[書籍] 株式投資の新しい考え方(1)


09/06/06 AM11時ごろ  ・コメント(5)

株式投資の新しい考え方—行動ファイナンスを超えて
ama.png

ちょっとタイトルに惹かれて購入した本なんですが、なかなか興味深かったのでメモメモです。 ただ、ちょっと癖のある本でした・・・。 あまりオススメではないような(汗)

以前、市場平均を上回る市場平均 として、騰落レシオを使った売買で、市場平均を上回るとしましたが、今回も市場平均を上回る市場平均の本です。
今回は、割安株と小型株がメインです。日本では小型株のETFなどありますし、バリューも指数だけはあるので、使える考え方ではないかと思っています。

そんな訳で、ちょっと考えて行きたいと思います。


成長株という考え方がある限り割安株などの優位は変わらない

ちょっと面白かった内容だったんですが、1950年代までは、割安株のリターンは悪く、成長株の方がリターンが良かったようですが、それ以降は、割安株などの方がリターンが良くなって来たようです。

その理由に挙げられていたのが、バフェットの師匠、ベンジャミン・グレアムの「証券分析amazon」でした。
僕は読んだ事ないので(汗)、教えて頂いたんですが、基本的にグレアムの考え方に成長という概念はないようです。

   

で、1950年代までは証券分析が流行っており、割安株より、成長株のパフォーマンスが良かったのですが、それ以降は成長性という考え方が増え、割安株などのリターンが良くなってきたようです。

主流になった投資手法はリターンが落ちて行くようです。
現在の状況を考えますと、決算状況がすぐにツールなどに反映され、比較的すぐに財務状況を把握することができるので、どうしても成長がある企業に目が行き勝ちだと思います。
なので、割安株などにチャンスはあるような気がします。


S&P500に投資すると言うことは成長株に投資すると言うこと

成長性のある企業のリターンがよくないとありましたが、S&P500についても書かれていました。
500の企業に選ばれると言うことは大きくなってきた。除外されると言うことは、小さくなりすぎた。
と言うことです。 よーするにゆっくりとした成長している企業に投資している事と同じようなと書かれていました。 S&P500に入る前に大きく買われる事もあり指数の足を引っ張っている場合もとありました。 まぁー影響は小さいと思うので、あまり気にしなくてもいいと思いますが、成長株と判っていながら投資すると言うのは、あまり面白くない。と言う感じらしいです。

これは、TOPIXや日経平均にも言えそうな感じですね。 大きくなってきて採用される、組入比率が大きくなる。 結果、行き過ぎから株価が下がる。と言った感じなんでしょうね。 なので、割安や小型が良いような感じのようです。人気の出過ぎた銘柄には注意って事ですね。
ちょっと参考:[ETF] 小型株のを思い出す

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [書籍] 株式投資の新しい考え方(2)
back.gif  ドリしてます?

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ひろと
2009 06/06 (Sat)
PM 02:21

主流になった投資手法はリターンが落ちて行くってのは、テクニカル分析でその傾向が顕著に表れるとよく言われてますよね。

確かにみんなが同一銘柄を同様に評価すれば、理屈的にはそこからリターンを得ることはできませんもんね。で、テクニカル分析はシンプルゆえに同様の評価になりやすい、ということでしょうね。

ファンダメンタル分析の場合は、まず「長期的視点による分析」か「短期的視点による分析」かで別れるでしょうか。

前者は主に成長性などに重点を置き、後者は今の業績・傾向に重点を置いているといったところでしょうか。で、現在の主流(機関投資家)は後者ですから、やはり今は「長期的視点による分析」の方がリターンを上げやすいような気がしています。

長文失礼しました^^;

2. Mc.N
2009 06/07 (Sun)
AM 03:40

逆にRN小型のように1年で時価総額の上位10〜20銘柄くらい総入れ替えになるのもインデックスとしては考え物かなあとも。投資としても売買コストだって馬鹿にならないはずだし、影響だって出始める、ほど人気は無いですね =)。

今年は騰落レシオが逝けると思っていたのですが、今の相場観ではマッチしていませんね。逆に言うともみ合いを始めたわけでそろそろ銘柄の取捨選択が行われている表れかなとも。

1方向的な相場だとインデックスに敵わないと思ってますが、もみ合うなら特色のある銘柄に分があるやも。釣り上げるタイミングが激ムズなんですけど塩漬けよりかは若干頭に刺激が入ってよろしい ^^;

3. Mc.N
2009 06/07 (Sun)
AM 05:27

どうでもいい話ですが「最近のコメント」のソートが統一されてないです。このページの「最近のコメント」は新しいコメント順に上に表示されるけど、表(http://kaeru.orio.jp/index-1.html)の「最近のコメント」は新しいコメントが下に表示されてる。

4. かえる
2009 06/07 (Sun)
PM 11:32

>ひろとさん
以前は成長部分を見ると言った考えがあまりなかったのにはビックリです。
ほんと主流な投資はリターンが下がっていくのですね。

で、ファンダメンタル分析・・・・。
難しいです。僕はどっちに置いているんでしょう。
多分ですが、ビジネスやニュースに疎いですし、理解力がないのでどちらかと言うと、"後者は今の業績・傾向に重点を置いている" になっているような気がします。
ただ、これは時間を掛けてゆっくりして行こうと頑張っているです!

まぁー勉強も投資も人生もゆっくりで〜。

5. かえる
2009 06/07 (Sun)
PM 11:35

>Mc.Nさん
確かにラッセル野村などは影響はなそうですが、問題はありますよね。
ここが、日本とアメリカの違いなんでしょうね・・・・。
日本は時価総額が小さすぎるのも入っているのもネックような気がします。

僕も騰落レシオはいけると思ったんですがね〜。
行き過ぎ時には注意して使わないと行けないんですね。
そして、ほんといきなり吹いたり、パタッと止まったり、不思議な相場ですね。
全然動けていませんが、頭は使う楽しい相場です♪


で、コメントの件、同じテンプレート使っていたのにおかしくなっていて修正放置していましたが、修正しましたです・・・・。 考えてみれば単純だったんですが、頭使ったです・・・。(汗)
ほんと、スイマセンです。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1761
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値