減損会計とやらが気になるお年頃


08/10/14 PM10時ごろ  ・コメント(2)

株価下がって親会社も大変かもですよね?

最近、開示情報に「減損処理について」と言った開示を見かけるのですが、自分に取っても影響がありそうな事なのでチェック!
と言うか、教えて頂きたいです・・・・。

とりあえず、以下のサイトを見て簡単にチェックはしましたしたのです・・・・
 あずさ監査法人 | 金融商品の基礎講座 第5回 有価証券(1)
 KPMG Japan | 上場子会社・関連会社株式の減損処理について Page2

子会社等の株式原価基準
株式が原価より下落率が50%以上その株価の回復が立証できれば減損処理不要
出来ない時は減損処理が必要
株式が原価より下落率が30〜50%個々の企業で判断
でもこの相場で立証できるのかしら?
株式が原価より下落率が30%未満減損処理は不要
とりあえずはセーフ!ですね

で、減損した事によってどこに影響がでるのでしょうか?
とりあえず、バランスシートの左下、固定資産の項目が縮むのではないかと思っています。
で、それが特別損失となって純利益を押し下げる
でも、これは現金が減るわけではないので注意が必要。こういった時は営業利益でも評価しなくちゃいけない。

あと影響があるとすれば、有利子負債の多い企業にも影響はありそうな気も・・・・。
子会社を担保にしてお金を借りている場合は、追加担保で済めば良いですが「返せ!」となれば危なくなってくると思います。


とりあえず、2006〜2007年前半にTOBされたけど上場している会社の親会社などは注意が必要なのかしら。
不動産銘柄も株価1/10とかもあるので、そこら辺は注意が必要な気もします。
銀行については、リーマンの債券などで減損があるようですが、さわらないので無視・・・・(汗)
で、持ち株は買っていても日本国債まででお願いします・・・・。


低価法始まってますよね?

平成21年3月期から低価法*1が適用になっているはずなので、これから減損会計と向き合う機会が多いと思うので、棚卸資産や有価証券が多い会社には少し気をつけたいと思います。

*1 低価法とは、資産(有価証券や土地)の取得原価と時価とを比較し、いずれか低い方の価額を期末資産の評価額とする資産の評価基準になります。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [TDL] シーのショーはミニーちゃん狙い♪
back.gif  [chonan] いっちゃいです。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ぐっち
2008 10/14 (Tue)
PM 11:09

先日お会いしたさいに低価法が気になると仰っていましたよね。低価法はすでに前倒しで実施している会社がありますが今後さらに注目されていくでしょうね。

子会社株式の減損会計もそうですが、持ち合い株式などの「その他有価証券」の評価も重要になりそうです。なぜかというと、子会社を上場させている親会社というのはそんなに多くないですが、株式持ち合いを行っている会社は日本には数多存在するからです。そして子会社株式は仰るように原価主義ですが、持ち合い株式は時価で評価されるという違いがあります。
ここらへんは結構複雑ですが、重要なところでもありますね。

2. かえる
2008 10/16 (Thu)
AM 01:54

>ぐっちさん
そうなんです! 低価法やら減損が気になっています。

持ち合い株式も減損になるんですね...。
これに関しては、すっかり忘れていました。
たしかに大手企業は至る所で名前を見かけるので、今頃株価をチェックしているのでしょうね....。

ただ、これら減損が株価や企業価値にどう言った影響があるのか良く判らないんです....。
もうちょっと勉強しますです!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1522
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


いつかはDCF法を!

資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値