ピーター・リンチで勉強する


09/05/15 PM10時ごろ  ・コメント(8)

ピーター・リンチの株で勝つ—アマの知恵でプロを出し抜け
ama.png

久しぶりに個別銘柄の本に戻ってきました。最近は、資産運用や年金、経済。と言った感じが多かったので・・・。
で、読んだ本ですが、ピーター・リンチの株で勝つamazonになります。以前に読んでいましたが、改めて読み直しです。

ほんと、良い本なので自分なりにシリーズにして(良いことが沢山書いてあるので♪)書いて、復習していきたいと思っています。
でも、その前にしっかりとピーターリンチ的な視点で投資をされている方をご紹介。
相互リンクサイトをして頂いている、投資家の南さんのページなんです。
ピーターリンチの株式投資の判断基準 - 新興市場の株式投資 ほんと、凄いっす! 僕も見習って頑張って行きたいと思います♪

六つの分類

とりあえず書きやすい所からいってみたいと思います。
リンチさんの本を見ますと、企業を六つの分類に分けて、株価の動きを捉えよう。と、あります。
低成長株優良株急成長株市況関連株業績回復株資産株
なので、それぞれ簡単に投資対象としてを考えてみたいと思います。

■僕としてはちょっと様子見。
まず、ヘッポコ投資家な僕としては、業績回復株は避けておこうと思います。判断が難しそうなので・・・(汗)
優良株、日本で言えば、やはりトヨタなどだと思うのですが、大きな銘柄って僕としてはあまりワクワク感がないので、これも基本的にはパス、お金があれば押さえておく。と言うスタンスになると思います。

■気になる、気になる。
資産株については、たまに見つけるのですが、どうも性格的に躊躇してしまう所があるんです。もうちょっと決算短信などや株主構成などをみるようにして、チャンスがあれば挑戦って感じで考えています。
市況関連株すぐに引っかかる僕がいていますが何か? このセクターに関しては、買うにしても、「さらに一歩待つ。」と言う対応をしていかなければと感じています。昨年の大きなダメージもここだったので・・・・。

■結局、ここなんですよ。
急成長株一番最初、投資を始めた頃は、これに当てはまる企業をみなの言うままに買って痛い目にあいました。なので、それ以降避け気味だったのですが、財務などをちょっとだけ読めるつもりになってきたので、最近は、それらしき銘柄を買うようにしています。 頑張って探して行こうと思っている所です。
ピーター・リンチさんは、こういった企業がお好きなようです。
低成長株ここら辺も好きな感じです。そう言った企業で評価されていない企業を探しているつもりなんですが、勘違いも多いんです・・・。
ですが、ゆっくり探しやすい、四季報などで目にとまりやすい気が・・・・・。それが駄目なような気もしますが、見逃されやすい所でもあると思いますので、チャンスを見つけたいと思います。


P.147より まず、第一歩として、株がどのカテゴリーに属するか調べるべきだ。これで少なくとも、どういうストーリーになるかがわかる。次にそのストーリーの結末をしるべく、細部を詰めていくのである。

まずは、自分なりに思うカテゴリーに分けて行きたいと思います。 第一歩って書かれているので、しますです!
やっぱり基本を大事にしていこう。

で、相互リンクのろくすけさんも、保有株のマトリクスと、言った感じで分類されています。勉強になるっす!
分類することで、自分なりに銘柄のバランスを取って行きたいと思います。
ちなみに僕の場合は、7銘柄、全部じゃないけど分けてみる。(ちょっと参考に修正してみた)
 低成長株 4銘柄 9381:AIT3098:ココカラHD3633:ペパボ
 優良株 -銘柄 3098:ココカラファインHD
 急成長株 -銘柄 3633:paperboy&co. ちょっと疑問・・・・。
 市況関連 3銘柄 6493:日鍛バルブ6833:日本電産リード9381:AIT
 業績回復株 -銘柄
 資産株 -銘柄
と、言った感じでしょうか。

さぁー自分の復習頑張っていこうっと♪

next.gif  [7230] 日信工業の簡易分析
back.gif  [景気] アメリカの雇用統計を見てみる

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Mc.N
2009 05/16 (Sat)
AM 06:55

