直販投信にたりない何かを考えてみました


10/02/12 PM12時ごろ  ・コメント(2)

さて、おらが町ファンドの3社(かいたく、らくちん、おふくろ)が合併ということになり、ファンドの方向性について、ブログやTwitterで色んな意見をみかけます。
やはり多いのは、「特徴を出して欲しい!」という意見が多いように見受けられます。

で、ちょっとその特徴について、僕も自分なり(お話して影響されたところもあるんですが...)にも書いてみようと思います。

まず、直販投信の多くは株式型のアクティブファンドです。
運用方針などに魅力はあると思いますが、"身近なファンド"、"口コミなどで広がるファンド"としてはちょっと疑問を感じるところもあります。
直販投信に投資をされている方の中には、投資をはじめてって方も結構おられるようなんです。この金融危機でははじめての方をふくめ多くの投資家さんが不安を感じられたのではないでしょうか。僕も不安でした。

投資をがっつりされておられる方や、リスクやリターンの意味、株式と債券の違いなどをわかっておられる方には、株式ファンド一本でのアピールでいいのかもしれません。
ですが、多くの投資家、投資信託を活用されて資産形成って方に株式ファンド一本で、すすめていいのでしょうか?

アセットアロケーションが資産運用の約8割を決定する」という面は確かにあると思います。運用会社の方もそれは認識されておられるのではないでしょうか?
で、直販投信の中には、現金の比率をあまり調整しないファンドもあります。僕としては"長期につきあえるファンド"を目指すのであれば、ほったらかしにできるように『現金⇔株』の調整をして欲しいと感じます。

ですが、それをしてくれないってことは、自分たちでなにかの対策をしていかないと行けないってことですよね? セミナーでもよくそう言った質問がでたりしますが、やはり「ご自身でリスクの調整を」って答えが返ってきています。

うーん...ちょっと都合がいいというか不親切な気もします。
それならば、いっそ債券のファンドも用意して、株式のファンドと債券のファンドを用意して、リスクを分散しての投資をアピールしてもいいのではないでしょうか?
あくまで、利益を生み出す株式、成長が期待できる株式でのファンドっていうのも判るんですが、顧客が求めていると思われるファンドを用意してもいいのではないでしょうか。 株式のサポートができるファンドを用意してもいいのではないでしょうか?

直販投信の後発組としては、セゾン投信が純資産総額260億円をこえて、頑張っています。これは"セゾン"というネームバリューもあるかもしれませんが、はやり安定した運用、株式と債券を組み合わせ"ほったらかしにできる投信"ってところが受け入れられているのも大きいのではないでしょうか。

投資の勉強:投資のはじめ方 −何に投資する?  (さん、さんありがとうございます!) によりますと、株式30兆ドル、債券90兆ドルとなっています。
単純に世界の時価総額と比べる訳にはいきませんが、やはり債券のファンドの需要をあるはずです。インデックスファンドを見ても、債券は必要とされているのがわかるのではないでしょうか。 インデックスファンド

あくまでこれは一つの提案ですが、資産運用って視点で顧客のほうにもうちょっと目を向けていただくと、そこに運用ビジネス、お客さんと向き合えるチャンスはあるのではないでしょうか?

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  久しぶりに"佐野総"
back.gif  僕が読んでない本の感想おしえてください♪

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. うさみみ
2010 02/14 (Sun)
PM 04:43

あまりこの話題は詳しくないのですが、顧客がセゾンのようにほったらかしできるファンドということであれば、セゾンでよいのではないでしょうか?


>利益を生み出す株式、成長が期待できる株式でのファンドっていうのも判るんですが、顧客が求めていると思われるファンドを用意してもいいのではないでしょうか。
>株式のサポートができるファンドを用意してもいいのではないでしょうか?

顧客のニーズがどこにあるのかは人によると思います。
そこに対してどの客層を取りこむのかは企業戦略です。
セゾンのようなコンセプトでない道を選ぶのであれば、このファンドを活用できる投資戦略(たとえば組み合わせとか)を示すとかもありな気がします。
通常は、自社のファンド以外を勧めることはないので、一歩踏み込まないとできないかもしれませんが。

資産運用って視点が見えるようにするのがいいというのはそう思います。

2. かえる
2010 02/15 (Mon)
AM 10:36

>うさみみさん
運用者さん側の気持ちとしては、セゾンのようにほったらかしできるファンドなのかも知れませんが、実際に顧客にほったらかしにできないと思われているかも知れないので、純資産が増えていない部分もあると思うんです。

では、そこら辺をもっと打ち出すべきだ(他のブロガーさんが書かれていますので、今回は書いていません)の面もたりないと思いますし、うさみみさんの仰るように組み合わせての面も足りないと感じます。
しにくいかもしれませんが、ちょっと距離が中途半端な感じなのです。じゃー資産運用的な面で、債券ファンドなども用意してアピールする方があっているのでは?と思っています。

>セゾンのようなコンセプトでない道を選ぶのであれば、このファンドを活用できる投資戦略(たとえば組み合わせとか)を示すとかもありな気がします。

ほんと、これぐらいの気合いがあって欲しいかなぁーと思います。
人のお金を預かる以上、なるべく心配させないような運用、運営をしてほしいと思っています。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1935
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値