新興国にとって原油ってどうなんでしょ?


08/06/02 PM 9時ごろ  ・コメント(4)

最近、年金積立 インデックスファンド海外新興国株式が多く取り扱われて話題になっていますね。
確かにエマージング諸国の期待されるリターンは魅力的ですので、飛びつきたい気もしますが、一つ気になる事があります。

新興国にとって原油価格って影響あるの?

僕が調べられる事は限られていますが、書いてみたいと思いますが、素人目線なのでご注意ください。
年金積立 インデックスファンド海外新興国株式は、MSCIのEEM(iShares MSCI Emerging Markets Index)に沿った投資信託になっています。組み入れられている国は以下のようになります。

MSCI EEM
iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)

この新興国の上位10カ国を簡単に原油輸出入がどうなっているか調べて見ました。単純に輸出しているか、輸入に頼っているかです。

EEMの原油の状況
構成国状況構成国状況
韓国輸入南アフリカ輸出
中国輸入メキシコ輸出
ブラジル輸出インド輸入
台湾輸入イスラエル輸入
ロシア輸出インドネシア輸入

原油輸入国の方が多いので、やはり原油高の影響はあるような感じを受けます。
記事によりますと、インドは62.6ドル中国は99.5ドルあたりが、原油が景気への影響を与える価格だそうです。
最近のインド市場が元気がないのも、こういった所を懸念されて居るのかも知れませんね。
BRIC'sの中では、輸出国であるブラジル、ロシアの株価が好調のようです。

で、ハッキリ言って新興国の方が原油価格の高騰が与えるダメージは大きいような感じです。インフラが整備されていない事もあるでしょうし、先進国に比べエネルギー効率も良くないはずです。
原油だけが株価を左右する訳ではありませんが、少し気にしても良いのかも知れませんね。
さて、僕はどうしましょうか・・・・・?
  e株リポート:原油120ドル突破 世界経済は原油高にどこまで耐えられるか - 毎日jp(毎日新聞)
  [メモ] 原油が高いとBRIC<sは?

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [メモ] シーズクリエイトをwatch中
back.gif  2008年5月末 運用状況。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. うさみみ
2008 06/02 (Mon)
PM 11:14

こんばんは。すごくまとまってますね(^^♪
原油価格ってすごいですよね。

「ロシア、ブラジル>>中国、インド」なのは、インフレとかだけではないかもしれませんね。
マネックスで投信キャンペーンやっているので、ロシア、ブラジル、インドのファンドを見ていたんですけど、前2つは好調でした。
インドの買い増ししようかななんて考えてました。

インドSENSEX ETFでもいいんですけど。円高の時にもっと香港ドル買っとくべきでした…。

2. Werder Bremen
2008 06/03 (Tue)
AM 12:05

構成国が25ヵ国では(↓)。ポーランド、コロンビア、ヨルダン、パキスタン、モロッコが抜けてますね。何処へ行ったのかな。
http://blog.ontheroad.jp/2006/12/msci_emerging_markets_index_ms.html
米国が入っているのは可笑しいから、NY市場に上場している上記、5ヵ国の株式を組み入れているのかな。それにしては、五ヵ国全部で0.13%は少ないね。

まあ、それはそれとして。北朝鮮、中国の軍事関係で地政学的リスクはあるにせよ、韓国や台湾が、ヨルダンやパキスタンと同じ新興国扱いになっているのは違和感がありますね。
先進国と言わないまでも、’中進国’くらいでどうかなと思うんだけれども。

脱線しちゃったね。小生も、EEM、少額だけ持っているけど・・・。増やす気はない(笑)。持っている分を半永久的’缶詰’(笑)。石油の浪費は問題だね。但し、石油の輸出はなくても、非鉄鉱山なら有る国も。チリ、ペルーなんかそう。銅山持っている。これで稼げば、石油代相殺。アルゼンチンは昔から農産物、特に牛肉を欧州へ輸出して潤っていた。一次産品、値上がりしているからこれで補う?気にせず、EEM安くなったら買うで良いのでは。

その他、別法は、代替投資。澤神のオッちゃんみたいな考え方。あのオッちゃん、外国株組み込める投信でも、日本株のみ。日本企業でも、海外で稼いでいるとの理由で。例えば、小生、コマツ、437円で買ったけど、サブプライム暴落で下がってもいまだに7倍以上の値が付いている。明らかに、ロシア、インドネシア、チリ、ブラジル、ペルー、南ア等々の鉱山で動いている機械がバカ売れしたのが要因。新興国株、鉱山&資源株、コモディティETFを買わなくても代替効果があったのは事実。

エネルギーの爆食、浪費が新興国の問題点で心配しているなら、これまた省エネ、代替エネルギーの進んだ日本企業の出番?原発は放射能漏れが怖いけど、使い方間違えなければ・・・。東芝、三菱重、日本製鋼所(原子炉用鋼板?)・・・驀進中。小生、三菱重、買平均304円で売平均641円でサブプライム暴落前にサヨナラしたけど、この3月のベアスターンズ暴落で買平均427円で再参戦した。今度は、短期決戦だけれど(笑)。

こう考えるとEEMを直接、購入しなくても、日本企業の株式購入で面白い投資?(真面目で面白くない資産運用ではなく)ができるかな(笑)。

だいぶ脱線してご免(笑)。

3. かえる
2008 06/04 (Wed)
PM 07:49

>うさみみさん
BRIC'sについては、完全に好不調が分かれましたね。
お金が出入りってホントに早いんですね。1年前の中国なんて凄かったんですが・・・・。

リターンがありそうと言う言葉に乗って高値づかみだけは避けたいですね♪
僕は新興国の割合が少し多いので、様子見ですかね。
インドがメインなので魅力に負けそうですが・・・・。

4. かえる
2008 06/04 (Wed)
PM 07:54

>Werder Bremenさん
今回上位10を使いたかったのでちゃんと調べていないのですが、iSharesの日本版のサイトを引用させているので、現在がどうなっているか確認していません。
申し訳ないです・・・・。

で、韓国や台湾が新興国というのは、なんとなく変な感じですよね。
日本もある意味、新興国の感じがしますが・・・・(汗)

株価の上昇には色んな見方があります。新興国の買われている理由の多くが資源と、成長性だと思います。
が、原油についてあまり触れているblogがなかったので書いてみました。

経済がなんとなく不安って時には、Werder Bremenさんの仰れるように、個別で上手く立ち回るのも一つの戦略ですね。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1401
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値