最近(?)の4資産の相関関係は?


09/11/19 PM11時ごろ  ・コメント(10)

Werder Bremenさんに、経済、金融、株、為替 − 投資専門家のためのリンク集を教えてもらいました。
そこで色んな指標のデータがありましたので、ちょっとエクセルの練習がてら比較です。

1985年からデータが揃っていましたので、年金さんのデータ(相関係数とリターンやら(2007年版) )と比較。きっと2008年版があるような気もしますが、あまり変わってないと思いますので、エイッ!
85年からのデータなので、24年がここ最近って感じなのかどうかは判りませんが.....


国内の債券、株式のリターンはさておき、相関係数は結構近い値が出ているようです。
ただ、「国内株式−外国債券」も注目してみますと、マイナスの逆相関から正相関の関係になっています。 ここ20年間の経済情勢や株式の動向を把握していませんので詳しい考察などは無理なんですが、とりあえず「外貨だけれども債券だから安心」と過信し多く組み入れるのは、ちょっとだけ悩んで見ても良いかも知れませんね。 

山崎元さんは、外国債券はリターンが低く、リスクが高いので、投資するのに見合わない。と仰っていましたが、年金さんの数字に比べると魅力的な結果だったようです。これからはどうか判りませんが....
やはりリスクを抑えることが大事だと感じていますので、標準偏差が10を切ってくれると魅力的なってくるような。 まぁー僕には難しい判断なことだけは確かなようです。

ちなみに同時期の米国債インデックスの数字を見てみますと、
ドルベースですが、リターン 7.91%  標準偏差 4.96 と、なんて魅力的な!

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  誰のためのエコ?
back.gif  オモシロそうなセミナー 11月16日号

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Werder Bremen
2009 11/21 (Sat)
PM 08:18

誰もコメントしないなんて失礼な(笑)。これ重要だと思いますがね。今回の相関係数、リスク、リターンの見直しデータ。この簡易計算機を使ってみると面白いことが判ります(↓)。
http://guide.fund-no-umi.com/tools/aa.html
そこの解説、注意書き:1973〜2007年まで35年間のGPIFデータ。相関係数、リスク、リターンのデータ、書き換えても対応と書いてある。そこで、教科書的、4資産を全て25%配分で入力するとリターン4.08%、リスク9.61。ついでにフロンティア曲線は新幹線N700系”のぞみ号”のように、鼻先が下に尖がった曲線で、かつ曲線上に乗った”点”。つまり同じリスクでは最もリターンの高い組合せとなる。一度、全てをリセットし、カエルさんの今回の見直しデータ(相関係数、リスク、リターン)に書き換え、再計算。リターン4.14%、リスク9.44。これらの値はさほど変わらないが、フロンティア曲線の形状は・・・。”鼻先”が持ち上がった形に変形し、しかも4資産を組み合わせた”点”の位置が曲線上になく、無数の点の真ん中付近へ移動!つまり同じリスクなら、もっとリターンが良い組合せが他に存在することになる。

何処のデータ、何年〜何年までの何年間のデータを使うかによって「コロッと変わる」。これだけ、ある意味、モダンポートフォリオ理論とはいい加減なものと言えるのかな?

2. かえる
2009 11/24 (Tue)
AM 11:30

>Werder Bremenさん
まぁー基本的には自分メモなので静かなのはしょうがないです〜。
で、コメントありがとうございます♪

基本的にデータは無数にあるので、効率的フロンティアは色々と変わるんでしょうね。それは統計データを使う場合にはどれにも言える事なんでしょうね。
問題なのは数字が一人歩きして"絶対"みたいな使われていることなんだと思います。
リスクとリターンについてもそう言った感じがありますね。

なので僕は、色んな数字は探してこう言った数字もあるよと言った感じで紹介しています。
ちょー複雑の世界を数字一つで解決できるほど甘くはないって事ですよね。
いい目安にはなりますけどね。

3. とよぴ〜
2009 11/25 (Wed)
AM 06:08

国内株式がまるでネタ化している・・・(笑)

リターンが最低の0.94%
標準偏差が最悪の19.75%

24年間でこれでは日本株が好きでもフォローのしようがありません(汗)
逆張りで言えばうまみがあるのかも知れませんが集中投資するには危険すぎるしファンダが見れるなら個別株でも面白そうですね?
日本人なら日本株の購入は安いですから

4. アルビレオ
2009 11/25 (Wed)
PM 01:46

>国内株式がまるでネタ化

過去20年でデータを取ると、ちょうどバブルのピーク時と比較することになるのでたぶんマイナスだよ(笑)

1985年といえばちょうどプラザ合意のあった年で、85年初頭は1ドル=240円前後でした。当時と比べると米ドルの価値は3分の1近くにまで減ったわけです。
これは外国債券のリターンにはマイナスに働くので、それなのに4.5%超のリターンってのはどうも変な気がします。
プラザ合意による変動は米ドルが他のほとんどの通貨に対して安くなったわけなので、米ドルの配分が少なければ影響は小さくなりますが…「外国債券」の通貨配分はどうなってるんだろう?

