日本の税収構造をちょっとメモ


09/01/27 AM 7時ごろ  ・コメント(15)

最近、派遣切りなどの問題が大きくなっているようです。できるなら、そんなニュースが出ないことを願っています。
と言いますか、自分もそんなに余裕ある会社で働いているワケではないんで、そっちの方が心配です・・・・・。

では、なぜ業績がちょっと悪くなっただけで日本はガタガタになるのか、気になったニュースがあったので、メモメモ・・・。

製造業の派遣切りも論議になり、与謝野経済財政相は「人を安く使おうという傾向が企業に見られるのは残念だ。何兆円の内部留保を持っているところが職を簡単に奪うのはどうか」と述べ、トヨタなどの大企業を念頭に雇用不安を招いている企業側の姿勢を批判した。asahi.com(朝日新聞社):派遣切り、与謝野氏「何兆円の内部留保あって…」と批判 - 政治

と、企業ももうちょっとガンバレ!と文句を言われているようなんです。確かにそこまで財務が苦しくない企業がこう言った対応をしますと、金儲け主義だな!と感じてしまし。

ですが、日本の政治家さん達はちゃんと日本の税収構造が判っているのでしょうか?
ちょっとグラフにしてみました。
日本の法人税

日本は結構、法人税でなりたっています。儲けた分の4割を納めないと行けません・・・・。(アメリカも同じような数字らしいです。)
税金は納めないと国が困るとワーワー言われ、労働者を守らないとワーワー言われているんです。 なかなか可哀想です。
ちなみに、日本で一番平均年収の高い公務員さんは、愛知県の平均年収 824万円・・・・。愛知県、給与カット - うーぱー日記(機関投資家戦略室) こっちもなかなかおかしくないですか・・・?

派遣切りなどの対応も大事です。 ですが、やるべき事も多いと感じています
法人税を下げる事で、働いている人たちに分配されるお金を多くなるのではないでしょうか。(ダメですか?)
ちゃんと、企業が残る体質にする事によって、所得税や消費税が増えていくのではないでしょうか。(給料増えて欲しいです。)
諸費税を上げる事については、僕はしょうがないと思っています。 ですが、無駄な支出を減らすことも大事なのではないでしょうか。(公務員と一括りにして申し訳ありません・・・・。 が、ちょっと甘い体質すぎませんか?)

そんな訳で、ちょっと愚痴を書いてみましたです。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [NM706i] 携帯替えちゃった・・・・。
back.gif  [モノ] IKEAの家具に注意してみる

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. アルビレオ
2009 01/27 (Tue)
PM 09:01

企業の税引き後利益と従業員の税金などを差し引いた手取り額の合計を最大化しようとするとどうなるか考えて見ましょう。

すっごく単純化して法人税は企業の利益の40%、所得税は人件費の30%とすると、人件費は費用として利益から差し引かれるので人件費の配分を増やした方が支払う税金のトータルは安くなります。
ここでたとえば法人税を利益の20%に引き下げると、「給料上げてもその分税金が増えるだけで従業員に渡るお金はそんなに増えない、内部留保した方が支払う税金のトータルは安くなる」ということになるのでかえって人件費への配分は減らす方向に働きます。

じゃあなんで現状では高い法人税を払ってでも内部留保するのかというと、「社会保険料の雇用者負担分」という人件費に比例して増える(実質的な)税金が存在するためです。
この負担分を含めると給料増やしたり人を増やしても内部留保より高くつくことがけっこうある。
つまり表面的には(法人税>所得税)でも、実際には(法人税<所得税+社会保険)なので内部留保した方が安上がり。
こういうことも正規雇用せずに社会保険料を直接負担せずに済む派遣などを多用する原因なわけです。

ちなみにアメリカは公的な年金制度や健康保険制度が先進国の割には整備されていないことも所得税の比重が高い一因だし、そもそも州ごとによる税制の違いも無視できないほどあるので比較するときは要注意です。

2. せな
2009 01/27 (Tue)
PM 10:27

公務員の多くの方は、平均までもらっているんですかね。
平均で800万円超となると、数千万円もらっている人もいれば、
400万円に届くかどうかの人もいるはず。
問題視するべきは、高額層がどれだけいて、それだけの報酬に見合うのか?だと思いました。
調べてませんが;

