気になる確定拠出年金のラインナップ


09/03/26 PM11時ごろ  ・コメント(24)

これでコスト削減をしますで、確定拠出年金の検討を始めましたが、各銀行で取り扱っている商品が違うので注意が必要なんですが、低コストの投資信託を揃えている銀行もあります。
まとめには、ナンピンマンさんの、確定拠出年金の商品を比較 一番お得な運営管理機関は?が非常に参考になりました。

で、特に気になっている【鹿児島銀行】さんのラインナップをちょっと紹介です。

鹿児島銀行の低コストなパッシブファンド
 現在の信託報酬上限純資産
野村日本国債インデックス0.3150%(0.30%)0.42%(0.40%)17億
野村外国債券パッシブ0.3675%(0.35%)0.5775%(0.55%)4.6億
DC・ダイワ日本株式インデックス0.2625%(0.25%) 192億
DC・ダイワ外国株式インデックス0.2625%(0.25%) 56億

と、なかなか安いファンドが揃っています。複利の足を引っ張るのはコストだと思うので、ここを抑えて老後に期待したいと思います。

あと、先日のコメントでポッキーさんが書いてくださったのですが、コストを抑えてくれるポイントとしてファンドの売却益が出た場合や、配当についても非課税となっています。
なので、売買手数料がリターンの敵と言ったポイントも取り除く事ができます。

そんな訳で、次は捕らぬ狸のなんとやらですが、ちゃんとメリットがあるかをチェックしておきたいと思います。(解約できないので、ガッカリする内容でも困りますので・・・・。)

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  コストで差が出る
back.gif  「ルパン三世vs名探偵コナン」って・・・・。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. 吊られた男
2009 03/27 (Fri)
PM 11:30

私は企業型の確定拠出ですが、以下の3ファンドで運用しています。

DCダイワ日本株式インデックス
DIAM外国株式インデックス
DCダイワ外国債券インデックス


信託報酬も安くていいファンドなのですが、企業型のせいか拠出額が微々たるものという大いなる欠点が・・・(T T)
少しでもメリットを生かすためにも一刻も早く限度額アップとマッチング拠出の許可を期待しています。

2. かえる
2009 03/28 (Sat)
AM 01:02

>吊られた男さん
拠出年金されておられたんですね。また色々と教えてくださいです♪

で、ほんと投資されておられる商品もお安いですね。
上手く活用したいですよね。マッチングも大きなポイントだと思うので早くなると良いですね。

僕の場合は、掛け金を出そうと思えば結構だせるんですが、30年以上解約できないっていうのは恐過ぎます...(汗)

3. ROM人
2009 03/28 (Sat)
AM 06:24

岡三を上回るところがあるとは知りませんでした。これなら自由に比率も決めれるし最強ですね。

僕が投資を始めた2005年末のころは0.7%くらいのが最安値だったと思うので競争の良さ実感します・・・・・・

4. かえる
2009 03/28 (Sat)
AM 09:39

>ROM人さん
どうもDCダイワのシリーズが安いようですね。
加入者が多くなってきたので、頑張っているようです。

で、これ以上ってなるとなかなか難しいようです。
なんか色々とあるようなので、また書いてみたいと思います。

5. Werder Bremen
2009 03/28 (Sat)
PM 03:16

>岡三を上回るところがあるとは知りませんでした。

専門家のFP、社労士とかも知らない人が多いようです。まさか日本の最果ての田舎地銀がこんな良品売っているなんて。たいていの場合、こんなサイトで確認するのでしょう(↓)。

http://www.benefit401k.com/Morningstar/401k-PortabilityGuide/doc/select_03b.html

そこにはリストアップされていない(笑)。りそな信託銀はりそな銀と誤植。しかも、そこに最近加わったと思われる”ダイワライフバランス30、50、70”。純資産残高が少なく問題もあるが信託報酬手数料0.189%、0.21%、0.231%で個人型401Kで取り扱っているバランスファンドでは最低水準。企業型401K並み。労働金庫の取り扱商品数は6。ところが、今は9。つまり”アップデート”されていない!

