[NISA] 日本版ISAではバランスファンドかな...


13/07/17 PM 3時ごろ  ・コメント(4)

みなさん、NISAの情報収集はされていますでしょうか?
これまで株式など売却した場合、税金が10.157%と優遇されていましたが、来年からその優遇制度はなくなります(20.315%に戻ります)。
変わって、NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)がスタートするわけですが、相談の場面でも聞かれることがふえてきました。

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)
NISAについては、国際投信のNISA(ニーサ)| NISAとはより

NISAを簡単に説明しますと、100万円までの投資に対し5年間は非課税を活用ですることができます。 活用できるのは、2014~2023年スタートの投資に対してとなります。 注意点も色々とあるのが難点でしょうか。

  • 開設できる口座は一人につき1口座のみ
  • 他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可
  • 非課税枠(100万円)の未使用分を翌年へ繰り越したり、売却した非課税枠の再利用は不可
  • 口座開設後、金融機関の変更は不可

一番大きなポイントとしては非課税期間終了時の5年後のところでしょうか。 利益が出ている、と非課税を使うメリットがありますので、
「非課税を目一杯活用する」まぁー利益がでるだろうをを前提に、値上がりが期待できそうな株式や(期待リターンが高い)投信への投資が一つの方法かと思います。

もう一つは「いやいや、そうではなくリスクを取りつつ安定的なリターンを」っていうことで、リスクの低いタイプ、分散投資型の投信を使うのも一つの方法でしょうか。
分散投資型のファンド、バランスファンドの場合、複数のファンドを組合せた投信(ファンド・オブ・ファンズ)になります。 コスト(信託報酬)が単品ものファンドより高くなりますが、方針がご自身にあっていればお任せできるのでチェックしてほしいと思います。

基本的には3つのタイプをイメージしていただければと思います。 ちょっと図を作成しました。
NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)

 

それにしてもバランス型のファンドを検索すると、500件も出てくるんですね...。 これは選びにくいですね。
投資信託の情報ポータル~投信まとなびで、検索できるので条件を考えてみました。
NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)

来年のスタートまで、まだまだ時間があるかと思いますので、金融機関を変えることができますので、どこに口座回開設するかなどを含め、色々と検討してほしいと思います。
僕はネット証券で口座開設を考えています。 あと、個人的には5年という期間を意識しないといけないのがムズムズしますが、うまく活用したいと思っています。

next.gif  [投信] "さわかみファンド"と"さわかみ投信"
back.gif  こう言うアドバイスは"なし"だと感じます

おすすめ投資入門Book
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス) お金の教室—二十歳の君に贈る「マネー運用論」 30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと 半値になっても儲かる「つみたて投資」 入社1年目の教科書 まぐれ—投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか


コメントお待ちしています♪

1. Anonymous
2013 07/21 (Sun)
PM 09:41

なぜバランスファンドがいいかよく分かりません。最大で10年間、投資し続けることができれば、リターンの多くを非課税にできますが、そうすると、株価が下がる局面は、思い切って現金化をすすめてくれるほうがNISAにとってよいということになりませんか?
普通の口座なら株価が高いからと解約できても、NISAなら簡単に解約したら、もう非課税の恩恵を受けることができません。

そうなら、株価が高いときは現金化をしてもらえるさわかみファンドが、NISAにふさわしいファンドということになりませんか?

2. かえる
2013 07/27 (Sat)
PM 11:36

>匿名さん
コメントありがとうございますが、まず内容をお読みいただけますでしょうか。期待リターンが高い投資もいい方法として考えています。 一方でという内容です。
しかし、さわかみファンドにつきましての、"現金化"という部分はもうちょっとお調べになられたほうが良いのではないでしょうか。
僕自身は、いろんな商品が選べるネット証券などのほうが良いかと感じています。

3. takeshi
2013 07/30 (Tue)
PM 10:43

お世話様です。
カエルさんもFPとして証券を売る側の立場に立たれたようで残念です。
普通に考えて5年間、又は10年間継続して保有すれば利益が出るという
前提は「ほとんど幻想に過ぎません」。投資の中でもっとの大切な資産を
守りリスク管理を丁寧にするという意識が抜けています。
 普通に証券会社に口座を開き、損益通算できる環境で、為替や
アジア、中国、欧米の金融状況の変化に合わせて自分でゆっくり考えて
投資する事が大切だと思います。その意味ではNISAは「騙し」に近い
内容だと思います。特に来年から消費税引き上げ、米国の金融引き締め、
中国のバブル崩壊、日本の大震災などブラックスワンがいつ起きても
おかしくない状況の中で資産を守る事も大きな課題になるでしょう。

4. かえる
2013 08/05 (Mon)
PM 02:40

>takeshiさん
コメントありがとうございます。
5年もしくは10年保有しなくとも問題ないので、利益が出ていれば売却すればいいのでしょうか。
そこは"変化に合わせて"ということで良いのではないでしょうか。

ただ、5年という期間を意識しないといけないのがいやですが、活用しようと思っています。


             

名前  : 

メールアドレスf  : (※表示されません。)

ホームページ  : 



Facebookでのコメントもお待ちしています




トラックバック

 URL:/2486
 ※ エントリーのリンクが確認できないと公開されませんのでご注意ください。


自己紹介

アイコン プロフィール
mail.gif  icon-twitter  icon-flickr  icon-flickr  feed  はてなブックマーク  icon-flickr  icon-twitter  blip  icon-facebook  Instagram

この日記のはてなブックマーク数

follow us in feedly

著書      監修
あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール はじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本 (アスカビジネス)



相互リンクさんです。

おかげ様で、たくさんの優良サイトとリンクを結ばせて頂きました。
ぜひ、訪れてみてください!

リンクをランダムで表示しています。

アイコン ほかにも必読サイトございます


資産運用のおすすめパートナー

最近の記事とコメント

 

メデイア掲載履歴
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
[出版] 確定拠出年金活用ガイド
[掲載] 中日新聞に掲載されまし
ネットマネー6月号に掲載して頂き
「日経ヴェリタス」に年末NISA
無事、セゾン投信セミナー終了♪
モーニングスターの「NISA本命
ネットマネー8月号に掲載して頂き
Gainerに掲載して頂きました
ネットマネー6月号に掲載して頂き
12/27の読売新聞に掲載されま
「日経ヴェリタス」に掲載されまし
日経新聞に取材された内容が掲載さ
ダイヤモンドZaiで本を5名様に
かえるとフッシーの「誰も教えてく
インベストライフ 2012年7月
ネットマネー8月号に掲載して頂き
[出版] あたりまえだけど誰も教
[書籍] はじめての積立て投資1
セゾン投信「投資の達人からの応援
ひふみ投信セミナーを終えての感想
ひふみ投信:大阪セミナーのまとめ
BLOGOS financeさん
日経新聞の夕刊に掲載されました
[書籍] ベスト投資信託ガイド

当サイトのおすすめ記事

カスタム検索

 ■ 海外ETFのまとめ
 ■ 投資書籍の評価一覧
 ■ タグ:読書
 ■ タグ:企業分析
 ■ タグ:企業価値