?ってなりながら生命保険を考えてます


09/02/07 PM11時ごろ  ・コメント(12)

ちょっと保険を簡単に考えてみる。

色々な勉強が中途半端になっていて、あたまが非常にこんがらがっていますが、ちょっと保険の見直しに突入なんです・・・・。
ちょっと、色々見ていたんですが、入っている生命保険は、そこまで変な商品ではないのですが、ネット生保も出てきた事ですし軽く勉強しています。
とりあえず、相互リンクさんの、じゅん@さんや、うさみみさんの所、あとybさんも最近見直しをされたようで、そちらでも勉強しました。

死亡保険で、大事な必要保障額の計算はなかなか難しそうなんですが、なんとなくこれだけあれば良いだろうと言うイメージは持っているので、またゆっくりと考えたいと思っています・・・(汗)


では、次に気になるのが医療保険の部分ですよね。 僕の入っている健康保険を見ますと、以下に様になっているのですが、見てみますとちゃんと保障されているような気がしてきました。
うう・・・・・。 みなさんの健康保険はどんな感じでしょうか?

窓口で2割分を支払います。  組合員本人が支払った3割分を後から建設国保より払い戻しを受けます。入院は全額、通院は3千円を超えた金額を払い戻します。
 傷病手当金は、組合員が療養の給付を受け、その療養のため休業したときに支給されます金額は、通院は1日に1,500円、入院は1日に3,500円です。
皆さんが加入している県連共済の傷病見舞金は、通院は1日に1,500円、入院は1日に3千円となります。
 これらを合わせると、通院は1日に3千円、入院は1日に6,500円が支払われることになるのです。
 収入が途絶えるなかでの手当金は、組合に加入し、その上で建設国保に入っているからこそ得られる大きな魅力です。


分けて入るとなると大変ですね・・・・。

で、色々と考えてこんがらがって来たのが、僕以外の保障です。
ちょっと書いてしまうと恐いんですが、奥さんの保障ってどうされておられるんでしょうか?
何も掛けていない? 医療保険まで? 死亡保険だけ? と、ライフステージなどの違いはあるんですが、みなさん、どうなんでしょうか?
もうちょっと色々と見てまわる必要があるようです・・・・。 図書館で、ちょっと借りてきましたので、おいおい読んでいこうかと。

次に気になるのが子供への保険です。 「学資保険はない!」と思っているので、預金にしています。
ただ、共済などにある「子供型の共済」が気になっています。 やっぱり、ケガや大きな病気だけが気になります。

あと、保険の内容を見ていて思ったんですが、39歳になるとガーーーン!と上がるようになっていました。
39歳って考えますと、我が家のchonanは8歳になっています。 うわ〜。何かあったら心配なので継続してしまうでしょうね・・・・・・。

じゃ〜娘は? って言いますと、19歳になってる・・・・・。


次の年は成人式ですね・・・・。 うわ〜その晴れ姿みたい! と言うか、元気かな〜。
と、大きく凹み、時の流れにビックリしたこの頃です。

よければ、何かアドバイスなど頂けると嬉しいです♪

next.gif  [モノ] キーボードの掃除に新しい相棒
back.gif  [メモ] Google Chart API 練習中

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. netsuhero
2009 02/08 (Sun)
AM 11:03

こんにちは、netsuheroといいます。
いつもブログを拝見しております。
関連分野で仕事をしておりますので、参考になるかと思いコメントを致します。

兵庫県の建設国保組合なのですね。県連共済も入っていらっしゃるようなので、とても安価に必要最低限プラスアルファの補償を確保されていることと思います。
かえるさんは、加入されている国保から推測するに個人事業主様だと思うのですが、現在の補償は現在の職業が続くことが前提になっていると思います。なんらかの事情で転職せざるを得ない場合には、建設国保や県連共済を脱退せざるを得なくなり、その補償が続かないというリスクは理解されて方がよろしいと思いますよ。(ただ、このリスクはお勤め先の団体保険中心で補償を確保されている場合と同じですね。)
ですから、そのことを考えて、高齢になってからの転職のリスクに備えて、一般生命保険よりも加入条件が緩やかな県民共済や国民共済などの条件は、ある程度理解されている方がよろしいかと思います。