これらの情報発信元、ネタの垂れ込み屋を辿っていくと?(笑、↓)。
http://renny.jugem.jp/?eid=752#sequel
http://nanpinman.blog.so-net.ne.jp/2008-09-02
http://nanpinman.blog.so-net.ne.jp/2008-09-10

「岡三を上回るところがあるとは知りませんでした。」。このコメントから投資ブロガーに期待するところ。○×証券がETF新発売、□△銀行が金利優遇キャンペーン。メジャーなところ、楽天証券とか住信SBIネット銀行とかのHPは見ている人が多い。一方、鹿児島銀行、りそな信託銀行のHPの個人型401Kなんて見ない?こういう類の情報は

希少価値が高い

こういう金融機関の”宣伝”は、ブログネタとしてどんどん扱って欲しいものだね(笑)。

>どうもDCダイワのシリーズが安いようですね。
>加入者が多くなってきたので、頑張っているようです。

恐らく401K、年金ビジネス、特に企業型は”信託銀行の牙城”。証券会社も切り崩しを図ったがなかなか切り込めなかった?預かり残高を増やしたい証券会社は背に腹はかえられず止むなく企業型から個人型に放出した気配です。りそな信託も鹿児島銀行の格安投信も元は

「大和証券」。

加入者が多くなったのではなく、”自分達(大和証)の都合、利益のため”と思う(笑)。

ついでにドイツサッカー、ブンデスリーグのチーム紹介
Werder Bremen:日本のプロサッカー選手第一号、奥寺氏もかつて所属していた古豪チーム。チームの資金力、選手層、注目度ではプレミア(英)、セリエA(伊)、リーガエスパニョーラ(西)の金持ち、有名球団に比べると遥かに”劣る”が・・・。UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップにも参加している。ここ2、3年、ドログバ、ランパードのいるチェルシー(英)、インザーギ、ベッカムのいるACミラン(伊)、イブラヒモヴィッチ、マテラッツィのいるインテル(伊)に勝ったこともある。選手層、資金力、個々のプレーヤーの能力、注目度、人気度。どれをとっても見劣りするがだからと言って、勝ち目が全く無いわけではないことを証明している。実際、ホームスタジアム(ブレーメン)で観戦したことがあるが、強敵に対するとき、弱小チームはディフェンスラインをゴールライン際に下げて守りに入るが、Werder Bremenの監督、トマス・シャーフ、怯むことなくディフェンスラインに、「上げろ!上げろ!」とサイドライン際まで出てきて”檄を飛ばす”光景を何度も見た。弱小チームが強敵と闘う術(すべ)を知っている。同じタイプの知将は、ユーロ2008のロシア、2002日韓W杯の韓国を率いたヒディングかな。

HNのWerder Bremenに何かポリシーを感じない?投資も同じ?作戦?術?スピリット?

かえるさんもシャーフ監督、ヒディング監督みたいに知恵を巡らし、頭を使い、敵を知り己を知らば・・・投資でも・・・。目指せ、両監督のようにとエールを贈りたいな。

6. かえる
2009 03/29 (Sun)
PM 08:26

>Werder Bremenさん
いつも色々と情報ありがとうございます。
特に最近感じたのですが、
メジャーじゃなくても良い商品を扱っている事。
税金は使い方次第で良い味方になる事。
は、長い目で使える事だと思いますので注意して行きたい所です。

401kの商品に関して大手の運用会社じゃないと体力がもたない感じなので、
そこは頑張って頂こうかと...。

僕も国民年金なので世間的に不利な感じですが自分なりの戦略で頑張っていきたいところです。

7. ポッキー
2009 03/30 (Mon)
PM 10:49

ちょっと補足します。
期間限定の条件付きながら脱退はできるみたいですね。
「通算拠出期間が3年以下でかつ請求した日における資産が50万以下の場合」
http://www.npfa.or.jp/401K/case2/index.html

