自分の投資 (言い訳です・・・。)


09/02/05 AM 7時ごろ  ・コメント(33)

スタンスの違いだと思うので・・・・・・・。

Werder Bremenさんから、二番煎じだし、効果が薄いじゃないか! と、ダメ出しをされているこの頃なんです。 ハイ、判っているんです・・・・。
で、ムキー!って怒っている訳ではないですし、僕が主旨書かなかったのも起因していると思いちょっと反省。 ただ、投資スタンスがちょっと違うと思っているので、ちょっとここらで言い訳を・・・。


TAA、タクティカル・アセットアロケーション

戦術的に資産を配分していく方法。 市場の短期的な環境変化のタイミングなどを捉えて、期待リターンやリスクの推定を行い、機動的に資産配分の変更を行う手法。
株式と債券の利回り格差の計量的な分析をもとに、割高・割安を判定して両資産の配分を変えたりします。

Werder Bremenさんからは、このTAAを行って行くべきでは? と、コメントを頂いています。
確かに良い方法だと思うのですが、考えている所が違うのではないか?と思っています。


結構前に、ヤバい経済学を読んだのですが、親はどちらのシチュエーションを嫌がるかと言う話がありました。
 1. 家に銃が置いてある家に遊びに行く。
 2. プールがある家に遊びに行く。

答えは、「1. 家に銃が置いてある家に遊びに行く。」だそうです。 ただ、子供の死亡確率を言いますとプールの方が圧倒的に多いので、確率で言うと「2. プールがある家に遊びに行く。」に気をつけた方が良い。と言う答えになっていました。

上の例ですと、身近な危険に気をつけようって事で参考になりましたが、今回の金融危機の場合はちょっと違うような気がします。
 1. 何十年かに一度、想定しない市場になる。
 2. プチバブルとプチ暴落はしょっちゅやってくる。

色んな投資本を見ますと、「1. 何十年かに一度、想定しない市場になる。」が基本で、深刻なマイナスについては深く書かれていないと思います。 Werder Bremenさんは、「2. プチバブルとプチ暴落はしょっちゅやってくる。」を考慮して運用した方が良いと仰られているんだと思います。

ですが、僕は「1. 何十年かに一度、想定しない市場になる。」で行こうと思います。
これはやっぱり、Werder Bremenさんとポジションの違いだと思います。

  • 投資信託を使って楽をしたい。 売ったり買ったりするのは個別株でささやかに楽しみたいと思っています。
  • 働いて追加投資(あと25年ぐらい?)をするので、今の運用も大事だけれども、追加投資と言う武器で調整したい。

ちょっと答えになっていませんが、そんな訳でアセットアロケーションを短期的に変化させながらの運用にあまり興味が無いってところでしょうか・・・・。
なので、先日のような考察を思いついたんです。こんなドルコストはダメかしら?
ちゃんとしたアセットアロケーションに全然なっていないので、偉そうな事は言えないんですが・・・・・(汗)

あと、インデックスファンド(投資信託)を活かす?考え方については、以下の所あたりで・・・・。
 インデックス投資で思うこと (1)、 インデックス投資で思うこと (2)

まぁ〜ハッキリ言って羨ましいです・・・。 ただ、自分に資産配分を変えながらの投資は、まだ早いかなーと思っている所なんです。
だって、僕の資産運用はちゃんとしたスタートにも立ってないと思っているので♪
そんな訳で、色んな試行錯誤をしながら、自分なりの投資を頑張ってみたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  [メモ] Google Chart API 練習中
back.gif  [カメラ] お散歩飛行機(伊丹スカイパーク)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. +ヨコヤリ
2009 02/05 (Thu)
PM 08:19

お互い、切磋琢磨で行きましょう。

2. うさみみ
2009 02/05 (Thu)
PM 11:39

自分らしくいけばいいですよ。どんな方法にもメリット、デメリットがあるわけで、それは時代で効果も違ってくるものですし。
うさみみは、特に今はそう思っています。消極的ないい方をすればなるようにしかならないってことを前提に考えているってことですが、投資家としては面白くない考え方になりつつあります(笑)
でも、資産形成の中で投資って1つの手段にすぎないわけで、であれば、自分らしくありたいと思います(^^♪
いろんな考え方は見ていきたいですね。。。

3. ROM人
2009 02/06 (Fri)
AM 12:15

100年に一度の洪水に対応した運用・・・・・これも立派な回答だと思います。生き残れなければ明日投資することもできない訳ですからね。

かえる様の個別運用は、主にいろんな銘柄の調査と発掘をメインとしているように思うので、それに徹するのもよいと思います。まして今年と来年はなにもかも紙くず並になってくれそうな勢いなので・・・・・・・きっといい投資先が見つかりますよ。きっと。

