ある401kの資産配分


09/11/04 PM 2時ごろ  ・コメント(4)

先日のセミナーが終わったあとポッキーさんとおしゃべりをしていたんですが、401k(確定拠出年金)について面白い情報を頂いたので、ちょっとご紹介。

【野村年金サポート】と、言うところの資料で、加入者さんの資産配分状況が出されているようです。

信託報酬


安全性の高そうな資産(預金・保険・MMF・国内債券)で、60% バランスファンドのも含めると、非常に安定型の運用をされている方が多いようですね。
現在、確定拠出年金は特別法人税(1.173%)が凍結になっているんですが、凍結といった一時期的なものではなく、安心して拠出できる仕組みにして欲しいですね〜。

 お知らせ&関連エントリー

[401k]  タグ:
next.gif  10月に読んだ本
back.gif  払い込み証明書がたくさん来てる

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Werder Bremen
2009 11/06 (Fri)
PM 11:42

>安全性の高そうな資産(預金・保険・MMF・国内債券)で・・・

そうではないと思いますよ、たぶん?4百万円の人が9人、1億円の人が1人。これでも平均貯蓄額が1400万円位の話とかと似ている。殆ど投信(100%)で少数の積極派と、貯金その他、元本保証(100%)の大多数の消極派を合せて平均。極端な言い方をすれば。間違っていたら御免なさい。

>現在、確定拠出年金は特別法人税(1.173%)が凍結になっているんですが・・・

企業型の場合、この税金に関わらず、嫌でも強制的に401Kを利用させられるのですから節税を考えて401K内で、フルに投信で利用すれば良いのにね。その分、一般販売で課税される投信とかを減らせば良いのに、そんなこと考えずに401Kは預金で、一般販売で投信とか買っている同僚もいました、辞めた会社に。そんな奴に限って”グロソブ”(汗)。オマケに上司に辞める”理由”を話したら、「そんな良い方法(投資)があったんだったら、ナンで俺にだけ教えてくれなかったんだ」と言われました。金融リテラシーが低い。

つい最近、辞めた会社の後輩と晩飯を喰ったのですが、「特別法人税というものがあって、もしこれが課税されると、例えば0.3%の元本保証定期預金が年−0.8%で減っていく、元本逓減型定期預金になるんだよ」「ヒェ〜、そんなトンでもない税金あるんですか!僕、今、労働組合の仕事させられているんで直ちに組合の議題に取り上げます」・・・orz。住信のおばちゃん行員、企業型401Kの説明会(投資教育?)で来たとき、こんな話をしなかったしね。

こんなもんだ、会社員の資産運用、税制知識なんて。あれで従業員数1万人くらいだから、日本の大多数の会社員は推して知るべし・・・orz。

超少数派の反体制ゲリラ兵だったから”アウシュビッツ”を脱獄できたのかな(汗)。

2. takeshi
2009 11/06 (Fri)
PM 11:47

お世話様です。
401Kの運用をどうしようか考えている所です。
特別法人税についてはパンフレットの隅に小さく書いてあります。・・
退職して個人型に移管していますが
1. 運用管理機関
  現在は東京海上ですがこれを他に移動する事が可能です。
  (もっといろんな商品が良いなーという場合)
  (移動はできないと思いこんでいましたが少し費用を払えば可能です)
  あまりメリットはないので現状のまま70歳までの運用を検討中
2. 運用商品の資産配分(アセットアロケーション)
  現在は預金100%
2007年1月から現在までの東京海上セレクション**(DC向けです)
  に関して資産÷基準価格で口数の増減を調べてみました。
  (1) 日本株+日本株TOPIX 50% (内訳はおおむね半々)
(2) 外国株+外国債券     30% (内訳は株式16%、債券14%)
(3) 日本債券         20%
  2008年10月のリーマンショック後、日本株、TOPIX、外国株式のリスク商品が
  増加傾向にあります。(3%程度の変化ですが)一方、金利の下がった外国債券
  は2%ほど減少しています。日本債券も19%程度にわずか減少しています。   
   
30%程度は外国資産をもつ事が有効だろうとは思っていますが世界の体制が大きく変化しようとしている時期には動かない事も選択肢かと思います。
長期上昇トレンドはしばらく無いと考えて半年間でリバウンドを取るようなこまめな運用が良いかな?と思います。(手数料がゼロです)

PS:大きな株価の暴落に対して、積極的にリスクを取りに行くスタイルになっている
  傾向がありますが、長期でどうだという話しでは無いので誤解しないでください。  

3. かえる
2009 11/08 (Sun)
PM 11:34

>Werder Bremenさん
実際のところは判りませんが、まぁー安全資産への割合は多いでしょうね。
昨年の金融ショック前の数字と見比べてみたいのですが、基本的には解約できないと言う制約などを考えると・・・。

で、やはり強制的に始めさせられるのと、自分で始めるのでは大きな差がありますよね。強制的にあってもきっかけを上手く活用しないとでも差が・・・。
今の所、預金組に負けている方が多いような気がしますが、ある程度でいいので過去のような感じになって欲しいところです。

まぁーのんびり市場にお金が入ってくるの待ちましょうか(笑)

4. かえる
2009 11/08 (Sun)
PM 11:55

>takeshiさん
いつもありがとうございます!
アドバイスできる身分ではないんですが、僕が気をつけているポイントを書かせていただきたいと思います。

リスク資産、特に株式はこれからも有効と思っているのでなるべく税金を安くすませたいと思っています。
なので、401kで商品がなければ証券会社で買うという感じです。401kは節税での意味の方が大きいと思っています。
(インデックスファンドは401k、ETFや個別株などは直接)
401kだけではなく資産運用全体でどんな感じかの方向性が大事だと思っています。

>リバウンドを取るような
についてですが、それは401kでしなくてもいいでは?と感じます。
401kは指示が手間だと思いますし、タイムラグがあるような感じなので、それは投資信託なり個別を買ってほんとうに短期ですませる方が精神的によさそうな感じがします。

リスクについては、増加傾向とありますが、平均への回帰もあるかもしれませんですし、僕の頭ではそれを上手く活かせないので、考えないようにしていますです。
ただ、外国債券については、どうしようかなーと考えてるこの頃です。


このような感じなのですが、お役にたてるでしょうか。
これからもよろしくお願い致します♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1877
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値