カテゴリの説明
ネット証券の取扱い商品の比較や特徴をまとめています。
お役に立てれば幸いです。


re-kaeru2.png 2011年3月20日

SBI債が人気のようです


銀行や証券会社の窓口にいくと、毎月分配型の商品が人気のようですが、ネット証券のSBI証券のSBI債が大人気ですね。
今回は19回債の発売でしたが、200億円の設定が発売5分程度で完売したそうです。

市場リスクプレミアム

 

ちなみにSBI債とは、SBIホールディングスが発行している社債<8473>なんです。
1年満期ですので個人向けの5年国債・10年国債に比べて、長く資金拘束されないのは、僕個人としては魅力的に感じる商品です。
社債ということなので、会社(SBIホールディングス)が倒産した場合には、お金が返ってこない場合がありますので、一番気を付けたいところです。

社債を購入する時には、その債券が投資に適した格付けとなっているかどうかです。

SBI債は、R&I(株式会社格付投資情報センター)の格付けランクで
長期的:BBB 短期:a-2 に位置し、投資適格債券(格付符号と定義)に格付けされています。

SBI証券の口座を持っていれば、10万円から購入することができます。 これまで定期的に発行していますので、次回も期待したいところです。

 

投稿者 かえる : 01:26 | コメント (0) | トラックバック


re-kaeru2.png 2007年9月15日

ネット証券の夜間取引


夜間取引とは、株式取引所の終了後にも取引できる取引システムです。
夜間取引のサービスが出そろったようなのでまとめたいと思います。

夜間取引の手数料
会社名取引形態サービス名手数料取引時間取扱銘柄
SBI証券指値方式ジャパン
ネクスト
PTS
367円19:00
〜23:50
約4000
銘柄
GMOクリック証券315円
楽天証券50万円まで472円
100万円まで840円
オリックス証券2008年3月末までに
参加予定
カブドットコム証券オークション
方式
kabu.com
PTS
1000万円まで
378円
18:30
〜23:59
約2000
銘柄
マネックス証券固定価格マネックス
ナイター
1約定 500円17:30
〜23:59
約3000
銘柄
丸三証券1約定 1000円〜

少し夜間取引の事情を見てみますと、
PTSの機能面について、ある証券会社の幹部はこう語った。「Jリーグに例えるとカブドットコム証券はJ1、ジャパンネクスト証券はJ2、マネックス証券は大学生レベル」と皮肉る。だが別の関係者は、「カブドットコム証券は優れたシステムがネックとなっていて、簡単に他社が参加できない事情がある」という。
Business Media 誠:夜間取引がブーム? PTSに群がるネット証券の"台所事情"

どの証券会社のシステムにも一長一短があるようです。

価格の変動制や取引注文の仕方では、カブドットコム証券のシステムが一番優れていますが、現在では売買代金が一番少なくなっています。ようするに流動性が低くなっているようです。

マネックス証券のマネックスナイターですが、売買代金はカブドットコム証券カブドットコム証券より多いので、取引はしやすいのですが、固定価格方式が少しネックに感じます。

SBI証券等については、一番参加者が多くなっています。参加証券会社が一番多く取引銘柄も多いので、これからさらに売買代金も増えて行きそうです。

投稿者 かえる : 09:11 | コメント (0) | トラックバック


re-kaeru2.png 2007年8月 1日

マネックス証券のメリット


monex マネックス証券の強みは、独自のサービスとセミナーなど投資についての情報量の多さだと思います。
投資信託(インデックスファンド)についても豊富に扱っていますので、開設しても損のないネット証券ではないでしょうか。


 

■ マネックス証券の独自のサービス
貸株サービス
マネックス証券に預けている株式を貸出し、貸借料(貸株金利)が貰えるサービスです。
 ※貸株金利ですが、0.10%~0.50%の銘柄もあるようです。
 ※SBI証券でも出来るようになりました。

特に米国株式
米国株式に非常の力をいれています。 一番の魅力は売却時に申告不要の特定口座で取引できることでしょうか。
しかも、売買手数料は5ドル(税抜)と、非常に安くなっています。

セゾンカードのポイント
年回費無料でお得なセゾンカードと提携しており、売買手数料にさらにプラスしてポイントが付くようになっています。 投資信託の場合
 ・マネックス《セゾン》カード 通常時より×1.5pt
 ・ 《セゾン》カード 通常時より×1.25pt


■ 投資信託&海外ETF
ネット証券のなかでも魅力的なラインナップになっているのではないでしょうか。
主な購入時手数料 0円(ノーロード) のラインナップとして、

  • マネックス資産設計ファンド(育成型)・(隔月分配型)
    については、マネックス証券独自のファンドであり、世界の6資産に分散して投資できるファンドとなっています。 信託報酬も安く魅力的な商品となっています。
  • インデックスファンド (外国株式)
    (特にバンガードの投資信託は他では買えない魅力的な商品ですね。)
    • トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
    • バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド *1
    • バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド*1
      *1 保有残高に対し年率0.63%(税込)の口座管理手数料がかかります。
  • インデックスファンド (外国債券)
    • 年金積立インデックスF海外債券へッジなし

投資信託は、他のネット証券に比べ商品の数も多いのが特徴です。
STAMシリーズeMAXISシリーズでしたら、1000円から積立投資ができます。


その他にも、新興国(BRIC's)に投資するファンドも取り扱っており選択肢は多くなっています。

海外ETFにもついても、手数料も安く楽天証券に次ぐ品揃えとなっています。
 かえるの投資.com (海外ETFのまとめ)
 かえるの投資.com (中国ETFのまとめ)
 ※ リンク先に"m"のマークがSBI証券でも買えるETFになります。


■ 株式取引
通常の株式取引の手数料は他のネット証券に比べ割高になっていますが、
固定価格での夜間取引(マネックスナイター)が1約定 500円で取引ができます。※現在休止中
10万円までなら売買手数料が100円(税抜)となっているのも魅力です。

スクリーニング機能や投資ツールも充実しているので、持っておきたい口座の一つですね。



投稿者 かえる : 10:00 | コメント (0) | トラックバック



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ   人気blogランキングへ
 

タグ一覧です。

過去の記事
 2010
04 03 02 01
 2009
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2008
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2007
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2006
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02 01
 2005
12 11 10 09 08 07
06 05 04 03 02
カテゴリー
陶芸 趣味 幸せ♪ オチビ! Kiss X2 投資信託 資産運用 [投] メモ [投] 勉強 [比] 証券 ファンド Blog iPod Life Mac Life お気に入り お役立ち お出かけ つぶやき 娘の事

 

RSSリーダーに登録

ネット証券の全記事です