外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (1)


10/01/22 PM10時ごろ  ・コメント(2)

今回は、Fu-Fu ★SECOND LIFE STORY★のコータローさんにお会いした時にプレゼントして頂いた、『チャールズ・エリスが選ぶ「投資の名言」』に、債券と現金について面白いことが書かれていたので自分なりに答えを出してみたいと思います。

"債券"と"キャッシュ"、どちらが大切か

それに答えているのが、『リスク〈上〉』を書いているピーター・バーンスタインです。(ずーっと読まなきゃと思いつつまだ手に取れていません・・・・。)

その答えに僕もちょっとびっくりしたのですが、必要なのは"現金"、無視されるべきは"債券" という答えが書かれていました。
なぜ債券が不要なのか3つの理由が書かれていました。

  1. ほとんどの場合、債券の期待収益率は株より低い。保有期間が長ければ長いほどそうである。
  2. 債券と株のリターンは同方向に動くため、分散投資の効果が薄れる
  3. 債券はマイナスのリターンをもたらすことがある(キャピタルロスが利息収入を上回る場合)。現金には(少なくとも名目上は)このような危険はない

で、こう続いています。
債券価格が上がるときには株も上がる。この時、債券が株よりも高いリターンをもたらしているのではない限り、債券がポートフォリオ全体のパフォーマンスに貢献するのは、債券が上昇し。株は下落しているような、例外的な期間だけである。

債券を組み合わせるのであれば、現金の期待リターンの低さを補うレベルまで、代わりに株の比率を増やせば良い。現金がマイナスリターンをもたらすことはない以上、リターンの変動幅は債券を組み入れたポートフォリオと比較して上がることはない。

例えば、株:60%、債券:40% の場合と、株:75%、現金:25% の場合、リターンは債券"0"の方が高い。しかもリスク水準は同程度になり、債券"0"の方が良い結果が半分以上の64%という結果になった。
との事です。

ただ、これはアメリカでのデータなので、日本だとあてはまらないかもしれません。


アメリカの考えは日本でも通用するのでしょうか?

そんな訳で、まずは年金さんのデータから相関係数などを抜き出してみます。(相関係数とリターンやら)

 国内債券国内株式短期資産
国内債券1.00  
国内株式0.151.00 
短期資産0.45-0.011.00

確かに、現金と株式の間にはマイナス相関があり、債券と株式の間にはプラスの相関があります。これは、アメリカでも日本でも同じようです。
では、実際にポートフォリオを配分したときには、どうなるんでしょうか?


年金さんのデータがありますので、計算してみました。
 株:60%、債券:40% 期待リターン 5.50% リスク 13.85
 株:75%、現金:25% 期待リターン 5.34% リスク 16.71

となり、債券"0"の方がリターンが下がり、リスクは大幅に悪くなる結果となり、バーンスタインの考えは当てはまらないことが判りました。
まぁーそれだけ、日本の国債はリスクが低く、現金とのリターンの差がなかったので、このような結果になったようです。

で、僕なりに考えてみました。 じゃー"外国債券"と現金って考えたときはどうなるんだろう?って事が次の問題です。

外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (2)

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (2)
back.gif  [モノ] 8色カラーのエネループ

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. うさみみ
2010 01/24 (Sun)
AM 11:30

債券が多いうさみみには気になるエントリーです。

>となり、債券"0"の方がリターン良く、リスクは抑えられた結果となり、バーンスタインの考えは当てはまらないことが判りました。

のくだりは、前半が逆?なのかなと思ったり。


合理的に考えるというのは大切なのだろうなと思いつつ、そもそも前提が正しいのか分からない点が悩ましいところですね。たとえば、過去のデータの未来における再現性とか。

2. かえる
2010 01/25 (Mon)
PM 12:31

>うさみみさん
こんにちはです。

まず始めに。記事の指摘ありがとうございます!
間違っていますね・・・。修正させて頂きました。

で、
>そもそも前提が正しいのか分からない点が悩ましい
のところですが、バーンスタインは、リスクは、ちゃんと測定できるかどうかも今のところ決着は付いていないそうです。
ここでもちょっと触れています。http://kaeru.orio.jp/blog/2009/07/post_175.html

なので、うさみみさんの仰るとおりだと思います。僕もわからないので、こんな感じで悩んで考えています。
とりあえず判っていることは、リスクの取りすぎは注意ってことではないでしょうか。

あと、簡単に人の資産にとやかく言っちゃいけないと思うのですが、
債券が多いってありますが、外国株、外国債券とも、日本債券とは、マイナスの関係にあるので、相性が良さそうですね。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1920
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値