ROEを分解すると色々見える


09/07/20 AM 6時ごろ  ・コメント(2)

利益重視のレバレッジ経営に注意というか、ROEと言う指標を、僕はあまり見ないようにしているのですが、
今回は、ROEを分解して、良いのか悪いのかを簡単にチェックしてみたいと思います。

分解してみるとROEって分解してこその指標だと感じました。特に過去と見比べるとその企業が良くなったのか悪くなったのかが見えて来そうです。
なので、これからは、ROAと分解したROE使って行こうと思います。

ROE=収益性×効率性×負債の活用度
と、なっていますので、一つずつ見ていきます。

収益性(売上高純利益率)
よく使う経営指標ですね。 この数字が大きいほど基本的には良い経営って事になりますので、上がって行って欲しい数字ですね。
効率性(総資本回転率)
保有資産を売上げに対して上手く活用できているかの数字になります。 通常は、%でださずに1.08回と言った数字で出すんですが、判りやすく100を掛けて%で表示しています。
大きな企業になるほど資産が大きくなる傾向がありますが、目安としては100%を越えて欲しいところです。
負債利用度(総資産/自己資本)
自己資本比率とは、逆の算出になっています。この数字が小さい(100%)に近い方が負債が少ない経営、大きい方がレバレッジを使った経営をしていると言うことになります。

そんな訳で、手元にあった4530:久光製薬で、実際に見てみます。
アセットアロケーション

パッと見た感じでは、
収益性は、毎年向上(13.3%→15.7%)しているので非常に良い経営をしているのではないでしょうか。
効率性は、100%を切っており、上手く活用されていないようです。 医薬品セクターはお金持ちの企業が多いので、そこら辺が少し引っ張っているのかも知れません。
活用度は、ほぼ無借金経営なので、数字は低くなっていますし、毎年下がって来ているので良い感じではないのでしょうか。

結論:
ROEは、ちょっとだけ向上(16.0%→16.5%)と、少し物足りない感じですが、収益性は向上し負債の活用度は下がっていますので、ROEの見た目以上に経営が上手く行っているのではないでしょうか。
(間違ってたら教えてください・・・。)

と、ちょっと面倒くさいですし、ROICも分解しちゃえば、同じような見方になると思うんですが、分解すると経営がどうなっているか非常に判りやすそうなので紹介してみましたです。

ROAを分解すると色々見える

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  衆議院解散ですね。 選挙区は?
back.gif  日本に投資するにもやもや

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. baboocon19820419
2009 07/20 (Mon)
PM 12:37

かえるさん、こんにちは。

ROEは確かに注意すべき点も多い指標ですが、四季報などで簡単に見ることが出来るので、面白そうな会社を探すときには活用しています。

基本的に借金が少なく、自己資本比率は高めの企業から選ぶようにしていれば、レバレッジの問題はほとんど気にする必要がなくなると考えているので・・・。

ROEを分解してみるというのはどういうビジネスモデルなのかを知るために役に立つと思いますが、業界特性や同業他社との比較も忘れてはいけないと思います。3つの分解要素のうち、他社と比較して収益性が高い場合、その企業が優れている場合が多いですが、原価を抑えて品質を落としている場合も考えられますし(特に外食産業だと分かりやすいです)。

2. かえる
2009 07/21 (Tue)
PM 10:15

>baboocon19820419さん
コメントありがとうございます。

僕も自分なりにみているのですが、自己資本高めでROEが高い企業=ROAで良い様な気がします。
ROAが低くROEが良い企業もあるので、そう言ったところも見る事ができればって感じで思っています。
http://kaeru.orio.jp/blog/2009/03/roa_1.html
負債利子率とかもそんな感じかなーと。

あと、仰られるとおり、業界特性や同業他社をちゃんとやっていきたいです。
なぜ数字が良いかなども考えないといけませんね。頑張りますです。

で、今の所、ROEなどは東証さんなどで出している平均と比べる事で簡単にチェックしています。本当はちゃんと比較したいんですが、手を抜いています...(汗)


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1798
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値