企業の隠れ負債に気を付けたいと思います


11/06/25 AM10時ごろ  ・コメント(6)

『決算書の読み方セミナー』の資料を作るにあたり、自分の考え・力量などを色々と考えていました。
決算書を読む・読み込むにあたって気を付けないと行けないことってなんだろと・・・。

最初に覚えておかないといけないことは、「隠そうという意思」と「ややこしい会計ルール」だと思っています。

「隠そうという意思」と言うのは、特に企業の経営状態が悪い場合に出てくるかと思います。 資金繰り・株価・信用など色んなところに影響しますよね。
監査法人の方がそう簡単に見逃してくれはしないはずですが、それでもやはり綺麗に見せようとはしてくれるかと思います・・・。
そう言う思いまで見抜くって言うのは難しいのではないでしょうか?

あと『隠れ負債』的なものには非常に気を付けないと行けないと思っています。 しかし、この隠れ負債って会計上ルールはokだったりします(まぁーだから隠れ負債なんですけどね)。
そう言ったルールを覚えるのは、まぁー個人投資家としてはしんどいと思う訳です・・・


隠れ負債で恐いのは、年金関係のお金やリースなど(素人では判断しにくい・・・)

人の多い企業・大企業などでは、『年金』の部分がネックではないでしょうか?
年金の多くは給付年金となっていますので、収めた年金に対してもらえる年金額を決めています。 しかし不景気・市場の低迷・逆ピラミッド型の企業体質ってことで、年金の不足分が隠れちゃっています・・・・。

相談員
積立金がオフバランスになるカラクリ | 儲かる会計思考入門


もう一つはリースです。 僕詳しくは理解していないのですが、オペレーティング・リース取引という項目があります。
これは、資産計上しなくてよい(オフバランス)リース契約になるそうです。

オペレーティング・リースはリース期間終了後の残存価格を設定したり、中途解約が可能である等、賃貸借色が強い契約である。賃貸借色の強い契約である為、ファイナンス・リースと異なり、リース資産のオフバランス処理が認められている。
リース - Wikipedia

これも資産計上しなくてもよい訳ですから隠れ負債的に捉えてもよいかと思います。 リースの仕組みなどを理解しないといけないので非常につらいです・・・


退職金・年金関係のことについても、リースについてもパッと決算書を見ただけでは判断ができにくいのではないでしょうか。
じゃーどうすれば?

財務内容が良い企業であれば、あまりそのような心配が少ないのではないでしょうか。 また、資産計上されても元々体力があるわけですから大丈夫なではないでしょうか?
それにしても、会計ルールは難しいです・・・

 お知らせ&関連エントリー

next.gif  2011年6月末 運用状況。
back.gif  株式益回りで割安かどうか判断

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. yayoi
2011 06/26 (Sun)
PM 07:51

FP WAVE勉強会ありがとうございました。
今後も、ブログ楽しみにしております。

2. かえる
2011 06/28 (Tue)
AM 12:44

>yayoiさん
こちらこそ、懇親会では色々と教えていただきましてありがとうございます!
これからもヨロシクお願い致します♪

3. Mc.N
2011 06/30 (Thu)
AM 12:49

一見、財務がよさそうに見えても会計を弄るのが大好きな経営者だと(ry。
企業年金の未認識差異の問題については有価証券報告書にある程度は載っているので気になるのなら確認を。老舗企業で年々利益率が落ちていて一人当たりの利益が減っている企業は怪しいかも。どの道、未認識差異は引当金として徐々に表面化する類のものなので即死は無いかなあ、と。
って話、昔ブログに書いた記憶が =)。
リースはファイナンス・リースの方が怖い。何かの事象をごまかすために期末近くにリースに切り替えるとかその手の手法は会計の変更で出来なくなったはず。オペレーティング・リースは必要があってリースしている訳で、額が大きくなるとやっぱり注記が最後の方に記載される訳でして。
まあ私のようなチンピラはですね、半可通に会計をかじるよりは経営者を見て、会計で嘘をつく性格かどうかで判断することにしてます。B/SやCFが大きく変わっているのにその事についてフォローしないような経営者は怪しいと思うわけでして =)。

4. PEPE
2011 06/30 (Thu)
PM 07:54

オペレーティングリースの注記では、解約不能のものに係る未経過リース料が記載されます(契約上の賃借期間×支払リース料)。これは、解約に際し相当程度の違約金の支払いが求められる契約の場合という意味、で解約不能と表現してます。

ですので、「解約はできるけれど、その場合はいくらかキャッシュの流出を伴いますよ。」とのメッセージを発信してくれてるのだとして、注記を受け止めるのが妥当かなと思います。

また、オペレーティングリースに関するリスクを意識している経営者は、有価証券報告書の前段、「事業等のリスク」で注意喚起文を記載している企業が多いように思います。

※これを負債として意識すべきかは、人によって判断が分かれるところだと思いますが、そういったリスクだけは意識して損はないのではないかなと感じました。

5. かえる
2011 07/04 (Mon)
AM 12:46

>Mc.Nさん
コメントありがとうございます。
僕も変に会計の知識をつけるよりも、大事なことと言いますか効果的なことが多いと思っています。
なので、自己資本高めなどから、そこの手を抜ければと思っています。

で、問題と言いますか、ほんと気をつけなきゃいけないことが、後ろほうや有価証券報告書に書かれているのがつらいところですよね...。

6. かえる
2011 07/04 (Mon)
AM 12:50

>PEPEさん
詳しい解説ありがとうございます。
やはり解約が問題というか注意点ということですね。
あとは、なぜリースにせざるを得なかったなども気をつけなきゃなんでしょうね。

で、やはり有価証券報告書はチェックなんですね。
頑張ってみるようにします(笑)


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/2234
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値