後はまじめに分散投資をしましょうw なに、現金・円債と内外株式に分けておけばハイパーインフレ以外は対応できますよ。w

4. やすとも
2009 02/06 (Fri)
AM 12:56

投資は自己責任なので、人それぞれの投資スタンスがあって当然だと思います。
やっぱり自分で納得して実行していくのが大切だと思います。
納得した上での行動であれば、失敗しても納得できます。

私も失敗しながらも、自分の投資方法を見つけて行きたいと思っています。

5. かえる
2009 02/06 (Fri)
AM 01:05

>+ヨコヤリさん
初めましてです。
有り難うございます。ゆっくりとですが不況、不景気の間にちゃんと頑張って行きたいと思います。

また、よろしくお願い致します。

6. かえる
2009 02/06 (Fri)
AM 01:14

>うさみみさん
こんばんはです。
自分らしく。そうですね、身の丈にあった投資で行きたいと思います。
ですが、縮こまった運用はしたくないので、知識を得ようと頑張っていますが、それで投資するってなるとなかなか難しいようです....(汗)

確かに資産形成って投資だけではないですよね。
そこら辺と上手くバランスを取りながら継続できる投資をしていきたいです。

で、「投資家として面白くない方向へ」とありますが、外から見る事の方が的を得てる事の方が多いですし、休むも相場と言いますので、これからもアドバイスなどお願い致します♪

7. かえる
2009 02/06 (Fri)
AM 01:19

>ROM人さん
様は当ブログでは禁止なんです♪ ○○さんで、気軽に行きましょうです!

で、こう言った相場なので特に個別は面白いですね。
景気と企業の対応等、ほんと勉強になります。 これを今後にしっかりと活かして行きたい所です。
こうも利益の仕組みがもろいとは思いませんでした。
ほんと、紙くずになる企業だけは掴みたくないです....。

あとは仰る通り、分散投資して緩やかなインフレを待ちたいと思います。

8. かえる
2009 02/06 (Fri)
AM 01:42

>やすともさん
こんばんはです。
投資は自分で続けていかなければいけないので、「自己責任」ですよね。
で、自分で納得して投資しているんですが、やはりマイナスってなると心苦しいです....。
ですが、嘆いていても勿体ないだけなので、

僕も、四苦八苦で、試行錯誤しながら頑張りますです。
これからもヨロシクです。

9. モンチ
2009 02/06 (Fri)
AM 11:17

こんにちはー。

「資金投入法」と「アセットアロケーション管理」の両輪で行くのと、さらなる超過リターンが得られるんじゃないですか(^^)

一番のベースは、「ドルコスト平均法+決めたアセットアロケーションへの定期的なリバランス」。 これで、(きっと)プチバブルもバブルも乗り切れますよ。2つの方法とも、安い物をかって高い物を買うということを機械的に行なう方法ですので・・・。

で、さらに+αを狙うときに、かえるさん流ドルコスト平均法だけ使うとか、TAAだけ使うとかもありますが、せっかくなので両方使って行きましょう(^^)。

ポートフォリオ全体で時価総額が下がれば追加買い > 追加資金で何を買うかは、TAAでリバランス(相場が分からないときは標準アセットアロケーションにリバランス)を考えて決める。 
で、飽きたら(汗)「ドルコスト平均法+決めたアセットアロケーションへの定期的なリバランス」に戻ってくるとか(^^;;

10. ひっきー
2009 02/06 (Fri)
PM 12:18

かえるさん、こんにちは!
なかなか難しいお話をされていますね…(汗”)。

気の利いたコメントができませんが、
100%正解(?)の投資理論がない以上は、
ご自身が納得できる運用方法ができればそれでいいような気がします。

無論、株式市場から退場しては元も子もありませんが、
単年だけで運用方法の正誤を判断できるものでもありませんし。
どこに向かって進んでいくかは難しいところですね…。

11. みはるん
2009 02/06 (Fri)
PM 05:50

こんにちは!
私も気のきいたコメントなんてできなくて
すいません><; いや、むしろ全然わかりません orz
なので…今日は、アセットアロケーションの勉強しました。
かえるさんのおかげです。

また遊びにきます〜でわでわ

12. Werder Bremen
2009 02/06 (Fri)
PM 08:15

随分、賑わっていますね〜(笑)。

争点、論点をハッキリさせましょう。一括購入&一括売却。ドルコスト法。TAA。SAA。・・・どれも一長一短あり。議論しても正解はありません。朝まで生テレビになっちゃいます。争点、論点にしたいのは以下の通り。

イ)A社が業界初、新製品を出しました。価格は1万円。消費電力は10ワット/時。
ロ)B社は後発です。類似品を出しました。

さて、B社は如何すれば、A社がシェアを握っている市場を切り崩せるでしょうか。価格で勝負する?または消費電力が著しく低い?何か改善点、改良点が必要ですね。ほぼ似たり寄ったりでは・・・。ジェネリック医薬品なんかもそうです。効能がほぼ同等なら、後発医薬品だから”安さ”が売り文句。