3. Mc.N
2009 01/27 (Tue)
PM 10:31

法人税を下げたからと言って賃金は多分、増えないと思いますよ。

唯一、期待出来そうなのは溜まった内部留保を国内で設備投資を行って、国内の生産性が高まり、結果として全体の賃金の底上げがある程度かな。それもまあ国内に投資するより海外で投資した方がずっと投資効果が高いこともあろうかと思うので期待できないかも。

公務員の給与が高いのは、給料体系が大企業の平均給料を目指しているからだという話を聞いたことがあります。トヨタ関連企業の給与が高いのでしょう =)。

まあ日本人が高すぎるんですよ、色々。

4. かえる
2009 01/27 (Tue)
PM 11:08

>アルビレオさん
深く考えずに書いてしまいお恥ずかしいです...。
よく考えてみますと、給料以外が高くつくのでしんどくなりますね。
この前、年金・保険の本読んだのに忘れていました。
もうちょっと、自分なりに考えてみます。

それにしても、保障と税金。難しいです〜。
あとは、早く活気が戻って欲しいです!

5. かえる
2009 01/27 (Tue)
PM 11:22

>せなさん
公務員の方は多い方も多いようですね。
ちょっと前に話題になったのが、日銀総裁の年収3578万円は、FRB議長の年収約18万ドルなので、倍ですね.....。
ライス国務長官も18万ドル。日本とは違って結構安いようです。
高くても良いんですが、それなりの働きをして欲しいです。

6. かえる
2009 01/27 (Tue)
PM 11:59

>Mc.Nさん
アルビレオさんにも突っ込まれたのでお許しくださいです♪

「国内の生産性が高まり、結果として全体の賃金の底上げ」
これを期待したいですね。特にこれから急速に元気がなくなると思いますので、
当分は期待出来なさそうですが...。

で、それにしても公務員さんの給料うらやましいです。
橋本知事と給料についての議論がネットに上がっていたりしますが、リテラシーって大事ですよね。と、思う事が多いです。
とりあえず、税金を大事使って欲しいです。

7. ROM人
2009 01/28 (Wed)
AM 01:16

まあ・・・・・経済状態について、スズメバチ100匹に刺されてもハチに刺された程度とのたまう人ですから聞くだけ無駄でしょうねw。

法人税については他の方が言ってますので他の事ですが・・・・・・デフレの国で消費税にしろなんにしろ増税したり、歳出削減をしたら即死できますので止めましょうw

とりあえずやるべきことは逆で、デフレのうちは政府は金を使い、日銀は資産を買いまくりマクロ経済を安定化させることでしょう。そうすれば失業は減り、給与は上がり、物価は上がり、円安になり、名目GDPは増え、株価は上がり、土地は上がり、消費は増える・・・・・以下振り出しに戻る。

底値狙いの投資家以外はみんな幸せになれますw

8. アルビレオ
2009 01/28 (Wed)
AM 01:22

Mc.Nさん
>溜まった内部留保を国内で設備投資を行って

法人税を下げれば財務的には助かるでしょうけど、需要の見通しが不透明な現状では設備投資のリスクに対する見返りとはならない(使わないでとっておけば減税分丸儲け)なのでいまいちですね。
設備投資へのインセンティブを与えるなら、たとえば減価償却年数の短縮などのによる実質的な減税策があります。
確か過去に行われたこともあったと思う。

たとえば1億円の工場を作る場合、償却年数が25年だと毎年減価償却費として計上できるのは400万円。これを10年に短縮すると1000万円を費用計上できるので、キャッシュフローは同じなのに利益を圧縮して税金を安くできます。
もっとも、すでに赤字状態の企業にとってはありがたみが少ないんですが。

9. Mc.N
2009 01/28 (Wed)
PM 07:27

アルビレオさん、

今の経済環境はあまり考えていませんでした。今は先行投資で痛んだ企業を救う程度しか役立たないかもしれません。まあ企業と言う組織体以外で国内の生産性を向上させる術を持っている組織というのは思い浮かびません。儲からない企業を細く長く生きながらえさせて皆で過当競争させるよりも、儲かる企業に全ての富が集まる仕組みにした方が結果的に雇用が増える気がするのですが、全然違う話ですね。

ちなみに政府の方で省エネ対策なら即時償却していいよん、なんて言い出しているんで少し期待していたりします。投資家として、ですが =)。
-----
省エネ投資、税負担軽く 09年夏にも政府導入 - NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090126AT3S1800525012009.html
-----

10. かえる
2009 01/29 (Thu)
PM 10:29

>ROM人さん
確かに税金の使い方と集め方だけはちゃんと考えて欲しいです...。
人口減ってるのにいまだに見通しが甘いですよね。

で、仰る通り、安定が欲しいです。
株式市場にもとりあえず安定が欲しい♪
その間にも経済の勉強などぼちぼち頑張っていきたいです。
全然判らないです....


