かえるの保険プランがほぼ完成


09/02/12 PM11時ごろ  ・コメント(7)

じゃ〜どこの保険に入りましょうか・・・・。

前回(かえるの保険プラン(案) )の続きです。 ちょこちょこ調べて、自分なりに考えた結果をまとめて行きたいと思います。
そんなにたいした案ではないんですし、保険をよく判っていませんのですが、勉強になりますので、よければ、どしどし突っ込んで頂ければと思います。

死亡保険(保障期間20年(10年)、補償金額2000万円)
これに関しては、ライフネット生命、もしくは、SBIアクサ生命保険を検討しています。
両社とも格付けはありませんが、主要株主にそれぞれ、マネックス証券SBI証券が入っていますので、なんとか頑張ってくれると思っています。
ライフネット生命:3800円/月(2700円/月)、SBIアクサ生命保険両社2800円/月(10年)となり、最大3800円で計算してみます。
サブの保険(医療保障やガン特約など)
今のところ、損保ジャパンDIY生命の保険を考えています。
補償金額1000万円、入院保障2000円/日+ガン保障4000円/日+月給保障をつけて、3300円/月になります。
兵庫県民共済の「総合保障2月+三大疾病」が同じような条件で、3200円/月となり安いのですが、損保ジャパンDIY生命の気になったポイントは、入院1日目から給付金がでるようになっています。
かえる子さんの保険
僕のサブ保険と同じような条件なので、入る時は一緒の保険会社を選ぼうと思っていますので、損保ジャパンDIY生命2000円/月を考えています。

とりあえず、約7900〜9000円/月の保険料になりそうです。

他の方に比べて、安いかは判りませんが、なんとなく保障内容と金額を見て、今の保険より納得できそうなプランに僕としてはなっています。
ただ、問題点も色々とあるので、ちょっとメモっておきます。

今回は時間を掛ける事が出来なかったので、来年の再契約までに見直そうと思います。
特に保障内容(ガン特約、入院給付金など)については、細かい所で各社に違いが多く、"?"になるので、誰かに相談(プロの方などに)をちゃんとしてみようと思います。

現在、加入している健康保険の保障具合、住んでいる医療手当をちゃんと知っておく。
保険を安くするため、最低限の保障を確保して、元気良く働く。 そして"?"と思った時は、無理せず病院に行く。

と言った感じでしょうか。 保険って奥深いですね!
で、続きます・・・・・。

next.gif  この生命保険でどれくらい行こうかな
back.gif  かえるの保険プラン(案)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. あつまろ
2009 02/13 (Fri)
PM 07:56

かえるさん、こんにちは。
わたしも保険について考えたことがあるので、検討ポイントをお話させて下さい。

①会社に団体保険があればライフネットやSBIアクサより割安になる可能性がありますが、かえるさんはご確認済でしょうか。

②医療保険も会社の福利厚生などで差額ベッド代が出たり、健保での特典で高額療養費が月2、3万までという事例もあるようですが、そのあたりも過剰保障にならないように要確認ですね。

③そもそもですが、最近は入院日数を減らす傾向にあり、高額療養費により負担上限がだいたい決まってるので、医療保険自体の必要性に若干疑問を感じますがいかがでしょうか。

④ガン治療で本当に怖いのは、保険適用外の治療だと思います。その場合は数百万円という支払額になるケースが多いようですが、いまの保険内容だと「帯に短したすきに長し」になりそうな懸念があります。

⑤病気や事故による後遺症などによる、会社勤めができないリスクとして私は長期所得補償保険を検討していますが、その点いかがでしょう。
以上です、気になった点を挙げさせて頂きました。

2. かえる
2009 02/14 (Sat)
AM 12:57

>あつまろさん
こんばんはです。
まずは、色々とご質問頂き有り難うございます。ちょっと考えていなかった部分もありますが、行ってみます!

①全く保障などはありません....。 非常に心配です。

②ここらへんは、他の保険や以前入っていた保険などより少なめ設定にしていますが、今後の検討課題としています。
現在下書きになってる記事にちょこっと書いています。

③入院については短くなっている傾向にあるのは知っています。 なので、1日目からでるタイプにしています。若いうちは低いけど早くでるタイプが良いかなと考えています。

④ガンについては仰るとおり、ちょっと心もとない気がします。それはわかっています。
ただ、この点は40歳ぐらいからあげようと思っています。僕の両親もかえる子さんの両親も病気をしていませんし、僕も、酒、タバコをしませんので、現状はとりあえず安心用に、ゆくゆくはしっかりと...。
と思っています。
ただ、これも検討課題です。

