株価と財務比率の関係をメモ


10/02/23 PM 6時ごろ  ・コメント(6)

ちょっと背伸びをして読んでいる、証券アナリストのための企業分析(第3版)と言う本に、株価と財務比率の関係というちょっと判りやすいチャートがあったので忘れないようにメモメモ・・・。

finance1.png
※マージンは粗利だそうです。

こうしてみますと、ROEに注目って書かれている本を見かけますが、やはりROAに注目した方が良さそうですね。

ぱっと見てどれが大事か理解できていませんが、流れを見て「どれが要因でどこに影響をした」をこれで簡単にチェックして投資の判断に活かして行きたいと思います。

判りやすそうな流れは、
EPS → ROE → ROA → 収益性 → 営業効率&生産効率
なのでしょうか。
過去と比較する際にはちょっと意識をして見ていきたいとおもいます。

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  3/6 にまた名古屋ー
back.gif  ひふみさんとおふくろさんのセミナー

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. takeshi
2010 02/23 (Tue)
PM 10:49

お世話様です。
日本の企業はROE,ROAが米国に比較してとても小さい。
昨年は財務規律の良くない企業が資本増強に走った。
今年からは売上、利益確保が本物かどうかが試される。(野村証券)
山口揚平さんの本「新しい株の本」にもありますが
一つの基準でまず検証してみてどの程度安全率を見て
投資をするかは自分自身の判断だろうと思います。
集中的に企業研究をして日々はのんびり相場は見ない
といようなスタイルが理想ですね。

2. ROM人
2010 02/24 (Wed)
PM 11:52

うーん・・・・僕だと見てもROAまでが限界ですねw しかしこんなに基準があるとはね・・・・・

かえるさんはどのくらいまで使って投資先決めてますか?

3. baboocon
2010 02/25 (Thu)
AM 12:30

なるほど、図の右端の生産効率/営業効率の切り分けは目からウロコでした。

簡便にみるのはROAくらいまででいい気がしますが、その企業がどのようなビジネスモデルで稼いでいるのか、他社との比較には分解出来るところまでしてみると面白そうですね。

4. かえる
2010 02/26 (Fri)
AM 12:22

>takeshiさん
確かにアメリカに比べると特にROAの部分が低いですね。
効率的にのところは意識はされて来てはいると思いますので良くはなっていくのでしょうが、時間は掛かりそうですね。

で、ほんと投資はなんだかんだと言って最後は自分の判断ですよね。
ミスターマーケットに振り回されず投資をして、結果がでるようになってほしいです。

5. かえる
2010 02/26 (Fri)
AM 12:26

>ROM人さん
ううー僕も基本的にはROAや収益性まであたりです〜。
ちょっと背伸びをして、生産効率や営業効率をみたり・・・。

あまり深く分析しても、衰退企業などでだったらあまり意味がないと思っています。

なるべく判りやすくで、簡単に見て財務が良さそうなとこ、長い目でみて期待できそうなってところで企業を見ています。

6. かえる
2010 02/26 (Fri)
AM 12:29

>babooconさん
こうやって流れでみるとなんとなく判りやすいですよね。そして追いやすいですよね。←僕はこれが助かります。

で、やはりROAあたりがベースですよね。
これが簡単に比較できる何かが欲しいです・・・・。
あまり楽しちゃだめですよね。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1944
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値