ただこの制度に加入される方は目的を持って加入される方が多いはずなので
あまり意味はありませんけどね(苦笑)

8. かえる
2009 03/31 (Tue)
PM 11:02

>ポッキーさん
追記の情報ありがとうございます。
それについては、できるらしい...とは知っていましたが、
「解約しないぞー!」って言う気持だったので、確認していませんでした(汗)

それにしても、もうちょっと柔軟性が欲しいですね。

9. ポッキー
2009 04/05 (Sun)
AM 12:07

またまたちょっとした情報です。

DCダイワ外国株式の昨年12月の運用報告書を見ると・・・・・
http://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_doc_open.php?code=3710&type=4

かなり隠れコストが高いですね・・・・・。
マザーファンドの規模がそれほど大きくないのが原因かもしれません。

10. Werder Bremen
2009 04/05 (Sun)
AM 03:49

ポッキーさんのNo.9のコメント、小生のコメントNo.5と関係しているのかも?
>恐らく401K、年金ビジネス、特に企業型は”信託銀行の牙城”。証券会社も切り
>崩しを図ったがなかなか切り込めなかった?預かり残高を増やしたい証券会社は背に
>腹はかえられず止むなく企業型から個人型に放出した気配です。

2、3年前?、住信の株主総会でバークレーズ、ステートストリート等、外国の信託銀行はETF部門を保有しているが、ETF等に参入する気は無いの?と尋ねたとき、担当常務?が、「信託銀行は年金運用を受託しているので、パッシブ運用が証券さんより得意分野で・・・」という答えが返ってきました。

ところで、インデックスファンドはアセットクラスによって”運用手法”が違うようです(↓)。
http://money.infobank.co.jp/contents/A200068.htm
例えば、銘柄数の少ないインデックス、J-Reitとか全銘柄(50銘柄足らず?)を買いつけて組み入れる”完全法”。一方、外国株式インデックスは2千、3千銘柄を全部買いつけるのではなく、指数に連動するように選んで買いつける”最適化法”。これが多分、年金運用でパッシブ運用が得意で実績のある金融機関と余り得意でないところに”差”が出る。最適化モデルが上手く機能しない、指数から”解離”が頻発すれば、微調整のために頻繁に”売り買い”を入れなければならないことが想像できます。結果、コスト増に繋がる。率直に言えば、

大和証券(大和投信)はパッシブ運用が下手糞(汗)!

で企業型確定拠出年金において、信託銀行の牙城を崩せなかったので止むなく、個人型401Kにも放出して純資産残高の積み増しを図った?と穿った見方が・・・りそな信託個人型401Kに最近追加されたと思しき信託報酬手数料0.2%前後のバランスファンドも同じ”大和投信”。

小生のコメント(No.5とか)、奇しくも、それなりに”意味”があったみたいね(汗)。但し、百五銀行のDIAM・外株、実績は5年で-23.52%、大和は-23.73%。その差0.21%。単純に30年だと1.26%!有意な差と考えるか否か?大和投信のパッシブ運用の”腕”が上がってその差を詰められるか?神のみぞ知るだはね。

ところで、それに関連してここ(↓)でWerder Bremenらしい”ユニーク”な提案してます、ゴホゴホ(汗)。参考まで。
http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-669.html#comment

11. ポッキー
2009 04/05 (Sun)
AM 08:58

>Werder Bremenさん

確かに大和投信は運用があまり上手ではないようです(苦笑)
数字からもその傾向が伺えますね。

大和の直近の売買回転率は約0.37。
対してDIAMの売買回転率は約0.295。
参考までに住信の売買回転率は約0.23。

12. Werder Bremen
2009 04/05 (Sun)
PM 04:20

まあ〜、いろいろ、複合要因だろうなと推測できます。年金運用受託はパッシブ運用中心で信託銀行が得意。三菱財閥系の会社の企業年金運用は三菱UFJ信託銀行へ、三井系財閥は中央三井信託へ、住友財閥系は住信へ、その他系はみずほ信託(DIAM)へ。長年、40年、50年、企業年金と信託銀行の付き合いで、

