比較について教えて欲しい!


08/07/05 AM 7時ごろ  ・コメント(10)

MSN マネーを見ると企業の5年分の業績が簡単に見れるのでなかなか重宝するのですが、過去の業績や他の企業と比べる時に少し疑問。

当期純利益


当期純利益で比較して良いんでしょうか?

難しいのでよく判らないんですが、営業利益から特別損失や損益が入って、税金引いたのが当期純利益な感じですよね。
当期純利益から、ROEROA、はたまたROICを算出したりすると思うのですが、経営者の気分によって変わりやすい数字なんですよね?
なので、当期で判断するのは良いような気がするのですが、過去5年と比較や他企業と比較する時は、整合性が取れないような感じがしているのです。


なので、簡単に計算比較する場合は、税率を40%と仮定して

営業利益×0.6=企業の利益

で、比較しても良いんでしょうか? よーするに本業での収益力で企業の比較で良いのでは?と感じています。
企業の分析表などを作成しているのですが、そんな事を悩んでいます。どなたかHelp!です♪

で、その値でROAやROICを過去5年で比較したりしようと思っています。

next.gif  夏休みは投資教育なのか!
back.gif  [ETF] 見るとセンスのなさを感じます

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. まろ
2008 07/06 (Sun)
PM 08:33

 営業利益×0.6で問題ないと思います。借入金が大きくなりがちな業界なら支払利息も含めて本業なんだ、ということで経常利益を使うことになるかと。
 でも利益の企業間比較は難しいかもしれません。会計処理が企業によって違っていたりして、製造業だと減価償却方法の選択とかで微妙に差が生じます。損益計算書はやっかいです。。。

2. とよぴ〜
2008 07/06 (Sun)
PM 10:37

会計って労を尽くしてどれだけ考えても悩みが尽きることの無い迷路に感じることがあります。
他企業と比較する時は自分も営業利益×0.6で問題ないと思います。ただ損益計算書自体が利益を来期から前借りしたり損失を来期へ先延ばししたりとフェイクが日常的に多いので財務3表で一番軽視しています。自分の場合・・・。

過去5年を見るのなら営業と投資のキャッシュフローの推移だけでも企業が何をしてきたのかわかる時があります。少なくとも黒字倒産株を握ることもないでしょうしねぇ〜。

3. ポッキー
2008 07/06 (Sun)
PM 11:22

私は「本業での収益力で企業の比較」なら営業CFを重視しています。

営業利益や当期純利益は企業があれやこれや手を加えている事が多いので・・・
その詳細は部外者である我々ではなかなか理解できないですからね(苦笑)

4. かえる
2008 07/07 (Mon)
AM 09:19

>まろさん
有り難うございます!
基本は営業利益×0.6でやってみます。これだけで色んな計算が楽になるので・・・・・(笑)

で、仰られるとおり減価償却については僕には難しい判断になるので、EBITDAでの比較も併せて使おうかなと思っています。
あとは、業種間の平均があれば、比較はしやすくなるでは?と感じています。

5. かえる
2008 07/07 (Mon)
AM 09:27

>とよぴ〜さん
はい、迷路に迷いこんでいます・・・・・。 たまに落とし穴まで用意されてます(汗)

僕も確かにCF計算書やBS計算書の方がじっくり見ています。
ですが、結構計算から収益を探る場合、結構数字として必要なのですよね。
数字にこだわっては、いい企業を見逃すかもしれませんが・・・・。

営業CFや投資CFに関しては、セクターによって特徴があるので判断にいつも迷います・・・・。

6. かえる
2008 07/07 (Mon)
AM 09:31

>ポッキーさん
営業CFですが、5期での比較になると非常に難しいと思います。
なので、僕は各CFがプラスかマイナスかとその金額の割合を比較だけにしています。

CFは操作できない項目として書籍で書かれていますが、
当期純利益から計算しますの単純に比較できなくなりますし、棚卸資産などの増減で結構変わるような気もしますし、
減価償却費の事も把握しないといけないので、僕にはちょっと難しいのでできないのですが、よければどの様に使われておられるのでしょうか? 知りたいっす・・・・。

7. Mc.N
2008 07/08 (Tue)
AM 05:10

>> 棚卸資産などの増減で結構変わる
営業キャッシュの場合、棚卸資産が増えるとマイナス要因になるはずなんで近々の目安としては使いやすい方ではないかと。このあたりが気になるようなら会計発生高を経年で比較してみると面白いかも。
減価償却費の増減は総資産や売上とのバランスかな。減価償却費が同業他社より高い場合、時流に乗れているか、今後時流に乗れる要素があるのか、参入障壁は高いのかあたりを気にしています。気にするだけですけど =)。

8. ポッキー
2008 07/08 (Tue)
PM 09:31

棚卸資産・売上債権等が当期純利益に対する割合が高いと
「う〜ん。この企業大丈夫かな?」と私は考えてしまいます。
営業CFならそういった要素は取り除かれており、この部分が大きいと
しっかり本業でお金を稼げているなという印象を私は持ちます。

そんな理由で営業CFを重視しています。
アバウトな判断ですけどね(苦笑)

9. かえる
2008 07/08 (Tue)
PM 11:51

>Mc.Nさん
アクルーアル!ですね。なんかKAPPAさんの著書で見かけました。
勝間さんの著書でも....。
はい、数字なんとか出せそうなんで、もう一度勉強します。

>>営業キャッシュの場合、棚卸資産が増えるとマイナス要因
ここらへんは、ポッキーさんと仰っている部分な感じが...。
そう言った視点で考えてなかったので、営業CFは少し軽視していた感じです。

減価償却については、やはりバランスと言うかセクターの特徴があるので、もう少し時間が掛かりそうですね....(汗)

10. かえる
2008 07/08 (Tue)
PM 11:59

>ポッキーさん
返信有り難うございます♪

確かに営業CFでは、そこらへんは把握しやすいですね。
数字が綺麗に並ばないので、僕としてはちょっと比較するのに苦手な感じを受けていたのですが、もう一度見直してみたいと思います。

>>棚卸資産・売上債権等が当期純利益に対する割合が高い
ここらへんは注意しているのですが、感覚だけで判断しているので、もうちょっと考えてみたいです。

もっと会計の事理解しないとです...。頑張ります!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1424
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値