVMHが164億8100万EURとなっています。約10倍の差がついています。
HERMESを見てみますと結構小さいんですね。約2500億円の売上げなんですが、この数字をみますと、ユニクロを抱えるファーストリテイリングの売上げが2007年08月期で5252億円となっていますので、その半分程度の規模になっています。
そう考えますとブランド力って凄いと言うか大事な武器なんだと感じます。


HERMESLVMHの違い

何故、HERMESLVMHに、これだけの差が付いたかと言いますと戦略が大きく違っています。
特にLVMHの戦略を見てると非常にファッションと言う市場を買収しようと言う感じをします。非常にスケール感のでかい企業ではないでしょうか。
いつからこういった戦略になったのか知らないのですが、デザイナーにマーク・ジェイコブスを迎えてからは非常に雰囲気が変わりました。で、いつの間にやら、複合お金持ちブランド企業になっています。
とりあえず、聞いたことがあるような傘下のブランドを書いておきます。

  • Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン)
  • MARC JACOBS (マーク・ジェイコブス)
  • Donna Karan (ダナ・キャラン)
  • FENDI (フェンディ)
  • Christian Dior (クリスチャン・ディオール)
  • GIVENCHY (ジバンシー)
  • KENZO (ケンゾー)
  • EMILIO PUCCI (エミリオ・プッチ)
  • CELINE (セリーヌ)
  • LOEWE (ロエベ)
  • Chaumet (ショーメ)
  • TAG HEUER (タグ・ホイヤー)
  • Dom Pe'rignon (ドン・ペリニヨン)

カバンだけでなく、時計やシャンパンで有名なドンペリまで傘下に納めています。
今度、百貨店に行って眺めてみて頂ければ、LVMHグループの凄さが判るかと思います。
少し前にも、ティファニーがLVMHグループに買収されると言う観測もありました。ほんと凄い企業です。
一方のHERMESは、技術の維持を目的として買収をしているようです。買収対象は比較的小規模の会社に止まっているみたいです。


どこかの業界でも見られる、選択と集中コングロマリット化みたいな経営の方針の違いが鮮明になってきているような気がします。
Louis Vuittonがブランド力を生かし流れを作るIT起業、HERMESは、自社の技術で戦う精密業。みたいな構図なのでしょうか。

そんな訳で、僕の中では技術のHERMESと言う感じが非常に好きです♪
businessと言う点でみても、判りやすそうなHERMESを買います。
ですが、トレンドを作れる事は、ファッションなどの業界では非常に有効な感じも受けます。LVMHグループとの戦略の違いが今後どうなっていくのか見てみたいと思います。

そんな訳で、HERMESが好き!と言うアピールを終わりたいと思います♪

■ 関連リンク
 お知らせ&関連エントリー

next.gif  三人合わせてPerfumeです!
back.gif  [ETF] SBI証券も中国ETFを追加

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1376
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値