⑤長期所得補償保険については、ハッキリ言って詳しくは判りません。
で、ちょっと調べてちょい高めなのでそのままになっています。
とりあえず、今回は月給保障をつけて様子見となっています。

それにしても、あつまろさん凄いっす!
色々と勉強なりました。 僕の答えはどうなのか判りませんが、こんな感じで考えていますです。

3. あつまろ
2009 02/15 (Sun)
AM 12:42

かえるさん、こんにちは。
どういう風にお考えになってるか興味があったので一方的にいろいろ質問してしまいましたが、ありがとうございます。
私の偏った意見で言うと、やっぱり医療保険の必要性を感じていません。
以前はアフラックEVERに加入してましたが、保険のことを考えなおして、とりやめた経緯があります。その分MMFなどで100万円ほどを常備しておけば十分かと思っています。
あと、保険適用外のガンの先進医療は平均200万円台だそうです。一旦300万程度の貯蓄があればカバーできるかなと思いました。ガン保険はガンの種類による保証範囲や先進治療のことを視野に入れないといけなくて、非常に難しい分野だと思います。
むしろ個人的には高いですが、PET検診での早期治療にお金を割いた方がよいかと思っています。
個人的には、案外気にされていない長期所得補償保険こそが重要かな、と思っています。
死亡リスク、病気リスクよりも後遺症が残ったままで生きるリスクに対する保証は手薄な例が多いようです。公的保障である障害年金も十分ではなさそうです。
私が見る限り、この保険を扱っているのは日立キャピタルでした。私の会社での団体保険でこの保険があったので加入を本格検討しています。ちなみにアメリカでは一般的らしいですよ。

4. かえる
2009 02/15 (Sun)
PM 05:11

>あつまろさん
色々とありがとうございます。

確かに、現在の医療技術を考えるとありがたい事に生き残る確率も以前より上がっていますが、後遺症などのリスクは見直されていない、認知されていないかもしれませんね。
そう言った所はやっぱりアメリカなどの方が進んでいそうですね。

で、ガンについては、やっぱり僕自身、勉強不足のようです。
運悪く今年、発症となればしょうがないと諦めますが、一年かけて悩んでいきたいと思います。

5. netsuhero
2009 02/15 (Sun)
PM 07:32

かえるさん、あつまろさん。
こんばんは、netsuheroです。このテーマに居座ってます。本当にゴメンナサイ。

またまた、横レスしてしまいます。

あつまろさんの質問①②ですが、
かえるさんが加入している健康保険は、「建設国保」という、加入者本人には非常に手厚い保険なのです(入院時の自己負担がなかったりします)。それに加えて、一般企業の福利厚生部分を肩代わりする「県連共済」には自動的に加入することになっています(入院時の手当金などがあります)。

そのため、健康保険への加入だけで、普通の医療保険に入っている位の保障があり、単純な比較では保険に入る必要がないくらいなのです。

ただ、建設国保という健康保険の特殊性ゆえに、単純に保険を削ることが不向きなのです。

建設国保は特定の職種の人が加入する国保で、条件に該当しなければ脱退しなければなりません。

また、保険料が年齢や加入条件で区分分けされた定額の保険料となっています。通常の健保や市町村国保の場合、1年遅れですが収入の減額を保険料に反映する仕組みがありますが、上記の様な計算方法のため、建設国保にはそれがありません。

短期の傷病には手厚い健康保険なのですが、長期の傷病となった場合、それにともなう収入減、保険料負担が支出に占める割合の増加、離職や脱退時には今までの手厚い保険給付がうけられず、他の生命保険の加入を考えた場合には健康条件で入れなくなると、弱り目に祟り目になる可能性があるのです。

最悪の状態を想定しているようですが、職種や健康保険の独特の条件とも言えます。

そのため、上記のリスクを考えて、現金で医療支出に備えられる人を除けば、ある程度の医療保障を生命保険を確保されておくのが現実的かなと思います。


6. かえる
2009 02/16 (Mon)
PM 11:19

>netsuheroさん
有り難うございます。 僕の方が勉強なっています....。

たしかに「建設国保」は手当が厚いようですね。
でも、色々と条件などがありますし、仰る通り脱退の可能性があるので心配です...。
やっぱり長期保障については、ほんと今後の課題のようです。

なので、医療保障とのバランスを気をつけて入る様にしたいと思います。

7. 入院保険の見積もりリスト作成隊
2009 04/17 (Fri)
PM 11:56

はじめまして。
私も、現在保険見直し中なんですが、ライフネット生命検討中です。
あと、知人が兵庫県民共済に加入していますが、
値段の割に保障がよくて、満足していると行っていました。

保険は、やっぱり月10,000までじゃないときついですよね。
とっても参考になりました。ありがとうございます。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1624
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値