かえるの気長な生活日記。

FP会社勤務のへっぽこ投資家が、みなさんの老後の不安を少しでも減らすお手伝いができるよう、資産形成に役立つ投資(直販投信、インデックス投資、確定拠出年金iDeCo、バリュー投資)を自ら実践・やさしく紹介しているブログです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 に投票と参加を!

今年も投信ブロガーが選ぶ、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」の季節がやってきました。
今回は、微力ではありますが運営スタッフとしてお手伝いさせて頂いております。
みなさま、ぜひ投票&当日の発表会に足をお運び頂ければとおもいます!

f:id:kaeru_onou:20191101015731g:plain

投票をお待ちしております!

投票期間
2019年11月1日(金曜日)から11月30日(土曜日)まで

投票資格
“投信ブロガー”であること。2019年9月30日までにブログを開始していること。
投信ブロガーか否かの判断は運営委員会が行います。

対象となる投資信託
2019年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。
海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象とします。

投票方法
投票者一人について5ポイントを持ち点とします。この5ポイントを1つから5つまでの投資信託に振り分けて投票してください。
1つの投資信託について1ポイントの整数倍で投票してください。つまり、5ポイントを1つのファンドに集中させてもよいですし、1ポイントずつ5つの投資信託に分散して投票することもできます。

なりすましによる投票を防ぐため、投票後は必ずご自分のブログにて「投票しました」というエントリを公開してください。運営委員会がエントリの存在を確認できないと投票が認められません

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019

foy2019.peatix.com

日時: 2020年1月18日(土曜日)
   14:00開場/14:30開演~16時30分終演予定
会場: きゅりあん(品川区総合区民会館)小ホール
チケット代:1500円(前売のみ。当日券のご用意はありません。)

第一部 14:30~14:50
    かしこい投資家なら知っておきたい! 公的年金 3つのポイント
第二部 14:50~15:35
    みんなの【声】を聞いてみよう!
    個人投資家が注目ファンドに寄せる「熱いコメント」一挙紹介!!!
第三部 15:35~16:25
    投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 発表と表彰式

終了予定 16:30

 

ぜひぜひお待ちしております!

2019年10月末 運用状況

今年は本当に災害の年となってしまっていますね。 なかなか難しいことは想像できますが、被災された方々の生活が、被災前の生活に戻れることを願っています。

一方で日本株は強い動きとなっていました。 ラグビーの熱気に乗せられたでしょうかね。 日本がもっと元気になって欲しいところであります。

2019/10 運用状況
  先月末 今月末 前月比 年初来
かえる資産     15.48% 22.94%
TOPIX 1587.80 1667.01 4.99% 11.57%
マザーズ 876.00 873.98 -0.23% 7.59%
S&P500 2945.53 3046.77 3.44% 22.42%
EAFE 64.97 67.58 4.02% 15.76%
EEM 40.64 42.92 5.61% 10.42%

 

f:id:kaeru_onou:20191101012624p:plain

買い:なし、積立投資継続中
売り:アドテックプラズマテクノ(一部売却)
上位5銘柄:
パラカ、アドテックプラズマテクノ、ニチリン、大同メタル工業、トレックス・セミコンダクター(順不同)

日経マネー2019年12月の「有望株&投信 スグ腕はこう見分ける」に掲載されました

日経マネー2019年12月号(10月発売)の「有望株&投信 スグ腕はこう見分ける」特集で、6人の中の1人として紹介していただきました。
みなさん、僕よりすごい方なので、ぜひそちらを参考にされる方が良いと思いますが、僕のつたない投資遍歴が参考になればと思いまして、結構お話しさせていただきました。 お恥ずかしいですが、参考になればございます!

それと、プライべートでも仲の良い やさしい株のはじめ方 のひっきーさんも登場されていまして、一緒に掲載された事が、個人的にはすごく嬉しいのでございます。 やっと目標の一つが叶ったですね。
ひっきーさんとは、随分と差はついているのですが、これからも投資仲間として、ともに頑張っていきたいと思います。

日経マネー 2019年 12 月号

日経マネー 2019年 12 月号

 

 

レバレッジタイプの投資信託が増えてきている。ブームになるのか

以前からブル○倍や、ベア○倍など、ある商品に対して○倍、2倍や3倍の値動きをする積極的にリターンを狙っていくファンドは存在していましたが、資産形成という観点よりも、短期的なリターンを狙ったり、リスクヘッジのために使われてきたように思われます。
※ブル型は相場が上昇しているとき、ベア型は相場が下落している<時に利益ができる仕組みです/p>

○倍となっていますように、市場が5%上昇したときに、2倍ですと10%、3倍ですと15%上昇をしますので、大きなリターンが期待できる訳です。しかし値下がりする際もレバレッジは同じように作用しますので、値下がりも2倍、3倍となります。
※100万円を投資したとしても、200万円、300万円投資している様な値動きをします