5. Werder Bremen
2009 11/25 (Wed)
PM 06:53

アルビレオさんへ

あの4資産、円建てインデックス・エクセルデータ表の中に、米、独長期金利も載っています。米国債は1985年当時、10%超。金融電卓で計算すると、85〜09年までザックリ、25年間運用するとドルベースでは10〜11倍になります。為替がザックリ、1/3でも3.33〜3.67倍。円ベースでは

5.0〜5.4%

因みに外債インデックスの米ドル成分はザックリ1/3。残り2/3はユーロ。例えば、ドイツは1985年初め頃、7.2%くらい。独マルク・ベースでは5.69倍(途中からユーロで連続性に問題はありますが)。円/ユーロも1985年、レートが表示されていてザックリ、200→130つまり0.65倍。円ベースでは25年間で3.7倍。金融電卓で計算すると

5.4%

だったことになります。実際はユーロ、欧州圏、債券組み入れ比率、独、仏、伊が10%くらい。その他、スペイン、ギリシャ、北欧とか、更に微量ながら豪ドル、英ポンドも入っていますから、これらも考量しなければならないし、米債、独債も1985年に買って10年後はデフォルトしなければ償還。乗り換えたときの金利。因みに1995年はどちらも長期金利、7%台です。

更に実際は、個人投資家のように償還まで”持切り”ではなく、途中売却でデュレーションが7年程度になるように調整しますから・・・。

まあ、いろいろ頭の中が混乱しますけど”4.5%超”というリターンはまんざら、嘘ではなさそうに思われます。違和感を感じるとしたら、この話は、あくまで”指数”自体であって、実際に個人が投資するとすれば外債インデックスファンドや外債ETF、或いは生外債(利付債)。つまり再投資(利子20%課税後)の問題や信託報酬、売買、為替手数料、税金が取られるので”ロス”が発生してリターンは低下することに。これがY氏の外債不要論の一因。少しでも”ロス”を減らして外債投資するなら、401Kで外債インデックスを買うか、非課税枠があり再投資の問題が無いゼロクーポン債を使えば改善できることになります。

6. かえる
2009 11/26 (Thu)
PM 05:13

>とよぴ〜さん
日本株の事はーーー。トップシークレットですよ♪

で、バブルが大きすぎるときはほんとに注意ってことでしょうか。
プチバブルぐらいを繰り返すのが精神的にも経済的にもよさそうですね。
まぁーこの数字だけを見れば投資できない感じですが、これからをって考えるとやはり日本の株式も魅力的だと思います。

個別株はやはりリスクが大きすぎる気がします!
ただ、面白いです〜♪ 資産形成に面白さは必要かどうかは判りませんが・・・・。

7. かえる
2009 11/26 (Thu)
PM 05:27

>アルビレオさん
またまた日本株のことは・・・・。

で、外国債券の件ですが、Werder Bremenさんが書かれておられますが、
1985 米国債インデックス 273.6  1ドル255円
2009 米国債インデックス 1764.1  1ドル89.5円
といった感じでした。
それで計算してみたところ、3.51% になったのでたぶん合っているような気がします。

まぁーそんな訳で、過去の為替などを見てびっくりしています。ほんと経済音痴はつらいですー。

8. かえる
2009 11/26 (Thu)
PM 05:39

>Werder Bremenさん
色々と詳しい解説ありがとうございます!
それにしても、ちょっと昔の債券はほんとに凄かったんですね。

いつかまた来るんですかね〜。
来たら来たで株式市場もえらい事になってそうな気もしますが・・・。

まぁーのんびり継続していくことも大事ですよね。

9. hp12c
2010 01/27 (Wed)
PM 09:59

勉強になります。

10. かえる
2010 01/28 (Thu)
AM 02:10

>hp12cさん
はじめましてです。
判らないところをゆっくり勉強中です。

よろしくお願い致します♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1884
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値