リスクは時間とともにどうなるの (2)


09/04/13 AM 6時ごろ  ・コメント(12)

前回(リスクは時間とともにどうなるの (1))の続きですが、チューリップ・グラフ - ベムのメモ帳さんでは、グラフで判りやすく書かれていました。どんどん広がっています。ただ、リスクの増える度合いは減って行っているようです。
リスクは長期では減少せず増大。」で、「リスクの増える度合いは長期で減少。」 と言うのが答えって感じなんですかね〜。

じゃー答えを出したとして、それを踏まえてどうすれば?ですよね。
その答えだと思うんですが、ランダム・ウォーカーamazonのP402、資産設計塾amazonのP199にも、答えが書いてありました。

リバランスによってリスクを減らす。

単純な事ですがリバランスでリスクを低減すると書かれてありました。
長く持っている事によって、リスクが低減されるのであればリバランスは不要な気もします。 なので、そう言った点から考えても素人的にみてですが、リスクは長期であっても減っては行かないかなーと感じています。
リバランスの程度ですが、年1回程度で良いようです。頻繁なリバランスはパフォーマンスの低下に繋がる(コストが発生する回数が多くなる)ようです。

リバランス
【新版】内藤忍の資産設計塾amazonより

ただ、「リバランスが大事」と言うのはよく見かけるのですが、実施したと言う記事などはあまり見かけません。
減ったクラス(今は、日本株や外国株ですよね)を一時的に積立増額と言った対応が多いと思います。

減った部分を買い&増えた部分を売ると、減った部分を多めに積み立てる
微妙に違った投資で、どちらがリターンが良いのか判りませんが、きっと単に積み立てるより成績は良いのでは?と思っています。
ただ、感覚的にどちらかと言うとリバランスをした方が良いのではないかと思っています。

増えた一部分を売ると言うのは、結構大事な気がします。
僕自身を振り返ると、債券部分を増額投資や売るをせずに株式部分で調整しがちなんです。 多分、値動きが大きいし期待リターンが魅力だからだと思いますが、やはり1年ごとの調整の方が長い目でみれば「リバランス」の方が効果があるのではと思っています。
ご存じのかたおられれば教えて頂けないでしょうか!

さて、どんな感じでリバランスするかを深く考えずに対策してみたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  リスクは時間とともにどうなるの (3)
back.gif  リスクは時間とともにどうなるの (1)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Tansney Gohn
2009 04/13 (Mon)
AM 08:53

かえる様、おはようございます。

積み立てでリバランスをする場合は、過熱気味のアセットクラスを売却せずにアロケーションの少ない方を買い増ししますから 過熱->暴落 の流れを防げないように思います。

とは言いましても、せっかく積み立てたものを売るのは抵抗があるでしょうね。税金の面でも不利ですし。。あとン十年積み立てをするのなら、暴落後にそちらを買い増しすればよいので、それもアリだと思いますが。

2. Werder Bremen
2009 04/13 (Mon)
PM 01:11

Tansney Gohnさんの記述、「・・・税金の面でも不利ですし。。。」。これも途中売却を躊躇わせる一因でしょうね。それをクリヤするには”節税枠”を利用する手があります。

1.日本株のアセットクラス
以前あった”塩爺・付け焼場非課税枠”。その第二弾、”少額の上場株式等投資のための非課税措置の創設(平成24年以降予定)”は(↓)、
http://www.daiwa.jp/study/tax/outline/point.html
投信?海外ETF?は利用できないが、日本株個別銘柄、日本株ETF、東証、大証上場のETF(BRICs関連、コモディティ等々)なら利用できる?

2.外債の非課税枠。特に割引債、ゼロクーポン(ストリップス)債。

3.401Kの投信。

全部の金融商品に非課税枠は利用できないが、利用できるものだけでも利用。非課税枠に組み込まれたアセットクラスだけでも躊躇なく

”途中売却”⇒通常の比率を元に戻す、リバランスを超えた”TAAとかアセットローテンション"

する動機になります。だから、小生、1と2は既に利用したし、3も利用している!

3. ROM人
2009 04/13 (Mon)
PM 04:39

リバランスはリターンを得ると言うよりも、むしろリスクをとり過ぎている部分を平準化して年度ごとのリターンを安定化させるためのものに思います。ですから長期で持てばリスクが減ると言うのと矛盾と言うのはもっともだと思います。

まあ・・・・リスク志向の塊が株式投資家でしょうからこれくらいの抑制は必要なんでしょうねw

4. Mc.N
2009 04/13 (Mon)
PM 09:54

少なくとも私は決められたポートフォリオを着実に守ることなんて出来ませんでしたね。株で儲かっている時は株以外の資産に資金を移動しようなんて、理解はしていても出来なかったし、株が急落している時に買い増し出来たかと言えばそれも出来ませんでした。