二番煎じでも、著しい改良があれば、「座布団3枚!」と言いますよ。二番煎じで、かつ著しい改良点も見られない。大阪の流儀かもしれませんが、「駄目なものは駄目!」。関東よりハッキリしています。文化の違いでしょうか。大阪のオバちゃんとか、大阪府知事の橋下氏とか。何の根拠も無く、「駄目、アホ、ボケ」と言ったら、これは単なるブログ荒しです!Rennyの備忘録でも最近、インデックスブロガーの夢をブチ壊す、反感をかうのは承知でコメントしました(↓)。

http://renny.jugem.jp/?eid=846

0.5%、0.6%の信託報酬手数料のインデックスファンドが出ても何も不思議ではありません。但し、その内訳、取分を考えると、低信託報酬手数料の企業型401Kの販社取分(0.07%)を実例、根拠に挙げた上で、「それは可笑しい。臭うな。余りにも販社(水戸証券、0.02%)の儲け、旨みが無さ過ぎる。外側、口座管理料とか投資アドバイス料とかでブン取る・・・もしかしてラップ口座用・・・?」

橋下知事も何の落度もない教育委員会に理由もなく「ボケ、クソ、アホ」と吠えたら、「あの知事、頭、壊れとるんとちゃうか」と言われます。彼には彼なりの理由があって吠えているんでしょうね。

皆様、礼儀正しく、賛成意見。仲良しクラブ。行き過ぎると戦前の大政翼賛会。陸軍の東條、真田、山下の考え、意見。朝日、読売、毎日新聞の「米空母8隻、戦艦10隻、駆逐艦18隻撃沈」エセ報道。一方、極少数派でしたが、海軍、反戦三羽カラス。山本、米内、井上。日本の粗鋼生産量、米国の粗鋼生産量のデータが頭の中に入っていた。勝目は1%有るかな?残念ながら彼ら、少数派意見は時代の波に飲み込まれてしまいましたが。大政翼賛会か〜。海軍の少数意見は無視されるなら、「進歩、改善」は・・・。もう、ここには来ない方が良いかな(笑)?

TAAは難しい。必ず上手く行くとは限らない。それはそうですね。小生、12月頃から、方々のブログで「米国債バブル」警報発令。「八丈島上空、B29大編隊通過!北上中!」→「調布飛行場へ至急打電。迎撃機、紫電改、雷電緊急発進されたし!」→「婦女子は防空壕。総員退避!」・・・。米国債・ゼロクーポン長期債の小生、持分は12〜1月で売り払い、現在、”0”です。因みにゼロクーポン・長期債に対応するETF(EDV)のグラフです(↓)。12〜1月にかけて、頂点3個の三尊天井。
http://finance.yahoo.com/q/bc?t=1y&s=EDV&l=on&z=m&q=l&c=SHY%2CIEF%2CTLT
まぐれや。偶然。そう思われてもごもっとも。否、雷電、紫電改を東京上空で待機させて、20mm機関砲4門、B29大編隊に向けてぶっ放したのかな。そう思う人もいるかもしれません。TAAはダメや。ドルコスト法がエエ。一括購入&売却のほうがエエ。SAAのほうが駄目。「あいつは口だけや。実行が伴ってへん。」。今回の件、実体験、実行を元にお話したつもりです!上杉謙信公のように全戦全勝なんて有り得へん。敵弾を一発も喰らわず、無傷で生き残りは有り得へん。それはそうでしょう。

もう一度!争点、論点は、TAAが良いか悪いか、ドルコスト法が有利か不利かではない。「こんなドルコストはダメかしら」のネタは、二番煎じでかつ効果の改善が見られないので、大阪流に、はっきりと「それはあかんで〜。没ネタやね〜。座布団取れ!」と言ったのです。

13. 田舎のKen
2009 02/06 (Fri)
PM 09:25

こんばんは。

少し乗り遅れてしまいましたが、ボクも少し参加をさせてください(^^ゞ(笑)。

>横ヤリすみません、Werder Bremenさん
何もかえるさんはTAAがダメだとか、Werder Bremenさんの実力が伴っていない、意見を聞き入れない、と仰っているのではないと思いますよ(^^ゞ。ただ単に「その考え方は考え方でいいと思うが、自分は今はそうしようとは思えない」ということではないでしょうか。考え方に理解を示すこととそれを実行に移すのはまた別ですし。「賛成意見ばっか・仲良しクラブ」、といういうよりは皆さん考えてこの結果にたどり着いたので賛成する場合が多いだけですし、仲良しだから賛成しているわけではないと思います(^^)。って、かえるさん、勝手にすみません、違いましたら訂正お願いしますm(__)m

