投資手法をちょっと確認


08/08/12 AM 6時ごろ  ・コメント(16)

さて、ハチャメチャな運用で投資を楽しんでいる僕に、なかなか興味のあるコンテンツがあったので拝聴。

角山智の『バリュー投資を超えた資産運用におけるフレームワーク』
個人投資家であり、バリュー投資家である角山さんのセミナーです。
マネックスのセミナーにまで進出されて凄いですね〜。
内容は、「バリュー投資+インデックス運用」となっており、なんとなく僕のスタンスと似ている感じです。

で、自分なりの感想なんですが、はっきり言って僕より結果を残されている角山さんにあれなんですが、エセバリュー投資家目線で申しますと、「そんなに上手くいくのかな〜?」と言う感じを受けました。良いところだけをアピールだけではなく、リスクとリターン、リバランス(これはバリュー投資と通じるところがあると思いますし)などと言った所をバリュー投資家へアピールして欲しかったなぁ〜と。

■関連エントリー
 Mc.N の投信都市: 角山さんもビミョーな立場なんだな、と
 僕もMc.Nさんに似た感想を受けましたです。


ポートフォリオ運用+個別(バリュー)投資

で、ここから自分の考え方の補足です。
特に角山さんのポートフォリオを見て少し納得行かないのが、TOPIXが入っている所です(組み入れ規模は判りませんが)。
角山さんの実力と運用額(多分僕の何十倍もあるような感じ)であれば、大型株を数十銘柄選んで投資した方が効果は高いと言うか、悪くてもTOPIXに連動しそうな感じですし、バリュー投資家らしい感じではないのでしょうか?

とりあえず、僕が将来ぶちあたりそうな壁がここにあると思っています。
現状の角山さんを見ていると「投資と資産運用」がごっちゃになっている感じがします。
バリュー株が評価を受けるには時間が掛かるので、市場の平均にも保険を掛けると言うスタンスなんでしょうか?


僕に取っての"投資"
市場の穴を見抜き、割安な株を買い割高な株を売りリターンを得ること、もしくは優良な企業を割安で保有し長期でインカムゲインとつき合う事でリターンを得る事だと僕は感じています。(デイトレなどを否定している訳ではなく、僕にあった「投資」がこれになります。)
さらに付け足しますと、僕の場合は「分析などが楽しい」「TOPIXなどであんまり変な銘柄を保有したくない」と言った面もあります。
僕に取っての"資産運用"
資産を形成するために行う運用なので、リスクとリターンのバランスを考えたり、コストの低減につとめたりと、合理的な判断により資産を築いて行く事なんだと思います。
僕の場合は、中途半端に感化されていますので、海外ETFやドルMMFなどに分散して投資してします。

よーするに資産運用に適している合理的なパッシブ運用とゆがみを利用したバリュー投資を組み合わせって結構相反する考え方なんですが、特に分析しやすし日本株式のクラスにそう言った手法を取り入れるのであれば、もっとそこら辺の考えを出して欲しかったデス。
最初にも書きましたが、ほんとに良いとこ取りで良い結果がでるのでしょうか・・・・?

ちょっと話は違いますが投資と資産運用について関連がありそうなエントリー
 投資と資産運用 | 投資十八番
 お会いして、お勉強してきました♪


 お知らせ&関連エントリー

next.gif  個人投資家さんの集まりっすね♪
back.gif  FCF(フリーキャッシュフロー)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Werder Bremen
2008 08/12 (Tue)
PM 04:03

なんか小生にも当て嵌まる話かな?
Mc.Nさんのエントリーを興味深く読んでいました。最近、Kappaさん、はっしゃんさん、・・・バリュー株投資家・・・。小生みたいな勢いでF.I.達成しちゃったラッキー投資家、運も味方しましたが大崩しなかったのは、日本株テンコ盛(バリュー株投資?)→インデックス分散投資モドキが上手く、転換できたからと思っています。やはり、ケースバイケース、目的により選択が必要ですね。99〜03年にかけて、コマツ、新日鉄、三菱商事、川崎汽船・・・Buy&Hold作戦はTOPIXを上回る、まさにBRICsファンド並みの破壊力がありました。読売ジャイアンツのホームランバッター、打順1番〜8番まで並べて、満塁アーチ攻勢!F.I.早期達成目的なら、読売巨人軍的作戦。運用資産をあまり減らさない(減らせない)、騰がってもソコソコ、なら”送りバント、スクイズ”も用いた高校野球!

