60歳に3000万円を目標にする理由


10/05/20 PM 6時ごろ  ・コメント(9)

みなさん、60歳の定年退職時にどれくらいの金融資産を持っておこうか目標は立てておられますか? 3000万円? 5000万円? 1億円? 色々と必要な額を見かけます。
僕と言いますか、我が家の計画では、最低でも3000万円の金融資産を確保しようと目標にしていま)

簡単にですが、自分なりに計算をして決めていますので、しっかりと忘れないようにメモメモ・・・。

基本条件

老後の費用
夫婦2人で老後生活を送る場合の生活費ですが、総務省の統計局、平成21年の世帯属性別の家計収支によりますと、60〜69歳世帯の平均生計費は27.6万円となっています。
また、財団法人 生命保険文化センターの平成19年度に調査によりますと、平均で23.2万円になるそうです。 半数以上の方が最低生活費を30万円以内に抑えようと考えておられるようです。 ゆとりを持ってとなると平均38.3万円になるそうです。

別段、わがままな老後を送りたくない訳ではので、月額28万円の生活費を目標にしたいと思います。

年金の受給額
男女別にしっかりとした平均値が見あたらなかったのですが、厚生年金 受給権者の平均年金月額の推移を見ますと、15万7千円となっています。 男女別では、男性:19万円、女性:11万円のようです。 我が家は共働きは続いていきますが、夫婦共に国民年金の期間もありましたので、(19+11)*70%=約21万円貰える想定をしました。
ただ、年金は満額貰える訳ではありません。 

所得税・保険料で引かれますので、手取りは8割程度だと思います。 21万円*80%=月額17万円で想定します。

その他の設定
平均寿命: とりあえず、夫婦とも85歳まで想定して計算をしたいと思います。
定年退職: 60歳、年金が貰えるのは65歳からなので、無収入の期間が5年(60-65)あると想定します。


算出開始

 月額年額
生活費28万円336万円
年金額17万円204万円
不足額11万円132万円

毎年132万円が足りないと言うことが判りました。
では、この不足分を金融資産から切り崩して行かなくてはいけません。
定年後25年、毎年132万円足りないと言うことは、132万円*25=3300万円あれば問題ありません。

3300万円というのは少し額が大きいですね。せっかく60歳まで投資を続けたのですから、定年しても投資を続け、負担を減らした方が良さそうです。
と言うことは、切り崩しながら運用をするわけですね。 ちょっとややこしそうですが、便利な"年金現価計数表" という早見表があります。
年金現価計数表

上で先に囲っていますが、これは25年間、3%で運用しながら資産を切り崩した場合になります。 この係数"17.413"に先ほど不足額を掛けますと、必要額を算出できるのです。
132万円*17.413=2298万円 が必要だと言うことが判りました。
あと、60-65歳では年金がなく無収入という想定をしています。 こちらは手を抜いて、年金額=不足額 204万円*5=1020万円がさらに必要だと言うことが判りました。

と言うことは、60歳時に 2298+1020=3318万円が必要だと言うことが判りました。
ただ、全額投資で用立てる必要はありませんよね。 退職金がいくらかあるかも知れませんし、生活費として現預金を確保しています。 ですから318万円は、現金で確保することにしたいと思います。 

結論、投資で資産形成の目標とする金額は3000万円に設定したいと思います。
基本的には、あまり難しくない設定だと思います。 将来の不確定要素も多いので、次はこの目標を上方修正していけるように頑張っていきたいと思います!

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  オモシロそうなセミナー 5月19日号
back.gif  [書籍] サラリーマンのためのインデックス投資入門

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. m_tsubasa
2010 05/20 (Thu)
PM 06:57

将来的にはインフレも考慮した方が良いかもしれませんね。

2. かえる
2010 05/20 (Thu)
PM 10:01

>m_tsubasaさん
コメントありがとうございます!

インフレですか。
ちょっとややこしくなりますし、投資で資産形成と言うことで、株式がメインとなります。
ですから、ある程度のインフレ対策になっているかと思います。


3. コータロー
2010 05/20 (Thu)
PM 10:09

こんばんは。
さすがFP有資格者!…というか個人的には嬉しくなるエントリーです。
親の介護や病気・長生きリスク…等々、心配したらきりがないですが堅実なプランニングは見習いたいと思います。
かえるさんの人生はまだまだ長いのでいろいろな環境変化はあるかと思いますが、そんなもんリスク性資産のリバランスみたく定期的に見直していけばいいですもんね。
参考にさせていただきます。

4. かえる
2010 05/21 (Fri)
PM 10:21

>コータローさん
こんばんはです!
まずは、スタートとして簡単に計算をしてみました。
将来の不安だけを考えたら暗くなりそうですが、まずは概要を把握して不安を少しずつ減らして行きたいと思います。

で、仰る通り何かあった時や、目標が達成できそうになったときは、プランを見直していけば良いですよね。
できれば、上方修正できるように頑張りたいです♪

5. レバレッジ君
2010 05/22 (Sat)
AM 05:24

現実的な試算ですね。

非常に参考になりました。

6. かえる
2010 05/23 (Sun)
AM 09:31

>レバレッジ君さん
お役に立てれば幸いです♪
ある程度把握できるだけでも、行動ってしやすいですよね。

あとは明るい未来に向けて頑張ります!

7. トリー バーチ
2010 11/03 (Wed)
PM 05:48

はじめましてよろしくお願いいたします。

8. かえる
2010 11/04 (Thu)
PM 09:45

>トリー バーチさん
はじめまして。
こちらこそよろしくお願い致します!

9. ugg
2010 12/01 (Wed)
PM 06:21

この文章が大好きです!!支持あなたよ!!顽张ります!!


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/1991
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。

» 老後資金は 60 歳で 3000 万円で十分か from 乙川乙彦の投資日記
かえるの気長な生活日記 http://kaeru.orio.jp/blog/2010/05/603000.html を見ていたら、60 歳の定年退職時に... [続きを読む]


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値