[書籍] バフェットの株主総会


09/06/22 PM11時ごろ  ・コメント(8)

バフェットの株主総会
ama.png

ひじょーーーーーーに面白かったバフェット本でした♪
色々と目からウロコの部分があり、改めて自分はバフェットのような投資は無理だ・・・(汗)
でも、自分なりの投資を続けて行こうと元気がでた本になります。
そして、もっとバフェットの事を学んで行こー!と思いました。

バフェットからの手紙amazonも、ろくに理解できてないバフェット初心者なので、そこらへんを考慮して頂きたいと思います。
ほんと、バフェットは凄いっすね〜♪


余裕資金は全てバフェットの元に移動される

この本で、僕にとっての一番のポイントはこれでした。 この事を知ってバフェットは凄いと思い、バフェットが言う売らないにこだわりすぎないようにしよう感じました。

では、バフェットの言う買いたくなる企業を簡単に書いてみたいと思います。
 理解しやすいビジネスモデルで、誰にでも経営しやし企業。
 利益率が良い、設備投資などにお金がかかりすぎない企業。
 競争が激しくなく、効率的な経営をしている企業。
よーするに、お金を使わず長くお金を稼いでくれる企業を安い時に投資をする。と言う感じだと思います。


では、勝手解釈を始めてみたいと思います。

バフェットの買収した多くの企業は、買収されて以降、それ程、規模や売上げは伸びていません
これは、多くの買収された企業の経営者が、無理に成長というリスクを取るよりも安定的な経営を望んだ。または、バフェットが投資する収益率に勝てないと言う判断をしたと言う事ではないでしょうか。 著者もそれに似たような事を書かれています。

バフェットの会社、バークシャーの実績は年率約20%、S&P500の2倍の成長率!なんです。 この成長の期待に添える経営をできる経営者は少ないと思います。
だからこそ、むやみに大きくするよりも、ある程度の規模で健全な経営に打ち込む結果、規模が大きくなっている企業は少ないのではないでしょうか。


ちょっと考えてみます。
ある程度ビジネスモデルがしっかりしているが成長は見込めない。無借金経営で時価総額より現金の方が多い・・・。 でも、ちょっとケチな経営者。
すぐ飛びつきそうになる企業ですが、僕が株をちょっと買うのと、バフェットが丸ごと買う場合を考えてみたいと思います。

少しケチなので、現金一杯あるくせに配当は利益の40%しか出してくれません・・・。。 当利回りは4%になっています。100円の利益だとしたら、60円が企業、40円が僕に入りますが、企業側の60円は別に成長する訳でもありません。よくある企業で別に悪くはないですよね・・・。
トータルで見て、僕へのリターンは4%に落ち着きそうです。

ですが、バフェットの場合だと50%の現金を持って行くと仮定して、50円が20%成長で60円。100円が110円(50+60)に10%の利回りになっています。僕とバフェットではぜんぜん速度が違う事になっています。 預金はバークシャーってなっているはずなので、その差はもっと大きいはずです。
色々と間違っているとは思いますが、イメージとしてはこんな感じなのではないでしょうか?

だからバフェットは、成長率などよりも、キャッシュフローに注目しているんだと思います。 自分が思いっきり投資をするためにお金をしっかり稼いでくれる企業に注目しているんだと思います♪
企業単体の将来生み出すキャッシュではなく、バークシャーとしてのキャッシュを増やす。」 だから、こう言った仕組みになっているのかなーと感じています。
それにしても、買収された企業とバフェットの間には良い関係があるんでしょうね〜。 他の企業からみると不思議なように見えるのかも知れませんが・・・。


よーするに、バフェットが買っても良い会社=僕が買っても良い会社ではないと言うことですね。
丸ごと買うと魅力あるけど、一部を保有しても面白くない会社を見抜く勉強が必要そうです。  調子にのって買っては行けませんね・・・。
もう少しこの本で反省を続けて行きたいと思います。

あと、バフェットが言うように投資の秘訣は?と聞かれると、常に本を読むこと。とありました。 理解はできない事は多いですが、これからも、なるべく本に目を通す機会を作って行きたいと思います。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  海外ETFが身近になるかも
back.gif  [料理] 新しょうがの甘酢漬け

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. m@
2009 06/23 (Tue)
AM 12:29

こんばんは
この本、バークシャー株主としてすごく勉強になりました。
実はネブラスカ・ファーニチャー・ マートが今では消費者にとってそんなに良い家具屋じゃないなんて他のバフェット本では書いてないですからね。
集金マシーンとして初期のバークシャーに多大な貢献はしてくれましたが、いまやバークシャーも再保険会社ですからね。
ちなみにこの本の後に「バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと」を読む事をお薦めします。
最近「バフェット・コード」という本も出て、こちらも読みやすいのですが、「バフェット流投資に学ぶこと、学んではいけないこと」の方が断然お薦めです。