2. うさみみ
2008 08/12 (Tue)
PM 08:31

かえるさんはエセバリュー投資家なんですね。ってエセバリューって何でしょう?

相反する考えでもまとめてしまうのが、アセットアロケーションだと思います。
どの市場のどのアセットクラスに投資するかの明確な方針があれば、その中でバリュー投資をするのかパッシブ投資にするのかは、混合するのかは、スタンスとして一貫性がなくても、投資額を明確に分けることで両立は可能ではないでしょうか?

うさみみなんかは単純にそう思うし、数ヶ月で売ってしまう中期投機だって、長期投資と平行してやっています。
むしろ、一貫して○○投資とされている方がある意味、分散しているようで集中的だったりする気もするんですよね(笑)

当然、いろんなスタンスを組み合わせる方が間違いやすく難しいわけですが、長期投資とは最低10年でしょうから、投資経験4年程度のうさみみなど、まだいろいろ経験すべき「よちよち投資家」なんだってことで(^^♪

角山さんがどんな人で、どんなことをやっているのか全く知らないのに書いちゃいました(笑)
的外れなコメントならごめんなさい(~_~;)

3. うさみみ
2008 08/12 (Tue)
PM 08:33

すみません、訂正です。
>どの市場のどのアセットクラスに投資するか

は、
どの「国」のどのアセットクラスに投資するか

でした。お詫びして訂正します。

4. かえる
2008 08/13 (Wed)
AM 12:55

>Werder Bremenさん
コメント感謝です!
Werder Bremenさんにも当てはまる感じなんですかね^^;
ただ、角山さんもKappaさんもバリュー株の優位性を結構を説かれていたのですが、資産の規模も大きくなったのも大きな理由だと思いますが、減らさないスタンスになってきた感じですね。

で、はっしゃんさんは集中株なので少し違うかもですが、僕の中では最近のKappaさんのスタンスがしっくりくる感じです。

確かにケースバイケースだと思うのですが、TOPIXとバリュー株の組み合わせに????と言うか、僕なんかどうしようかさらにお悩み中になりそうです...。

5. かえる
2008 08/13 (Wed)
AM 01:42

>うさみみさん
まず、僕にとってのエセバリューですが、バリュー投資家を心がけているつもりなんですが、失敗もしますし、気が変わってサクっと売ってしまう事もあるバリュー投資家の感じで使っています。
あんまり深い意味はないです。いつまで経っても駆け出しなんで.....。

で、角山さんなんですが、バリュー投資でTOPIXに比べ凄いパフォーマンスを出されており、バリュー投資で書籍やセミナーを多数されておられるかたです。http://www5f.biglobe.ne.jp/~dream3/portfolio.html
書籍も持っています!

なので、バリュー株の優位性を実践されてこられた方が、あえてTOPIXを組み入れる理由が僕として知りたかったんです。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~dream3/howto/howto01.html#step3
組み入れられている理由としてカルパースの戦略コア(インデックス)、サテライト(個別投資)に沿っていると言う事なんですがちょっと説得力が足りない感じを受けました。
おっしゃる通り投資額を分けることで両立は可能だと思うのですが、そこではなくカルパースの戦略ではなく角山さんのテクニックを聞きたかったんです。

あと、
セミナーの中ではバリュー投資はしんどいと仰っています。
僕もハッキリ言って個別投資はちゃんと資産運用と言うか継続的に利益を得ようすると難しいとやっぱり難しいなぁと感じているのですが、組み入れる事によってプラスを得られるのか疑問に思っています。
どう言った方に向けての内容かも少し判りにくかった気もします。


と、こんな感じを受けています。
簡単に言いますともっと角山さんらしい何かが欲しかっただけなんです。

6. Mc.N
2008 08/13 (Wed)
AM 02:14

ポートフォリオの件は私も気になったんでこっそり追記しておきました。

>セミナーの中ではバリュー投資はしんどい

あれを聞いてふと気が付きました。
私にとって「リスクとは娯楽」なんだな、と =)。

7. ROM人
2008 08/13 (Wed)
AM 03:53

そうそう、MCN様の言葉のとおり暇で発狂しないための生きがいと思うからやめられないのでしょうねw 

この人運用額がうんぬんよりも疲れてしまったのではないでしょうか? 本を書き、コラムを書き、レポートでお金を取るまでやっているということはもう他人のお金にも足を突っ込んできているようなものです。当然間違えれば非難轟々な訳で守りに入るのも分かる気がします。