また、上記の説明で、あわてて一般の生保を検討する必要はないと思います。
安価な負担分で浮いた保険料相当分を貯蓄、運用する方がよろしいと思います。この考え方は、自分で運用をされる人のコンセンサスだと思いますが、いかがでしょうか。(ただ、ここは個人の感覚の違いですけれど)

あと、子供さんの補償ですが、兵庫県内市町村の乳幼児医療は拡充の方向ですね。現時点でも、未就学児(小学校に上がる前まで)の補償ですし、市町村によっては、3年生、6年生、中学生と手厚くなる方向です。
また、医療費無料にされている市町村も多いので、お住まいの市町村(尼崎市?)の乳幼児医療を確認されてはいかがでしょうか?
現時点で、無理に医療保障を検討される必要はないように思います。
補償を確保するにしても、福祉医療対象外年齢になったときに、少額の共済などで十分ではないでしょうか。

奥様の補償は、奥様の考え方も重要ですよ。
働いていないのなら、最低限の医療保障でという考え方が一般的なのではないでしょうか。

ただ、生命保険を使った補償の確保は、個人の考え方次第ですよね。あくまでもご自身で勉強されるのが良いと思いますよ。

長文コメントを失礼しました。

2. じゅん@
2009 02/08 (Sun)
AM 11:07

合理性だけで判断すれば、貯蓄で対応すれば良いので保険は要らないとなってしまうようですが、なかなかそう言う訳にも・・・
最近の不景気で受診ですら控える傾向がある程なので、やはり貯蓄を切り崩しながら治療となると、精神的負担が大きいのではないでしょうか(少々無駄になっても良いので保険(特に医療)はかけておいた方が良いと言う我が家の考えです)。
うちは、妻の方は最低限(共済の総合型+がん保険)ですが、数年前に入院給付を受けた際には助かりました。

3. かえる
2009 02/08 (Sun)
PM 05:13

>netsuheroさん
非常に詳しい解説有り難うございます。
思いっきり参考になっています。 もう一度読み直し&保険の見直しを考えてみたいと思います。
後ほど、別のエントリーを立てるつもりなので、またその時はよろしくお願い致します。

で、建設国保なんですが県連共済については、ちょっと判っていないので電話してそのあたりの事を確認してみたいと思います。
保障がよさそうなので、医療保険の部分を共済などに変えて検討してみたいと思います。

子供については、医療費などは、3歳まで外来、入院と一部負担金も無料なので別に無理する必要はないかと感じているのですが、もしも、重度の障害などになった時を考えると不安になったりもしています。
ですが、仰る通りもう少し大きくなってからも考えてみたいと思います。

で、奥さんについてですが、ここは個人の考えたによって色々とある様ですし、入る時は共済って感じなのでもうちょっと考えています。

ほんと、非常に有益なアドバイス有り難うございます。
色々とつっかえが取れましたです。

4. かえる
2009 02/08 (Sun)
PM 05:19

>じゅん@さん
アドバイス有り難うございます。 ほんと記事も参考になりました。

確かに貯蓄で対応って事でも良いんでしょうが、僕の場合、中小企業で働いているので、やっぱり色々と不安になりますし、安心と負担にならない予算で色々と検討(あまり細かすぎずに...)してみます。

奥さんの保険の分については、我が家も同じ様な考えになっています。
それにしても、いかに安易に保険を入っていたかと反省中です...

