カテゴリの説明
投資について大事なこと、役立つことをメモっています。


re-kaeru2.gif 2014年1月19日

「日本市場は割高か?」などあまり考えずに...


NISA特需の影響もあるのでしょうか、昨年から日本市場は元気が良いですよね。 日本市場は割高なのでスタートの時期ではないと言ったコメントを見かけたりします。
そでこ、久しぶりに日本市場が割高なのか、簡単チェックしたいと思います。

日経平均の一株利益を計算する。前日の終値1万3087円(以下、日経平均は端数を切り捨てる)を今期予想PER(株価収益率)の14.40倍で割り算すると908.8円が日経平均の一株利益だ。ちなみに、この数字は、年初の930円程度から徐々に低下しており、これは不安材料だ。次に、長期国債利回り1.405%にリスクプレミアム6%を加えた7.405%から、予想名目GDP成長率を2%として差し引き、リスクプレミアム6%に対応する益利回りを求めると5.405%だ。益利回りはPERの逆数なので、0.05405で1を割ると、PERは18.50倍と計算され、これと908.8円を掛け合わせると、1万6812円が現在の日経平均適正水準の推定値になる。ちなみに年末の日経平均を予想するときは、一株利益を成長率で伸ばし、配当を差し引く。 日経平均株価の適正水準を計算する|山崎元のマネー経済の歩き方|ダイヤモンド・オンライン

さて上記のように計算してみますと、予想名目GDPが3.3%、長期金利が0.6%台と言うこともあり、日本市場がすごく割安と言う状況になってしまいます。 その数値を少し下げても下図のように割安と見えるようです。
名目GDP見通し、民間予測と隔たり 達成に疑問も - SankeiBiz(サンケイビズ)

2008年時と大きく条件が変わっているのは確かです。 ただ予想PERなどを見ても、まだまだ割高と言えるような数字ではないかと思います。 前期実績値のPERですと25.39倍と、なかなか割高感ですが、日本は元気になってきているのは確かだと思いますので、これまで通りタイミングなど考えずに投資を継続していきたいと思います。 単に過去のチャートだけで判断しないように気を付けたいと思います。
国内株式指標 :株式 :マーケット :日本経済新聞

過去のエントリー
 日本市場は割安なのだろうか? - かえるの気長な生活日記。
 世界のどこが? 日本は安い? - かえるの気長な生活日記。

投稿者 かえる : 14:57 | コメント (2) | トラックバック


re-kaeru2.gif 2013年4月20日

電子マネーを便利に使いだして感じること


電子マネー

少し前から交通系電子マネーが全国で使えるようになっていますが、本当に便利ですね。 東京や名古屋に、お仕事でいくことが多くなっており大変助かっております。
ちなみに僕は関西なのでICOCAを使っています。

だけど! 便利すぎてお金減るのがすごく早く感じます....

電車やバスだけではなく、食べ物・飲み物、本屋さんに電気屋さん。 本当に色んなところで使えるんです。そして、使ってしまい反省しております。
個人的な感覚を書きますと、残高が少なくなると、チャージ(入金)するわけですが、このときにお金を使っているって感じになるんです。買うときは「ピッ!」っと一瞬で済んでしまいますし、小銭と格闘することもないなので、ほんと使っているという感覚がおきにくいんです。

クレジットカードとの違いは、お金を使うタイミングの違いでしょうか。
クレジットカードは後払いになりますし、比較的高いものを買うときに使うので、考えて使われやすいかと思います。
しかし電子マネーは先払いです。 どうしても先に払っちゃってますので、使う抵抗感が小さく感じてしまうような気がします。

注意が必要ですね。 上の世代の人は持つといいかもですね

駅で困っている上の世代の方を見るたびに、電子マネーを持ったら良いのになーと感じます。
その便利さを知ってほしいと思います。 タンスではなく電子マネーに溜め込んじゃって、そして使って欲しいと思います。
景気といいますか、経済に元気でるかなーと感じるこのごろです。 
くれぐれも、無駄遣いには注意をして欲しいと思います。

投稿者 かえる : 00:54 | コメント (1) | トラックバック


re-kaeru2.gif 2012年7月21日

変動金利と固定金利、どっちが得という視点ではなく


ちょっと住宅ローン、"変動金利"と"固定金利"について自分なりに考えてみました。
「どっちが正解」って訳ではなく、知って欲しいことについてを整理しています。。

お金を貸す側にとってはどっちが大事なのでしょうか?

凄く大事なことだと思います。 はてして貸す側、銀行などに取って、変動金利、固定金利とどちらが良い収益になるのでしょうか?
一般的に、変動金利は短期金利などを基準に、固定金利は長期金利などを基準に貸す利率を決めているので一概に比較しにくいかと思います。 ベースの基準が違うんですよね・・・。

変動金利と固定金利は今ですと1%以上の差(固定金利の方が高い...)がついています。 それでは、例えば35年のローンを組んで普通に返した場合どうでしょうか?
銀行としては、あまり儲け(金利収益)に差がつかないようには考えているとは思います。 どっちでも儲けられるようにしているはずですし、差を付けているのでしたら、一方を積極的に紹介すると思います。 よーするに変動と固定、長い目で見たときに平均すると同じような金利になるイメージだと思います。
そういう意味では、将来金利上昇をしっかりと見込んでいるような気がします。

収益が同じだとすれば何が違う?

収益面ではそうかもしれませんが、リスク面ではちょっと違うような気がしますので、簡単に表にしてみました。

 低金利のまま金利上昇時リスクを取るのは
固定金利銀行は儲けは増える
 
銀行の儲けは減る
逆ざやの可能性もあり
銀行
変動金利上乗せするだけなので安定的に稼げる個人

ということで、銀行としては低金利ということもあり凄く変動金利を話しやすい時期なんだと思います。
それでは、変動金利・固定金利どちらがいいのではしょうか? 

将来の金利に影響されるので簡単に答えは出せないと言うのが僕の考えです。 銀行か自分かどちらかが金利上昇のリスクを取らないとお金を借りることはできないってことです。 ただなんとなく金利が簡単には上がらなさそうですね。 
答えとしてとは、借りすぎない、返せるなら早く返すっていうのは、ありきたりですが凄く大事だとしみじみ思います。

投稿者 かえる : 22:58 | コメント (0) | トラックバック



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ   人気blogランキングへ
 

タグ一覧です。

過去の記事
 2010
04 03 02 01
 2009
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2008
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2007
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2006
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2005
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
カテゴリー
陶芸 趣味 幸せ♪ オチビ! Kiss X2 投資信託 資産運用 [投] メモ [投] 勉強 [比] 証券 ファンド Blog iPod Life Mac Life お気に入り お役立ち お出かけ つぶやき 娘の事

 

RSSリーダーに登録

投資を勉強中の全記事です