コラムを書くのもいいけど、自分のためのメモ書きに徹して運用の向上に徹するのが本道だと思います。

8. とよぴ〜
2008 08/13 (Wed)
AM 06:26

Mc.Nさんの記事を見たときから暇なときがあったら動画を見ようと思ったいたけれど72分は長いので未だに保留中です(;^_^A

かえるさんとMc.Nさんの感想を見ると「中途半端」って感じなんでしょうか?
おそらくバリュー投資の一面が強すぎて期待はずれなのかな・・・と
もしもインデックスのカリスマ投資家(資産運用家?)が個別株を語っても同じような結末でしょうけれど

角山さんって自分の本棚にある最初の作品「福袋銘柄で儲ける週末投資術」では投資信託を買ってはいけないってページがあるのですが実はオススメする投資信託もあってそれが

インデックスならETFと

アクティブならさわかみファンド

米国株(2004年当時)ならマネックス証券のバンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックスファンド・・・と

そつなく選んでいたりする・・・。あの頃から何気にパッシブ運用でもイケるとは思っていたけれどいつかの角山さんの日記にもあったように出版社側のイメージ戦略が強くてポートフォリオの話は押さえ込まれてしまったのかな?

9. Mc.N
2008 08/13 (Wed)
PM 12:38

>とよぴ〜さん

私にしろかえるさんにしろ目が肥えてしまったのが原因でしょう。だから少し消化不良。ポートフォリオ理論での資産運用にしては基本を押さえていない。なので手放しに初心者にお勧めとは言えない。状況の知らない人ならカルパースの例は心ときめくのかも知れないけど、これを真似るのは危険でしょう。講師としてはツカミはオッケーなのかも知れないけど。

例えるなら「巨人好きのアンチ巨人ファン」という当方の性格上、この程度で巨人ファンを語ることは許容できないというか =)。

10. かえる
2008 08/13 (Wed)
PM 07:04

>Mc.Nさん
記事、確認しました。
確かにリターンについては、ちょっと気になる感じですね。
個別が結構しんどいのでしょうか....。
レポート見てみたいですが、お小遣いがだせないです(汗)

で、「リスクとは娯楽」については、僕もそんな部分も持っています。
1銘柄で年に4回も決算前にドキドキできるなんて〜。
楽しいんです♪

のらりくらり投資を楽しみたいのでこれからもよろしくです!

11. かえる
2008 08/13 (Wed)
PM 07:36

>RON人さん
成績も大事ですが、あのワクワクも捨てがたいです....。
痛い目によく会いますが(汗)

で、セミナーの中では減らさない運用に切り替えたと言っていますし、現預金が半分以上であのリターンではちょっとしんどくなるのも判る気が.....。

角山さんのレポート内容は見た事無いのですが、やはり毎月リポート購読すれば、3465×12=約40000円。
400万円の運用でやっと信託報酬1%分て感じですよね。しかも売買は自己責任.....。
購読されているかたもやはり、自己責任だとは言えこの相場状況と成績を考えると文句が上がってるでしょうね。

いろいろみなさん大変そうですね。

12. かえる
2008 08/13 (Wed)
PM 08:16

>とよぴ〜さん
なんとなくですが、バリュー投資家さんだからこその発想だと思いますよ。
大体の方は、市場は効率的だとは思うけれども、穴は有るはずですし評価されるまで時間はある!と感じ投資されておられると思うんです。一方でリスクの分散や海外への投資も大事だとは思うが、個別だよね!って方が多い気が....。

ですが、インデックス投資家さんであれば、バリューETFや投信を活用してってまでになると思います。ただ、無理に話をすれば非常に消化不良になりそでうすね。

僕が言うのはなんですが、気になる投資法なんでもっと戦略的にと言うか角山さんらしい組み合わせに期待しています。
書籍の話が立ち消えになったっとありましたが、できれば小分けに出して欲しいですね。

13. かえる
2008 08/13 (Wed)
PM 08:27

>Mc.Nさん
確かにポートフォリオでの運用はやっぱり基本が一番大事だと思いますので、安易にカールパースって言う....のは、言われる通りだと思います。
インデックス投資家さんのポートフォリオにバリュー投資をいれるのも、バリュー投資家に日本国債やコモデティをいれるって言うのやはり中々難しいものがあると思うので、次の書籍に期待したいと思います。

で、
目が肥えているのではなく、たぶん疑心暗鬼なような....