1.パッシブ運用の預かり残高(特にマザーファンド)も
2.ノウハウの蓄積(最適化法に使う運用モデル)も、

信託銀行のほうが一枚上か。証券会社は”蚊帳の外”だった?銘柄数が少ないからなのか、運用モデルに問題があるのか、どっちもか。昨年の大暴落相場で指数からの乖離が出たんだろうね。今回の決算だけ、売買回転率、隠れコストが増加なら特異現象とも受け取れる。この後、MSCIexJpnの乱高下が収まって、上げても下げても穏やかになり、指数からの乖離が小さくなり、売買回転率、隠れコストが下がって行けば問題ないんだろうね?
因みに、昨年、秋の大暴落で思い出されるのが、フォルクスワーゲン株(↓)。
http://de.finance.yahoo.com/q/bc?s=VOW.DE&t=2y&l=on&z=m&q=l&c=
MSCIexJpnの寄与度が一番大きい銘柄はエクソンモービル。あのとき、ヘッジファンドのアホが信用のショートを掛けて裏目に。踏み上げ相場になり、たった2、3日でフォルクスワーゲン株、200→1000?に爆上げしてエクソンモービルを抜いて時価総額が世界一に。こんなとき、間違って、慌ててフォルクスワーゲン株の組み入れ増やしたりしたら・・・orz。
運用各社の預かり残高、最適化モデルによっては指数構成銘柄を全部、構成比率通り組み込むわけではないから、インデックスファンドとは言え、”プチ・アクティブファンド”的な部分もあるんだろうね。

13. かえる
2009 04/06 (Mon)
AM 02:28

>ポッキーさん
情報ありがとうございます。ちょっと高いけど許容範囲内かなと思っていました(汗)
外国株式への投資するファンドは高いのしょうがないようです。
それが信託報酬に比べて
DIAM外国株式インデックスファンドDC
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDR/47311029.html
DCダイワ外国株式インデックス
http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/INDR/04313031.html
のその他費用がどこも結構掛かってくるのですが、売買委託手数料でちょっと差が出ているようですね。
それでも計算すると0.45%なので、改善してくるれる事を期待したい所ですね。

14. かえる
2009 04/06 (Mon)
AM 02:46

>Werder Bremenさん
色々と情報ありがとうございます。
運用の下手と言うより、ポッキーさんの仰る通り、資産額が結構しんどいのではないのかも知れませんね。
結果、その他コストが掛かってくるのではないでしょうか。
設定間際の投信が高コストになるのと同じ理由だと思います。
でも、やっぱり、あまり上手くはないんだと思います!

15. アルビレオ
2009 04/11 (Sat)
AM 09:31

債券の場合、持っているままだとだんだん残存期間が短くなるのでインデックスのデレーションと乖離してきます。
そのためパッシブ運用でも定期的な入れ替えが不可欠になります。

年金運用でも債券は欠かせないので、こちらも信託銀行の方が一枚上かも。

Werder Bremenさん
「ジャイアント キリング」というサッカーマンガを思わせますね。
面白いのでおすすめ。

16. かえる
2009 04/12 (Sun)
AM 06:19

>アルビレオさん
インデックス運用もやはりノウハウが大事なんですね。
これだけ色んな物が揃っているので、はやく上手く運用できるようになって欲しいです。
きっと、これからも資金の流入は続いていくので....

17. ポッキー
2009 04/14 (Tue)
PM 09:02

またまた追加情報です。
SBI証券の確定拠出型年金に「SBI TOPIX100インデックスファンド」
が追加されました。
信託報酬は0.252%!!

