正しい投資の始め方:チャールズ・エリス氏のセミナー


11/10/14 AM 2時ごろ  ・コメント(4)

敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版>

投資ブロガーさんも何人か記事されていますが、僕も日曜に東京開催されました、『敗者のゲーム』の著者:チャーリズ・エリス氏の来日セミナーに行ってまいりました。

敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版>

 ブロガーのみなさんのレポートが詳しいのでぜひご覧ください!
 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー : チャールズ・エリス氏セミナーレポート(その1)
 医師による積立投資信託de資産運用 : チャールズ・エリス氏の講演レポート(前半)
 あつまろのこだわり資産運用 : チャールズ・エリス氏講演会
 おやじダンサーのひとりごと : 正しい投資の始め方 Vol.1
 まっき〜の議事録 : 正しい投資の始め方〜 『敗者のゲーム』 チャールズ・エリス氏を迎えて〜


僕なりに感じたことを書いていきたいと思います。
セミナーでは、改めてインデックス投資の優位性というよりもアクティブ投資の難しさを強調しておられました。
アメリカでは個人投資家は、
50年前にくらべ、冷徹な機関投資家、1億ドル以上の資金を持った投資家、優秀なたくさんのアナリスト、気合いの入ったヘッジファンドなど、そしてアルゴリズムを使った取引・・・・と、非常に勝ち続けるのは難しい市場にっているそうです。

エリスさんの話を聞いて、アメリカ市場は厳しそうですね・・・。 日本はと言いますと、運用会社の運用力ではなく通貨選択型のような開発力に走ってしまう不甲斐なさを感じてしまったのは僕だけでしょうか。
そう言った意味では日本の市場というのはほんと未成熟なのかもしれませんね(だからと言って、僕もプロ・アクティブが良いとは思っていません)。

そして、投資家のリテラシーをもっと底上げするサポートできればと感じていました。


敗者のゲームとなってしまう理由

この中で特に気になったのは、「ベンチマークとの同調:80%=インデックス」 多くのファンドがインデックスに同じようになっている。アクティブの要素は20%しかでない、そこに見合うコストになっているか?
もう一つ、個人投資家は間違ったタイミングで高く買い、間違ったタイミングで安く手放している。

市場と付き合う難しさですよね。 個人投資家としてはなかなか厳しいお話でしたが、アクティブな投資をする僕としては、「タイミングよりも市場に長くいることも投資の大事なポイント」的なニュアンスとして捉え、投資を続けて行きたいと思いました。

敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版> 敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版> 敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版> 敗者のゲーム—金融危機を超えて<原著第5版>

あと個人的に響いたところとしましては、『私たちの責任』というところでしょうか。
自分自身を知る、投資戦略を明確に定める、選択する、みだりに方針を変えない。と、言葉に書いてみると単純なようなことなのですが、良いキッカケなので自分でも改めて見直して再確認をしてみようと感じました。

ちょっとレポートのボリュームは少なくて申し訳ない(写真でお許しください・・・)のですが、非常に勉強になったセミナーでした。 ほんと主催のバンガード・協賛のセゾンと投信に感謝でした。

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  基準価額1万円を超えているファンドは16%
back.gif  [9381] エーアイテイーの中間決算はちょっと下方付き

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. 岡田光弘
2011 10/14 (Fri)
PM 10:58

昨日は京都での草食投資隊のセミナーありがとうございました。その後食事にまでお誘い頂きまして、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。草食投資隊の方々とのお話はもちろん貴重な体験でうれしかったのですが、それ以上にかえるさんとのお話が印象に残りました。信頼できる投信を我々庶民に提供してくれる投信会社も必要ですが、かえるさんのようにその投信を紹介してくれる、信頼できるFPも今の時代には絶対に必要だと強く感じました。庶民の視線に立って相談に乗ってくれそうな気さくな人柄と誠実さが、初対面で話していてもひしひしと伝わってきました。「こういう人がもっと前面に出て、日本の金融教育を根本から変える活動をしてくれたらいいのに」と思います。お金の相談をする相手とは信頼関係は基本中の基本です。かえるさんが応援されているセゾン投信なら、私も今まで以上に信じて託そうという意識が強まりました。ありがとうございます。今後のますますのご活躍を期待いたします。
最後になりますが、かえるさんのような本物のFPがもっと広く世間に認知され、一般市民の資産形成のためにご活躍される時代が来ることを強く願います。

2. かえる
2011 10/17 (Mon)
AM 06:43

>岡田光弘さま
先日は、こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
少し熱くお話していたようでお恥ずかしいです(汗

これからも、投信だけに限らず「安くて良い商品を紹介する」を頑張っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします!

3. takeshi
2011 10/17 (Mon)
PM 10:25

お世話様です。やっと少し日が差してきたような相場ですね。
OHPの内容を自分で解決できる人がどれだけいるだろう。

禅問答に代えて未熟な私には投資の経験を通じて得られる
「自分自身との対話」が最終的な利益のような気がする。
 例:バフェットの言う「複利効果」について
 ×回転率を上げて資産の増加を複利的に投資家が運用する。
 ◎成長力のある分野に継続的に投資を続ける企業に投資家が投資する。
 こんな誤解も自分で理解するのに5年も掛かっている。

一つずつ自分で解決して身につけたものは簡単には失わない。
まずは対象を絞り込んで小さく成功する事が重要だと痛感している。
「どんな投資家になりたいのか」「今の自分に何ができるのか」
「身につけなければいけない知恵や技術、胆力は何か」
・・・少し考えてみよう。 できる事から練習しよう。・・・

 1週間も待つ事ができなかった私が半年は十分待てるようになった。
 今は3年待つという課題にトライしている。2015年に向けて。
  
 まあ、気長に行きましょう。

4. かえる
2011 10/20 (Thu)
PM 02:06

>takeshiさま
「自分自身との対話」確かに、市場と向き合っていると常に上だ下だと誘惑されますが、自分と対話してどうしていくかが大事なような気がします。 ほんと耐える時間は長く続くと思います。

◎成長力のある分野に継続的に投資を続ける企業に投資家が投資する。

僕も実践している投資法です。できているかというと心苦しい面もありますが、頑張っていきたいと思っています。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/2282
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値