>かえるさん
ボクもモンチさんの仰る「ドルコスト+リバランス」が機械的にAAを調整できますし、リスクをとりすぎることもないのでいいと思います(^^ゞ。もしまた新しい考え方が出てきたらぜひお話しください(^^)。

14. かえる
2009 02/06 (Fri)
PM 10:24

>モンチさん
こんばんはです。
両方使ってはみたいですし、そう言った戦略的に動いてみたいんですが、
あまりにもそう言った投資をするには、知識が足りないような気がします。
もうちょっと、勉強させてくださいです....。

ほんと、理解力がないので、ちょっとずつ頑張っていきたいと思います。
そう言ったところ、色々と記事楽しみにしています。

15. かえる
2009 02/06 (Fri)
PM 10:32

>ひっきーさん
どうもです♪
退場しないうちは、試行錯誤しながら頑張って行きたいと思います。
特に、個別投資をしながら、投資信託を積み立てていこうか!と言う欲張りな考えなので、どちらも修行不足です...。

それにしても、すっきりしない相場ですね。
そのモヤモヤを勉強の糧に変えて頑張るです。

16. かえる
2009 02/06 (Fri)
PM 10:38

>みはるんさん
判りませんですか...。僕と一緒に悩んで行きましょうです。
アセットアロケーションって資産運用の結果に大きく影響するので、大事なポイントの一つでもあると思います。

ただ、僕もみはるんさんも、個別投資の部分って大きいと思うので、銘柄の分散や、セクター分散と言った分散投資も大事だと思います。

ほんと、投資って色々とあるので、ちんぷんかんぷんになって行きましょうです♪

17. かえる
2009 02/06 (Fri)
PM 11:00

>Werder Bremenさん
まずは、コメント頂けて良かったです。
あまり、こう言った記事で盛り上がるのは僕としてもつらい所です...。
あと、なれ合っているつもりはないので、よろしくです。(スパムコメント以外は消さない様にしています。)

コメント読ませて頂いての返信ですが、
Bremenさんにとって質の悪い記事であった事は申し訳ないと思っています。

ですが、僕は最初にズバッとした答えを書かなければいけなかったのでしょうか。
ドルコスト → こんなドルコストは? → じゃ〜次は?
と、自分なりに納得して書いて行きたかったのですが、コメントやメールでああ言われては僕にはどうする事もできません。

それに、TAA? SAA?(初めて聞きました。) ラップ口座? 401k? 三尊天井? イールドカーブ? 多くの言葉をあまり理解出来ていません。
僕は投資をしているつもりですが、まだ"運用"に関しては初心者と思っています。
判らない言葉が多く、Werder Bremenさんの仰る通り運用し、仮に上手くいったとしても、また?が付いている状態で次も上手くいくでしょうか..。
それならば、コストや小さなリターンも大事と思って書きました。
僕は家のローンの時も書きましたが、リターンよりも確実な負債を減らす方が安心できるタイプなんです....。

ほんと、Werder Bremenさんとは、レベルに大きな差があるんです。
そこら辺をご理解頂ければと思います。


また、何か書くのでアドバイス頂ければ嬉しいです。

18. かえる
2009 02/06 (Fri)
PM 11:12

>田舎のKenさん
乗り遅れなどないので、良い議論していきましょうです。

で、補足有り難うございます。
毎月ゆっくり投資し、その間に知識、自分なりの投資を深めたいと思っています。
と、言っても僕の個別投資もあるので、結構そちらにも気が....。

積立て投資はずぅーっと続けていくかも知れない事なのでちゃんと考えて行きたいと思います。
「ドルコスト+リバランス」ですか〜♪

19. Werder Bremen
2009 02/07 (Sat)
AM 01:42

田舎のKenさんへ
小生文面の最後のパラグラフに注目。
>二番煎じでかつ効果の改善が見られないので・・・⇒ここがことの発端です!
そこで、あなたへ質問。「こんなドルコスト法どうかしら」を、

1.二番煎じと思うか?
2.効果が8年間で-37.99%対-35.93%。8年間で2%の差を顕著な差と思うか?
3.あなただったら、「こんなドルコスト法どうかしら」のドルコスト法を使うのか?

