[雑感] 自社株買いで気になること


08/05/03 AM 7時ごろ  ・コメント(2)

自社株の消却を勘違いしていました。

ちょっとイー・アクセスから煽り的なIRが出ていたので、プロのお言葉を借りて注意書きをしておこうと・・・・。
 イー・アクセス 自己株式を消却、資本効率と株主利益が向上

僕も以前では、自己株式の消却は経営の効率に繋がると思っていましたが、厳密に言うと違うようです。そこは板倉センセ森センセがしっかり書いています。さすがです。
 BTB第2回「自社株買い」 - 板倉雄一郎事務所
 ITAKURASTYLE 「金庫株の取り扱い」 - 板倉雄一郎事務所
 パートナーエッセイ(by Mori) 企業と法律 第19回「よくある勘違い?!(自己株式ふたたび)」

詳しくは上記のリンクを読んで頂ければと思います。簡単にまとめますと、

 正しいEPS = 当期利益÷(総発行済み株式数−金庫株数)
 正しい時価総額 = 株価×(総発行済み株式数−金庫株数)
 割安に自社株を買った時点で経営の効率化に近づく。
 計算に自己株式は使用しないので消却は関係ない。消却は市場にでる不安が消えるだけである。
 自己株式の処分は、株式の新規発行と同じ扱いになるので注意。


自社株買いは良いことばかりではない?

で、自社株買いの事を考えていて少し疑問が出てきました。またまた素人的でちっちゃい事なんですがね・・・・(汗)
今回はTOPIXについてなんです。現在のTOPIXは浮動株の比率で組み入れ割合が決まっています。

浮動株基準株価指数(ふどうかぶきじゅんかぶかしすう)は、マーケット全体の価格変動を評価する上で、対象マーケットに上場されている各銘柄の浮動株のみを指数の評価対象にする株価指数の算出方法。
浮動株基準株価指数 - Wikipedia

で、最近自社株買いが多く行われていますし、以前は第三者割当増資で株式発行し資金を調達した企業が多かったと思います。
そうなると比率が変わってくる訳なのですが、自社株買いは優良企業が行う方が多いですし、増資は財務的に厳しい企業が行う傾向だと思います。

優良株の比率が自社株買いで減り、あんまり良くな企業の比率が増える訳ですよね?
時価総額に変動して比率も変動するので、そこら変は上手くなっているとは思うのですが、真面目にしている会社の比率が減って、株式発行会社の比率が増えるのであれば納得できない・・・・・

日経平均やMSCI-Japanなどが、同じ方法を採用していたとしても、それは算出会社によって決められた銘柄、ある程度市場を代表する会社なので、まぁ〜納得できますが、TOPIXの場合は東証1部全体なので、こんな事を感じると思うんです・・・・・。

そうなっているのであれば、東証さんにはもうちょっと仕組みを改善して欲しいですね。
と言うか、調べたら良いんですが、まずはふと思った疑問書いてみました。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [ETF] 楽天証券からMSCIワールド
back.gif  マネックスも海外新興国(株式/債券)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. 空色
2008 05/04 (Sun)
PM 10:42

こんにちは。

TOPIXの算定方法、個人的には、浮動株指数方式でよいかなと思っています。
優良企業が自社株買いをして浮動株が減り、問題企業が増資をして浮動株が増えたとして、TOPIXに組み入れられる「株数」は相対的に後者の方が増えますが、指数の算定は「株数×株価」なので、前者の株価が浮動株の減少により値上りし、後者の株価が希薄化により値下りすれば、結果として問題はないのではないかと思うのですが・・
あまり自信がないので、間違っていたら指摘してください。

2. かえる
2008 05/06 (Tue)
AM 12:59

>空色さん
コメント頂き非常に嬉しいです♪

方式としては、浮動株指数方式が良い様に感じています。市場に出回っている株式の時価総額を表していると思いますので、実情にあっている訳ですよね。

仰られているように大体は株価の評価に現れていると思うので、問題はないと思いますが、例外はあると思います。
ですが、それはしょうがないと言えばしょうがないですよね。
市場が決めているので.....。

と言う事はやはり、東証には色々と厳しい態度を持って上場の意味を示してもらいたい気がします。
これからもヨロシク御願い致します!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1372
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値