2. bkm
2009 06/23 (Tue)
PM 03:04

こんにちは。

私もこの本面白く読みました。従来のバフェット本と違うのは、投資法ではなく「バークシャーの経営法」が描かれているところだと思いました。
よく言われることですが、本当に勝ちたいならプレーヤーではなく胴元になった方がいいということではないかと。
保険業と所有会社でキャッシュを得ながら、そのキャッシュを外に漏らさないように運営することでバークシャーとしての価値を高める。大勝ちもしないかも知れませんが、絶対負けないですよね。
これを読んで以来、バフェットは銘柄を読む投資家として偉大なのか、カネを回す経営者として偉大なのかわからなくなってきました。

3. baboocon19820419
2009 06/23 (Tue)
PM 08:11

はじめまして。

僕もこの本は興味深く読みました。


かえるさんが記事に書かれていたこと、僕も最近感じていました。

いわゆるバフェット本というと、バフェット氏の銘柄選択にばかり注目した本が圧倒的に多いですが、上の方もコメントに書かれているように彼がバークシャー内部に創り上げた「資金循環システム」も投資先選択と同じかひょっとするとそれ以上に重みがあるかも知れない気がしています。

さきほど一度コメント書いたつもりだったのですが、表示されないようなのでもう一度書き直しました。重複していたら最初のは削除して下さって構いません。

4. かえる
2009 06/24 (Wed)
AM 01:08

>m@さん
こんばんはです。
ほんと、バークシャーの裏側と言いますか、なぜを色々と勉強することができました。
良い仕組みと言いますか、非常に合理的な感じで、バークシャーは動いているんだなとあらためて感心です。
やはりバフェットは凄いですよね〜。

あと、おすすめ本ありがとうございます。面白そうな本ですね〜♪
読みたい本ばかりで嬉しい悲鳴です...。
結果になかなか繋がっていませんが、バフェットの言う通り読んで頑張ります。

5. かえる
2009 06/24 (Wed)
AM 01:43

>bkmさん
こんばんはです。
確かに胴元になったほうが良いとは思いますが、リスクは大きすぎる様な...。と言いますか、成績良さすぎですよね。


この本を読んでいて思った事はやはりバフェットは投資家なのかなーと。
僕の浅い知識で申し訳ありません。比べる人が他には判らなかったです....。

タイプは違いますが、日本電産の永守社長。企業を買収しさらに利益を伸ばす。危ない企業を再生。
しっかりした企業や利益が隠れたしまった企業にお金を使っていると言う点で、同じような事だと思いますが、利益を吸い上げるシステムではなく、全企業が大きくと言った感じだと思います。
そこら辺が経営者なのかなー。
そうなると、やはりバフェットは投資家かな〜と、ちょっと感じていました。

6. かえる
2009 06/24 (Wed)
AM 01:54

>baboocon1982041さん
初めましてです〜。
みなさん、バフェットがなぜキャッシュ着目しどう延ばしたかをポイントにあげらていますね。僕としては、ふ〜一安心(笑)です。

で、「資金循環システム」これが日本では多く取り上げられていないバフェットの投資ではないでしょうか。
企業を丸ごと買う様にではなく、丸ごと買うって事の差は大きいと思います。
バフェットの投資は個人投資家に取っては、ちょっと難しい面もあるって感じました。
そう言った意味では、ピーターリンチの方が、判りやすいのかなーと感じているこの頃です〜。

これからもよろしくお願い致します。

7. bkm
2009 06/25 (Thu)
PM 06:44

こんにちは。
投資家/経営者という曖昧なニュアンストークに付き合わせてしまい、申し訳ないデス。

設備投資の嵩む成長株ではなく安定的でケチな経営者を選ぶことはバフェット以外にもできますが、好調な売上や株価に惑わされて政策が変節することもありうるわけで。
そうした場合に個人投資家では止められないけど、バフェットは止められる立場にありますよね。
「経営に口を出さない」のがモットーですが、それは「四半期ごとの厳しい結果を求めない」というような意味で、無闇な浪費や過剰投資に対しては静かに睨みを効かせてるんじゃないかな、と。

バフェット流が変節しないのは誰あろうバフェット自身ですし、どんな銘柄を選ぼうとバークシャーの中に取り込んでしまえば自分好みにできる。
とすると、「バフェットの銘柄選び」の究極はバークシャー株を買えってことなのかも、と絶望的な気分になりました(笑)。

8. かえる
2009 06/27 (Sat)
AM 05:53

>bkmさん
いえいえです〜。 勉強になります♪

タラレバになるのですが、バークシャーに投資するのがかなりベストではあったとは思います。
ですが、本の中にもバフェットがこれからも成績はあまりかもと仰っているので、やはり僕は自分なりに投資で間違いない。と、ここは都合良く考えています。

で、「経営に口を出さない」あたりですが、非常ににらみを効かせているようですね。日曜日には営業しない出店の話のくだりなんかで思ったです。
ちょっとケチで、そして成長に関して間違うって事もあるんだなーと思いました。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1772
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値