小生、問1はYes、問2はNoと思うから、このネタは没!とハッキリ言った。ドルコスト法を否定はしない。問3、小生、ドルコスト法を採用するにしても、”普通の”、”一般的”、”ノーマルな”ドルコスト法だったら採用する。「こんなドルコスト法どうかしら」の”こんな(修飾句)”に反対票、1票を投じた。

かえるさんへ
小生だって失敗、成功の繰り返しです。100点満点なんて言えません。東京基準では、失礼の無い、穏やかな、差し障りのないコメントになるのでしょう。大阪基準では、橋下知事や大阪オバちゃんのような”厳しいコメント”もあるかと思います。不快な思いされたのであれば申し訳ない。今後、一切、コメントしません。小生もかえるさんも関西圏在住。会社、職場の同僚なり、隣、近所のオバちゃん、オッちゃん達の一見、ケンカ腰の会話。「アホ!」「やかまし!」とか。別にケンカしてるわけではない。二番煎じでかつ8年で2%の差。普通のドルコスト法を使うで良いのでは。そこをいじくり回すくらいならとTAAを持ちだした次第です。

>アセットアロケーションを短期的に変化させながらの運用・・・

因みに、今回の米国債は10年前に仕込んだもの。10年前をつい最近(1、2ヵ月前と同じとか)と認識するかは人それぞれですが。償還(満期)は2025年。買ったときは満期まで持切りを考えていましたが、明らかに”米国債バブル”と認識。WTI原油とかもバブル→崩壊のプロセスを見たので、「ああ、次は米国債に順番が来たな。ヤバ!どうせ爆上げした後、爆下げか」で売ったら、案の定、崩壊しました(?、と言って良いですね、あのチャートの下げ方は)。

20. ROM人
2009 02/07 (Sat)
AM 04:48

Werder Bremen様

単純にかえるさんが需給の予測、マクロ経済見通しの投資への利用、マーケットタイミングで頻繁に売り買いする方法を好まないというのから、TAAとかいうのを採用する動機が無いと言われているわけで、ご本人が言われている限りしょうが無いでしょう。投資って本人にとって合うと思うやり方をするしかないわけですから。

後・・・・お説のTAAというのは相当投資好きで時間を費やすのを厭わず、リスク許容度が高く、己の幸運と能力を疑わないような自惚れた人間でも無ければやりにくいように思います。(自分を見てそう思いますw)少なくとも多数の時間が無い、許容度が低い、リスクを取らないような安定志向・常識人であればある程難しいかと。この辺はなぜ自営業者・資本家よりも従業員の方が数が多いのかを考えれば理解しやすいと思います。


余談

空気を読まずにお聞きすることをお許しくださいw ちょっと気になったもので。

キチガイの妄想ですがw 米国債売りについては円資産に生きるものである我ら日本人からすれば為替も含めて考えれば良いタイミングと思いますが、金利低下の終わりを織り込むのは早すぎでないでしょうか? いかんせん景気後退の本格的なやつはまだ始まったばかりな訳で・・・・・・オバマの経済対策も米のGDPギャップを埋めるにはかなり足りないでしょう。もちろんデフレ突入な訳で、こんな状態が続くことを考えればとても金利が上がることは考えられないのではないでしょうか? どう考えられます???

21. かえる
2009 02/07 (Sat)
AM 07:19

>Werder Bremenさん
ちょっと僕の答えになっていないので、よろしいでしょうか。
はっきりとした行き違いがあるようです。

投資手法に文句を言われてこの記事を書いたんではないんです。
これは別に気にしていません。
ブログの運営手法について言われたと思い書いています。

ゆっくり一つのストーリーに仕上げようと思っていたのに、
1章目でダメだ! と、言われては、どう言った記事を書けば良いのでしょうか。

Bremenさんは答えと思った。 僕はまずは1個目の答えと思った。
この行き違いが発端だと思います。
毎回、答えを書いているわけで無いんです。

そんな訳で、最初に答えを書かないといけないのでしょうか。

22. Werder Bremen
2009 02/07 (Sat)
PM 02:34

かえるさんへ

>僕はまずは1個目の答えと思った。この行き違いが発端だと思います。

申し訳ありません。3章か5章か判らないが、複数章から成り立つのですね。単発、一章で終りと勘違いでした。その点、謝罪します。その上で、昨今問題となっている食品表示問題と絡めて、”表示の仕方”を工夫すべきと思います。例えば、引用されたモンチさんの記事は4回連載記事になっていますが、第一回目から題目に(その一)と表示されています。一回目の時点で、読者は「その3かその8か判らないが、何回か続くんだろうな」と思いますよね。日本語表記の粉ミルクでほかに何も、製造地の表記がなければ、日本製粉ミルクと思って買った後で、実は中国製メラミン入り粉ミルクと判り、スーパーで買ったオバちゃんが文句を言いに来る、みたいなことに。

それと気付いたことですが、Yahooの投信データですが、分配をした後、分配再投資後の基準価格データになっていません。例えば、下記、投信、06/01/10、07/01/10に2700円、1000円分配を出した投信の場合、基準価格がその分下がったまま。株価が下がったからではなく分配落ちによる基準価格下落で、分配再投資の基準価格になっていない(↓)。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=02311032&ct=z&t=5y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=v
中央三井外国株式インデックスの分配は20円とか30円ですが、8年で2%の差、ミクロレベルの差を論じるのであれば分配再投資された基準価格で論じたほうが?具体的には、同じ中央三井のDC用(確定拠出年金用)なら同じ期間、分配は5年連続、無分配ですから。