キッカケはたぶん「グローバル3倍3分法ファンド」

上記のように、そこまでダイレクトな○倍商品ではないのですが、レバレッジ(てこの原理)を活用したファンドが、ぞくぞくと設定されはじめています。きっかけは、日興アセットマネジメントのグローバル3倍3分法ファンドの躍進ではないでしょうか。

www.nikkoam.com

ちなみにグローバル3倍3分法ファンドは昨年 2018の19月に設定されたのですが、1年決算タイプは 2300億円、隔月分配型は 1200億円と、純資産総額を積み上げ成長しています。実際には4月以降の半年で一気に成長しています。

f:id:kaeru_onou:20191022153942p:plain

ちなみにこちらのファンドは、3倍だからと言って、100万円⇒300万円のような仕組みではありません。

続けざまに出てきだした!

米国3倍4資産リスク分散ファンド / 大和証券投資信託委託株式会社
2019/10/15

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド / 楽天投信投資顧問
2019/11/05

ボンド・ゼロトリプル / 三井住友DSアセットマネジメント
2019/11/06

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド / 大和証券投資信託委託株式会社
2019/11/12

米国分散投資戦略ファンド(1倍,3倍,5倍コース) / 三井住友DSアセットマネジメント
2019/11/15

さまざま要因、大きな暴落もなくメインとされるアメリカ市場が好調、日本を含め先進国の債券の利回りが低調、レバレッジをかけるためのコストを安いなど、色々とあるかと思いますが、続けざまに設定されるのをみると、一時期の通貨選択型の流れを思い起こしてしまいます。

ブル・ベアタイプほど、ダイレクトなレバレッジが掛かっている訳ではありませんが、商品の仕組みが複雑かもしれませんし、値動きはオーソドックスな商品と違って動きをするかもしれません。
また、運用会社によって上手い下手の差が大きく出る商品だと思いますので、しっかりと目論見書や月次レポートをチェックすることが大事だと思います。

個人型確定拠出年金の途中経過(2019年10月)

そろそろ「小規模企業共済等掛金払込証明書」が発送されます!

久しぶりに、iDeCo(個人型確定拠出年金)をチェックしてみました。
約241万円の拠出(管理手数料など控除前)にたいして約370万円という状況でございます。 約6.88%/年のリターン。 ほんと良い時期だけに投資をしてこの数字なので、7%のリターンと簡単に言いますが、そう簡単には行かないのでは?と感じております。

まだあと10年以上拠出(積立)できるので、個人としては利益・リターンも気になりますが、税制優遇(所得控除)をしっかりと活用していきたいと思います。
※以前に鹿児島銀行からSBI証券に移管しておりますので、拠出額が正しく出ておりません。

f:id:kaeru_onou:20191012162607p:plain

search.sisec.co.jp

 

2019年9月末 運用状況

そんなに大きな変化もなく9月も終わってしまいました。 月末にかけて日本市場は盛り返したようで、併せて持ち株も頑張ってくれたようでございます。 持ち株の中では、トーメンデバイス、パラカ、ヒロセ通商などが株主優待の権利月だったので権利日までは堅調だったようです。
この株主優待制度、楽しくて嬉しい制度ではありますが、株主が増えすぎると企業の負担にもなるでし、個人的に持ち株の利益を下げることにもなりますので、ほどほどにして欲しいと感じるこの頃でございます。

アメリカと中国の経済戦争は終わりがまったく見えそうにありませんね。 景気に対するモヤモヤ感はありますが世界市場は堅調のようです。
いわゆる指標では悪い数字が見えてきていますが、動く投資家は増えていくのでしょうか。

2019/9 運用状況
  先月末 今月末 前月比 年初来
かえる資産     5.78% 66.00%
(6.46%)
TOPIX 1511.86 1587.80 5.02% 6.27%
マザーズ 841.19 876.00 -4.14% 7.84%
S&P500 2926.46 2945.53 0.65% 18.35%
EAFE 63.21 64.97 2.78% 11.29%
EEM 40.19 40.64 1.12% 4.55%

f:id:kaeru_onou:20191004040229j:plain

買い:なし、積立投資継続中
売り:なし
上位5銘柄:
パラカ、アドテックプラズマテクノ、ニチリン、大同メタル工業、トレックス・セミコンダクター(順不同)

日経ヴェリタス9月15日号の”七転び八起き”に掲載されました

少し前になりますが、15日経ヴェリタス9月15日号の個人投資家の投資歴を取り上げているコラム「七転び八起き」に個人投資家としての"かえる" の話を掲載していただきました。
はっきり言って成功している訳ではありませんが、少額からはじめ苦労してきた投資がどなたかの参考になればと.....

style.nikkei.com

個別株、アクティファンド、インデックスファンドにも投資している、"なんでも流"なのでうまく行かないことも多いですが、楽しみながらコツコツ続けて行きたいと思います。