で、デイトレでも底値狙いでもないのですが、幸せになりたいです。

11. かえる
2009 01/29 (Thu)
PM 10:41

>アルビレオさん
>Mc.Nさん

"設備投資へのインセンティブを与えるなら、たとえば減価償却年数の短縮などのによる実質的な減税策があります。"
"政府の方で省エネ対策なら即時償却"
と、言った見方、勉強になったです。特に中小企業など原油高や景気回復しそうな雰囲気から設備投資したとこもあるでしょうし、減税になるのであればやって欲しいですね。

あと、
"儲からない企業を細く長く生きながらえさせて皆で過当競争"
ではないんですが、日本も港湾やエネルギー、などいつの間にかどんどんアジアで下降中なのはつらいところ。
国が特技を延ばす事もしてほしいなーと感じています。

12. Mc.N
2009 02/01 (Sun)
AM 12:20

即時償却が中小企業のためになるかはビミョー。確かに減税効果はあるんですけど、この恩恵に預かれるのは懐に余裕のある企業だけです。減税効果があるのは利益が少なく見積もれるからで、そもそも利益が出ていない企業が利用すると銀行が怪しんでお金を貸してくれなくなります。

赤字に見せて減税効果を狙う黒字企業と、黒字に見せないと銀行やオーナーが許してくれない赤字体質企業があるわけでまあ一長一短です。

とはいえ償却期間は操作可能で、経営者次第で意図的に短くしたり長くしたり出来ます。定率法とか定額法とかも同様。M&A大好き企業ののれん代償却が20年定額法だったりすると、なんだか複雑な気持ちになります。逆に信越化学は半導体設備償却に3年しか無かったり、それはそれでズルいなあとも。

、、、で「港湾やエネルギー」て何の分野でしょう?広すぎていろんな妄想が =)。

13. かえる
2009 02/02 (Mon)
PM 05:29

>Mc.Nさん
そうですね。
利益の出ている企業じゃないと節税効果はないですよね。
僕も中小企業で働いているのであれなんですが、節税云々の前にしんどいで〜す・・・。

で、「港湾やエネルギー」ですが、あんまり深い意味はないんですが、
港湾などは、上海や釜山港などどんどん大きくなっているのに日本はどの港も伸び悩んでいることとか、
太陽電池が日本でなかなか流行らないなぁーって所です・・・。

14. Mc.N
2009 02/02 (Mon)
PM 11:12

んー、港湾はよく分からないですね。多分、物流の問題だろうから今資源を利用としている国の港湾が賑やかになるのは仕方ないかなあと。エネルギー分野だと、太陽電池はもう他国に随分追い抜かされてしまったんでもう厳しいかも。技術力ではなく資本勝負になると日本は負けます。経営者の英断が必要だから。なので技術格差がまだある原子力くらいでしょうかねえ、芽がありそうなのは。

損してもいいからメタンハイドレードに莫大な予算をつぎ込んでみたらいいのにと思うことシバシバ。3年以内で商用化実現するってポジショントークでもいいから言って欲しいね。唯一、期待を持てそうなテーマだし不景気にはやっぱり希望の光が欲しいですよ。

15. かえる
2009 02/04 (Wed)
PM 12:47

>Mc.Nさん
資本主義になると日本は負けますか・・・・。
で、勝てるのは原子力との事ですが、東芝さんもしんどそうですね〜。
なんとか頑張って欲しいです。

メタンハイドレートは最近ちらほらと聞きますね。
なんか、氷みたいなうんちゃらかんちゃらだったような・・・(汗)
とりあえず、カッコイイ国家プロジェクト!など期待したいですが、無理でしょうね〜。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1605
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値