23. Werder Bremen
2009 02/07 (Sat)
PM 04:30

ROM人さんへ
小生、「単発記事」と勘違いがことの発端だったようです。申し訳ありません。ドルコストを否定はしていませんよ。文章を良く読んでください。否定したのは、「こんなドルコスト法はどうかしら」の”こんな”はダメ出しをして、これを使うくらいなら、誰もが”普通”、”一般的”、”ノーマルな”と考えるドルコスト法を小生なら、採用するということです。TAAが完璧、正解とは思っていません。

>・・・TAAというのは・・・己の幸運と能力を疑わないような自惚れた人間でも無ければ
>やりにくいように思います・・・安定志向・常識人であればある程難しいかと。

なんとなく、この文面だと、TAAで何とかならんかなと考える人は、”奇人変人”、”偏屈者”とか・・・。まあ、小生、関西圏に住んでいますから、会社なり隣、近所のオバはん、オッちゃん達でも、「アホ」「ボケ」「やかまし!」と荒っぽい会話でもケンカしてない、日常のコミニケーション環境下で生活していまから気にしません。アホ=馬鹿は東京、関西では”=”でもないし。上記の引用文面は地域によっては受け取られかたが異なるかもしれません。帝国陸海軍とか、零戦ではなく、敢えて紫電改とか雷電とか”奇人変人”と思われても仕方ないと思っています(笑)。小生は”怒”っていませんので、ご質問にお答えしたいと思います(笑)。

単純に株↓で債券↑。今回はそれに加えて、”信用リスク”が過度に高まったと思います。GSでもGEでもGMでも何でもカンでも潰れて無くなる!だから、株から債券へ資金が移動しただけではなく、社債(会社)から国債(国)へも大きかったのではと。会社が先に潰れて、国(米国政府)はそのあと。EDVは長期ゼロクーポン債(米国債)、LQDは投資適格社債、HYGは所謂、ジャンク債(社債)?のそれぞれETF、比較チャートです。
http://finance.yahoo.com/q/bc?t=1y&s=EDV&l=on&z=m&q=l&c=LQD%2CHYG
凹凸の時期はずれていますが、概ね、社債→国債もあったのかな?更に訳の分からない理由も追加要因だったみたいです(↓)。
http://401k.sblo.jp/article/24255246.html
これらを総合的に勘案して”バブル”だな。この後、株、REIT、コモディティの来た道を繰り返すのかなと。

米国はこれから米国債、大量発行でしょうね。日本か中国かオイルマネーのアラブか何処が引き受けてくれるかですが。いずれにせよ、供給>需要で、かつ低金利の米国債に魅力があるかと言われると・・・。

余談

例えば、「こんなドルコスト法どうかしら」のネタ、コメント欄のポッキーさん、

>今ぼんやりと考えているのは「基準」を2ヶ所設けることです。
>・プチバブル時は「投資をしない」
>・バブル時は「売却」

>基本はバイ&ホールドでも、インターネットバブルや不動産バブルみたいにチャートを
>見ればどう見ても異常な状態の時は逃げ出す事も考えて、シミュレーションしています。

>ただ難しいのはその線引きですね。
>株式の平均リターンは7〜8%ぐらいと思っているのでそれを基に今の市場はどの位置
>にいるかを把握して対応していくつもりですがさてさてどうなることか・・・・。

とか、とよぴーさんの「−3σ、靴投げ」ネタに絡んでコメント欄で質疑応答したときもそう。小生が、”奇人変人””偏屈者”と思われても仕方ないが、極、常識的、一般的な人でも、昨年、秋の大暴落では、「若者、株式比率80%。年配者、株式比率30%。ドルコスト法で、アセット比率を考え、リバランスして・・・。」「どう分散してもアカンはな〜」「なんとか改良、改善点は無いもんかいな〜」と思うのが人情でしょうね、偏屈者、奇人変人じゃなくてもと思います。

24. ジェイカ
2009 02/07 (Sat)
PM 05:47

初めてコメントします。
結果がすべての世界、結果を出した人の勝ちです。
「若者、株式比率80%」半ば確信犯的?な投資本の内容、結果は-3σ。
想定してないことが起きても「想定の範囲内です」。言いたくもなりますよ。Werder Bremenさんの気持ちがわかります。
想定してないことが起きたなら別の方法を考えないと。だから、かえるさんの色んな検討も良いと思いますよ。

かえるさんがTAAに及び腰になるわけ、わからなくもないな。TAAの成功談だけでなく失敗談も知りたい。どっちもあったほうが検討しやすいから。
Werder Bremenさん、失敗談ありませんか?去年の10月の暴落をもろに食らったとか?
・・・冗談です。(笑)

