ROICを見てみる


08/06/26 PM 9時ごろ  ・コメント(6)

またちょっと練習しているのですが、図に表すって難しいですね・・・・・。
今回は、ROIC(投下資本利益率)について、書いてみました。 ROICとは

財務諸表など見てもパッと出せないですし、WACCと比べる必要がありますし、経営者もそんなに長期の視点で経営はしている企業は少ないのでは?(Mc.Nさんとメールでやりとり♪) 
と、あんまり重視しないようにしているのですが、やはりどう言った指標なのかをもう一度チェック!

ちょっと、手抜きして作っているので、ご注意ください。
有利子負債には、社債なども含まれています。
ROIC>10%としているのはWACCを算出せずに判断する目安にしています。
今回は負債ベースでのROICを算出しています。

ROIC-NOPLAT

ROIC-投下資本

ROIC

そんな訳で、無駄に労力を使ってみました。
絵で描いて判った事は、有利子負債や株主資本が大きくなりすぎると、分母が大きくなるのでROICの低下に繋がりそうですね。

で、ROICが同じでも株主資本比率が高い会社の方がいい気がしますよね。そうなって来ますと、ROA利益÷株主資本(訂正) 利益÷総資産なので、株主資本比率の高い企業の方が、総資産の割合が小さくなるので、ROAの数字が高くなっているはず。
と、言う事で僕も気になる企業程度の時はROAで良いや!と感じています。MSN マネーなどでは、5年の数字がみれるので、ROICを5年で比較すれば企業の収益力の推移が判るので、良い企業を見抜く判断になりそうです。(ここら辺がへっぽこ投資家たる所以です♪)

ROICとROA
 A社B社
純利益150150
有利子負債600600
株主資本800800
総資産19002400
ROIC10.7%10.7%
ROA7.9%6.3%
ROE18.8%18.8%
株主資本比率42.1%33.3%

表に書くとこんな感じになると思います。
また変な図で考えるかも知れませんがお許しください♪


 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [メモ] 中国市場のちょっと不思議
back.gif  [感謝] ユニークアクセスが30万っっっ

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Mc.N
2008 06/26 (Thu)
PM 10:16

「利益÷株主資本」はROEで、ROAなら「利益÷総資産」ではないかと。業種によっては買掛金やら引当金やらが影響してくるとは思うのですが、同業他社比較で使うならROAでいいかなあ、と。高いROEだとしても「やわらかぎんこう」のように低ROAだと投資としては難しい気もします。程度の問題かもしれませんが、そのためのROICやらWACCなのかなとも。「やわらかぎんこう」の調達コストはどっちの資本でも高そうだけど =)。

ただ効率化経営が株価に反映されないという悲しい現実もあることですし、あまり深追いする指標ではないかも。

2. かえる
2008 06/28 (Sat)
AM 12:36

>Mc.Nさん
まずはご指摘有り難うございます。またまた、恥ずかしい......

で、高ROEはちょっと投資しにくい環境ですね。僕も成長企業や無理している企業けどもROEが高いから大丈夫(4331:T&G)と言うのには痛い目にあったので、ROAをまずは見る様にしています。
セクター毎も

あとは、やはり資本政策などの方が影響が大きいですよね。
頑張って色んな企業見るように頑張ります。

所で、
「やわらかぎんこう」の場合は社長の人脈だけを見ると投資したくなります...(汗)
米Yahoo、Apple、ゲイツと繋がっているのは凄いかと。
コストに関しては両方高いんでしょうね。
これからもずっと高い様な気もするのですが、次はどんな事するんだろう?とか、お金どうするんだろう?と楽しみです。

3. Mc.N
2008 06/28 (Sat)
PM 01:59

逆の視点から見れば彼の健康状態で「やわらかぎんこう」の資産価値が決まってしまう諸刃の剣。確かに人脈はあるけど資本流入は殆ど見られない所を見ると日本市場のパシリとして小間使いされているだけという気も。米国のYHOOはもう落ち目だし、GOOGとの提携はあまり無さそうだし、オンライン広告は国内のローカルでしか規模が広がらないし。

「やわらかぎんこう」の株主総会で増配要求があったらしいけど、今の株主資本比率を見ればそんな要求が通るとは思えず、稼いだお金はせっせと外国資本への返済に宛がわれることに。近々は借金返済が中心で、新しいビジネスモデルを発掘したら増資というコンボのような。

株主になるには辛すぎる =)。

4. かえる
2008 06/29 (Sun)
AM 10:08

>Mc.Nさん
確かに資本流入はなくなって来ているんでしょうね〜。
携帯での収益を広げようと次は中国でお金を儲けようと思っているようです。
ここらへんは、docomoなどには出来ない動きですよね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/30/news039.html
http://japan.internet.com/allnet/20080425/26.html
僕も株主になるのはつらいので、見るのが専門です♪

で、「やわらか銀行」に増配は似合わないですよね。

5. JJ
2008 07/15 (Tue)
AM 03:34

初めまして。私もバリュー投資を志すものです。
収益指標の議論に興味を持ったので投稿させて頂きます。

私も簡易的に収益性を判断する場合、ROEよりもROAを重視します。
やはり、ROEはレバレッジ次第で大きくぶれますので、
ROAの方が実態を反映しやすいように思います。
しかし、ROAや負債ベースから投下資産を計算したROICにも欠点がありまして、
キャッシュリッチだったり余剰資産を多くもつ企業の収益性を過小評価するおそれがあります。
なので、資産ベースからの投下資産を用いたROICの方がより実態を反映した収益指標になると思います。

現在は相場環境が厳しいですが、こういった時期に知識を蓄えられれば、
埋もれた金の卵を見つけ出すことが出来るかもしれませんね。
お互いに頑張りましょう!

6. かえる
2008 07/15 (Tue)
PM 11:55

>JJさん
初めましてです! コメントありがとうございます。

やっぱりROAが指標として使いやすいですよね。株主資本とROAをさらっと眺めてばかりです。
で、仰る通り、キャッシュリッチと言うか、効率の悪い企業はROAやROCE(ROIC)が低く評価される感じですが、資産ベースのROICを出すのはなかなか苦労するので、あまり使っていません...。

それに負債ベースの方がROCE(ROIC)は低くでてた様な気がするので、良いかな〜と思っています。
先日から作っている自分なりの簡易分析のExcelでは一応算出していますが...。


ほんと相場環境が厳しいので、潔くインプットモードです♪
これからもヨロシクお願い致します。お互い頑張りましょうです!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1420
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値