僕はマンション買えるかな (1)


09/01/07 AM 3時ごろ  ・コメント(6)

すこし前に、ちょろたろうさんに、マンションを買うって事について質問頂いたので、僕なりの考えを書いてみたいと思います。(あまり役には立たないと思いますけどおつき合いくださいです。 年齢は30過ぎていますが、計算しやすいので30才スタートにしています。)


かえる家では新築買うの得策ではないみたい

とりあえず、図を簡単に作ってみたのでご覧下さい。ピンクの部分が年齢デス。
お家計画

で、この図を解説して行きたいと思いますが、まず前提として
 ・マンションは50年持つと考えています。
 ・とりあえずインフレなどの条件などは無視しています。
 ・ローン金利は5%固定で計算してみたいと思います。
 ・ローンの計算は、ローン計算のページで簡単にチェック


1案は僕にしたら厳しい結果

1stマンション
築15年以内でそこそこの物件を想定すると1500万円ぐらいからとなるようなのでこれで計算。
とりあえず、1200万円をローンで考えたいと思います。(かえる子さんの秘密が固いので判りません・・・・)
そうしますと、5%金利だと20年あたりにするのが良さそうです。
月々80,000円の返済+修繕費や駐車場で+15,000円=10万円以内に押さえることが出来、なんとか教育費などの貯蓄や繰り上げ返済などが行けそうな感じがします。
2ndマンション
上手く行くかどうか判りませんが、2ndマンションに移る頃には、60才となっていますが、30年住んで20年で完済なので10年貯蓄ですよね。
10年×月10万貯蓄だと、1200万円の貯蓄になりますので、これで1000万以下のマンションに移動です。

2ndマンションを賃貸などに変える手もありますが、年を取ってからの引っ越しなどになりますし、感覚的に上手くないライフプランのように思えます。

1stマンションの時にどれくらいの貯蓄や資産運用が出来るかがポイントになるのもちょっと嫌な感じなんです。
よーするに現状でお金があって、ローンを組まずにできるのであればやっても良いかな〜と言う感じでしょうか。


あと、大事なポイントとして2つ。 まだ売り手が有利だと思いますし、価格が市況に追いついていないと思っています。

簡単に言いますと、ネットの迅速さがまだまだ活かされていないと思っています。 中古車屋さんのようにもっと便利になっていくんだと思います。
そうする事によって、個人でも不動産が売りやすくなり、買いやすくなってくると思います。間に入る業者さんは大変かと思いますが・・・・。
で、不動産市場はもうちょっと活況になり良い循環になってくるのでは?と思っていますし、

以前にも書きましたが([メモ] マンション販売は来年もきついかな)、新築マンションの在庫がどんどん増えている状況が、販売しているマンション、中古マンションに、まだ織り込まれていないように感じます。 ほんと、売っている方には申し訳ないんですが・・・・。

この2点から、今は中古であっても買うべきではないと感じています。
僕はマンション買えるかな (2)へ続く....。

next.gif  僕はマンション買えるかな (2)
back.gif  明日から? 頑張ります!

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ちょろたろう
2009 01/07 (Wed)
AM 05:57

かえるさん,マンションシリーズですね!
続編も楽しみです。買い替えるために貯蓄や投資という案は、わたしがいま行っている行動ですが、やっていて関西弁でいうところの「せからしい」気がしてます。
1stマンションのローンを払い終わってもそう思いますわ。それに不動産業のネット活用ってあんまり迅速じゃない印象がたしかにありますね。

2. Werder Bremen
2009 01/07 (Wed)
PM 08:02

このくらいの値段なら・・・という価格、買い時の参考になる話のURL、2ページ目あたり(↓)。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080909/170038/?P=2&ST=money
東京地区のデータで、関西地区のデータもあるのか疑問ですが・・・。因みに、1ページ目には、今回の暴落の元凶、米住宅価格の議論が載っています。とても参考になります。元データのケースシラー住宅価格指数のサイトもどうぞ(↓)。
http://www2.standardandpoors.com/portal/site/sp/en/us/page.topic/indices_csmahp/2,3,4,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0.html

記事の著者、竹中 正治氏、為替で有名な方らしいのですが、実際、東京の不動産でもバブルはじける前に売却したり、投資全般で日本の”禿鷹、ハイエナ”的投資家かもしれません(笑)。ではでは。

3. かえる
2009 01/08 (Thu)
PM 11:28

>ちょろたろうさん
あんまり大した事書けませんでしたが、もし購入するならこんなプランです。
ほんと、まとまりのない記事でスイマセン。

で、購入タイミングは今考えるともっと前だったような気がしますので、今はなんとなく待つ時期だと思っています。
なので、僕が買う時までにはもっと便利に物件が探せるようになっていて欲しいです〜。

ローンと貯蓄...。
大きい買い物だけに、色々と難しいですね〜。

4. かえる
2009 01/08 (Thu)
PM 11:37

>Werder Bremenさん
またまた情報有り難うございます。
で、色々とチラシを見ているんですが、関西のマンションも値が崩れ始めている感じです。
ちょっと便が悪いですが、新築1900万円とか....。

やっぱり日本の特有の事情が色々とあるんでしょうか、不動産を資産運用として考えるのはやっぱり難しいようですね。
のんびり、賃貸で色々と悩んでみたいと思います^^;

5. 矢向
2009 10/07 (Wed)
AM 10:27

お疲れさまです。マンションの金利5%は高すぎる気もします。

本当にそんなにするのかなぁ…聞き間違えかも知れませんが、今は1.5%くらいで借りれるところもあるらしいです(中央三井信託で、審査を受けた人が言われていました。)

6. かえる
2009 10/07 (Wed)
PM 09:24

>矢向さん
こんばんはです。

金利5%が高いって、ここ最近だけの考え方だと思いますです。
1.5%はあるのかも知れませんが、多分それは変動金利、しかも期間限定の特別金利だと思います。
貸し手はぜんぜん利益でないと思いますので...(汗)

あと、僕としてはこの時期に変動金利って考えないので、厳しすぎる見通しではないと思います。

よければお手持ちの書籍等見直して頂ければ思います。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1592
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値