健康保険と年金・・ フェアに説明することの大事さ


11/04/23 PM 3時ごろ  ・コメント(0)

医療保険ってみなさんどうお考えですか?

不要といえば不要だと思いますし、必要だという考え方もわかります。
ただたまに、「健康保険は充実だから医療保険は不要」という考えはわかるのですが、次のような流れだと変だなーと思うことがあります。

健康保険:高額療養費などがありますし、傷病手当金もあるので、実はしっかりと守ってくれるいい制度なのです。 だから、医療保険は不要では?
一方で、年金制度はどうなるか不安じゃありませんか? だから医療保険ではなく将来に備えて...

流れ的にはすごい納得しやすいのですが、少し腑に落ちません。

確かに年金の不安さは、僕も非常に感じています。
払い込みの額は上がっていますし、支給年齢も30代の僕たちですと65歳からになっていますよね。
破綻(全く出ないって事はないと思っています)するかも知れないという不安はあります。
なので、医療保険よりも貯蓄・投資にっていう考えはわかります。


しかし健康保険も厳しくなってきているのかも・・・

高額療養費しかし、破綻と言いますか、不安って言う事であれば、健康保険もかなり不安ではないでしょうか? 健康保険も厳しいように思います。

この表は、高額療養費の自己負担限度額*1の推移です。
1ヶ月の医療費が自己負担限度額を超えた分については、健康保険が負担してくれるという、良い制度なのですが、その自己負担の部分が以前に比べて、どんどんと高くなってきています。

以前までは、自由診療(自腹手術)だった手術や、例えば高額になりがちな抗ガン剤治療なども、健康保険の適用になってきていますので、非常にありがたいのですがその分負担増になっているかと思います。

また、次のようなニュースもあります。

大企業の会社員が加入する健康保険組合が相次いで保険料率を引き上げる。新日本製鉄やソニーなど今年度中に実施するのは約1500ある組合の4割程度に達する見込み。地方自治体が運営する高齢者医療制度に拠出している支援金の負担が重いためで、家計や企業収益を圧迫する。引き上げでも費用を吸収しきれず、健保組合全体で年間6000億円規模の赤字を見込む。

 健保組合は企業が単独または同業単位で設立する健康保険。従業員と企業が保険料を原則として折半で負担し、従業員とその家族の医療費を給付する。約3000万人が加入している。
健保組合、4割が保険料上げ 新日鉄やソニー、高齢者医療の拠出重く  :日本経済新聞

したがって、健康保険も順調に負担額も上がっており、単純に安心を過信してはいけないかと思います。
だからと言って、医療保険を勧めている訳ではありません。

フェアに説明するってことが、ほんとに大事だなーと感じるこのごろです。
ただ、なんだかんだと言って老後が一番なので、僕自身はそこの対策を一番にかんがえています・・・


*1:簡単に言いますと、高額療養費とは同じ病院や診療所で支払った1ケ月の医療費が、自己負担限度額を越える場合には、その額が手続きをすれば戻ってくるという制度です。
越えた部分を健康保険が負担してくれています。


 お知らせ&関連エントリー

next.gif  [2737] トーメンデバイスの決算&今期予想は?
back.gif  「理系?文系?」 この質問苦手です・・・

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/2196
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値