14. うさみみ
2008 08/14 (Thu)
AM 06:49

エセバリューとはそういう感じのイメージなんですね。
見当違いのコメントですみませんでした(^^♪

昔のうさみみは多少持っていた気持ちですが、個別株投資には独特の魅力がありますね。
そういうこだわりがあった人が、インデックスもとなるとなぜ?ってのが気になるし、バリュー投資のノウハウが見たかったということなんですね(^^♪

うさみみはイマイチバリュー投資というのがよく分かってないんです。
いろんな方のブログを見ても、市場全体の変動で売られているのを買うのはバリューではなく、銘柄で割安に放置されているのを発掘するのがバリューという感じのようなんですが、そんな感じなんでしょうか?

うさみみは市場全体の変動を中心に考えているので、安く買おうとすることでは同じじゃないかななんて思うんですよ。
今回も、見当違いのコメントなんだろうなと…思いつつ、こういう質問をすると気を悪くされるかなって、非常に聞きにくいのですが(笑)

15. かえる
2008 08/14 (Thu)
PM 04:18

>うさみみさん
またまたコメント有り難うございます。

バリュー投資を説明と言われましても、説明できるか自身ないのですが、
頑張ってみます。

とりあえず、バリューは単純に割安に評価されている物だと思っています。
1日賞味期限が切れたお菓子がいつもの半額以下で売られていたらそれはバリューな買い物をしたと言う感じを受けています。
なので、うさみみさんと基本的な感じはいっしょだと思います。

ただ、投資対象が市場全体となると僕には判断が難しいです。
個別の場合、5期の決算を見比べたり、経営指標やビジネスモデルを考えて買えるか見ています。
バリュー投資家の方はチャート等はあまり気にしないので、早めに買って痛い目にあっているような気がします。僕はそうです〜。
なので、日本市場や海外市場、為替やトヨタがどうのこうのでは、狭い視点での投資になっているのではないでしょうか。
だからこそ、大きく儲ける方や損したりする方が出てくる気がします。
ただ、なんとなくですが、自分なりに企業の価値を数字でなんとなく捉えています。

一方僕の場合、市場の割安さを考える時に、ハッキリ言って過去のチャートが頼りになっているような気がします。日本を考える時に、
GDPの成長率や人口の増減、景気指標など全然見ていません。雰囲気と日経平均を見比べて安いんじゃないかな〜程度です。
東証のPERやインドのPERなどを見ていますが、それを見て僕は感覚でしか安いかどうかを判断できません。

僕にとって割安な物を買う投資が前提で、それが数字に出せて自分なりに納得しながら投資しているのがバリュー投資って感じです。
数字に出せなくてなんとなくなんで、海外株式などは投資信託やETFで恐る恐る買っていると言う感じです。

なので、個別企業を見誤って、「ありゃーーーー!!」って記事を書く事になってりしています^^;

企業の価値を数字でだしたり、ビジネスモデルを見抜く事ができるってほんと凄いと思います。
なので、そこら辺を活用して投資に興味があるって感じです。

16. うさみみ
2008 08/14 (Thu)
PM 09:28

深く答えていただいてありがとうございました(^^♪

発掘する楽しさはうさみみも分かります。そしてその難しさも。
うさみみは、ライブドアでその辺りが壊れてしまいました。結局、粉飾してたらどんなに個別株を分析してても価値はほとんど消える。。。全く売れない状況を経験して。。そのあたりの欲望が恐怖に変わったんだと思います。

やはり感覚的というか、基本的には同じなんですね。ただ違うのは、タイミングを重視するか、銘柄ごとの割安さを重視するか。
投資は、「安く買って高く売る」ただそれだけだけど、いろんな視点があるなっていつも思います(^^♪

質問に答えていただいてありがとうございました。感謝です(^^♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1458
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値