ピーターリンチ本は私の周りでは評価がアレだったので避けてました。今度、読んでみますね。

ココカラはどちらかと言えば低成長に近いかなと。プレイヤーが多いですし今後、M&Aで話題に挙がっていきそうな感があります。優良にしては利益率が低いかな。AITはシクリカルに近いかも。アパレルの景気に左右されますし景気に逆らえる程の安定度は難しいかなと。

ペパボは今後、低成長に切り替わって欲しいと思ってます。イメージとしては朝日ネットに近いかな。変に成長を意識して変なM&Aを計画するよりは、今までの経営資産を拡張していった方が安定収入が望めます。参入障壁も低いですし急成長としては心許ない気はしています。だからあの配当性向なのかなと。成長株なら配当すべきではないです。

2. 田舎のKen
2009 05/16 (Sat)
AM 10:42

こんにちは。

リンチさん、いいですよね〜。ボクも参考にしています。

ただボクは業績予想や先行きに関しての予測は自信がないので「地味な社名であること」「無成長産業の中の成長企業」を買うように心がけています。電算リードは違いますけど・・・(笑)

3. ろくすけ
2009 05/16 (Sat)
PM 12:57

取り上げていただいて恐縮です。
私も市況関連株に引っ掛かってしまいました。

長期保有したいので、
この状況でも利益をしっかり上げられる会社を
無難に選んでいきたいです。

応援ポチ

4.
2009 05/16 (Sat)
PM 03:34

おおお・・・かえるさんに紹介してもらえるなんて光栄です!
ほんと、猿真似なんですけどね。。
なんとか偉大な投資家の脳みそに近づけたらと、思ってやっているのですが、
現実は厳しいですね(T-T)
例の銘柄もダメっぽいですし・・・まあ気長にやっていきますよ(^^)

5. かえる
2009 05/17 (Sun)
AM 07:03

>Mc.Nさん
評価されだったんですか...。
僕としては、銘柄を売却すると。と言う事も書かれているので、そう言ったところも評価しています。
あと、リンチさんの"本"は銘柄を具体的にイメージしやすく書かれているので参考になっています。

で、色々とアドバイスありがとうございます!
修正しました。 この分類分けがなんとなく間違う悩む事が多いです....。
ここら辺がきっと僕の下手なとこ(汗)

ちょっとペパボのとこだけ気になったのですが、ペパボがなんで配当だしているのかなーと思ったのですが、ペパボって社員のほぼ全員?の方が株もっていいる様な...。
なので、配当を重視しているのかなーと。思ったり。
と言う事は、やっぱり急成長ではなく、現在、急成長ステージから低成長ステージからの移行中って感じですね。

6. かえる
2009 05/17 (Sun)
AM 07:11

>田舎のKenさん
おはよー!ございます。
コメントありがとうございます。

で、日本の場合、「地味な社名」これってなんとなく当てはまりにくいと言うか、ちょっと判断しにくいって思っていますので、あまり気にしないようにしています。

で、やっぱり成長企業も勝手行かないと行けないですよね。
投資銘柄もバランス良く。(ぜんぜんバランスよく銘柄持っていないんですが...)

7. かえる
2009 05/17 (Sun)
AM 07:19

>ろくすけさん
これからも参考にさせて頂いてます♪
で、市況関連株ひっかかったんですか(笑) 割安に見えますもんね。

僕も長期保有したい株、利益の源泉がしっかりしている企業。
を見つけれるよう頑張りますです。

で、いつも有り難うございます!

8. かえる
2009 05/17 (Sun)
AM 07:28

>投資家の南さん
勝手に紹介してすいません...。いやーすごいっす♪
僕も色々とやっていますが、投資って難しいですね。
まぁー人生は長いので頑張って行きます。

で、例の銘柄....。
決算発表されていましたね。配当が減って残念って感じと、
予想がえらく弱めなのが気になっています。
その記事も参考になりました!
ただ、安いんですよねー(汗)


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1739
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値