25. Werder Bremen
2009 02/07 (Sat)
PM 07:06

ジェイカさんへ
>Werder Bremenさんの気持ちがわかります。
>想定してないことが起きたなら別の方法を考えないと。

そうでしょう(笑)、だから小生の保有していた米国債が”バブった”→”売れ!逃げろ!”なんですよ。

>失敗談ありませんか?去年の10月の暴落をもろに食らったとか?
>・・・冗談です。(笑)
勿論、有るよ(悲)!
例えば、00年02月、02年02月、コマツを購入。買い平均単価437円。05〜07年に2500〜3980円で持ち分の7割売却。理由は機械的、強制的TAA。何じゃ、それっ?塩爺・1千万円非課税枠に該当する分があって「税金を払わなくて済む。その分、利益が増えるぞ」と言う、何とも不純な動機のTAA。「今、1000円か〜。しまったな〜。残り3割もせめて2000円台で売っておけば良かった〜」と後悔しています(悲)。

序に先の外債(ETF、投信ではなく)の話も非課税枠が使えて、合法的脱税により手取りの利益が増えることを申し添えておきます。第3の合法的脱税は企業型、個人型401Kと思っていますが。かえるさんからもメールで個人型401Kの相談があり、どこの金融機関を使えば有利かとか、退職金枠、年金枠と使い分けて合法的脱税をして利益を増やせとか、等々、ご指南した次第です。ブログ上では、「ボケ」「アホ」「座布団取れ!」とか言っていますが、喧嘩別れしたわけではなく、腐れ縁が続いています。勿論、かえるさんのほうがご希望でしたら”縁切り”でも構いませんが・・・。

話が逸れました。こっちも一つ出した。ジェイカさん、あなたも言ったからには、一つ出すのがフェアーなやり方だと思うが?まあ、チキンレース、ロシアンルーレット・・・最後はこのブログが荒れる、炎上になるから止めときますか(汗)。

株でもコモディティでもREITでもバブル→崩壊、或いは、分散投資の根幹理論、正規分布→ベキ分布。皆が経験、学習したこと。なんとか改善、改良、修正案はないかと皆が暗中模索しているところでしょう。小生は、そこで述べた”株でもコモディティでもREITでもバブル→崩壊”の学習効果を今回、「米国債バブル」にも適用してみただけです。経験したことを生かして、少しずつでも進歩したいなと思う今日、この頃です。

ジェイカさんも良い改良、改善、修正案があればお聞かせ願いたいものですな。

26. ジェイカ
2009 02/07 (Sat)
PM 09:23

Werder Bremenさんの債券バブルと塩ジイの話、正直もう飽きました。(笑)
過去のことなら後出しジャンケン、なんとでも言えます。大事なのは将来のこと。これ重要!

去年の9月に何故株を買ったのか?10月の暴落を経験しての感想は?今後どうするのか?

仮にそういう経験されてたら聞きたいかな。過去のことでなく将来のことを書いた方が説得力あると思うよ。

27. Werder Bremen
2009 02/07 (Sat)
PM 10:28

ジェイカさんへ

>過去のことなら後出しジャンケン、なんとでも言えます。
あなたはNo.24のコメントで「結果がすべての世界、結果を出した人の勝ちです。」と仰られました。結果は”過去”でしか論じられませんよね。将来、3年後に騰がると思うんだけれど・・・では”結果”ではないですよね。コマツは”過去”ですが”結果”は出したと思っていますが。米国債の話は”過去”ですがほんの1、2ヵ月前のことですよ。人によっては”現在”に近い感覚の方もおられるのでは、「つい、最近の出来事」と認識する方もおられるかと。少なくとも、10年前、20年前の遠い過去ではないですが。

>去年の9月に何故株を買ったのか?
下がれば買っただけですが、例えばMSCIexJpnインデックスも、住友商も買いましたけど下がりました。

>10月の暴落を経験しての感想は
1000円のコマツはモット売っとけば良かったなと、例えば、そこに書いたんですけどね

>今後どうするのか?
上がれば売りますよ。或いは、バブルが来たら売りますよ。基準は難しいですが。

こちらから、質問です。ジェイカさんは人に要求、質問するだけですね。ご自分の成功談、失敗談、過去談、将来像、改善策、修正案、一切お話せず。一方的に人に要求、質問するだけですね?それは”アン・フェアーなこと”とご自分で思いませんか?

>過去のことでなく将来のことを書いた方が説得力あると思うよ。

人に要求、質問ばかりでなく、それでは、ご自分でご提案なされてみたらどうですか?

