予測するインデックス投資家さん


10/03/23 PM 8時ごろ  ・コメント(8)

今回もインデックス投資について、ちょっとひねくれてみたいと思います。いつもスイマセン・・・・。
日興AMの年金積立、住信AMのSTAM、三菱UFJ投信のeMAXISシリーズ を見ていますと、新興国株式インデックスファンドが売れているのが判ります。 びっくりなことにeMAXISは、新興国株式の方が先進国株式を上回っています。

確かに、これらのファンドに投資をされるインデックス投資家と言ってもさまざまな方がおられると思います。 なんとなく最近のブログやTwitterの流れを見ていると、個別株の投資家もインデックス投資家も基本的には同じなんでは?と感じることが多いです。

どういうことかと言いますと、『過去を見て、未来に予測して投資する』とこが・・・。

インデックス投資と言いますと市場の平均を買いますよね。 現在ですと世界は、先進国85%と新興国15% ぐらいなのでしょうか。
それなのに、冒頭で書いたように、新興国のファンドが大きく売れています。先進国のファンドは沢山ありますので、一概に比較できませんが、やはり新興国の割合を多くしている人って多いのではないでしょうか。

これって、「今の新興国は安いから今のうちに積み立てておこう」 「新興国はまだまだ成長する」って感じで、新興国を多めに投資をしている方が多いってことではないでしょうか?
個別株の投資家さんも、バリュー株や成長株に投資する人(過去の財務分析をして将来を見た場合に安いか)や、デイトレーダーさんも同じような考え(過去のチャートを見て上がりそうか)だと思います。 過去と未来を見比べてとと言う方が多いと思います。
同じよう感じがするというのはこういうことなんです(投資ツールや売買方法が違うだけで)・・・。 ちょっと意地悪ですが、新興国の分析はどのようにされておられるのでしょうか?

インデックス投資というか分散投資にアセットアロケーションがあると思います。 これにはリスクをさげるため。という大事な理由もあったと思うのですが、逆にリスクを取りにいっている・・・・。 はい、僕もえらそうなことは言ってますが、1000円から積立てができると言うことで少額を新興国の積立てにあててみました(汗)
ただし、リスクの取りすぎには注意が必要なようです。 イーノさんによりますと、リスクはできれば抑えた方が良い結果に繋がりやすいとあります。

リスクが高ければ高いほど、高いリターンを得る確率が下がります。リスクはばらつきを表すだけでなく、「損する危険度」をやはり表していたのだ、と言えるでしょう。
リスクは結果のバラつきだけでなく、やはり危険度を表している − 投資信託のブログ|ファンドの海

ここからは、少し個別投資家としての愚痴です・・・。
全てのインデックス投資家さんが、ではないのですが、『過去を見て、未来に予測して投資する』方法をとられている人を見ていますと、なんか色々と攻撃的なような気がします。 反対に「世界の時価総額に沿って」や、「先進国だけに投資」と言った、オーソドックスな投資をされてる人のほうが、おとなしいと言いますか、自分らしく投資をされているような気がします(あくまで僕の個人的な感覚なので、違うかもしれません・・・・)。
やはり、予測して投資する人の方が、資産の変動が気になる人が多いのかもしれません。 予測行為と付き合うのは、投資を継続する上で一番の問題点かもしれませんね。
僕も気をつけたいところです・・・。

そんなわけで、個別株に投資するならその良さを。 インデックスに投資するならその良さを活かして欲しいと思います。 僕たちが気にしなければいけないのは、お互いの投資手法ではなく、不景気や心配な老後ですよね! なぜ、こんな答えになったかと言いますと、個別株もインデックス投資もしたいからです〜♪

今回もちょっと変なエントリーですいません・・・。

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  僕の思う資産運用の考え方 (1)
back.gif  箕面にプチ旅行

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. ROM人
2010 03/24 (Wed)
AM 12:10

結局インデックス・分散投資というのを選んだとしても資産配分だけは自分で決めないといけないですからね。どう見ても各人の世界観の反映にしかならないわけで予測と無縁ではいられないのでしょうね。

そういった意味ではかえるさんの仰るとおり一番大人しいのは先進国傾斜型=ベンチマークをそのまま採用=バランスファンドと言う方なんでしょう。意図せずに自分自身が反映される・・・・・それが投資なんでないかと思います。

2. 虫とり小僧
2010 03/24 (Wed)
PM 10:31

インデックス「投資」も、バリューやデイトレを含む個別株「投資」も、同じ「投資」ですからね(^^;

3. かえる
2010 03/25 (Thu)
PM 06:04

>ROM人さん
なんとなくの感覚なんですけどね・・・。
予測はいいんですが、やはりアクティブな面もあるのに、悲観的なところもあってと、せっかくの継続しやすいインデックス投資をしんどくしているようで、ほんと勿体ないと感じる時があります・・・。

投資はほんと難しいですね♪

4. かえる
2010 03/25 (Thu)
PM 06:07

>虫とり小僧さん
はい、ほんと広い意味での投資なので、仲良くしたいところです。
色んな人と仲良くしたいのですが、やはり個別株&インデックス投資というスタンスは板挟みになることがあるのでつらいです・・・。

ほんと、もっと自分らしい投資をしないといけないと感じています。

5. うさみみ
2010 03/25 (Thu)
PM 07:00

こんばんは。
うさみみもインデックスも個別株も持っています。
インデックス投資をするのは、ローコストで広い銘柄に分散できるからです。

どのインデックスにするかはかえるさんのおっしゃるように、自分で選んでいるので、個別銘柄を選ぶのと同じです。
アセットアロケーションを考える楽しみを感じながら投資を続けられるといいなと思います。

6. 虫とり小僧
2010 03/25 (Thu)
PM 10:43

インデックス投資家も「資本主義の永続」・「世界経済の成長」・「財産権の遵守」・「為替は予測不能だが長期的には循環する」などの前提は予測しているわけですしね!

7. かえる
2010 03/27 (Sat)
PM 11:25

>うさみみさん
こんばんはです〜♪
はい、楽しんで考えて欲しいです。
できればリスクを下げるってとこにも目を向けて欲しいですね。

せっかくのインデックス投資をうまく活用して、アロケーションなどいっぱい悩んでいきたいと思いますー

8. かえる
2010 03/27 (Sat)
PM 11:40

>虫とり小僧さん
おおーいっぱい仲良くなる要素がありますね!
まぁーそこらへんは、前提でじゃないと投資がこわくてできないっすー。

で、そうは言っても過信してリスクの取り過ぎないように気をつけたいと思います!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1960
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値