なかなか良さそうだけもったいないアクティブファンド


12/07/02 PM 9時ごろ  ・コメント(0)

今日は、成績はいいのにあまり注目されていないアクティブファンドをピックアップしてみたいと思います。 国内債券に投資するファンドになります。 参考としてSMT国内債券インデックスファンド、よく取り上げられるDLIBJ公社債オープンと比較してみました(中期コースじゃなくてスイマセン・・・)。

日本公共債ファンド2020
設定来は5.42%

いい成績の理由としては、国債より若干利回りのよい公共債に投資している部分が大きいかと思います(シンプルな理由ですね)。 あとは、信託報酬が0.2625%と非常に低いのもあるかと思います。

非常にいいのですが、凄くもったいないファンドなんです

毎月分配型なんです・・・・。
多くは出していませんが、基準価額が10,400円ぐらいなのですが8円分配金が出ています。 分配金自動再投資のコースはあります。

ネット証券でも購入時手数料がかかります。
マネックス証券で0.525%、SBI証券・楽天証券は1.05%です。 ※グラフは手数料抜きで計算されているかと思います。

2020年には償還されてしまいます・・・・
ファンド名の通り2020年に償還(定期預金で言うところの満期)されてしまいますので、投資先の乗り換えなどが必要になります。

最近のファンドの傾向としては、運用・仕組みが難しく高コストなファンドが多いなか、ちょっと変わったファンドではありますがこのようなファンド、運用がシンプルでインデックスファンドよりも低コストな商品ってもっと出てきてくれても良いのではないでしょうか。

 お知らせ&関連エントリー
loading...

next.gif  [6833] 日本電産リードの簡易分析
back.gif  2012年6月末 運用状況。

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/2383
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値