どうみても、一方的過ぎるので、あなたに「改善」が見られない場合、もうこれ以上、お答えしません。ご了承願います。例えば、ROM人さんは”失礼な人ではない”と思うのでお答えしますが、ジェイカさん、あなたは”失礼、無礼”な人と、小生の範疇では認識しました。

ホナ、サイナラ。

28. かえる
2009 02/07 (Sat)
PM 11:42

>ROM人さん
僕の場合、まだ資産運用部分が小さいので、資産運用部分では楽しようと思っています。
資産が10万円しか無いのに、アセットアロケーションをいじるよりは、パイを増やしたい。あまり考えずに...と言った感じで。

もし、資産が大きければ、守るために、そう言った運用を行なっていたかもです。
こればっかりは、その時になってみないと判りませんが、こう言った相場があった事は体験しましたので、対策は行なって行きたいと思います。

で、
それにされても難しい質問。
とりあえず、デフレですね....汗

29. かえる
2009 02/07 (Sat)
PM 11:51

>Werder Bremenさん
誤解が解けて何よりです。
記事の方も気をつけていきますです!

で、Yahooの投信データですが、ちょっと見てみます。
簡単な検証ですし、それに投資する事はないと思って軽く見ていました。
関係ないんですが、外国株式のインデックスファンドがMSCI KOKUSAIばかりって言うのはなんとなく悲しいですね〜。

30. かえる
2009 02/08 (Sun)
AM 12:02

>ジェイカさん
初めましてです。
これからも、よろしくお願い致します。

>結果がすべての世界、結果を出した人の勝ちです。
そうですね〜。
まぁ〜勝ちたいんですが、できれば、その投資手法も納得したいです。
投資って結構"運"によるところも多いと思うんです。
けれども、それを踏まえた上で、リターンの「再現性」「継続性」がある投資スタイルにしたいなーと思い、四苦八苦中です...。

そう言った事を考えると過去リターンや標準偏差も大事かなーと思いますし、
大きなリバランスも必要な気もするけど、どれを参考にしていいのかまだ勉強不足...。

先は長いのでゆっくり頑張ります。

31. ROM人
2009 02/08 (Sun)
AM 03:32

Werder Bremen様

いや僕に謝られてもw どちらかと言えばドルコスト法改とTAAの比較論と言うよりも、投資がその人の全人格と世界観の鏡である以上、かえるさんとWerder Bremen様の考えに違いがあるのは当然な訳で、もちろん望む投資の手法も変わりますし、成功のための手法も同じとはならないでしょう。そこで座布団一枚、座布団没収と言っても仕方ないのではと思っただけです。
あと・・・・大政翼賛会と言ったらそれ以上議論にならんでしょうw

能力への信頼が高い・自惚れ屋というのは自分自身のことも考えて喋ってみたつもりです。(僕は個別投資主義なのですw)そもそも投資をやること自体根がアクティブで、能力への過信があり、リスクを取ることを厭わない楽観主義者であるわけで・・・・・少なくとも周りにいる預金オンリーの真面目な人たちやキリギリス系の消費者と比べても異質であるのは否定できないと思います。

言いかえると僕らは常に破滅の因子を抱えながら生きているわけで、偏屈と言うよりは自己過信が強いか、楽観主義者と言う言葉の方があっていると思います。ゆえに真珠湾のような大勝もあるが、同時に国を滅ぼすような愚かな決断も下した海軍のようにならないように気をつけないといけないと考えます。

米国債に投資するか否かということはあまり興味ありませんw 基本外債嫌いなものですからw ただ米国の金利は世界がデフレであるかどうかの目安であるわけで、景気状態・株価の先行きを示す有力な材料と思っています。個人的には外人が買わなくても(それでも全く買わないと言うことは貿易がある限りありえないし)個人の貯蓄率上昇と連銀の国債買い切りオペを考えれば消化には困らないだろうなと考えています。株ネタとして気になる今日この頃です。

かえるさん

はい、難問です・・・・・・国内ではむしろ信用スプレットは秋口よりも悪化しているわけで、一体いつ買えばいいのか悩みす・・・・・・・・・

32. ROM人
2009 02/08 (Sun)
AM 04:18

追記

何と言うか・・・・・・売りも買いも行い、利食いも損も味わった。目論見で当てた時もあったし、またとんでもなく外して大損した時もあった。苛々も自己陶酔も絶望も発狂も少しだけど味わったw 

そんな感じで全人格と世界観のありったけをもって対峙していますが、存外当たらないものだと感じたわけで、それで売り買いで巧みに逃げれると言う考えには懐疑的になるわけです。

それでも続けているんだから・・・・・やっぱ自惚れ屋だわなw

33. かえる
2009 02/08 (Sun)
PM 05:35

>ROM人さん
おぉ〜なんか哲学的ですね。 

で、「能力への過信があり、リスクを取ることを厭わない楽観主義者であるわけ」確かに僕もこの部分はあります...。
だからこそ投資しているんだと思います。
ただ、勉強して恐くなったのも確かです。遅いんですが...。

でも、自惚れていきましょうです♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1614
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値