2008年10月末 運用状況。


08/10/31 PM10時ごろ  ・コメント(13)

さて、10月の成績を振り返って見たいと思います。
ちょっと忘れていたんですが、先月はディズニーランドに行っていてまったく計算していませんでした・・・・。

今月も恥ずかしいパフォーマンスとなっています。はっきり言ってなんの為に本を読んだり、blog書いたりと勉強をしているんでしょうか・・・・?
きっとどこかに明るい出口があると思うので、まだまだ足掻いて見たいと思います。


で、ちょっとパフォーマンスの計算です。なんか自分の計算方法が間違っているような気がするのでご教示くださいです!
例)
年初100万円ありました。 3月と6月に50万円ずつ入れました。投資額は200万円です。
ですが、今月末では180万円の評価となっています。ー20万円の損失がでています。
では、年初からのリターンはいくらでしょうか?

単純に計算でいいんでしょうか? なんかマイナスはマイナスなんですが、今更ながら計算を間違っていたような.....(汗)


2008/10末 運用状況
 先月末今月末前月比年初来
かえるファンド −17.46%−35.99%
株式  −13.81%−27.39%
TOPIX1087.41867.12−20.26%−41.24%
日経平均11259.868576.98−23.83%−43.97%
JASDAQ52.3743.89−16.19%−39.19%
S&P5001106.39954.09−13.77%−35.02%
EAFE53.0844.28−16.58%−43.59%
EEM31.6125.65−18.58%−48.80%

今月の売買
 お知らせ&関連エントリー

next.gif  ブログタイムズに参加です。
back.gif  僕は企業に投資をする際にもっと悩むベキなんだ!

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. うさみみ
2008 10/31 (Fri)
PM 10:47

うさみみも先ほどまで計算していました。
ひどい結果でした…後日、整理してUPするつもりです。

損益計算ですが、うさみみはというと……わかりません。
率計算って正直わかりません。
新規投資をすればマイナスの場合パーセンテージが上がり、プラスの場合パーセンテージが上がりますよね。だからよくわかんないです。みんな普通にパーセンテージでだしてるけど。

だから、金額評価しかしないというのが、うさみみ流です。
お役に立てなくて済みません(笑)

2. うさみみ
2008 10/31 (Fri)
PM 10:50

すみません。
新規投資をすればマイナスの場合パーセンテージが「下がり」、プラスの場合パーセンテージが上がりますよね。

の間違いでした。

3. topgun
2008 11/01 (Sat)
AM 12:07

はじめまして、いつも楽しく読ませてもらっています。
さて、
年初の投資額:100万円
年初の評価額:A万円
今年の投資額:100万円
現時点での評価額:180万円
とすると、設定来騰落率が180-200/200で-10%
年初来騰落率が180-A-100/A+100・・・この100は今年の投資額です
になるんじゃないでしょうか。今年だけを考えるなら年初の投資額ではなく年初の評価額から考える必要があるんじゃないかな、と思います。間違ってたらすいません。

今年になって投資を始めたばかりですが、今月の暴落でへこんでいます。しかしまだまだ投資額が少ないからマイナス%が大きくても金額が少なくダメージまだ小さいです。これが投資額が積み上がってくると、%が少なくても金額的には大きくなっていくわけで、%だけで考えるのも怖いなあと思うようになりました。

4. まーぷー
2008 11/01 (Sat)
AM 12:35

かえるさんこんばんは。
私も今日、10月の計算をする予定です。
きっととんでもない数字が出てくるんでしょうね。 おそろしやー。

5. アルビレオ
2008 11/01 (Sat)
AM 03:49

こちらでははじめまして。
topgunさんの指摘も正しいと思いますが、まず何を求めたいのかをはっきりさせる必要があります。
「リターン」という場合は普通「投入した金額に対してどの程度増減があったか」という意味で、実際には投資期間で割って1年あたりの増減率に換算した「年率リターン」を表すことが多いです。「リターン」言葉の意味からしても普通に考えれば投入した金額に対しての割合となります。

これが「年初からの〜」となると投資を開始した時点からの増減ではなく、ある一定の期間内での増減ということになるので、「リターン」というより「騰落率」とか「(年次/月次)パフォーマンス」と言った方が正確でしょう。
投信などでは騰落率とリターンを同じような意味で使っていますが、これは「ある時点でこのファンドを買って一定期間保有したとしたら」という仮定の下でのリターンという意味で使っているのだと思います。

これらを数式で定義すると、
・年率リターン[%]=元本に対する増減額[円]÷(投資元本[円]×投資期間[年])
・年次騰落率[%]=期首から期末までの増減額[円]÷(期首評価額[円]×投資期間[年])
となります。