結論としては無理。多分、他の人にとっても。

ということで既にポートフォリオが確立しているバランス型投資信託への積立サイキョーという結論に至っています。株の価値やら債券の価値やらに右往左往していても、結局、同じようなポートフォリオなら結果としては大差無い状況になるはずです。同じようなバランス型投資信託でも利益に差が出ているのは、信託報酬を除けば負っているリスクが大きかっただけのことです。

サイキョーの資産運用とは、信託報酬の安いバランス型投資信託への積立で、日々は資産運用のことは忘れて写経でもしてるのが勝ち組なんだろうな、と =)。

5. ポッキー
2009 04/13 (Mon)
PM 10:29

「理解していない」とリスクを増大させ「理解できている」とリスクが減少するという方が私はしっくりきますね。
「今は売り時?」「今は買い時?」
そこが分かっていればリスクはないようなものかもしれません。

ただ言うは易し行うは難し。
特に売り時はどうしたらいいのか?は頭を悩ませます。
私の場合はMSCIコクサイの外国株式の期待リターンは〇%から今どこの辺りにいるか?上方に〇%ずれているかを把握し売り時を決めようとは思っています。

ただそういうことは頭では理解していても気持ちがついていかない場合(欲に目が眩むetc)があるので困り者です(苦笑)

そこで機械的に行うリバランスが一つの手法となってくるのでしょうね。
そこに節税枠があれば言う事なし。躊躇なくリバランスが行えるので投資家にとっては強力な武器になります。

6. かえる
2009 04/13 (Mon)
PM 11:08

>Tansney Gohnさん
コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します!

そうなんです。積み立てたものを売却ってなかなかどうして・・・。
個別株だとそんなのはないんですが(汗)
過熱->暴落 この判断は非常に難しいですよね。
暴落後に買い増しをしたいのですが、難しい部分もあるのでそれを続ける事ができそうな投資を簡単に書いてみようと思います。
まぁ〜気持ち程度の案なので役には立たない気もしますが・・・。

7. かえる
2009 04/13 (Mon)
PM 11:16

>Werder Bremenさん
非課税を使うと言うのは大事な手段ですね。
限られた部分もあると思いますが、コストってホント大事ですよね。

色々とややこしい部分もありますが、使える物使って行きたいところです。
ただ、非課税が魅力と言う商品もありますが、気を付けたいのは判って投資するって事ですよね。

8. かえる
2009 04/13 (Mon)
PM 11:28

>ROM人さん
確かに株式などは高値で過熱中なんてときは値幅も大きくボラティリティも高い感じですよね。
そこらへんを対処するのと同じくリターンを安定化させるのは大事かなーと思っています。
と言うかしていかないときっとダメなんだと思います...自戒の意味を込めて(汗)

それにしてもリスクって難しいですね。

9. かえる
2009 04/13 (Mon)
PM 11:39

>Mc.Nさん
はい、僕も同じく割安⇔割高での資金移動なんてできないです....。
ただ、これからは少しづつやって行こうと思っています。401kの部分で。

で、バランス投信やほったらかし運用などについては僕も賛成です。
賛成と言いつつ、個別投資の勉強して、こんだけブログ書いて、あぁ〜僕は何してるんでしょうか.....(汗)

そして、これからもめげずに頑張って行きますです。

10. かえる
2009 04/13 (Mon)
PM 11:41

>ポッキーさん
たしかに完全に相場が読めるのであれば、それは限りなくノーリスクでハイリターンですよね。
それは無理なのですが、それに近い何かを見つけたいですよね。
ただ、それを追っかけ過ぎると、次は欲との戦いが....

焦らず、欲張らず、乱さずって感じに続けて行く事が大事なんでしょうね。
なので、やっぱりある程度のリバランスは大事になっていくと思います。きっとこれからもプチ相場どんどんとやってくるでしょうから...。

あと、税金などについては上手く付き合って行きたいですね。
合法な節税は大歓迎です!

11. うさみみ
2009 04/14 (Tue)
PM 08:28

リバランス。。。自分で決めたルールですら、いざとなったら言い訳して先延ばしにして機会を失う。
うさみみは完全のそうでした。
もっといいタイミングなどといいつつ結局何もしない。

機械的にするといっても自分の考えに疑問があればなかなかできない。

できる人ってどんな人なんでしょうね?

12. かえる
2009 04/15 (Wed)
AM 06:35

>うさみみさん
ほんと、お金を入れるのはしやすいですがお金を動かすのは大変ですね〜。

例えば、2000万円持ってて30%を株式に割り当てていましたが、35%になっていたのでリバランス。
2000×30%×5%=30万円。 数字だけみると実際それ以上のお金が2000万円も持っている人では1カ月にそれ以上動いている事が多いはずなんですよね。
なので、できないはではなくやりたくないって感じに僕だとなると思いますが、できる限り決めたルールで頑張って行ってみたいと思います。

まぁ〜まずは8ケタが目標なんですが・・・・(汗)


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1695
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値