18. ポッキー
2009 04/14 (Tue)
PM 09:06

すいません。URLを貼り忘れていました
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/derivative/pension/k_89311025.pdf

19. Werder Bremen
2009 04/15 (Wed)
AM 12:31

SBI401Kの話は”裏”があるようです(↓)。
http://www.sbiam.co.jp/fund/njp_idx.htm

http://www.sbiam.co.jp/fund/topix100_idx_dc.html

http://www.benefit401k.com/Morningstar/401k-PortabilityGuide/doc/products/etrade.html

SBI401Kに入っていたニュージャパン・インデックス、残高があまりに少なく・・・。その後、ニュージャパンをTOPIX100へ”首のすげ替え”作業をした?まあ、それでも”代打”としてはマトモなもの出すからSBIは評価して良いかも。0.9%台(旧)→0.2%台(新)。これで、最後は企業型401K用、0.2%台の”外国株インデックスファンド”を持ってきてくれれば・・・。最初はグロソブしかなかった外債アセットクラスに野村外債インデックス(0.22%)を導入。SBI、ヤル気はあるから期待できるかも?外国株インデックスで0.2%台導入すれば”鹿児島銀行”と逆転も有り得る?SBIは革新的、急進的やからね。

ところでSBI401Kで個別株導入、この春と言っていたがドナイナルンヤろうか?

20. かえる
2009 04/15 (Wed)
AM 06:36

>ポッキーさん
情報ありがとうございます。
せっかく頂いたのでいつかまとめてみたいと思います!

それにしても、TOPIX100ってなかなか微妙な所ですね。
大型株100銘柄・・・・。 なぜこれになったのかが気になる感じです。

21. Werder Bremen
2009 04/15 (Wed)
PM 11:19

SBI TOPIX100インデックスファンド(続編):問題大?

TOPIX100とニュージャパンの目論見書を見たら、信託報酬手数料以外に監査報酬がどちらも、年額30万円強掛ります。ニュージャパンの残高2千万円しかなかったため、信託報酬手数料以外に、更に年率1.5%上乗せされたことになります。TOPIX100でも預残高が少ないと同様の問題が生じると思われます。問題はこの投信、SBIアセットマネジメント。他社にこのファンドを売りこんで、残高増やせれば問題ないのですが・・・。ハッキリ言って無理っぽい。余程、残高が増えるまでは”様子見”が正解でしょう。

ここでも、証券VS信託銀行の”ベルリンの壁”が(笑)。SBI証券、株式売買手数料の安さ、住信SBIネットバンクの預金金利の高さで個人の人気を集めていますが、401K事業、年金事業としては・・・。三菱財閥系の企業型401Kは三菱UFJ信託銀へ、住友系は?三井系は?芙蓉系は?。SBI、個人には支持を集めても、企業型401Kでは信託銀行の頑強な”壁”が立ちはだかる?切り込めない?残高が増えない・・・?

22. かえる
2009 04/15 (Wed)
PM 11:21

>Werder Bremenさん
おお〜そんな経緯があったんですね。
まぁ〜変わったインデックスですが、安いですし良かったんでしょうね。
普通に下げる事ができなかったのかが不思議なんですが...。

401kは商品の登録にお金が掛かるようでコスト競争にはありにくいようですが、
SBIさんには頑張って欲しいですね。

で、個別株って話はどこいったんでしょうか....(汗)

23. ポッキー
2009 04/15 (Wed)
PM 11:48

色々とその他費用がありますね(汗
深くチェックをしていませんでした・・・・。

後気になるのは「ファンドが投資成果の目標とする「TOPIX100」の商標使用許諾にかかる基本となる料金 10万」ですね。

WerderBremennさんが言われるように様子見をした方がいいかもしれません(苦笑)

24. かえる
2009 04/15 (Wed)
PM 11:51

>Werder Bremenさん
ん? 確かSBI TOPIX100インデックスファンドって純資産2億程あったので、30万円はまぁー影響はないかなと思っていましたが、また後で確認してみます。

そんなわけで、取り急ぎちょっと簡単な記事を起こしてみます。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1681
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値