で、かえるさんが気になっている「期間途中の追加投資分をどう処理するか」ですが、ちょっと計算がめんどうです。
表計算ソフトとかを使った方がいいです。
例としてあげられたものを上の式に当てはめると、「期首から期末までの増減額」の部分はそのままですが、その後ろの分母になる部分は個別に計算する必要があります。

A.期間ごとに区切る
1〜2月:100万(2ヶ月)
3〜5月:150万(3ヶ月)
6〜10月:200万(5ヶ月)
-20÷(100×2+150×3+200×5)=-1.212%
これは月単位なので年単位に換算するために12倍すると-14.5%

B.投資元本ごとに区切る
年初からの分:100万(10ヶ月)
3月追加分:50万(8ヶ月)
6月追加分:50万(5ヶ月)
-20÷(100×10+50×8+50×5)=-1.212%
以下同じように年率換算

騰落率を計算する場合は、期首評価額分と追加投資分を分けて計算できるBの方が楽です。

表計算ソフトを使う場合のやり方は、文章だけでは説明しにくいのでお会いしたときにでも。
基本的には上に書いた方法をそのまま使うんですけどね。

6. かえる
2008 11/01 (Sat)
AM 10:58

>うさみみさん
アルビレオさんが、詳しく書いてくださったので、参考にしましょうです♪

で、今まで買いていたのですが、どうも年初からの動きが大きすぎると思っていたら、どうやら計算間違いをしていたようです......。
最初の式を間違っていました。恥ずかしいです。

僕もリターンの計算をしていますが、とりあえずは
「現在の状況 > 入金した額」を目指しています。 まずは預金がライバルです。

7. かえる
2008 11/01 (Sat)
AM 11:08

>topgunさん
初めましてです。
コメント有り難うございます。

やっぱりそう言う計算が良いですよね〜。単純に考えておけば良かった...
ですが! 僕はその計算でさえも間違っていたような気がします。
あとで、ちゃんと見なさなきゃです。

まぁ〜それによってお金返ってくるでもないので....(汗)

で、マイナスの損失の把握ですが、僕はカンさんのセミナーで、許容出来る額から%に戻しました。

100万円だと、-40万円までできるけど、
1000万円だと、-250万円までかな。みたいにポートフォリオだけでなく、全体のリスクの見直しを大事ではないでしょうか。

多分、僕はびびりなので、額が大きくなればなるほど、減らない運用になるのかなーと想像しています。

8. かえる
2008 11/01 (Sat)
AM 11:10

>まーぷーさん
僕も預金派のかえる子さんの冷たい視線をひしひしと感じています。
ちなみに、こう言った時に役立つ魔法の言葉があるので、今度書いてみたいと思います。

9. かえる
2008 11/01 (Sat)
AM 11:20

>アルビレオさん
うわーご丁寧な解説ありがとうございます!
非常に判りやすく、これならエクセルにぶち込めそうです♪
B案で挑戦してみたいと思います。
ただ、ちょっと面倒ならば、topgunさんになってしまいそうですが...。

で、
現在の状況に対して、3月、6月分の投資されている期間が短いので、パフォーマンスに与える影響は大きくなっていますね。
あたりまえなんですが....。

10. うさみみ
2008 11/01 (Sat)
PM 03:15

>100万円だと、-40万円までできるけど、1000万円だと、-250万円までかな。みたいにポートフォリオだけでなく、全体のリスクの見直しを大事ではないでしょうか。

まさに、ここですね。今考えているのは。
率で考えることは万能ではないってことですよね。

11. topgun
2008 11/02 (Sun)
AM 12:18

アルビレオさんの計算式勉強になりました。どう評価するって難しいですね。

>100万円だと、-40万円までできるけど、1000万円だと、-250万円までかな。みたいにポートフォリオだけでなく、全体のリスクの見直しを大事ではないでしょうか。

なるほど、投資額によってリスクを変えるってことですね。年齢が上がると投資額が上がり、それに伴いリスクを下げていく。納得です。どうも今回の暴落で調子に乗って株式の比率を上げて良いのかなと考えることができ、良い機会となりました。

12. かえる
2008 11/02 (Sun)
PM 06:40

>うさみみさん
攻めている時は%での考えでいいように感じますが、
減らさない運用ってなると、損出来るお金から考えた方が納得しやすい運用がしやすそうですよね。

ほんと、想定以上に減る事がこんなに早くくるとは思いませんでした....。

13. かえる
2008 11/02 (Sun)
PM 06:48

>topgunさん
どこまで、損して良いかって考える事はインデッスク投資家さんには結構大事なスタートだと思います。

個別投資家さんは個別単位でどこかその株が"0"になるかも。みたいな覚悟はしていると思うので、スタンスはちょっと違うかもしれませんが...。

それにしても、この相場は勉強代がたくさん要りますが、ほんと、今後のためには色々と勉強になりますね。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1538
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値