外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (3)


10/01/24 AM 9時ごろ  ・コメント(6)

さて、前回の続きです。
答えを出したものの、ちょっとだけ引っかかるところがあったんです。それは、外国株式には"現金"で良いのか?ってことです。
日本の債券と現金の関係が、アメリカとはちょっと違うと言うことが、(1)の時に発覚しました。

で、簡単に比較してみますと、
 株:75%、債券:25% 期待リターン 6.25% リスク 14.88
 株:75%、現金:25% 期待リターン 5.75% リスク 14.861 と、債券との組み合わせの方が結構良いようです。 国債のリスクが低いうちは、外国株と日本債券との組み合わせが良さそうです。


簡単なおさらい

  1. アセットアロケーションの中で外国株式の比率が高い人は、日本債券でリスクを抑えるのが良さそうです。外国債券ではリスクがあまり下がらず、リターンを下げるだけではなく、資産が一方方向に動きやすい配分になっていると言えそうです。
  2. アセットアロケーションの中で日本株式の比率が高い人は、外国債券でリスクを抑えるのが良さそうです。ただ、日本株式のリターンをどう考えるか。外国債券のリスクの高さには注意が必要です。
  3. 今までの考えはあくまで、資産の配分を単純化して考えたものです。アセットアロケーションは組み合わせ方で色々と変わります。リスクとリターンを測るツールも投資信託のガイド|ファンドの海にあるので、簡単にチェックできますので、是非色々と試してみてください。

で、最初の入りとしては、"債券"か"キャッシュ"か?と言うことで、現金の方が大事だ。と言うことでしたが、現金には現金のリスクがあります。
先日もぐっちさんがそのことで書かれていたので、ご紹介。「現金」は果たして安全か? | 投資十八番 

まぁー色々とややこしいですが、資産配分、アセットアロケーションを楽しんで行きましょうです♪

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  おふくろ投信さんからびっくりな報告
back.gif  外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (2)

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. コータロー
2010 01/24 (Sun)
PM 08:19

こんばんは〜
僕もヒマしてたりするときに、そういうこと色々と考えたりしますが…
『債券があってもいい人』という現状にいます。
一方で『なくてもいい人』の部分もあったりします。
どっちにしても『いい人』というのはいい響きです。

僕の場合、すべてのリスク性資産に対するヘッジは現金でするというのがキホンになっているところがあるんですが“現金リスク”を言われてしまうともうダメ…『いい人』ですらもいられなくなってしまいます。。。

で、過去データと将来の期待リターンはやはり違うって思ってて未来に対するそれぞれの感性の差がアセットアローケーションの違いに現れるのかと…
『4分割』ではない限り、それなりのアクティビティはある…とささやかな意地。w

2. Tansney Gohn
2010 01/25 (Mon)
AM 09:00

かえるさん、

以前、日本株と外債の年次リターンのグラフを作ったことがあります。
http://tansneygohn.blog99.fc2.com/blog-entry-78.html

結構逆相関ですね。リーマンショックのときは、さすがに無理ですけど。

3. かえる
2010 01/25 (Mon)
PM 09:51

>コータローさん
こんばんはです♪

すべてのヘッジを現金で。 ふむふむで勉強になります。
そう言う見方もよさそうですね。自分なりに消化してみたいと思います。

で、現金について言われると僕もはっきり言ってどうすれば良いのかよく判らないです。
危ないとなった時は、とりあえず優秀な方の意見を参考に納得できる範囲でまねをすると思います(汗)
基本は模倣からなので!

あと、未来に対するそれぞれの感性の差についてはその通りだと思います。
もっと自分なりに感じるなにかを見つけて、投資をしていきたいと思っています。

4. かえる
2010 01/25 (Mon)
PM 10:09

>Tansney Gohnさん
ありがとうございます。

外債インデックスをポートフォリオに加えるには?
http://tansneygohn.blog99.fc2.com/blog-entry-155.html
の記事も参考になりました♪

で、結構逆の相関で、良い組み合わせのようです。
なので、やはり外債というのは、なかなか厄介なアセットクラスなのかも知れませんね。

5. Werder Bremen
2010 01/26 (Tue)
PM 04:57

お!ここでもやっていたか、この話題(笑)。いや〜、欧州サッカー現地観戦、チケット争奪で忙しかったんで遅レス!

まあ、このシリーズで引用していたリスク、リターン、相関係数のデータ、GPIFの国内債券のリターン、3%、4%なんてのも「?」だし、昨年、11月ごろ、カエルさんに送った、4資産・円建てデータを使った、”見直しデータ表”でもころころ変わるし。

まあ、ありていに言えば、「儲かればナンでも良い!」になるんだろうね。

ところで、ドイツ、ポルトガルで合計5、6試合、見に行くけどFCポルト、FCバルサが絡むチャンピオンズリーグも。良かったらFCポルト、サポーターグッズ、例えばマフラーでもお土産に買ってきたろうか?また今度、梅田あたりで「反政府ゲリラ集会」でも開催するときに渡したるよ。この円高、ものは考えようで日本人旅行者にとっては好都合。1ユーロ=170円が130円では25%OFF。おまけにマイレージの無料航空券だから”豪遊”(汗)。マフラーくらいなら遠慮なく!FCポルト、モウリーニョが監督のとき、チャンピオンズリーグ、トヨタカップを制覇した元世界チャンピオンだよ。

ではでは

6. かえる
2010 01/27 (Wed)
AM 01:09

>Werder Bremenさん
はい、まぁー儲かればいいと言いますか、納得できれば良い!という感じですね。
未来のリターンも、リスクも決まっていないので・・・。

なんとなくすっきりはしませんが、自分的にちょっと掘り下げる事ができたのは楽しかったです。


で、CLリーグを観戦ですか!
僕としては、ミーハーですがバルサはかっこいいと思います。
あまり詳しくありませんが、プジョルとかはスキです。
FCポルトは、青いユニフォームでそう言えば、アドリアーノが行きましたね。
という感じで詳しくありません・・・。

で、欧州楽しんでくださいです♪
また、色々とお話お聞かせ下さいですー


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1922
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値