かえるの気長な生活日記。でタグ [資産運用を考える] が指定されているエントリー




新興国インデックスを少し見てみました

先日社内でemiさんに、「新興国のインデックスと実際の割合っておかしくない?」と、疑問を投げかけられたのですが、はっきりと答えられず・・・ しかし、住信アセットさんのセミナーでその答えがありました。 新興国株式のインデックスは買いやすさも評価されている。 だからギャップがある 例...



主要なインデックスの規模(簡単なメモ)

昨日参加したセミナーの配付資料『STAMインデックスシリーズ』に、主要なインデック指数の解説が載っていましたのでメモメモ。 投資の参考になれば幸いです。 世界の主要なインデックスについて 指数構成国構成銘柄時価総額 東証株価指数(TOPIX)1ヶ国(日本)1667銘柄約193兆円...



株式の比率を大きく変えてくれる投信ないの?からはじまったお話し

Twitterで、biaslookさんの呟きから、色々と面白い呟きをお聞きすることができましたので、まとめてみました(抜けがあったらごめんなさい・・・)。 答え的には、株価の下落時に株式の比率を落とし(20%)、債券のなどの比率を高めるなどしてリターンを狙うファンドは、厳しいよう...



僕の資産配分の考え方 (2010年10月編)

はい、非常に光栄なことにマネックス証券さんにお声を掛けて頂き、資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β(マネックス ビジョン ベータ)」について、コメントなどをさせて頂きました。 MONEX VISION β 著名投信ブロガーの皆さまの声(2010年10月12日)/...



予測するインデックス投資家さん

今回もインデックス投資について、ちょっとひねくれてみたいと思います。いつもスイマセン・・・・。 日興AMの年金積立、住信AMのSTAM、三菱UFJ投信のeMAXISシリーズ を見ていますと、新興国株式インデックスファンドが売れているのが判ります。 びっくりなことにeMAXISは、...



継続できている投資家さんを見つけよう

今日のお昼は、こたろう360さんが主催してくださり、内藤忍(Shinoby7110)さんをお呼びしてのお食事会に参加させて頂きました♪ そこでちょっと「投資の仲間を見つけよう」ってお話になった時に、損をしているときでも会って頂けるかたは、自分なりの投資をできているってお話をさせて...



積立投資の良さを実感できた金融危機?

ちょっと結論を出すには早いんですが、積立投資の確認してみようかと。 さて、なんだかんだで、100年一度の金融危機と言われた2008〜2009年でしたがそろそろ年が変わりそうですね。 僕としては色々と鍛えられた危機でした。 で、気になったこと、もし2008年の1月末から株式の投資信...



自分の投資 (言い訳です・・・。)

スタンスの違いだと思うので・・・・・・・。 Werder Bremenさんから、二番煎じだし、効果が薄いじゃないか! と、ダメ出しをされているこの頃なんです。 ハイ、判っているんです・・・・。で、ムキー!って怒っている訳ではないですし、僕が主旨書かなかったのも起因していると思いち...



こんなドルコストはダメかしら?

たまには、投資信託での投資についても考えてみたいと思います。 ドルコストは非常に便利で良いな〜と感じていますが、なんか腑に落ちないので僕もちょっと考えてみました。 まずは、モンチさんが、色々と検証してくださっています。  ドルコスト平均法が有利か不利かを考える(その4) 小金持ち...



インデックス投資で思うこと (2)

さて、前回の続きですが、インデックス投資で思うこと (1) 脳内デイトレしていませんか? で、ここで"まめさ"に注意です。 年率6%を期待しながら、株価をまめにチェックする事。よーするに脳内デイトレをやってしまい、しんどい相場をさらにしんどく感じているような気がします。 期待通...



インデックス投資で思うこと (1)

インデックス投資を生かしてない? ちょっと、インデックス投資家さんについて、自分なりに思うところがあるので書いてみようと思います。 まぁ〜はっきり言って自分への戒めですがね・・・・。 僕は積立こそしてはいませんが、インデックスファンドに投資していますが、僕なりに個別投資に比べて納...



こう言った雰囲気あまり良くないですよね?

投資は自己責任。 自分の思う投資でいいんですよね さて、世界経済がどんより曇っているこの頃ですが、市場に居続けておられるみなさんは、どうやって八つ当たりをされておられるでしょうか・・・(汗)ちょっと今回は相互リンクさんのサイト見ていてブログ運営と自己責任の投資の難しさについて、ち...



海外に投資するインデックファンドの費用

久しぶりにというか、外国株式、外国債券のインデックスファンドを整理してみました。 本来なら、以前作った外国株式インデックス・ファンドや外国債券インデックス・ファンドを加筆訂正したいのですが、ちょっと見にくくなりそうなので別記事しています。今までのパフォーマンスも気になりますが、掛...



パッシブ運用に期待すること

さて、僕は一応国際分散投資をしていますが、日本株については、個別企業を見て投資をしているので、いわゆるアクティブな投資家だと思います。 一方で、「市場の平均」はアクティブな投資家にとり、長い目でみれば非常に厚い壁ですし、楽ちん投資ができるパッシブ運用についても、僕としては非常に応...



カン・チュンドさんのセミナー

昨日は、カン・チュンドさんのセミナーのお手伝い、と言ってもじっとしてただけなんですが、行って参りました♪ 参加されてたみなさん、カン・チュンドさん、本当に有り難うございました。 で、セミナーは10:00〜17:00の長丁場でしたが、色々と参考にさせて頂きました。 特に投資へのスタ...



投資家が物価に与える影響

コモディティ市場が案外小さい事が判って頂いたと思いますが、 じゃ〜なんで上がっているかですよね。 大きな要因として、インデックス投資家さんの影響があるそうです。インデッテクス投資家さんはBuy&Holdのスタンスの方が多いと思います。その買いの資金が商品市況に影響を与えて...



最近の外国のコモディティ市場

今回は物価上昇について、少し気になるので書いておきたいと思います。思った以上に、投資家による影響が大きいようです。 以前から目立って上昇しているのが原油価格だと思います。ヘッジファンドの仕掛けや、新興国の需要が伸びてるだとかで、3年前だと1バレル30$がいまや1バレル100$にな...



インデックス投信(インデックスファンド)

インデックス投信などを紹介したりしていますが、インデックス投資について自分なりに整理したいと思います。 インデックス投資とは、市場の平均を狙う投資の手法になります。平均を狙う手法なのですが長い目でみると、非常に有効な投資手法です。 投資をする場合に2種類の投資手法に分かれると思い...



[メモ] 外貨は外貨だと思った。

株式は危なくなれば債券を、市場が元気になれば株式をと思っていましたが、今回のサブプライム・ローンの一連の問題ではどうだったか自分的に思いっきり簡単に考えて見たいと思います。 赤色:米国ETF SPY S&P500指数 青色:米国ETF AGG 米国債券市場指数   米国ETF...



外国債券インデックス・ファンド

外国債を直接購入、米国債券ETFもありますが、僕には敷居が高いので、外国債券インデックス・ファンドについて調べてみました。 外国債券に関しては、セゾン投信のファンド通じてのみ保有しており、直接ファンドへの投資をしていません。 外国に向ける金額が大きくなれば投資したい商品でもあるの...


購読

I heart FeedBurner

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「資産運用を考える」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ



当サイトにおける情報の利用及び関連するページの閲覧等については自己責任でお願いします。
利用によって生じた損害などの一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
Copyright (c) 2005-2017 かえる. All Rights Reserved.