5. netsuhero
2009 02/08 (Sun)
PM 10:59

お返事をありがとうございます。netsuheroです。

保険見直しのエントリーを楽しみにしておきますね。

ところで、直ぐに回答ができることを一つ追加しておきますね。
お子様の障害が発生したときに対する不安ですが、一定以上の障害を持てば、福祉制度の医療や、兵庫県内の市町村であれば障害者医療給付の対象となりますよ。

一般的な健康状態のお子様であれば、生命保険の給付で障害発生時の医療費に備えると、保障が過剰となると思いますよ。
なぜなら、障害を持つと恒常的な費用がかかってくるため、突発的な医療費に備えるための生命保険では、太刀打ちできないと思います。

そのような状況になった際には、公的な制度の利用や地域やボランティアの活用などで自分なりの解決法を見つけていくことだと思います。

ですから、お子様への不安ですが、そこは割り切って、資産を積み上げていく、家計を改善していく、地域との結びつきを深めていく、そんな財産の積み上げで防いでいく、つまり、今まで通りのことを進めていく方針でよろしいのではないかと思います。

6. かえる
2009 02/09 (Mon)
PM 11:39

>netsuheroさん
またまた、アドバイスありがとうございます。
おかげさまで、かえる子さんへの説明もスムーズにする事ができました。
特にchonanの保険については、netsuheroさんの 5.のコメントが参考なりました。

で、
簡単に見直しできましたので、今はちまちま書いています。

7. うさみみ
2009 02/10 (Tue)
PM 10:52

記事をご紹介いただきありがとうございます(^^♪
うさみみは数多く検討している割には、結局現状維持できているのですが、41歳までには見直さないと保険料が跳ね上がってしまいます。切羽つまらないと動かないタイプかも(笑)

妻はかんぽの保険に入ってます。死亡保障は少ないし、医療保険は最小限ですが、掛け金は全て戻ってくるので、デフレが続くここ10数年では負担感の少ない保険かなっておもっています。

子供に関しては入っていないです。そこは貯蓄を崩すしかないかなと思っています。

それと乳幼児医療は小3までではないでしょうか?かえるさんの所はちがうのかな?

8. netsuhero
2009 02/11 (Wed)
AM 07:55

かえるさん、おはようございます。
横レス&コメントの訂正をさせてください。

コメント1で触れました兵庫県内の乳幼児医療の適用期間は、未就学児ではなく小学3年生の3月末まででした。あやふやな情報をスミマセンでした。

追加情報としては、
兵庫県内の市町村は、全て小学3年生まで適用です。
市町村によって、適用年齢を延長していたり、自己負担額を無料にしていたりします。
かえるさんの住んでいる街は、上乗せで3歳までの医療費無料を実施しているという意味ですね。

9. かえる
2009 02/11 (Wed)
AM 08:45

>うさみみさん
こちらこそ、ほんと勉強になったです。
奥様はかんぽの保険のですか。 調べていなかったのでちょっと調べてみたいと思います。
僕も保険料があがる事になりそうなので、見直しとなりました。
ほんと、色々とややこしくて頭がこんがらがっています....。

で、乳幼児医療の件ですが、3歳まで無料、小3までは1部負担となっています。
なので、とりあえず3歳になったらまた考えようと思って書いていませんでした....。
ありがとうございます。

10. かえる
2009 02/11 (Wed)
AM 08:48

>netsuheroさん
わざわざ有り難うございます!
うさみみさんへのコメントでも書きましたが、また3歳になったら考えようと言う事で書きませんでしたが、ちゃんと調べましたです♪
調べるって大事ですね^^


11. うさみみ
2009 02/11 (Wed)
PM 08:52

>乳幼児医療の件ですが、3歳まで無料、小3までは1部負担となっています。

そうなんですか。同じ兵庫県でも負担が違うんですね。
うちのとこは、小3の3月末まで無料です。この3月で終わりですので、医療費控除を受け続けることになりそうです。

12. かえる
2009 02/11 (Wed)
PM 11:31

>うさみみさん
市によって違うようですね。
東京などでは、義務教育の間は助成があるところも....。
と言う事は、市の財政などがしっかりとしていれば、手当も厚く出来るってことなんだと思います。

と言う事で、公務員のみなさんに頑張って欲しい所です。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1622
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値